THE BRIDGE

タグ エドテック

サービス拡大のカギは”大学”にアリーー就職・インターンシップ仲介サービス「Job Teaser」が4,500万ユーロ調達

SHARE:

ピックアップ:JobTeaser scores £45M for its graduate recruitment platform ニュースサマリー:9月11日、西ヨーロッパを中心に就職・インターンシップの仲介・斡旋プラットホームを運営するフランス拠点のスタートアップ「Job Teaser」がHighland Europeを含む計5つの投資家から約4,500万ユーロ(約54億円)を調達したことを…

Screenshot 2019-09-13 at 8.52.51 AM

ピックアップJobTeaser scores £45M for its graduate recruitment platform

ニュースサマリー:9月11日、西ヨーロッパを中心に就職・インターンシップの仲介・斡旋プラットホームを運営するフランス拠点のスタートアップ「Job Teaser」がHighland Europeを含む計5つの投資家から約4,500万ユーロ(約54億円)を調達したことを発表した。

同社サービスは、創業者らが就職活動中に自分が何をやりたいのか、自分に何の職が合っているのかについて悩んだ経験がきっかけで誕生した。学生にとって適切な企業でキャリアをスタートできるようにサポートをする。

2008年にフランスで始まったJob Teaserは、現在では主に周辺各国を中心に急拡大しており、7,000以上の企業と200万人を超える学生・卒業生を繋ぐプラットホームになっている。

Screenshot 2019-09-13 at 8.13.46 AM.png

話題のポイント:Job Teaserの最も注目すべき特徴は、同サービスが単に学生と企業だけを繋ぐ就活支援サイトではないことです。学生・企業間だけではなく、大学をプラットホームの中心に位置付けています。

Job Teaserの提携大学は、所属する学生に対し無料でJob Teaserの就業支援サイト及びスマホアプリサービスを提供できます。学生はより多くの企業情報や、パーソナライズされたキャリア支援コンテンツ、インターンシップ機会へアクセス可能に。

上記サービスは「キャリア・センター by Job Teaser」と呼ばれ、Job Teaserが無償で大学に提供しているもの。学生に対するコンテンツの他に、学校のキャリア支援チームが生徒とのコミュニケーションを手軽にできる管理ツールも提供されています。

このように大学側からの信頼を勝ち得ることでマーケットプレイスモデルの活性化を図っているのがJob Teaser、というわけです。

就活・インターンシップ支援という学校にとっての重要な仕事を大規模なネットワークと便利ツールをもつJob Teaserがサポートすることで、学校・大学はより進学実績・評判を向上させることができます。

これまでフランス・ドイツ・スペイン・ベルギーを中心に、西ヨーロッパの地域における12以上の国で、600以上の大学やその他専門学校などと提携し、学生のサポートを行なっています。

Screenshot 2019-09-13 at 8.15.27 AM.png
国ごとの導入数

就活市場に多数の競合が出揃っている中、Job Teaserは学校のキャリア支援センターを囲うことで、学校単位で顧客数を増加させていくモデルを採用しているのです。

一方、企業にとってはJob Teaserのプラットホーム上で西ヨーロッパ全域から各企業に適した学生を採用できるメリット受けられます。現時点でサイトにはAmazonやPWC、ドイツ銀行などの名が連なっています。

今回の調達資金はユーザー数増加のために、イギリスやアイルランドを中心にパートナーとなる大学との提携を拡大していくために用いられてるとしています。

----------[AD]----------

退学を余儀なくされた大学生を救うーー600万ドルを調達した復学支援スタートアップ「ReUp」とは?

SHARE:

ピックアップ:ReUp Education Raises $6 Million Series A to Help College Dropouts Return ニュースサマリー:復学支援サービスを提供する米国のスタートアップ「ReUp Education」は6月6日、シリーズAラウンドにて、7つの投資家より600万ドルを調達した。 同ラウンドをリードしたのはTDM PartnersとHeredi…

スクリーンショット 0001-06-12 9.38.03.png

ピックアップReUp Education Raises $6 Million Series A to Help College Dropouts Return

ニュースサマリー:復学支援サービスを提供する米国のスタートアップ「ReUp Education」は6月6日、シリーズAラウンドにて、7つの投資家より600万ドルを調達した。

同ラウンドをリードしたのはTDM PartnersとHereditas Capital Managementで、既存投資家のSerious Change、Strada Education Network、Impact Engine、Michelson Runway、Bisk Venturesも参加している。2015年に創業し、サービス提供から3年が経過した同社にとって、今回は2回目の調達となる。

