BRIDGE

タグ キャスタリア

プログラミング教育を軸にした通信制高校「コードアカデミー高等学校」の入学式が開催、生徒数は昨年の倍に

SHARE:

4月は入社式や入学式など数多くの人が新たなことに一歩を踏み出す時期。先週末、長野県上田市でもある学校の入学式が開かれていた。 その学校は「コードアカデミー高等学校」。2013年11月、キャスタリアと学校法人信学会の協力によって生まれた、プログラミング教育を軸にした通信制高校だ。 「デジタルで、デジタルを学ぶ」ーー新しいIT教育を実施するコードアカデミー高等学校が登場 – THE BRI…

4月は入社式や入学式など数多くの人が新たなことに一歩を踏み出す時期。先週末、長野県上田市でもある学校の入学式が開かれていた。

その学校は「コードアカデミー高等学校」。2013年11月、キャスタリアと学校法人信学会の協力によって生まれた、プログラミング教育を軸にした通信制高校だ。

コードアカデミー高等学校の新入生たち
コードアカデミー高等学校の新入生たち

コードアカデミー高等学校の入学式にはPepperくんも登場。新入生たちにメッセージを投げかけていた。コードアカデミーは今年で2年目。1年目の生徒数は10人だったのに対し、2年目は20人に増えたという。生徒は上田市のみならず、長野県全体から集まっているという。

通信制の学校であるため、生徒同士が顔を合わせることは稀だ。だが、Google+でコミュニティが用意されており、生徒同士のコミュニティは形成されているとキャスタリア取締役の松村太郎氏は語る。

松村氏「生徒の学習ペースやスタート時点のスキルはバラバラなので、プログラマの技術情報共有サービス「Qiita(キータ)」で教えあう生徒がでてきたりしています。メンターとしてプログラミングを教えている人がそれにコメントしたりすることもあります」

セットアップを行う新入生たち
セットアップを行う新入生たち

松村氏から話を伺っていて興味深かったのは、コードアカデミー高等学校の生徒の中に、東京でインターンをしている生徒も2人ほどいるということだ。1人の生徒は、週4日は東京で仕事をし、夜間の時間を使ってコードアカデミーで勉強をしているという。

プログラミングの技術を学びながら、それを活かした仕事をする。自分たちが高校生のときからは考えられなかったような過ごし方も生まれている。彼らが卒業を向かえるタイミングでどのような道に進もうと考えるのか、今から気になって仕方がない。

----------[AD]----------

キャスタリアが新製品「goocus 3」を発表、スマホ時代におけるコーポレートラーニングのスタンダードを目指す

SHARE:

キャスタリアが提供するモバイルラーニングプラットフォーム「goocus pro」の最新版の発表会が南青山で開催された。最新版の発表に合わせ、ITジャーナリストの松村太郎氏による「Designing Mobile Native」をテーマにしたセミナーと合わせて、最新版「goocus 3」の説明が行われた。 「goocus3」で、キャスタリアはスマートフォンならではの学び方を提案することを目的としてお…

キャスタリアが提供するモバイルラーニングプラットフォーム「goocus pro」の最新版の発表会が南青山で開催された。最新版の発表に合わせ、ITジャーナリストの松村太郎氏による「Designing Mobile Native」をテーマにしたセミナーと合わせて、最新版「goocus 3」の説明が行われた。

「goocus3」で、キャスタリアはスマートフォンならではの学び方を提案することを目的としており、モバイルラーニングを通じてすべての会社や組織、そして人が学び続けられるようにしていきたいと考えているという。

Designing Mobile Native

松村氏は、今後訪れるモバイルネイティブの時代についての展望を語り、そこにどうアプローチしていくのかについて語った。松村氏が会場に訪れた参加者に問いかけたのは「あなたの生活はきちんとモバイルでデザインされているか?」というものだった。

松村氏は参加してきたAppleのイベントで見た、直近のAppleの動きを交えながら、予測を語ってくれた。

_MG_0582

松村氏「iPhone6の登場で、画面が大きくなったスマートフォンは使用頻度が減っていくと思います。ただ、画面の解像度や処理速度は向上する。ポケットにメインコンピュータを入れて持ち運び、Apple Watchのような周辺環境のいろいろなものと連携させていく、モバイルを中心としたエコシステムの構築が今後起きていくことだと思います。」

タブレットはPCの代替として活用される方向へと進み、スマホとは別文脈で捉えられると語る松村氏。ただ技術的に優れていることではなく、それらを活用して身の回りの課題解決に取り組むことが重要だという。

さて、ここで「モバイルデザイン」という冒頭のキーワードに戻る。松村氏はモバイルデザインについて、UberやAirBnbなど、モバイルの進歩と普及によって便利になったサービスたちを例に出しつつ、空いているリソースを効率的に再分配するデザインパターンだと語る。

  • 「手元のデバイスで問題解決する」by Jack Dorsey
  • 「モバイルは習慣化と学びを促す」 by マネーフォワード 辻
  • 「モバイル化で個人がデータサイエンスによる問題解決を利用可能に」 by Slice

