BRIDGE

タグ アンサー

スマホ時代の暇つぶし「アンサー劇場」が考える新時代のまとめメディアとは

SHARE:

スマートフォンの普及でインターネット接続時間が拡大し、PC時代に比べて新たに接続される層が拡大している現代、メディアやコンテンツはどうあるべきなのだろうか。 拡大を続けるBuzzFeedのようなキュレーションやUpworthyのようなバイラルの文脈、Business Insiderのようにビジネス・カテゴリでの挑戦、NowThisはウェブページを捨て、分散型コンテンツとしてソーシャル上での再生回数…

アンサー劇場

スマートフォンの普及でインターネット接続時間が拡大し、PC時代に比べて新たに接続される層が拡大している現代、メディアやコンテンツはどうあるべきなのだろうか。

拡大を続けるBuzzFeedのようなキュレーションやUpworthyのようなバイラルの文脈、Business Insiderのようにビジネス・カテゴリでの挑戦、NowThisはウェブページを捨て、分散型コンテンツとしてソーシャル上での再生回数を伸ばす戦略に出ている。

世界的な最先端メディアのチャレンジの一方、国内でもこの分野に挑戦しつづける人物がいる。そう、いつも楽しい話題を提供してくれる「けんすう」こと、nanapi代表取締役の古川健介氏だ。

彼がある日突然、私のfacebookにメッセージを送ってきた。二人のチャットをほぼそのまま掲載する。

けんすう:メディアって3つのステップがあると思っていて、1)コンテンツの元ネタ / ソース、2)コンテンツの流通加工、3)コンテンツの流通なんですね。

筆者:うんうん。

けんすう:で、キュレーションって要は単なる加工なんですね。だからコンテンツの元ネタがあるキュレーションサービスは強い。例えば「iemo」は複数の事業者と組んでいるし「MERY」はECサイトと組んでやっている。「ログミー」は、書き起こしという誰でもできる加工方法なんだけど、それを元ネタをアライアンスで抑えているから強い。逆に2chまとめみたいな元ネタが誰でも使えるものだと競争が激化していく。

そう思ったんですよ。

筆者:なるほど。確かにそうだね。

けんすう:コンテンツの流通というのは、FacebookとかTwitterとかなんだけど、ここを押さえると一番儲かる。ただし既にレッドオーシャン状態。そして、流通部分がよく変化があるので、流通加工はそれについていかないといけないというのが現状かな。

筆者:国内で言えばスマートニュースやGunosyが出現してこの流通箇所を取ろうとしている現象だよね。昔でいうところの新聞の制作、印刷(コンテンツ製造)ではなく、配達(コンテンツ流通)を押さえる方法だ。コンビニとか他の業界でも同じだよね。NewsPicksは流通から入って製造に手を出してるイメージかな。

けんすう:で、僕らはですね、元ネタからしっかりと抑えたいなと。

ーーというメッセージの後に紹介されたのが今月に入ってオープンしたこのアンサー劇場だ。

アンサーはnanapiが提供している即レスコミュニティで、簡単に言えばスマートフォンに最適化された掲示板だ。元々はQ&Aから始まったが、徐々に時間を持て余す人たちのコミュニケーションの場所として役割を変え、昨年8月に即レスコミュニティへとコンセプトを変更した。

彼女「耳つぶして」→俺が耳握り潰した結果wwww__アンサー劇場_ 2
アンサー劇場でまとめられた「耳つぶ」。元ネタはアンサーだ。

アンサー劇場はそのいわゆる「まとめ」になる。古川氏がチャットで言及していたことをまとめると「2chと2chまとめを独占した状態がコンテンツ製造側として最も強い」、ということになろうか。

アンサー劇場のことを2chまとめみたいだ!と紹介するのは簡単かもしれない。しかし、こうやって彼の思考を分解してみると、メディア作りに対して色々なヒントも見えてくる。

特にキュレーション時のコンテンツ2次利用については著作権の問題などのトラブルも頻繁に目にする。引用とキュレーションの境目はグレーが多いが、元ネタも自社のものであればそういう課題に引っかかることは少ない。