同社のサービス内容はいたってシンプルで、退学を余儀なくされてしまった生徒達を、コーチングや学習サポートを通し復学させることだ。生徒に対するサポートは、メールや電話、ソーシャルメディアを通して何回にも渡って実施される。生徒が復学するまでに平均で50回以上のコンタクトを取るという。

ビジネスモデルは学校に報酬をもらうエンタープライズ型。具体的には、生徒が復学するまでに必要とした学期の分だけ、大学はReUpに料金を支払うシステムになっている。成功報酬型で、復学が成功した場合にのみ支払われることになっている。

学校側は、生徒が復学すれば卒業率の上昇や授業料の回収などの面でメリットがある。退学した生徒にとっても、再び学業をスタートでき、卒業を諦めずに済むことにつながる。

スクリーンショット 2019-06-10 22.57.24.png
ReUpのスタッフの多くもまた、過去に支援を受けた経験を持つ

話題のポイント:ReUpが対象としている市場アメリカでは、40%以上の学生がコミュニティカレッジ、あるいは大学をドロップアウトしています。その数は年間で数百万人に及びます。理由は経済的問題や、仕事、家族、健康にまつわるものまで様々です。

そしてさらに問題なのは、そのような生徒のほとんどが非常に多くの借金を抱えたまま卒業してしまっているという点にあります。大学を卒業できなければ、良い仕事に付くことはできないため、借金を返すのにも苦労します。

学生のある時点で借金はあってもドロップアウトさえしなければ、将来的な苦労は減少するというケースも存在します。ですが現状では上述したような理由で勉強についていけなくなり、退学を選んでしまう学生が少なくありません。

スクリーンショット 2019-06-10 22.10.34.png

そのような学生の課題を解決するのがReUpの役目です。驚くことに、ReUpはこれまで30以上の大学およびコミュニティカレッジで、8000人に及ぶ学生の復学をサポートし、約1800万ドルの資金回収を成功させています。この実績はReUpが13万人の学生を対象にしたデータ収集・分析の結果によるものだと言えます。

データ収集・分析とは具体的には、収集したデータを元に、どの生徒にはどのタイミングでどの程度の援助が必要なのか、そして何が最適な援助であり、それはいつまでなのかといったことを仮説・検証することです。

さらに素晴らしいことに、現在学生へのコンサルタントとして活躍する10名ほどのスタッフのほとんどは、過去にReUpによって支援を受けた人々だそうです。ReUpが行なっていることはシンプルですが、それでもこれまでになく、かつソーシャルなプロジェクトとして、今後の進歩が期待されます。

----------[AD]----------

創業理由は「返済に苦しんだこと」ーー学生ローン市場の課題を解決する、返済管理アプリ「Pillar」がシードで550万ドル調達

SHARE:

ピックアップ:Pillar launches with $5.5M from Kleiner Perkins and others to tackle your student loan debt ニュースサマリー:5月30日、米国ニューヨークを拠点とする学生ローン管理アプリを提供する「Pillar」は、シードラウンドでKleiner Perkinsを含む10のファンド及びエンジェルから550万ド…

スクリーンショット 2019-06-06 9.14.03.png

ピックアップPillar launches with $5.5M from Kleiner Perkins and others to tackle your student loan debt

ニュースサマリー:5月30日、米国ニューヨークを拠点とする学生ローン管理アプリを提供する「Pillar」は、シードラウンドでKleiner Perkinsを含む10のファンド及びエンジェルから550万ドルの資金を調達した。Pillarのサービスは非常にシンプルで、学生ローンを提供する金融機関(奨学金サービスや銀行)と提携し、学生が奨学金の返済を効率的に行えるような財務管理アプリを提供している。

ユーザーはPillarのアプリを利用することで、自分の収入・支出状況の確認ができるだけでなく、定期的に個別の財政状況から計算された返済プランを提示してもらうことや、お金を使い過ぎた場合にはアラート通知を受けることなどができる。

話題のポイント:以前本誌ではSoFiという学生ローンという領域では有名なユニコーンの記事を公開を紹介しましたが、PillarがSoFiと異なるのは、そもそもがエンタープライズ向けのビジネスモデルである点と、そしてローンの提供を低収入の顧客をメイン・ターゲットにしているという点です。

<参考記事>

・優秀な大学生はカネを返すーー学生向けP2Pレンディング「SoFi」が5億ドルを調達、その躍進の謎を紐解く

同社の創業者であるBloch氏がPillarを始めたきっかけは、彼の妻が学生ローンの返済に苦しんでいたこと、そしてそれがきっかけとなって知った米国の学生ローンの実態に大きな課題感を感じたためです。

