BRIDGE

タグ キッズライン

キッズラインの65歳以上シニア・ベビーシッター層が1年で3割拡大ーー70代平均時給は1600円以上に

SHARE:

ニュースサマリ:ベビーシッターと家事代行サービスを提供する「キッズライン」は8月29日、同社に登録する65歳以上のシニア層のベビーシッター数が1年で3割増加したことを公表している。 2018年8月から2019年7月の登録集計結果で、70代のシッターで月に37万円の売上をあげる人が出てくるなど、経験豊富な人であれば年齢にかかわらず活躍ができる状況が生まれているという。キッズラインの70代平均時給は1…

detail_bcf37c7a-8dc7-402a-9b90-dfad993352b6.png

ニュースサマリ:ベビーシッターと家事代行サービスを提供する「キッズライン」は8月29日、同社に登録する65歳以上のシニア層のベビーシッター数が1年で3割増加したことを公表している。

2018年8月から2019年7月の登録集計結果で、70代のシッターで月に37万円の売上をあげる人が出てくるなど、経験豊富な人であれば年齢にかかわらず活躍ができる状況が生まれているという。キッズラインの70代平均時給は1636円と全国平均の1107円を上回る。

現在のキッズライン登録者数は全国で4000名。今年10月より施行される幼保無償化でもベビーシッター業務が正式に認定されるなど追い風もあり、総依頼件数は70万件を突破している。

話題のポイント:今年5月に1万人のベビーシッターを募集するキャンペーンを打ち出したキッズラインですが、シニア層の活躍が目立ってきているそうです。同社に確認したところ、利用者であるお母さんの紹介や知り合いの口コミが広がりつつあるというお話でした。

筆者は都内の子育て世代で、まさにメインターゲット層なのですが、同時に年齢を重ねる両親のことも気がかりになる時期に入っています。昭和世代であれば分かると思いますが、旧来こういう子育て&両親の対応(場合によって介護など)という課題は家族間で解決すべき問題でした。一方、首都圏中心に核家族化が進んだ今、別の解決方法を持たなければ全く身動きが取れないのも事実です。

少子高齢化、働き方改革、老後資金問題、都内に関しては待機児童問題など、社会保障だけでは全てまかないきれない課題が山盛りになる今だからこそ、テクノロジーやシェア経済がその解決の一端を担う絶好のタイミングにきているのではないかなと感じる話題でした。

----------[AD]----------

キッズラインが50〜60代の主婦を中心に1万人のベビーシッターを採用計画ーー総額2000万円のお祝い金も

SHARE:

ニュースサマリ:ベビーシッターと家事代行サービスを提供する「キッズライン」は5月28日、50代〜60代の主婦を中心に、1万人のベビーシッターを採用する計画を公表した。ベビーシッターとして登録する人を集めるもので、専業主婦や子育てがひと段落した世代を対象に、2000名を先着として1万円のお祝い金も用意する。 キッズラインには日本全国で3500名を超えるシッターが登録しており、全ベビーシッターおよび家…

スクリーンショット 2019-05-28 10.24.41.png

ニュースサマリ:ベビーシッターと家事代行サービスを提供する「キッズライン」は5月28日、50代〜60代の主婦を中心に、1万人のベビーシッターを採用する計画を公表した。ベビーシッターとして登録する人を集めるもので、専業主婦や子育てがひと段落した世代を対象に、2000名を先着として1万円のお祝い金も用意する。

キッズラインには日本全国で3500名を超えるシッターが登録しており、全ベビーシッターおよび家事サポーターの設定時給平均は1640円となっている。

kidsline.png

話題のポイント:筆者も子育て世代ということで利用しているキッズラインが新たな施策を公表しています。単にシッターを増員するというだけでなく、50代から60代の「ひと段落世代」を対象にしたことで、子育て世代と高齢化社会が抱える問題を解決するよいスキームになるのではないでしょうか。

