タグ 【SaleforceがSlack買収】

Saleforce、Slack買収:Slackが得たもの(4/4)

SHARE:

(前回からのつづき)数カ月前、SlackはMicrosoftに対してTeamsとOfficeをバンドルしたことについて、EUで独占禁止法違反の申し立てを行っている。Slackは欧州委員会(EC)にMicrosoftが製品をバンドルしたりすることで、ある市場から別の市場へとその力を違法に利用することのないよう、迅速な措置を求めたのだ。 この申し立ての核心は、Slackがスタンドアロンのサービスやアプ…

(前回からのつづき)数カ月前、SlackはMicrosoftに対してTeamsとOfficeをバンドルしたことについて、EUで独占禁止法違反の申し立てを行っている。Slackは欧州委員会(EC)にMicrosoftが製品をバンドルしたりすることで、ある市場から別の市場へとその力を違法に利用することのないよう、迅速な措置を求めたのだ。

この申し立ての核心は、Slackがスタンドアロンのサービスやアプリケーションとして幅広く利用できるのに対し、Microsoft TeamsはOffice 365のサブスクリプションの一部として提供されている点になる(無料版のTeamsも利用可能だが)。

Slackの買収がクリアになれば、Salesforceがこの件を引きずるのかどうかは分からないが、Salesforceがこれ以上追求したいと考えるとは考えにくい。

Salesforceは顧客サービスやマーケティング、アナリティクスなどを網羅するエンタープライズ・ソフトウェア分野で2,250億ドルの巨大企業だ。その支援によってSlackは突如として巨大なエンタープライズ・エコシステムを手に入れ、販売や統合が可能となった。

元Salesforceの製品管理担当副社長で、後に投資家となってプライバシー関連のAPIを提供するSkyflowを共同設立したAnshu Sharma氏は、両社が手を組むことで大きなメリットがあると考える。

「Slackの製品の優位性とSalesforceの営業・マーケティング力を組み合わせることで、強力なタッグが生まれた。Slackは製品戦争には勝ったが、販売面での優位性と懐の広さを持つMicrosoftやGoogleにセールスとマーケティングの戦いで負けていた。Marc Benioff氏が彼らの味方についたことで、Slackは一夜にして製品を販売する営業担当者を10倍に増やすことができるのだ」。

サンフランシスコのTransbay地区にあるSalesforceとSlackの本社が地理的に近いことも注目に値する。もちろん、これは買収の決定要因にはならないが、チームや人材、テクノロジーを統合するという点ではすでに隣人であったのだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

Saleforce、Slack買収:Slackの油断(3/4)

SHARE:

Slackの油断 (前回からのつづき)Slackはその認知度の高さがあるにもかかわらず、資金力また他プロダクトとの拡張性に長けるMicrosoft Teamsと比較すると多くの不利な状況にあると言われてきた。Microsoftはエンタープライズ向けコミュニケーションツールTeamsを2016年に立ち上げ以降、Slackとライバル関係を築いてきた。 SlackはNewYorkTimesの全面広告で、…

Slackを猛追することになったMicrosoft Teams

Slackの油断

(前回からのつづき)Slackはその認知度の高さがあるにもかかわらず、資金力また他プロダクトとの拡張性に長けるMicrosoft Teamsと比較すると多くの不利な状況にあると言われてきた。Microsoftはエンタープライズ向けコミュニケーションツールTeamsを2016年に立ち上げ以降、Slackとライバル関係を築いてきた。

SlackはNewYorkTimesの全面広告で、チームコミュニケーション分野で必要な要素をMicrosoftに伝える形で掲載するなどしていた。しかし両社の関係は悪化し続け、Butterfield氏はMicrosoftがTeamsをOffice製品としてバンドルしている点を非難している。また、TeamsのDAUがSlackを上回っているかのような見せ方を続けており、誤解を招いていると主張していた。

実際、Butterfield氏はTeamsとSlackは本質的には競合でないとの考えを示していた。TeamsはZoomなどのように、主要な用途として音声通話やビデオ通話が利用されており、「MicrosoftはTeamsをSlackの競合と位置付けることで利益を得ている」と主張している。しかし、COVID-19パンデミック以降、Teamsはリモートワークにおけるコラボレーションツールとして、特にビデオ通話分野において大きく前進した1年となった。