2019-06-02 13.24.29

TechCrunchの記事によれば、実は学生ローンは米国で2番目に大きい消費者債務のカテゴリーで、4500万人の借り手が1.5兆ドル以上の学生ローンを借りています。なんと10人の学生のうち7人が大学への支払いのためにローンを取り、平均で3万ドルの借金を負ったまま卒業し、その返済には20年がかかるそうです。

また債務を有している3分の2は女性だということも特徴的です。これは女性が給与水準及び育児による一時休暇の有無の観点から、返済に時間がかかりやすいことがディスアドバンテージとなっていることを意味します。

以上のような背景を踏まえ、Bloch氏はスタンフォードのビジネススクールを中退しPillarを創業しました。シードラウンドにも関わらず550万ドルを調達しているということは、よほど期待されているのでしょう。その期待の理由は以下の実績を見るとよくわかります。

Pillarは2018年に創業したばかりのスタートアップにも関わらず、NelnetやNavient、Great Lakesなど、米国内のほぼすべての主要な学生ローンプロバイダーと提携しています。インタビューの中で、同社CEOのBloch氏はPillarの過去の実績について以下のように述べています。

Pillarはこれまで非公開のベータ版を提供してテストを実行しており、その中で総計5000万ドル以上のローン債務の管理に携わる中で、平均で借り手に約6,000ドル(=約4年分)の節約を達成させることに成功しています。

今回の調達の目的はチームの拡大及びサービス開発の加速化です。Pillarは現在ニューヨークに10人のメンバーを持っていますが、今後は特にエンジニアの採用に重点を置いて、来年中にチームの規模を2倍にすることを目指しています。そして長期的には、クレジットカードを含むすべての消費者債務に対してソリューションを提供していくとしています。

----------[AD]----------

VRを用いたオンデマンド3D動画学習「Interplay Learning」にみる、VR学習の相性と今後

SHARE:

ピックアップ:Interplay Learning Secures $5.5 Million Series A Financing Round Led By S3 Ventures ニュースサマリー:5月22日、VR・3D技術を活用したオンライン学習サービスを運営するInterplay LearingはS3 Ventures、Sierra ventures、Shasta Venturesなどからシ…

2019-05-23 09.27.13

ピックアップInterplay Learning Secures $5.5 Million Series A Financing Round Led By S3 Ventures

ニュースサマリー:5月22日、VR・3D技術を活用したオンライン学習サービスを運営するInterplay LearingはS3 Ventures、Sierra ventures、Shasta VenturesなどからシリーズAラウンドで550万ドルを調達した。

同社のサービスを利用することで、企業及び個人ユーザーはHVAC(空調機器を操作する技術)、ソーラーパネル設置に関連する技術をオンデマンドで習得することができる。今回の調達の目的は、新しい産業における学習教材の開発・提供及びプラットホームの機能拡張だ。

話題のポイント:Interplayの興味深い点は、単なるオンライン技術習得サービス(いわゆるイーラーニング)だけでなく、3Dを用いてユーザーが実践研修できる点です。以下の動画をご覧ください。

この動画を見ると、Interplay Learingのユーザーはソーラーパネルの設置方法を実践的なトレーニングを通して学ぶことができることが分かります。同社のサービス提供形態は月額又は年額で、最近では月に40%利用者が増加しているといいます。

確かに就職活動・職業訓練を行う人達にとってみれば、入社後現実で指導教官に教わるはずの内容を、オンデマンドで現実とさほど変わらぬリアリティで学べるメリットは大きいでしょう。VRを用いればリアリティ・没入感が飛躍的に向上するため、学習効果は高くなるという研究結果も出ていることから、このような学習法には一定のメリットがあると考えられます。

Interplay Learningと似た職業訓練的なVR活用法としては、マネキン人形とViveトラッカーを使い、現実に近い状況に身を置いて心肺蘇生法(CPR)の実習ができる救命訓練アプリケーションを提供するDualGoodHealthというサービスも興味深いです。

Holon IQが公開しているエドテックに関するリサーチ結果では、世界のエドテックの市場規模は今後も拡大し、2030年は10兆ドルに達するとされています。

HolonIQ-Global-Expenditure (1).png

加えて、数ある先端テクノロジー(AI,Robotics,Blockchain)の中でも、AR/VR分野が教育に与える影響は最も大きく、今後伸び代の高い分野だとされています。

HolonIQ-Advanced-Tech-Market-Size.png

以上のデータからも、今後はInterplay LearningのようなVR技術を用いた学習サービスは増加し、教育に大きな変化をもたらすということが予測されます。

例えば日本の学校では現在iPadの導入が叫ばれており、子供達がIT機器を用いて学習する機会が増加していますが、このようなIT化は今後も加速度的に進むと考えられます。VRヘッドセットが全国の学校や研修機関、企業に配備される日は近いかもしれません。

----------[AD]----------