特に共働きの多い首都圏を中心に社会課題とされている待機児童問題や、今年10月から開始される幼児教育無償化の施策で、最も手のかかる0歳〜5歳児の保育ニーズは大きな変化の時を迎えることになります。一方、保育士の労働環境が劇的に改善するかと言われると、厚労省の公表しているこちらの資料の通り、なかなか困難な現状があるようです。

簡単に言えば保育士が足りないのです。

また、高齢化問題も課題のひとつです。対象となっている「ひと段落世代」は体も動くし、社会的な活動場所を求めている方も多いのではないでしょうか。年金などの社会保障がゆらぐなか、人生の充実と生活の両面を支える「新しい働き方」のアイデアは今後も必要です。

個人的にはあとここに、行政としてシッターで使った費用を経費計上できるようにしてもらえれば事業者としての利用も進むと思いますし、さらにこのエコシステムが重厚になるのではないかなと思います。

----------[AD]----------

キッズラインが家事代行サービスを拡大、独身や夫婦など全ての世帯で利用可能に

SHARE:

ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」は4月1日より、今まで子供がいる世帯しか利用できなかった家事代行のサービスを全ての世帯に提供開始しすると発表している。 キッズラインは1時間1000円から即日手配可能な、ベビーシッターと家事代行のマッチングサービス。全国47都道府県で展開しており、現在3000名以上の保育士や幼稚園教諭、レストランのシェフや整理収納アドバイザーなどのサポーターが登録し…

ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」は4月1日より、今まで子供がいる世帯しか利用できなかった家事代行のサービスを全ての世帯に提供開始しすると発表している。

キッズラインは1時間1000円から即日手配可能な、ベビーシッターと家事代行のマッチングサービス。全国47都道府県で展開しており、現在3000名以上の保育士や幼稚園教諭、レストランのシェフや整理収納アドバイザーなどのサポーターが登録している。利用者は事前に全サポーターのプロフィールや口コミ評価を見ることができ、24時間オンラインで手配依頼が可能。最近では千代田区、渋谷区、品川区、調布市、福岡市の5つの自治体や法人にも導入され、利用の裾野を広げている。

同社はベビーシッターサービスとして4年間で30万件以上の提供実績を積んできた経験から、昨年11月に子供のいる家庭向けに家事代行サービスをスタートしている。

via PR  TIMES

----------[AD]----------

ベビーシッターの「キッズライン」が家事代行サービスに参入、家事の担い手500人体制を目指す

SHARE:

ベビーシッターサービス「キッズライン」は11月6日、同プラットフォーム上で家事代行サービスの提供を開始することを発表した。 2015年にローンチされたキッズラインは育児サポートが必要な親と育児スキルを持つ人を繋ぐプラットフォーム。1時間1000円からオンライン上で予約ができる。また7つの自治体およびベネフィットワンなど30社の福利厚生と提携しており、実質300円程度でサービスを利用できるケースもあ…

SMR_0718のコピー
同社代表取締役の経沢香保子氏

ベビーシッターサービス「キッズライン」は11月6日、同プラットフォーム上で家事代行サービスの提供を開始することを発表した。

2015年にローンチされたキッズラインは育児サポートが必要な親と育児スキルを持つ人を繋ぐプラットフォーム。1時間1000円からオンライン上で予約ができる。また7つの自治体およびベネフィットワンなど30社の福利厚生と提携しており、実質300円程度でサービスを利用できるケースもある。

ベビーシッターの登録は、現時点で約2700名で主に保育士や幼稚園教諭、子育て経験のある母親などが参画している。同サービスへのシッター登録には面接などが必要だが、CtoCモデルのマッチングプラットフォームとして成立しているため、シッターは自ら時給設定をして自分の空き時間を活用する。

シッターのモチベーション維持について、同社代表取締役の経沢香保子氏は「1カ月で50万円程度の収入になる人もおり、自分の仕事の評価やコメントがフィードバックされるのが、シッターのやりがいに繋がっている」と話す。

