THE BRIDGE

タグ ウゴク

コーチングが必要な4つの理由、あるいは成長のための灯火を見つける方法

「コーチング型マネジメント」という言葉をご存知でしょうか。 コーチングとはそもそも、「人の意見を引き出し、相手の成長を促すコミュニケーションスキル」です。 相手が何らかの課題や目標を抱えて行き詰まっているとき、コーチングの手法を使って話しかけることで、相手に「どうすればそれを解決できるのか」を自分の力で考えさせ、課題克服や目標達成に向けて前向きに行動するように導くことができます。 この「質問力」と…

two women having
Photo by The Coach Space on Pexels.com

「コーチング型マネジメント」という言葉をご存知でしょうか。

コーチングとはそもそも、「人の意見を引き出し、相手の成長を促すコミュニケーションスキル」です。

相手が何らかの課題や目標を抱えて行き詰まっているとき、コーチングの手法を使って話しかけることで、相手に「どうすればそれを解決できるのか」を自分の力で考えさせ、課題克服や目標達成に向けて前向きに行動するように導くことができます。

この「質問力」と「聞く力」を応用しメンバー対し「自分の強みはなにか」「自分がどうしたいか」に自分で気づかせることで、自主的に行動する人材へと育てるマネジメント方法を「コーチング型マネジメント」と言います。

しかし、コーチングはこのようにメンバーの育成に有効なだけではなく、起業家・マネージャー自身こそが、コーチングセッションを受けることでより高いリーダシップを発揮できるようになると考えています。

そこで本稿ではコーチングをうけるべき理由について整理してみたいと思います。

理由1:課題・目的の言語化ができることで発信力があがる

伝えたいことやビジョンはあるのに、どうも周りにうまく伝わっていないように感じるということも少なくないのではないでしょうか。それらの原因の一つとして「自分の考えをはっきりとした言葉に落とし込めていない」ということがあります。この問題を解決するのが「言語化」です。

業務に追われて考えを固めきれていない「もやもや」を、コーチの質問によって言語化することでより明確に、かつ伝わりやすい発信ができるようになるのです。

理由2:精神的に安定する

起業家・マネージャーというのは一般的に心労が耐えないものです。先行きが不透明な中で結果がでなければ次第にモチベーションは下がっていきますし、事業の成長に伴って、社員や幹部との軋轢が生まれたり、成長痛とも言えるようなトラブルが多発すると思います。

一方で、責任が重くなるほどに相談相手も少なくなっていくというのが現状です。

そんな時、正直に弱音を吐き、愚痴を言い、虚勢を張ることなく話ができる利害関係のない第三者がいることは、心の重荷をずいぶんと軽くしてくれるものです。

またコーチングセッションによって普段考えないところまで深く内省し、自分の内発的な理想「本当はどうしたいのか」について答えを見つけられることによって、外的なトラブルでブレることのないメンタルを作ることもできます。

理由3:怒ってくれる人がいなくなることによる成長の鈍化を止められる

ある程度キャリアを積むと直面するのが「怒ってくれる人」の存在です。

責任範囲が大きいほど自分に対し率直なフィードバックをくれる人が少なくなり、成長が鈍化するという課題もあります。また、自分自身のキャリアや育成にコミットしてくれる存在も年を追うごとに減っていくのです。だからこそ、コーチと一緒に自分自身の現状について客観的に振り返っていくことで、今まで認識していなかった課題を明確化し、改善に向けたプロセスをつくることができます。

理由4:悩む時間を圧縮し行動が早くなる

ずっと同じことで悩んでいる、という経験はないでしょうか。人間には思考の癖というものがあり、どれだけ真剣に考えていても同じことをぐるぐると考えているだけで解決に向かった思考ではない時間に陥ることは誰でもあると思います。

また、断片的に考えては他のことに取り組み、悩みを繰り返していて長い間同じことが頭にもたげて気が重いなんてこともあるあるです。そんなときコーチングの時間はテーマと強制的に向き合う時間を取ることができ、短時間で「悩み切る」ことができるので、結果的に同じ結論を早く導いて行動に移すことができます。

いかがだったでしょうか。終身雇用や年功序列といった組織モデルが機能していた時代、こういった役割は会社や社会が自然と担ってくれていたかもしれません。しかし、労働力のバランスが変化する中、人生の大部分を占める働き方は流動的になっています。社会がスキームを提供しづらい今、より個人の意識が重要視されているのではないでしょうか。

人生の目標という大きなテーマに対して、コーチングという「How」がひとつの灯火となれば幸いです。

<参考記事>

本稿はコーチングマッチング「mento」を提供するウゴク代表取締役、木村憲仁氏によるもの。Twitterアカウントは@norikmr。彼らとの取り組みを希望する企業はこちらからコンタクトされたい

