BRIDGE

タグ インテグリカルチャー

低コスト細胞培養技術「CulNet System」のインテグリカルチャー、シリーズAで8億円を調達

SHARE:

インテグリカルチャーは5月25日、シリーズAラウンドでの第三者割当増資による資金調達を公表している。引受先になったのはBeyond Next Ventures、日本ハム、リアルテックファンド、Agfunder、広島ベンチャーキャピタル、VU Venture Partners、その他事業会社。個人投資家として中川成久氏ら(その他の個人氏名は非公開)も参加している。調達した資金は8億円で、同社の累計資…

Screen Shot 2020-05-28 at 1.39.45 PM

インテグリカルチャーは5月25日、シリーズAラウンドでの第三者割当増資による資金調達を公表している。引受先になったのはBeyond Next Ventures、日本ハム、リアルテックファンド、Agfunder、広島ベンチャーキャピタル、VU Venture Partners、その他事業会社。個人投資家として中川成久氏ら(その他の個人氏名は非公開)も参加している。調達した資金は8億円で、同社の累計資金調達額は約11億円となった。

同社は独自開発の低コスト細胞培養技術「CulNet System」をバイオ領域の新たなプラットフォームとし、動物細胞で構成される食品、皮革をはじめ、様々な分野で活用されるプロダクト開発をする。CulNet Systemは、汎用性の高い細胞培養プラットフォーム技術で、動物体内の細胞間相互作用を模した環境を擬似的に構築する装置。

本技術は、理論的にはあらゆる動物細胞を大規模かつ安価に培養可能で、培養肉をはじめ、様々な用途での活用を想定しているという。将来的には食の問題が解決(SDGs達成や食料安全保障の一助)され、誰もが自由に細胞農業テクノロジーを活用して細胞プロダクト(食品、皮革製品、サプリ、化粧品、医薬品等、細胞培養技術で製造できるもの)を作ることができるとのことだ。

調達資金の使途として、「コスメ事業」「培養肉事業」「CulNetプラットフォーム事業」の3つを挙げている。

via PR TIMES

 

----------[AD]----------