今回発表された家事代行サービスは、ベビシッターサービスと同様に家事代行を1時間1000円から依頼できるというもの。日常の掃除や買い物、料理などを依頼できる。サービス提供開始時点では、ベビーシッターとして登録していた中の150名が家事代行を担う。

最近では、家事代行サービスのDMM Okanが需要過多でサービスを終了するというニュースもあった。ニーズはあるものの、担い手を見つける課題がある同領域について、どのように解決していくのか。経沢氏は次のように考える。

「これまでのシッターさんたちもインターネットを上手に活用して集めてきました。時間や場所などの拘束要因を少なくし、きちんと仕事が評価されるような仕組みづくりは心がけています。また、働いたら翌日給料がもらえるなどのお金の流動性も高くし、働く側のモチベーション維持、ここで働きたいというブランド維持に注力していきます」(経沢氏)

基本的には子供を持つ親向けのサービスとなっているが、今後は子供がいない単身者も利用できるようになる予定だ。

来年5月までには500人の家事代行の担い手の登録を目標としている。日本でのベビーシッター文化の浸透について経沢氏は次のように語る。

「外食がいまでは気軽なものになったように、便利で『安心・安全・安い』というサービスであれば、文化は根付いていくと思います。施設には、建物や人など限界がありますが、ベビーシッターで広げられる部分は多いと思うのでサポートを必要する人とサポートする人を繋げる役割を担っていきたいと思います」(経沢氏)

----------[AD]----------

ベビーシッターサービス「キッズライン」が福岡市の助成対象および提携事業者に認定、最大20回まで助成対象に

SHARE:

ベビーシッターサービス「キッズライン」は、3月17日「福岡市産後ヘルパー派遣事業」の提携事業者および補助対象と認定されたことを発表した。現在キッズラインは福岡市を含め5つの自治体の補助対象として認定されている。 キッズラインと提携を結んだ「福岡市産後ヘルパー派遣事業」は生後6カ月未満の子供がいる家庭の家事育児支援事業で、一定の条件を満たせば最大20回まで助成を受けることができる。今回の補助対象認定…

d11508-40-281623-0.jpg

ベビーシッターサービス「キッズライン」は、3月17日「福岡市産後ヘルパー派遣事業」の提携事業者および補助対象と認定されたことを発表した。現在キッズラインは福岡市を含め5つの自治体の補助対象として認定されている。

キッズラインと提携を結んだ「福岡市産後ヘルパー派遣事業」は生後6カ月未満の子供がいる家庭の家事育児支援事業で、一定の条件を満たせば最大20回まで助成を受けることができる。今回の補助対象認定により、キッズラインのベビーシッターサービスや産後ケアもこの制度の対象となる。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------

即時予約可能なベビーシッターの「キッズライン」が全国展開に向けて大阪、名古屋、福岡で登録説明会を開催

SHARE:

アメリカに住んでいた頃、よく近所のお子さんのベビーシッターをやっていました。夫婦揃って仕事で帰りが遅くなる時、または夫婦水入らずで外出したい時などにお呼びがかかり、子守をする。ベビシッターという仕組みは、ただ共働き世帯の困りごとを解決するだけでなく、ゆるい「見守り」が可能な地域を育むことにもつながります。 そんなベビーシッター文化を日本で普及させることを目指すのが、即日予約が可能なソーシャルシッテ…

Kids-Line-baby-sitters

アメリカに住んでいた頃、よく近所のお子さんのベビーシッターをやっていました。夫婦揃って仕事で帰りが遅くなる時、または夫婦水入らずで外出したい時などにお呼びがかかり、子守をする。ベビシッターという仕組みは、ただ共働き世帯の困りごとを解決するだけでなく、ゆるい「見守り」が可能な地域を育むことにもつながります。