ちなみにビジネスモデルや収益性について尋ねたが「お金関連は難しいね」とだけコメントしてくれている。

今日時点で最終更新日が6月4日となっているので少々不安も残るが、この先アンサー劇場がどのように進化するのか、彼が投げ続ける次の変化球を興味深く待つとしたい。

nanapiのQ&Aアプリ「アンサー」がECサイト「アンサーストア」を開設

SHARE:

nanapiが運営するQ&Aアプリ「アンサー」が、2015年5月8日にECサイト「アンサーストア」をオープン。ECサイトではトートバッグやTシャツ、おにぎりなど4つの商品を展開。ストアの開設には「Store.jp」が用いられています。 アンサーは2013年12月にリリースされて以来、即座にレスがくることや匿名性などが支持され、中高生や大学生を中心にユーザに利用されています。昨年9月には、累…

czMjYXJ0aWNsZSMyODk1MSMxNDE0MzEjMjg5NTFfd3RQSnVTV1NpRi5qcGc

nanapiが運営するQ&Aアプリ「アンサー」が、2015年5月8日にECサイト「アンサーストア」をオープン。ECサイトではトートバッグやTシャツ、おにぎりなど4つの商品を展開。ストアの開設には「Store.jp」が用いられています。

アンサーは2013年12月にリリースされて以来、即座にレスがくることや匿名性などが支持され、中高生や大学生を中心にユーザに利用されています。昨年9月には、累計のコメント数が5000万を突破。インフォグラフィックを公開しています。

リリースから1年ちょっとを迎えた2014年12月22日にはコメント数は1億を突破し、ユーザの盛り上がりを感じさせるサービスとなっています。

answer store

そんなユーザが盛り上がりを見せているアンサーでECサイトが開設されたことは興味深いですね。アンサーストアで提供される商品がアンサーから発売されるものだけになるのか、それとも他の商品も扱うようになるのか、将来的にはユーザも出品可能な場所になっていくのか、色々考えさせられます。

nanapiの「アンサー」5000万コメント突破、インフォグラフィックを公開

SHARE:

8月13日に4000万回答を突破したnanapi「アンサー」は9月1日、その数字を5000万に伸ばしたと発表した。(※突破したのは8月27日)今回から「回答数」ではなくコメント数にしているのは、Q&Aという枠を取り払ったからだろう。同社ではこれを記念してこれまでの軌跡をインフォグラフィックにまとめている。 <参考記事> 300万件の質問、4000万回答を突破したnanapiアン…

8月13日に4000万回答を突破したnanapi「アンサー」は9月1日、その数字を5000万に伸ばしたと発表した。(※突破したのは8月27日)今回から「回答数」ではなくコメント数にしているのは、Q&Aという枠を取り払ったからだろう。同社ではこれを記念してこれまでの軌跡をインフォグラフィックにまとめている。

<参考記事> 300万件の質問、4000万回答を突破したnanapiアンサー、Q&Aをやめて即レスコミュニティに

男女比が半分半分、目立つのは20代ユーザー(それ以下も含めて)の多さだ。また、夜間の利用が活発で、滞在も1時間と「夜の暇つぶし」のポジションを着実に攻めていることがよくわかる。具体的なユーザー数やダウンロード数はまだ非公開なだけに、その数字が公開されるタイミングが楽しみだ。

answer_infographic_2

300万件の質問、4000万回答を突破したnanapiアンサー、Q&Aをやめて即レスコミュニティに

SHARE:

「アンサーの質問数が300万件になって、回答数は4000万投稿を超えました。そして、アンサーのガイドラインをかえてQ&Aというカンバンを外してみました」 このメッセージが届いた際、私は彼が何を言っているのかイマイチよく分からなかった。そしてそっとアンサーを開いてみたら…確かに、アンサーは静かに、そして元々そうであったように小さく変化をしていた。このメッセージをくれたのはもちろん、同サービス…

answer

「アンサーの質問数が300万件になって、回答数は4000万投稿を超えました。そして、アンサーのガイドラインをかえてQ&Aというカンバンを外してみました」

このメッセージが届いた際、私は彼が何を言っているのかイマイチよく分からなかった。そしてそっとアンサーを開いてみたら…確かに、アンサーは静かに、そして元々そうであったように小さく変化をしていた。このメッセージをくれたのはもちろん、同サービスを世に放ったnanapi代表取締役の古川健介氏その人だ。

話を整理しよう。まず、古川氏が話す「Q&Aというカンバンを外した」というのは文字通り、Q&A形式に限定するのを止めた、ということだ。実際、アンサーを開いてみれば分かる。これまでは気軽な相談もの(家庭事情や本当の疑問)が並んでいたが、今はもうそういうリミットが外れて「暑い」や「お盆で道が混んでる」「ツナサンドとたまごサンドどっち作ろうかな」といったTwitter的なつぶやきが多く並ぶようになっている。