と、モバイルが手元にあることで可能になる問題解決について、モバイルサービスの開発に取り組んでいるプレイヤーの言葉を引用しながら紹介した。常にポケットに問題解決手段が存在する。これらの問題解決を活かしているかどうか、これが自らの生活をモバイルでデザインしているかどうかだという。

そして、これはエンタープライズ領域にとっても同様だ。モバイルによって、「アクセスしやすさ」と「自分ごと」化が進んだ。エンタープライズであっても、デザイン性は無視できなくなっている。

「goocus3」は、デザインに気遣ったエンタープライズ向けサービス。「あなたの学びはきちんとモバイルでデザインされていますか?」という問いかけでセミナーは終了し、「goocus3」の説明へと移った。

スマホ時代におけるコーポレートラーニングのスタンダードを目指す「goocus3」

LP_top04

キャスタリアは創業当初から、人がスマホで勉強する時代が当たり前になるというビジョンを掲げ、サービスを提供してきた。

いずれ到来するであろう時代において重要になるのは、人とのつながりから学ぶ「ソーシャルラーニング」と、学習の継続性を生み出し個に最適化された学習を可能にする「モバイルラーニング」だ。

「goocus 3」は、企業向けの研修などでも利用可能な、大規模人数への個別学習ツール。キャスタリア代表の山脇智志氏は、「10万人が一気に学ぶこと、個人個人に最適化しながら学習できる環境を提供することできるのではと考えています」と語る。

_MG_0590

彼らが取り組むLMS(Learning Management System)という領域は、2018年までに約80億ドルの市場規模になるとの予測が出ているという。アジア・パシフィックに伸びる余地があり、かつLMSにはまだ絶対的なプレイヤーがいない状態。「学習のSaaS(Software as a Service)」、例えて言うなら、教育のセールスフォースのような存在を目指す」と山脇氏は方向性について紹介した。

「goocus 3」は組織内における学習に特化しており、さらに、10ヶ国語11言語に対応し、API連携やプラットフォームとしてコンテンツ販売などを実施していく予定だという。

_MG_0611

「goocus 3」のユーザーインターフェースについては、キャスタリア クリエイティブ・ディレクターの景山泰考氏が紹介した。「goocus 3」には、以下のような機能が備わっている。

  • タイムライン – 情報の集約化、ラーニンググループで興っていることを可視化
  • ラーニンググラフ – 学習の蓄積、傾向をサマライズ、学習の傾向の自己認識
  • 学習バッジ・ポイント制度 – ユーザーの行動を可視化/数値化、収集によるゲーミフィケーション、個々の学び手の傾向把握と目標可視化
  • カスタマイズ – 各社にあったUIスキンカラーを設定可能、管理画面からのUIカスタマイズ
  • CMS – モダンなカードUIベースの管理画面、グラフによる傾向・履歴の可視化

static.squarespace myPage

学習サービスはどれも継続性の実現に苦労している印象だが、コーポレートラーニングであれば、ユーザにとって学習を継続する必要性が高いため、他の学習サービスとは状況が異なりそうだ。

冒頭で松村氏が語った文脈にのって提供される「goocus 3」は、個人が持っているモバイルで企業内での学習という問題の解決を目指す。そして、モバイルになったことにより、エンタープライズでありながら、デザイン性も高い。

すでに「goocus 3」を活用した事例も生まれているという。反転学習のような使い方もできそうだ。コーポレートラーニングのあり方をスマートに変えてくれそうな「goocus 3」は、2015年2月一部法人顧客向けに提供が開始され、2015年4月ウェブサービスとして一般向けに提供開始される予定。

----------[AD]----------

「デジタルで、デジタルを学ぶ」ーー新しいIT教育を実施するコードアカデミー高等学校が登場

SHARE:

私たちの生活には、デジタルが溢れてきている。急速に拡大するデジタルなものに対して、その作り手の供給や人々の理解は追い付いていない。世界では、テクノロジー業界ではコンピュータ科学の教育を拡大する大掛かりな運動がいくつも動き出している。 日本でもようやくこうした教育がスタートしようとしている。本日、「デジタルで学ぶ」「デジタルを学ぶ」をコンセプトとする、コード教育を施す新しい普通科通信制高校のキックオ…

Some rights reserved by cype_applejuice私たちの生活には、デジタルが溢れてきている。急速に拡大するデジタルなものに対して、その作り手の供給や人々の理解は追い付いていない。世界では、テクノロジー業界ではコンピュータ科学の教育を拡大する大掛かりな運動がいくつも動き出している。

日本でもようやくこうした教育がスタートしようとしている。本日、「デジタルで学ぶ」「デジタルを学ぶ」をコンセプトとする、コード教育を施す新しい普通科通信制高校のキックオフシンポジウムが開催された。学校の名前は、コードアカデミー高等学校キャスタリアと学校法人信学会の協力によって生まれる、新しい学校だ。

