THE BRIDGE

タグ クックビズ

フード関連業特化の人材紹介を行うクックビズが資金調達、農業関連の人材紹介サービスの事業拡大へ

SHARE:

フード関連業に特化した人材紹介、転職支援事業等を手がけるクックビズが、SMBCベンチャーキャピタルを割当先とする第三者割当増資を実施した。 今回の増資により、システム開発強化、人材採用などを積極的に行うと共に、農業関連の人材紹介サービス「farm+biz」事業の拡大を図る。 農水省での発表によれば、毎年の青年新規就農者の確保目標を2万人としており、40代以下の農業従事者数を2020年…

フード関連業に特化した人材紹介、転職支援事業等を手がけるクックビズが、SMBCベンチャーキャピタルを割当先とする第三者割当増資を実施した。 今回の増資により、システム開発強化、人材採用などを積極的に行うと共に、農業関連の人材紹介サービス「farm+biz」事業の拡大を図る。

farmbiz

農水省での発表によれば、毎年の青年新規就農者の確保目標を2万人としており、40代以下の農業従事者数を2020年までに2010年時点の倍である40万人にする計画があるという。「farm+biz」では、この市場を想定してサービスを提供する。これまで「第一次産業ネット」など、農業だけでなく一次産業にフォーカスしたサービスなどは存在していたが、6次産業には着手していなかった。

クックビズは、農業の大規模化が徐々に進み、農業法人が6次産業化へ取り組み着手する動きが活発になったことから、今後人材獲得への需要はますます高まっていくと予想している。こうした市場背景から、就農支援事業のエリア拡大、6次産業化の拡大に伴う人材需要に対応する人材紹介サービスの展開、既存事業にて構築してきたネットワーク等を活用した流通、販路開拓の支援を実施する予定だ。

クックビズ代表の藪ノ 賢次氏は、

「6次産業者の大きな課題の一つに、営業・販路開拓のノウハウが無く、販売先の開拓が進まないので特定の販売先への依存度が高くなり、結果価格主導権を握れないことが挙げられます。クックビズでは転職支援サービス以外に物流も行い、6次産業者を支援することで差別化を図っていきたいと考えています。」

とコメントしている。

----------[AD]----------