Evernote Camera Roll 20140813 113314 Evernote Camera Roll 20140813 113315

古川氏によれば、スポットというスレッドみたいなものを作ってひたすら適当にレスをする実況などが盛り上がっているとのことだった。

そもそもこのコミュニティには本当に疑問に対して回答を求める人というより、「誰でも回答していい」というゆるやかなルールに則った匿名掲示板のような側面もあった。なので、あるべき姿に自然と変異した、と考えるのが正しいかもしれない。もしくは古川氏は匿名コミュニティについて造詣が深く、意図的にこの方向に持っていった、とも想像はできる。

また彼が指標としてこだわるのが回答数と回答率だ。不特定多数の場所での即レスというのはコミュニティに何度も再訪問させる上で重要なポイントになる。現在の状況として古川氏は即レス率(5分以内にレスが付く、という定義で)87%、未回答率については0.88%にまで下がったと回答してくれている。

そして前述の通り、アンサーは引き続き回答数を積み上げている。メッセージを貰っていたのが8月8日なので、これまでのグラフに情報を追記してみるとおおよそこのような角度の成長がみえてくる。

nanapi_answer.001

ではアンサーは何を目指しているのだろうか?古川氏は以前インタビューで、コンテンツとディストリビューターの関係性についてその考えを語ったことがあった。詳しくは下記の記事をご覧頂くとして、そこで同氏はスマートフォン時代のディストリビューターはまだ決定的なプレーヤーが決まっていない、だからアンサーはそのポジションを狙っている、という考えを披露している。

<参考記事> 【投資家・起業家対談】「コンテンツにはお金が払われてなかった説を持ってるんです」ーーグロービス・キャピタル・パートナーズ高宮氏×nanapi古川氏(3/4)

今回の舵切りはまさにユーザーを拡大し、トラフィックを集めることになるだろう、ということでその件を古川氏に改めて尋ねてみた。しかし、彼の回答はこのようなものだった。

「送客装置としてはあまり考えていないです!文化があるウェブサービスをつくるという点は結構意識しているかも」(古川氏)。

現時点で深読みするのは時期が早いのもよくわかる。ただ間違いないのはこの先もアンサーはスマートフォンを持つユーザーにとって絶好の暇つぶし、可処分時間を奪う存在として成長してくだろう、ということだ。手のひらの可処分時間争奪戦に挑むプレーヤーとしては、ニュースやゲーム、各種バーティカルメディアが並んでいる。

特定のコミュニケーション分野にはLINEやfacebookメッセンジャーが存在感を放っている。アンサーはここに挑むことになるのだろうか。それとも全く別の存在として共存していくのだろうか。スマートフォンシフトした現代で、不特定多数のコミュニケーション分野のプレーヤーはまだまだ決定打がないだけに、その点にも注目したい。

nanapiのアンサーが2000万回答に到達、4月からの成長をグラフにしてみた

SHARE:

nanapiの提供するノンジャンルのQ&Aアプリ「アンサー」が6月24日、2000万回答に到達したとnanapi代表取締役の古川健介氏が教えてくれた。2013年12月にiOS版でリリース後、4月14日に600万回答を達成、約1カ月後の5月16日に1000万回答、さらに6月11日に1500万回答と順調に回答数を伸ばし、今日、24日に2000万回答に到達した。 下記はnanapiに教えてもらっ…

nanapiの提供するノンジャンルのQ&Aアプリ「アンサー」が6月24日、2000万回答に到達したとnanapi代表取締役の古川健介氏が教えてくれた。2013年12月にiOS版でリリース後、4月14日に600万回答を達成、約1カ月後の5月16日に1000万回答、さらに6月11日に1500万回答と順調に回答数を伸ばし、今日、24日に2000万回答に到達した。

下記はnanapiに教えてもらった数字で私たちが作成したグラフになる。日付間隔は均等ではないが、ほぼ2週毎の数字と眺めてもらえれば幸いだ。

nanapi_answer.001

回答数の伸びの裏には、nanapiアンサーが仕掛ける「キャラクターbot」による即レスが影響しているものと思われる。古川氏によると、この回答数にはbotの数字は含まれていないということだったが、それに反応する形でユーザーコミュニケーションが活性化していると考えれば、このアイデアは正しかったということになるだろう。このあたりはどのように定量的に判断するか難しいが、機会があればなんらかの数字を聞いてみたい。