このコードアカデミー高等学校と呼ばれる新しい通信制高校についてのこのシンポジウムは、同学校のプロジェクト全体をデザインしている松村太郎氏が司会を務め、中村伊知哉教授などがゲストとして登壇した。そのシンポジウムでの内容を紹介していく。

コードアカデミー高等学校って?

code

コードアカデミー高等学校は、現在、設置認可申請中の通信制高校だ。通信制高校の学習は、これまで紙と郵送で行われてきたが、コードアカデミーでは、その学習をGoogle Appsで再デザインした。Google Appsを利用することで、クラウドをキャンパスとしており、どこにいても学習に参加することができ、一緒に学ぶ環境を実現しているという。

この新しい通信制高校のミッションは、コードが書ける人を育てるというものだ。「読み、書き、算盤、コード」と謳っているように、プログラミングを、新しい学びの中心として捉えていきたいと彼らは考えている。コードを学ぶことで、普段触れているテクノロジーが理解できるようになり、コードが書けるようになることによって、それが問題解決の方法を手にすることができる。デジタルを通じて、デジタルを学ぶことになるのがコードアカデミー高等学校だ。

設置認可の申請が通れば、卒業後は、高校の卒業資格を得ることができる。

デジタルをポジティブに

コードアカデミー高等学校キックオフシンポジウム

仮に、コードを学校のカリキュラムに組み込んでいったとしたら、科目はどうなるのだろうか。コードアカデミー高等学校の概要について紹介してた松村氏は、「技術科目は3Dプリンターを使った制作が行われるようになるかもしれないし、音楽科目は初音ミクを使って楽曲を制作するようになるかもしれない。」とコードによる既存授業の変化の可能性について語った。

また、コードアカデミー高等学校のカリキュラムはオープンソースにするという。そのため、同カリキュラムは日本中の学校で使うことができる。

Google Apps For Educationを利用

コードの学習はもちろん、共通科目の授業においても、Google Apps for Educationを活用した授業形式となる。

Google Apps for Educationを活用することで、生徒は様々な形態でのコミュニケーション、コラボレーションが可能になる。先生と生徒のコミュニケーションにGmailを活用したり、組織の中でチャットやハングアウトを活用したコミュニケーション。簡単なテストをGoogle Docsを用いて行い、回答もDocs上で実施したり、Google Calendarを利用して、学校の行事やイベントのスケジュールを確認するなどだ。

Google Apps for Educationと、スマートフォンやタブレットを活用して、時間や場所にとらわれない学習環境を実現させようとしている。授業は一方的に教師が解説をするだけの一方的なものではなく、学習内容を予習しておき、授業ではできるだけディスカッションに時間を割く「反転授業」と呼ばれるスタイルを取り入れるという。

反転授業では、生徒たちは授業の映像を視聴して予習し、実際の授業では従来の講義は行わず、逆にこれまでは宿題とされていた課題について、教師が個々の生徒に合わせた指導を与えたり、生徒同士が協働しながら課題に取り組むという形態の授業だ。

”コード脳”

コードアカデミー高等学校キックオフシンポジウム

実施されるカリキュラムについての紹介は、株式会社メルカリのエンジニア、大庭慎一郎氏から行われた。

コードアカデミー高等学校のカリキュラムでは、問題解決力、たとえば、大きな問題を適切なサイズに分解する力、間違うことをためらわず間違いを直せる力の育成を行う。

プログラミングは特殊な技能ではなく、プログラミング言語にとらわれない力です。言語には、プログラミング言語の「Sunaba」を選びました。Sunabaは、低機能・低抽象度で、覚えることは最小限。日本語でも英語でも書くことができ、おまじないやごまかしがない言語のため、扱いやすい言語です。

単に、プログラムの書き方を学ぶのではなく、大きな目標を小さな目標に分割していくなど、「書き方」の学習ではなく、「考え方」の学習を行うことになる。こうした考え方を「コード脳」と大庭氏は呼んでいた。

エッジの聞いた教育を

コードアカデミー高等学校キックオフシンポジウム

キャスタリアとともにこのプロジェクトを実施している学校法人信学会の理事、小林経明氏は、

エッジのきいた高校を作りたい。そのために、エッジのきいた教育を生み出すキャスタリアと手を組みました。上田を拠点にしているのは、上田がサマーウォーズの舞台だから。

と、小林氏は非常にパッションを感じさせるコメントをしていた。

コードアカデミー高等学校キックオフシンポジウム

中村教授が講演で話していたように、インド、ウルグアイなど、世界の国では子どもたちにタブレット端末や安価なパソコンを配布し、デジタルでの教育を進め始めている。韓国では、来年には全員がデジタルで教育を受けられるようにするとし、教材はすべてクラウドにあり、どんな端末でも講義を受けられるデバイスフリーの状態になるという事例を紹介してくれた。

日本は2020年までにガジェットの配布を終える予定だと発表しているとのことだが、それでは遅いと中村教授は語っていた。このコードアカデミー高等学校の動きにより、日本の教育におけるデジタル事情が大きく変わることに期待したい。

----------[AD]----------