そんなベビーシッター文化を日本で普及させることを目指すのが、即日予約が可能なソーシャルシッティングサービス「キッズライン」です。2015年2月にサービスを開始した、カラーズが運営するキッズラインは、昨年末に開催された「CNET Japan Startup Award」では、読者による投票で1位を獲得。社会によるサービスへの期待の表れだと言えます。

これまで東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬を中心に展開してきたキッズラインが、全国展開に向けてベビーシッターの募集を開始しました。地方都市で圧倒的に不足している育児支援に貢献することで、全国の女性や共働き家庭がより上手く仕事と家庭を両立する手助けをします。また、これは雇用を生むことにもつながるはず。全国には、保育士の資格や経験を持っていながら条件が合わず、活かすことができない「潜在保育士」は全国に 70 万人いるからです。

現在、キッズラインには首都圏を中心に約250名のサポーター(ベビーシッター)が在籍。元保育士、専業主婦、産後ドゥーラ、大学生などが活躍しています。副業であれば、月収5万円程度〜本業では30万円以上稼ぐキッズサポーターも。保育園の勤務環境が合わず、キッズラインに登録し、フリーで独立するシッターさんの数も増加しています。

キッズラインでは、2月から3月にかけて大阪、名古屋、福岡で登録説明会を開催。無料研修を経て、各地域のキッズサポーターとして勤務が可能になります。週1回から好きな時間に好きな時給で働けるキッズラインが、雇用を生み、一つでも多くの家庭に貢献することに期待したいです。

----------[AD]----------

1時間1,000円〜のシッター即時予約サービス「キッズライン」が産前産後のケアに特化した出張サービス

SHARE:

今年2月にサービスを開始したベビーシッターサービス「キッズライン」。1時間1,000円〜というリーズナブルな価格、また即時手配も可能といった使いやすさが人気を集めています。同社は本日、産前産後ケア出張サービス「産後ドゥーラ」の提供を開始しました。産後ドゥーラは、キッズラインを運営するカラーズと、産前産後ケアの専門家を育成する一般社団法人ドゥーラ協会が業務提携して提供する出張サービスです。 核家族化…

Kids-line-new-service

今年2月にサービスを開始したベビーシッターサービス「キッズライン」。1時間1,000円〜というリーズナブルな価格、また即時手配も可能といった使いやすさが人気を集めています。同社は本日、産前産後ケア出張サービス「産後ドゥーラ」の提供を開始しました。産後ドゥーラは、キッズラインを運営するカラーズと、産前産後ケアの専門家を育成する一般社団法人ドゥーラ協会が業務提携して提供する出張サービスです。

核家族化が加速し、頼れる身内もおらずに「孤育て」に直面する女性が増えています。一人出産や、孤独な育児など、育児の不安は後を絶ちません。特に、赤ちゃんを産む前、また生んだ後の肉体的・精神的変化に耐えられず、産後うつなどに悩む女性も急増しています。カラーズによると、現在、5人に1人の女性が産後うつにかかる可能性があるとのこと。また、0歳児に最も多い虐待死の陰にも弧育てがあると言われています。

カラーズとドゥーラ協会が共同で提供する「産後ドゥーラ」は、こうした早急に解決が望まれる課題に対しての一つのソリューションです。産前産後のケアを徹底的に学んだ専門家が、自宅を訪問し、育児や家事、また不安を抱える女性に寄り添ってサポートします。

現在、キッズラインで活躍するのは、産後ドゥーラの資格を持つ7名のサポーター。インターネットで即日予約が可能な本サービスの利用料金は、1時間1,500円〜。年会費や初期費用もかかりません。

産後ドゥーラが身近にいることで、産後の回復はもちろんのこと、高額になってしまいがちな産後ケアのコスト削減と利便性向上にも繫がります。そして何より、長期的な育児のパートナーとなることで、女性を心身ともにサポートしてくれる。キッズラインでは、2016年夏までに50名の産後ドゥーラの登録を目指していくとのことです。

----------[AD]----------