北米ではここ数日「Yo」が大きく話題になり、あっという間に100万人ユーザーを達成する勢いをみせている。

<参考記事> 【追記あり】開発8時間で120万ドル調達の「Yo」が急成長中

飽きられる可能性ももちろん高いが、ソーシャルネットワークの基盤ができた今、コミュニケーションサービスがどのような成長曲線を描かなければ世界で生き残れないかを教えてくれる、ひとつのベンチマークとして参考になる。アンサーも公開後、4カ月はゆるやかな成長だったが、ここ2カ月の勢いは目を見張るものがある。但しこれは回答数なので、どこかのタイミングでユーザー数などの情報が公開されることを期待したい。

漫画とラジオの次はくまモンに手を出した「アンサー」、回答数は1500万回を突破

SHARE:

Image by Flickr / Shiori.k 単なるQ&Aサービスから、インスタントな反応を楽しめるコミュニケーションサービスに確実に変貌を遂げつつあるnanapiの「アンサー」がまた新たな展開を発表している。ご当地キャラだ。 nanapiは6月11日からくまモン(熊本のご当地キャラクター)をはじめ、10種類のご当地キャラクターをアンサー内に登場させる。ユーザーがある地域の話題に対…

8015654381_a86ac3399e_z

Image by Flickr / Shiori.k

単なるQ&Aサービスから、インスタントな反応を楽しめるコミュニケーションサービスに確実に変貌を遂げつつあるnanapiの「アンサー」がまた新たな展開を発表している。ご当地キャラだ。

nanapiは6月11日からくまモン(熊本のご当地キャラクター)をはじめ、10種類のご当地キャラクターをアンサー内に登場させる。ユーザーがある地域の話題に対して投稿した場合、該当する方言や、ゆかりのたべもの、観光地名、文化などに関連したワードに反応して回答をしてくれる。

講談社の漫画キャラクターと連携したアイデアと同じ流れで、アンサーの今後の展開は恐らくこのような回答してくれる「非人間」の横展開が考えられるだろう。当然、ここから垣間見えるのは、アンサーは決して疑問に対してこれまでのようなQ&Aのような道を辿ろうとしてはいない、ということだ。

<参考記事> nanapiのアンサーが漫画の次にラジオと連携、番組中に吉本芸人がお題を提供

スマートフォンビジネスを語る時「手のひらの可処分時間の争奪戦」と呼ばれることがあるが、アンサーはこの戦いにゲームやメッセージングとはまた違った新しいコミュニケーションを提供しているように思える。

結果もしっかり出ており、nanapi代表取締役の古川健介氏によれば、5月時点で1000万回だった回答数は現時点で1500万回を突破しているとのことだった。4月14日時点で発表されている回答数が600万回だったので加速度が付いていることがよくわかるはずだ。

この成長はどこまで続くのか。注目している。

nanapiのアンサーが漫画の次にラジオと連携、番組中に吉本芸人がお題を提供

SHARE:

新しいタイプのQ&Aサービス「アンサー」を提供するnanapiは5月22日より、よしもとクリエイティブエージェンシーおよびFM OSAKAと連携してラジオ番組との連動企画を開始すると発表している。 連動する番組はFM OSAKAで放送中の「よしもとラジオ高校~らじこー」で、木曜日担当のお笑いコンビの「かまいたち」がアンサー内に公式アカウントを設置、そこから「課題」が投稿される。アンサーのユ…

fm_osaka_851_よしもとラジオ高校~_らじこー

新しいタイプのQ&Aサービス「アンサー」を提供するnanapiは5月22日より、よしもとクリエイティブエージェンシーおよびFM OSAKAと連携してラジオ番組との連動企画を開始すると発表している。

連動する番組はFM OSAKAで放送中の「よしもとラジオ高校~らじこー」で、木曜日担当のお笑いコンビの「かまいたち」がアンサー内に公式アカウントを設置、そこから「課題」が投稿される。アンサーのユーザーはそのお題に対して回答をすることができる。

もう既にアンサーで繰り広げられるコミュニケーションは一般的な悩み相談や疑問の質問投稿サービスとは違う路線を歩みつつあるのかもしれない。

かまいたちがどのような課題を提供するかはわからないが、単なるお悩み相談ではなく、大喜利化することも考えられる。但しこの傾向は突然始まったものではなく、4月の講談社らとの連携による人気漫画キャラクター連携でその気配は感じられていた。

