THE BRIDGE

タグ インスペ買取

空き家問題、知ってますか?買取予約「2000億円規模」市場の秘密

SHARE:

今、全国的に問題になっている「空き家」の増加、ご存知でしょうか。 内閣府が進める次世代社会の方針「Society5.0」でも指摘されている課題で、現在国内には846万戸の空き家が存在しています。このまま放置すると15年後には倍以上の2000万戸にまで拡大する予想です。日本の世帯数は5340万世帯(平成28年)ですから、なかなかの数字であることが理解できると思います。 空き家が増えると何が起こるのか…

white and red house surrounded by trees at night
Photo by eberhard grossgasteiger on Pexels.com

今、全国的に問題になっている「空き家」の増加、ご存知でしょうか。

内閣府が進める次世代社会の方針「Society5.0」でも指摘されている課題で、現在国内には846万戸の空き家が存在しています。このまま放置すると15年後には倍以上の2000万戸にまで拡大する予想です。日本の世帯数は5340万世帯(平成28年)ですから、なかなかの数字であることが理解できると思います。

空き家が増えると何が起こるのか。シャッター通り商店街を思い浮かべてください。人通りが少ない街には活気がなく犯罪や更なる人口減少という負のスパイラルが発生します。

ではどうしたらこれが解決できるのか。そのキーになるのが新しい経済の仕組みです。分かりやすい例で言えばインバウンドを見込んだリノベーション市場があります。海外からの観光客は2020年に4000万人という政府目標の通り増加しており、これを見込んだ民泊用のリノベーションが各地で進んでいるのはご承知の通りです。

それ以外にもシェアスペースとしての活用や、リモートワークの拠点など「住居」という概念を超えることで「空き家」問題は様々なビジネスチャンスになる、という目論見があります。そこで政府としてもこういったビジョンを推進すべく、Society5.0の提言の中で、中古住宅の流通市場を2025年までに8兆円規模に押し上げる、という目標を立てているわけです。

当然、このチャンスに気づいている事業者も多数います。実際、私たちは今、中古住宅の買取マッチングサービス「インスペ買取」を運営しているのですが、ここに集まっている500社を超える不動産買取会社さんの買取予算額は2000億円を突破しています。

空き家を買いたい「2000億円規模」の買取予約市場

このビジネスチャンスにいくつかのプレーヤーが出現しています。

一つは大手不動産買取会社さんです。当たり前ですが住みやすい物件は売れるので仲介事業者が扱います。住んでいる人も高く売りたいのでやや時間がかかってもそちらを選択するでしょう。しかし空き家に代表される「売りづらい」物件は多少安くなっても買取会社が扱うのが一般的です。大手の買取会社は豊富な予算でこれらの物件を買い取り、新たな価値を付加した上で再販するわけです。

inspection.png

次に私たちのような不動産の売買プラットフォーム事業者です。中古住宅の場合、車の車検と同じくその住宅が「住めるものなのか」を検査する仕組みが曖昧でした。しかし2018年の宅建業法改正でインスペクション(建物状況調査)の調査方法基準が設定されたことにより、車と同じような感覚でより効率的に売買できる仕組みが整ったのです。

これで手離れしづらい空き家などの物件を、新たな経済活動を目指して手軽に流通させる仕組みは整いました。

これを加速させる存在が実は中小の不動産買取会社さんの存在です。彼らは大手と異なり、小規模ならではのアイデアに溢れています。一方、豊富な予算があるわけではないので、自身での集客が難しくこれまでは大手の仲介会社さんの売れ残りを買い取るという現実もありました。直接売買できる環境があれば「空き家」を新たな経済に変える可能性はぐんと広がるのです。こういった事業者も多数私たちのプラットフォームに参加してくれています。

フリマアプリの登場で個人経済が活性化したように、流通総額が大きくなればそこにチャンスを見出す人たちが多数生まれます。空き家でも同じようなパラダイムを生み出そう、というわけです。

空き家が流通すれば新しい経済がうまれる

何気なく見ている空き家に隠れたビジネスとその市場の可能性について少し共有させていただきました。人口動態の影響もあって、戸建て住宅は売却期間の長期化が進むことは避けられません。放置しているとまた新たな空き家問題を拡大させてしまいます。

それを解決する方法は新しい経済を生み出すことです。シェアリングエコノミーは捨てられる「ゴミ」の存在を、新たな経済活動の源泉に変えました。住宅も同じです。

住宅の売買はまだまだ途上の市場です。制約も多く、専門的な知識も必要ですが、これについてはまたの機会に共有できれば幸いです。

<参考情報>

本稿は「インスペ買取」を開発・提供するNonBrokers株式会社 代表取締役/CEO、東峯氏によるもの。Facebook/Twitterアカウントは共にminex2222。彼らの事業や採用に興味がある方は、こちらからコンタクトされたい。

----------[AD]----------

住宅買取会社に直接売れる、戸建て買取専門のマッチングサイト「インスペ買取」Non Brokersが公開

SHARE:

Non Brokersは6月24日、戸建て買取専門のマッチングサイト「インスペ買取」を正式公開した。仲介会社を経由せずに住宅の買取会社と直接マッチングしてくれるため、買取相場よりも高く、スピード買取が実現できる。 また、インスペクション(住宅の調査)を実施することで買取前に雨漏りなどのリスクを確認できる。売主にかかる売却手数料は無料で、買取会社は成約時に物件価格の1.5%を手数料として支払う仕組み…

スクリーンショット 0001-07-02 14.08.21.png

Non Brokersは6月24日、戸建て買取専門のマッチングサイト「インスペ買取」を正式公開した。仲介会社を経由せずに住宅の買取会社と直接マッチングしてくれるため、買取相場よりも高く、スピード買取が実現できる。

また、インスペクション(住宅の調査)を実施することで買取前に雨漏りなどのリスクを確認できる。売主にかかる売却手数料は無料で、買取会社は成約時に物件価格の1.5%を手数料として支払う仕組み。

同社は、建物の状態をアプリで診断管理できる「インスペ」やインスペクション事業者を検索、閲覧できる比較サイト「インスペマート」を提供している。今回のサービスで物件の販売手数料を適正水準まで引き下げるとともに、物件買取における建物状態の透明化を推進する。

今後はパートナーとなる買取会社の登録数を拡大させ、年間の買取予算額1兆円規模の買取プラットフォームを目指す。また、領域についても区分マンションや一棟収益物件、リバースモーゲージ、リースバックなどに取り扱いの幅を拡大させる予定。

via PR TIMES

----------[AD]----------