THE BRIDGE

タグ ウェルモ

福祉プラットフォーム「ウェルモ」が11.7億円の資金調達、超高齢化社会に向けて各社と連携

SHARE:

福祉プラットフォーム「ウェルモ」は8月22日、あいおいニッセイ同和損害保険、アカツキ、グローバルキッズCOMPANY、コニカミノルタ、eumo、LINE Ventures、アイ・マーキュリーキャピタル、SXキャピタル、フェムトパートナーズ、および名称非公開の事業会社とファンドを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は11億7000万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。同社の…

Screen Shot 0001-09-02 at 10.09.36.png

福祉プラットフォーム「ウェルモ」は8月22日、あいおいニッセイ同和損害保険、アカツキ、グローバルキッズCOMPANY、コニカミノルタ、eumo、LINE Ventures、アイ・マーキュリーキャピタル、SXキャピタル、フェムトパートナーズ、および名称非公開の事業会社とファンドを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は11億7000万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。同社の累計調達額は17億円になる。

今回の追加増資を受け、エンジニアリソースやアライアンス戦略を推進する事業開発、セールスリソースといった3つの領域における組織強化を進める。

また、あいおいニッセイ同和損害保険、コニカミノルタとは業務提携し、ウェルモが提供するケアプラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」や「MILMO」を中心とした福祉プラットフォームとの連携を開始する。

同社は、介護におけるデータと自然言語処理を活用し、介護の計画における文章案や専門知識を提示するケアプラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」を研究開発している。また、地域の介護情報を見える化し、利用者のニーズに合った介護サービスを選択しやすくするデータベース「MILMO」を提供している。

今後は介護領域に止まらず、食事・運動・金融等、あらゆる周辺領域とのサービス連携を図ることで多様なニーズにも対応する予定。

via PR TIMES

----------[AD]----------

AI介護のウェルモが福岡市と実証実験、市内の介護データからケアマネージャーの満足度など調査

SHARE:

  介護関連ベンチャーのウェルモは8月27日、福岡市とAIを活用したケアマネジャー支援の実証実験を開始すると発表した。9月からの実施で政令指定都市として、介護支援専門員協会の協力によるケアプラン作成支援の実証実験は日本初の試みになるという。ウェルモは実証実験の始動にあたり、グリーンケア専務取締役の柴口里則氏を顧問として招聘する。 同社が提供するケアプラン作成支援AIの「CPA」は、ケアマネジャーが…

 

介護関連ベンチャーのウェルモは8月27日、福岡市とAIを活用したケアマネジャー支援の実証実験を開始すると発表した。9月からの実施で政令指定都市として、介護支援専門員協会の協力によるケアプラン作成支援の実証実験は日本初の試みになるという。ウェルモは実証実験の始動にあたり、グリーンケア専務取締役の柴口里則氏を顧問として招聘する。

同社が提供するケアプラン作成支援AIの「CPA」は、ケアマネジャーが要介護者の状態を入力するとAIが課題を提示し、様々なプラン案を提示するサービス。プラン案候補だけでなく、国のガイドラインや理学療法、看護等の幅広い職種の関連情報も提示し、ケアマネジャーが気づかなかった方向性も示してくれる。

今回の実証実験では福岡市と福岡県の介護支援専門員協会が協力し、ケアプランや認定に関わる資料等のデータを集め、ウェルモが提供するケアプラン作成支援AI「CPA」に学習させる。これにより介護サービスの内容や実際の介護事業所との対応関係を分析。ケアプランの推薦精度やケアマネジャーの満足度を検証するという。2019年秋頃を予定しているβ版サービスの提供に向け、開発を強化することも伝えている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

介護現場のケアプラン作成支援「ウェルモ」が4.5億円を調達、AI活用で効率化

SHARE:

人工知能(AI)を活用した福祉サービスを提供するウェルモは6月6日、フェムトパートナーズ、アイ・マーキュリーキャピタル、SXキャピタルを割当先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額で4億5000万円。出資比率などの詳細は公開されていない。 ウェルモは、介護業務であるケアプラン作成支援するAIエンジン「CPA( ケアプランアシスタント)」を2016年から開発。介護業務の中でも業務負…

milmo.png
Image Credit : ウェルモ/YouTube

人工知能(AI)を活用した福祉サービスを提供するウェルモは6月6日、フェムトパートナーズ、アイ・マーキュリーキャピタル、SXキャピタルを割当先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額で4億5000万円。出資比率などの詳細は公開されていない。

ウェルモは、介護業務であるケアプラン作成支援するAIエンジン「CPA( ケアプランアシスタント)」を2016年から開発。介護業務の中でも業務負荷が大きい「初回のケアプラン作成」をAIで支援する。

また同社では介護の地域資源情報プラットフォーム「ミルモ」も提供している。ミルモには地域の介護情報が集約されており、ケアマネジャーやソーシャルワーカーといった専門職が利用者のニーズに対応して正確な介護サービスの提案を行うことが可能になる。すでに既に東京都、福岡市近郊で約1万5000件ほどの介護事業所データを提供しており、福岡市内の介護事業所では78%シェア(同社調べ)があるとしている。

今回の資金調達により、ケアプラン作成支援「CPA」の製品化や介護の地域資源情報を集約するプラットフォーム「ミルモ」の関東近郊都市への展開、児童発達支援等を行う「UNICO」の展開に取り組む。

via PR TIMES

----------[AD]----------