このような方向性が支持されたのか、アンサーは2013年12月のiOS提供開始から約5カ月で1000万回答を達成したことを発表している。

ちなみにnanapi代表取締役の古川健介氏はAndroid版公開の日に「ちなみにLINE Qさんは同日にリリースして、5月3日に1000万件突破していました。うちは、5月7日なので4日負けている!がんばらないと!」とfacebookに書き込みをして存在感の大きな競合へのライバル心をむき出しにしていた。

5カ月で1000万回答を達成したnanapiのアンサー、Android版を正式提供開始

SHARE:

新しいタイプのQ&Aサービス「アンサー」を提供するnanapiは5月16日、同アプリのAndroid版の正式提供を発表した。Android2.3.3 以降のスマートフォンおよびタブレットが対象で、利用は無料。 なお、nanapiでは2013年12月から提供を開始しているiOS版の回答数が約5カ月で1000万回を突破したことも合わせて発表している。4月14日時点で発表されている回答数が600…

アンサー 内緒で相談!無料チャットで即返信_ひまつぶし_音声_-_Android_Apps_on_Google_Play

新しいタイプのQ&Aサービス「アンサー」を提供するnanapiは5月16日、同アプリのAndroid版の正式提供を発表した。Android2.3.3 以降のスマートフォンおよびタブレットが対象で、利用は無料。

なお、nanapiでは2013年12月から提供を開始しているiOS版の回答数が約5カ月で1000万回を突破したことも合わせて発表している。4月14日時点で発表されている回答数が600万回だったので、約1カ月で倍近くの伸びを示していることになる。

<参考記事> 回答600万件のスマホQ&A「アンサー」、講談社などと人気漫画キャラが回答してくれるコラボを実施

アンサーはユーザーの一般的な質問にユーザー同士が回答するコミュニケーションサービス。従来のQ&Aサービスに比較して、チャットのような感覚で相談できることから5分以内のレスポンス率90%という高い利用状態にあった。

また、レスポンスにもアンサーらしいアイデアが含まれており、4月には講談社などと連携し、人気漫画のキャラクターがbotとしてユーザー間コミュニケーションに参加するサービス提供も開始している。

回答600万件のスマホQ&A「アンサー」、講談社などと人気漫画キャラが回答してくれるコラボを実施

SHARE:

Q&Aという形式で新しいスマートフォンコミュニケーションサービスが生まれつつあるのかもしれない。 ノンジャンルのQ&Aアプリサービス「アンサー」を提供するnanapiは4月14日、講談社およびエキサイトと共同で、週刊コミック誌定期購読アプリ「週刊Dモーニング」との連携を開始したと発表した。 週刊Dモーニングの公式アカウントがアンサー内に設置され、同コミック内で提供されている「島耕作…

thebridge様用プレスリリース_pdf(1_2ページ)

Q&Aという形式で新しいスマートフォンコミュニケーションサービスが生まれつつあるのかもしれない。

ノンジャンルのQ&Aアプリサービス「アンサー」を提供するnanapiは4月14日、講談社およびエキサイトと共同で、週刊コミック誌定期購読アプリ「週刊Dモーニング」との連携を開始したと発表した

週刊Dモーニングの公式アカウントがアンサー内に設置され、同コミック内で提供されている「島耕作」「鬼灯の冷徹」「メロポンだし!」などの作品キャラクターからのレスが受けられるようになる。

元々、アンサーには公式キャラクター(?)のアンサーくんが存在しており、質問を投稿すると合いの手を入れてくれていた。今回もそのbot形式での提供になる。スクリーンショットにある通り、「給料が安いからなんとかしてくれ」という質問に対して島耕作のコマが回答してくれる、というような具合だ。

また、これに合わせ、nanapi代表取締役の古川健介氏は12月7日公開のアンサーの質問件数が50万件、回答件数が600万件に到達していることも教えてくれた。

Q&Aをきっかけとしたスマートフォンでのコミュニケーション

ストレートなQ&Aの価値は「知りたいことを人力で教えてもらえること」にある。しかしアンサーが今回とった方向性をみる限り、そこが最大のポイントでないことは明らかだ。

古川氏も「アンサーの価値は即レスであり、この反応にユーザーが価値、楽しみに繋がっている」と本誌取材に回答してくれている。今回「bot」という形式での即レスを、しかも人気キャラのコマで演出することでさらなるQ&A内コミュニケーションの活性化に繋げようという方向性は、巷に多く出回っているQ&Aサービスとの差別化においては正しいように感じられる。

また、古川氏はnanapiとのシナジーについてはまだないとしつつも、質問と回答のデータを蓄積しながらこのコミュニケーションそのものの価値を高めていきたいと回答してくれた。