BRIDGE

タグ エスキュービズム・テクノロジー

飲食店の人件費を4%削減?ジョッキをコースターに置くだけでおかわりが届くIoT製品「おかわりコースター」

SHARE:

友人や同僚などと外で飲んでいると、会話が途切れてしまうタイミングが2つあります。ひとつは、料理やドリンクが運ばれてくる時。もうひとつが、追加注文を頼む時。繁盛店であればあるほど、忙しそうな店員さんの様子を見て、手が空いたかなというタイミングで注文を取りに来てもらわなければいけません。 おかわりが勝手に運ばれてくる そんな客と店側の双方にとってのちょっとした不便を解決してくれるのが、「おかわりコース…

okawari-Coaster-2

友人や同僚などと外で飲んでいると、会話が途切れてしまうタイミングが2つあります。ひとつは、料理やドリンクが運ばれてくる時。もうひとつが、追加注文を頼む時。繁盛店であればあるほど、忙しそうな店員さんの様子を見て、手が空いたかなというタイミングで注文を取りに来てもらわなければいけません。

おかわりが勝手に運ばれてくる

そんな客と店側の双方にとってのちょっとした不便を解決してくれるのが、「おかわりコースター」です。開発するのは、エスキュービズム・テクノロジー。底にLEDを取り付けたジョッキをコースターに置くだけで、おかわりが運ばれてくるというB向けのIoT製品です。

客がコースターにグラスを置くと、グラス下部の取り付け部分に埋め込まれた LED から発信されるランプ信号をコースターが受信。すると、コースターがキッチンのプリンターに情報を発信します。その情報が伝票として印刷されると、キッチンのスタッフがドリンクを用意。あとはそれをホールスタッフが客のもとに運ぶだけ。同じドリンクをおかわりするだけなら、わざわざ店員を呼び止めて注文する手間を省いてくれます。

同社が運営する飲食店向けオーダーシステム「Orange Handy」と連動させることで活用でき、10セットで100万円(Orange Handyのアプリ費用含む)ほどの初期費用がかかります。

急がれる業務効率と客単価の向上

三大都市圏の平均時給推移 (リクルート・ジョブス調査)
三大都市圏の平均時給推移 (リクルート・ジョブス調査)

エスキュービズム・テクノロジーが提供するタブレット型POSレジ「Orange POS」を導入する4,755店舗を対象に自社調べを行ったところ、全注文の約 40%のテーブルでおかわりが注文されていることが判明しました。全ドリンク提供数におけるおかわりの割合は約 10%。これらのオーダーをおかわりコースターで受けられると、全体の4.3%の工数が削減できる想定になります。

業務効率による工数削減は、昨今、人手不足による人件費高騰に悩まされる外食業界にとって急務です。アルバイトとパート募集時の平均時給は、2014年4月から2016年3月にかけて3.8%上昇(リクルートジョブス調査)。Orange Handyを導入する1,000店舗以上でも、この課題意識は高まっており、業務効率と客単価の向上に繋がる おかわりコースターの開発に至りました。

飲食店におけるIoTの活用

今後もIoT事業に積極的に取り組んでいくというエスキュービズム・テクノロジー。例えば、おかわり以外のドリンクも注文できたり、グラスの中身のドリンクを自動的に判別しておかわりが届いたり、またルーレットやサイコロのようなゲームとセットでドリンクが注文できる仕組みなどを検討しているとのこと。

飲食店の業務効率化や顧客単価アップという事業者にとってのメリットだけではなく、こうしてIoT製品が店舗体験に取り込まれることで、IoTという分野そのものの認知度向上にも貢献してくれそうです。導入店舗について現在確認中なので、情報が入ったら記事に追記してお知らせしたいと思います。

----------[AD]----------

スマホで駐車場の空き状況確認や予約・決済までできる駐車場IoTソリューション「eCoPA(エコパ)」

SHARE:

米国都心部では、常時、5台に1台の車が駐車スペースを探して彷徨っていると言われているのだとか。この課題い大して、海外では「JustPark」や「Park Circa」、国内では「あきっぱ」など、駐車場スペースのシェアリングサービスが台頭しています。 先週新たにリリースされたのが、センサーカメラを活用した駐車場IoTソリューション「eCoPA(エコパ)」です。ユーザーは、出かける前に駐車場の空き状況…

eCoPA

米国都心部では、常時、5台に1台の車が駐車スペースを探して彷徨っていると言われているのだとか。この課題い大して、海外では「JustPark」や「Park Circa」、国内では「あきっぱ」など、駐車場スペースのシェアリングサービスが台頭しています。

先週新たにリリースされたのが、センサーカメラを活用した駐車場IoTソリューション「eCoPA(エコパ)」です。ユーザーは、出かける前に駐車場の空き状況をチェックし、予約機能を備えた駐車場の場合ではスペースの事前予約ができます。駐車してからの経過時間や利用料金の確認、決済はすべてスマホアプリで実施。また、フラップ板が不要な仕組みのため、車体の損傷やうまく乗り上げられないといった手間もなくなります。

車番認識カメラやセンサーを内臓したポールを駐車場に設置し、スマホを通じて駐車場の状況をリアルタイムに確認できる仕組み。特許取得済みのナンバープレート認識技術で、eCOPAは無断駐車を抑止する防犯システムとも活動できます。従来のフラップ版を用いた駐車場の設置に比べて、例えば車室数7台の駐車場の場合、初期導入コストを約4割抑えられるとのこと。

11月中に2社ほど導入が決まっており、年間で100箇所の駐車場への導入を目標にするeCoPA。導入駐車場への十分なトラフィックを確保するため、今後はカーナビアプリやスマホ地図アプリへの情報配信を予定しています。開発・運営会社であるhttp://tech.s-cubism.jp“>エスキュービズム・テクノロジー 代表取締役の武下真典さんはこう話します。

「現在、地図上に駐車場の空き状態が表示されるのは、タイムズや三井のリパークくらいしかありません。初期導入コストを抑えたeCoPA導入により、IT投資を積極的に行えなかった中小パーキング業者も空き情報をネット上に公開できるようにし、それをユーザーに見つけてもらえる環境を作っていきます」

武下さんご自身が、家族で公園に出かけたり、スーパーなどに買い物に行く際に、どこの駐車場も満車で苦労をしたことをきっかけに開発したというeCoPA。IoTが加速する時代の流れによって、カメラやセンサーの価格が下がってきたことを受けて、今回eCoPAのリリースに至りました。

フラップ版や精算機の設置など、従来型の駐車場の初期投資は数百万単位。よりコストを抑えて設置できるeCoPAなら、ポールの設置費用が1台12万、スマホアプリとクラウドシステムに20万〜導入することができるなど、ちょっとした空きスペースの有効活用を可能にしてくれます。

サービス利用のイメージは、以下の動画をご覧ください。

----------[AD]----------