----------[AD]----------

人生の目的を明確にできるコーチングの「mento(メント)」、TLMらが出資ーーメルカリでの研修利用も

SHARE:

ニュースサマリ:コーチングのマッチング「mento(メント)」を提供するウゴクは10月3日、エンジェルラウンドでの資金調達を公表した。第三者割当増資によるもので、引受先となったのはTLMと複数個人。個人として氏名が公表されているのはアカツキCOOの香田哲朗氏。調達した資金は4000万円で出資の比率など詳細は非公開。同社はこれに合わせてmentoの正式公開も伝えている。 mentoはビジネスやキャリ…

Screen Shot 2019-10-03 at 8.34.09.jpeg
ウゴク代表取締役の木村憲仁氏

ニュースサマリ:コーチングのマッチング「mento(メント)」を提供するウゴクは10月3日、エンジェルラウンドでの資金調達を公表した。第三者割当増資によるもので、引受先となったのはTLMと複数個人。個人として氏名が公表されているのはアカツキCOOの香田哲朗氏。調達した資金は4000万円で出資の比率など詳細は非公開。同社はこれに合わせてmentoの正式公開も伝えている。

mentoはビジネスやキャリア、人間関係などで悩みを抱える人に、専門のトレーニングを受けたプロコーチをマッチングするプラットフォーム。コーチの質問に答えていくことで自分の理想や価値観について内省し、目標を明確にすることで自身の行動に変化を与える効果が期待できる。

ウゴクで水準をチェックしたコーチが登録されており、そのレベルによって1回の利用料金は5000円から4万円にランク分けされている。ウゴクはここから手数料を徴収するモデル。β版提供時には数百人が参加しており、社会人6年から10年目の社会的に転機を迎える層の利用が最も多い。

Press_image2.png

法人向けにも提供をしており、メルカリではマネージャーや執行役員を対象としたリーダーシップ開発、1on1のコミュニケーションアプローチ研修などの試験導入もはじまっている。ウゴクの設立は2018年2月。代表取締役の木村憲仁氏はリクルートでキャリアをスタートさせ、2019年5月からパーソナルコーチングのサービスを手がけた。

話題のポイント:今回出資したTLM代表パートナーの木暮圭佑さんは、投資先への愛に溢れる方で有名なのですが、中でも特に思い入れが強いとご紹介いただいたのがこのウゴクの木村さんでした。二人三脚で酒に飲まれながらこのサービスアイデアを作ってきたそうです。

今、世の中のビジネスシーンはさまざまな要因で(特に東京は、かもしれませんが)アンバランスな環境が増えていると認識しています。終身雇用の神話崩壊、働き方改革の推進など「就活から定年まで働き切る」みたいな昭和伝説はほぼありえない状態になっています。

ここで困るのが人生のモノサシみたいなガイドの存在で、これまで「カイシャ」という機能が担ってくれた「とりあえずしんどいけど朝行って夕方帰ったらお給金もらえる」「あの上司みたいなキャリアパスを目指したれ」といった指針みたいなものが揺らいでいるんですよね。転職はもう前提だし、昨日の上司は明日の部下、みたいな人生が広がっているわけです。

コーチングというサービスは私は使ったことがないのですが、起業すると結構多くの多種多様な経験を持ったメンター的な人にいろいろ教わることができます。木村さんとお話するに、こういった社会人における「メンターのアウトソース」的なサービス観が近いのかもしれません。ちなみに米国ではBetterupというベンチマークがあって日本円で160億円ぐらいの調達に成功しています。

Screen Shot 2019-10-03 at 7.56.55.png
Betterupウェブサイト

具体的にコーチングは国家資格のようなバッジはないのですが、国際的なルールがあって「GROWモデル」というものが一般的だそうです。ゴールやリソース、オプション(人生の選択)ウィルといった項目を設定し、内省を促すように質問して回答を引き出す、というものです。正確な数字はわからないそうですが、国内にはこういったスキルを専門の学校で取得したプロコーチがおおよそ1万人ぐらいいるのでは、というお話でした。

一般のユーザー向けというよりは、メルカリで試験導入されているようなビジネス研修のモデルがわかりやすいですね。特に採用や組織の課題は最もホットな話題ですし、離職率の低下や入社後のパフォーマンス計測などの具体的なソリューションとしてニーズが出てきそう。今後の課題はマッチングの「にわとりたまご」問題で、コーチとクライアントのバランスが綺麗にいくかどうか、そのあたりでしょうか。次のニュースに期待したいと思います。

----------[AD]----------