CCS InsightのAngela Ashenden氏は「Slackは市場において多くの差別化ポイントを持っているのは確かですが、パンデミック以降、Microsoftの猛追により競争が激化しているのも確かだ」と述べている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

Saleforce、Slack買収:彼らが「高値買い」した理由(2/4)

SHARE:

SaleforceがSlackを「高値買い」した理由 (前回からのつづき)Salesforceは、直近のSlackのバリュエーションを10%上回る形で入札を行ったが、実際Slack買収の話が出てくる以前の評価額で比較すれば60%以上の高値で取引を完了したことになる。Slackの株主はSalesforceの買収が完了すれば、1株当たり26.79ドルのキャッシュとSalesforceの株式0.0776…

Image Credit : Slack

SaleforceがSlackを「高値買い」した理由

(前回からのつづき)Salesforceは、直近のSlackのバリュエーションを10%上回る形で入札を行ったが、実際Slack買収の話が出てくる以前の評価額で比較すれば60%以上の高値で取引を完了したことになる。Slackの株主はSalesforceの買収が完了すれば、1株当たり26.79ドルのキャッシュとSalesforceの株式0.0776株を手に入れることになる。これは、11月30日時点でのSalesforceの企業価値277億ドルに相当するものだ。

両者の取引は2021年後半に当たる2022年度第2四半期に完了すると見込まれており、現在のSlackにおけるCEOを務めるStewart Butterfield氏がSaleforce内部にてオペレーティングユニットを率いることなる。

SaleforceとSlackは長い間良好な関係を築いてきた。数年前から両者の製品は統合され、2つのプラットフォーム上でデータのやり取りがしやすい設計が施されてきた。実際、Saleforceは自社が運営する企業向けソーシャルプラットフォームChatterを運営しているものの、これはセールスに特化した機能であり、未だメジャーとは言えない状況だ。Saleforceでは既にChatterとSlackの間でメッセージが共有可能な機能を提供しているが、まだ一般的に認知されるレベルにまでは至っていない。

しかし、Slackを買収したことで、Saleforceは企業内部のコラボレーションツールへ直接的に関わることが可能となり、同社プロダクトを効率的に関係性を持たせていくことが可能となる。Saleforceによれば、SlackはSaleforce Customer 360の新しいインターフェースになり、全てのSaleforce Cloudに統合され、ユーザーが顧客情報を交換、コラボレーションし行動に移す中心の場となるだろうと説明している。

Slackは、Slack Connectをつい最近発表しており、1つのチャンネルで最大20の組織がコミュニケーションを取ることが可能な機能となっている。これはまさに、Saleforceが今後力を入れて目指していく機能なのだろう。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

Saleforce、Slack買収:277億ドル(約2.9兆円)で買収し、Salesforce Customer 360に統合へ(1/4)

SHARE:

SalesforceはチームコラボレーションツールSlackを277億ドルで買収することを発表した。同社は2018年に公開したツール「Salesforce Customer 360」とSlackを組み合わせる計画だという。同ツールは、企業が複数のSalesforceアプリへの接続を一元管理できるほか、チームのマッピング、組織における様々なデータソースの調整を可能とするもの。同社は「新しい働き方を実…

Image Credit : Salesforce
SalesforceはチームコラボレーションツールSlackを277億ドルで買収することを発表した。同社は2018年に公開したツール「Salesforce Customer 360」とSlackを組み合わせる計画だという。同ツールは、企業が複数のSalesforceアプリへの接続を一元管理できるほか、チームのマッピング、組織における様々なデータソースの調整を可能とするもの。同社は「新しい働き方を実現するためのオペレーティングシステム」と表現している。

顧客管理システム(CRM)ツールの最大手SalesforceがSlackを買収するという噂は先週ごろから流れ始めていた。SlackはCOVID-19のパンデミック以降、リモートワークツールとして好調さを維持してきたと同時に、Microsoft Teamsなどとの市場競争に巻き込まれる形で確固たる地位の確立に苦しんできていた。

Slackは昨年6月にNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場。初値は38ドルを記録し、バリュエーションは230億ドルと評価されていた。しかし、その後から現在までの約17か月間、株価は25ドルから32ドルの間を推移している状態が続いている。しかし、先週SalesforceがSlackの買収検討が進んでいるという噂が表ざたになってからは、同社株価は史上最高値となる44ドルを超え、時価総額は250億ドルに達していた。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録