BRIDGE

タグ ゴーゴーガレージ

加盟工場が1000件を越えたレンタルピットサービスの「ゴーゴーガレージ」、中古車個人売買支援サービスのモニター募集を開始

SHARE:

福岡に拠点を構えるスタートアップ、インプルーブが運営するレンタルピットネットワークサービス「ゴーゴーガレージ」の加盟店が1000店を突破した。 「ゴーゴーガレージ」は、自動車の整備やカスタムを行いたいカーユーザと、全国の加盟工場とを結び付けるサービス。今年の2月に取材で話を聞いたときには、加盟店数は350店だったが、4ヶ月で大きくその数字を伸ばしている。 1000店の加盟店は全国に散らばっており、…

gogo

福岡に拠点を構えるスタートアップ、インプルーブが運営するレンタルピットネットワークサービス「ゴーゴーガレージ」の加盟店が1000店を突破した。

「ゴーゴーガレージ」は、自動車の整備やカスタムを行いたいカーユーザと、全国の加盟工場とを結び付けるサービス。今年の2月に取材で話を聞いたときには、加盟店数は350店だったが、4ヶ月で大きくその数字を伸ばしている。

1000店の加盟店は全国に散らばっており、「ゴーゴーガレージ」はほぼ100%のカバー率となった。最近では、多い日には1日に40店舗ずつ加盟店が増えているそうで、「順調に伸びていけば10月には2000軒になるのでは」とインプルーブ代表取締役の植波孝仁氏は語る。

レンタルピットによる売上も、順調な工場では月で10万を超えることも起きているという。「ゴーゴーガレージ」は全国の工場に新たな仕事を作り出している。

自動車をカスタムしたいユーザと全国の整備工場をネットワークで結ぶ「ゴーゴーガレージ」がドーガン、ベンチャーユナイテッドから資金調達

「ゴーゴーガレージ」は、新しい動きに着手する。最近では、フリマアプリ「メルカリ」でも自動車の売買が可能になり、「ヤフオク」や「モバオク」でも自動車に力を入れ始めている。この先、自動車の個人間売買のマーケットが成長するのは確実だと見られている。

一方、以前フリルが開発するバイクのC2Cアプリ「RIDE」を紹介したときにも書いたことだが、自動車やバイクのようなモノは個人間で売買しようとすると、他のモノと比較した際にステップが変わる。直接自分の目で状態を確認したり、契約の書き換え、高額の送料負担などだ。

gogo c2c

「ゴーゴーガレージ」では、こうした売り手と買い手双方に発生する負担を下げるために、中古車個人売買の支援サービスを開始する。「ゴーゴーガレージ」が、現車確認の代行や陸送・登録の代行を請負、全国の加盟店がサポートを行う。

中古車個人売買支援サービスでは、「遠方だと現車の状態を見て確認できない」「陸送の費用負担が個人依頼だと割高」「登録や名義変更が面倒」「買った後のメンテナンスが不安」といった買い手のリスクと、「現車の状態が伝わらずクレームになる」「名義変更の不実行によるトラブルがある」といった売り手のリスクがある。どうサービスでは、個人売買における双方のリスクを回避する。

植波氏「他の先進国と比較した際に、日本における自動車の個人間売買の比率はまだまだ低い状態。日本人でも個人間売買が進んでいくためには、間に入る存在が重要だと考えています。「ゴーゴーガレージ」がサポートに入ることで、日本で自動車の個人間売買を広げていくことができれば」

「ゴーゴーガレージ」はまず中古車個人売買支援サービスのモニター募集から開始する。これまではテストを兼ねて自分たちで利用し、今回のモニター募集で次のステップへと進む。さらなる検証を重ねて、10月頃に正式のリリースを目指す。

自動車をカスタムしたいユーザと全国の整備工場をネットワークで結ぶ「ゴーゴーガレージ」がドーガン、ベンチャーユナイテッドから資金調達

SHARE:

自動車業界は年々変化が激しくなっている。自動運転車のようなハードはもちろん、カーシェアリングサービスやライドシェアに加え、オンデマンド配車サービスの広がりなど、あちこちで動きが見られている。変化が起きているのは、自動車の整備工場についても同様だ。 保有車両数が減少に転じることによる整備需要の減少や後継者不足など、様々な課題を抱える業界に対して、サービスを提供しているスタートアップが福岡にいる。 イ…

55-g

自動車業界は年々変化が激しくなっている。自動運転車のようなハードはもちろん、カーシェアリングサービスやライドシェアに加え、オンデマンド配車サービスの広がりなど、あちこちで動きが見られている。変化が起きているのは、自動車の整備工場についても同様だ。

保有車両数が減少に転じることによる整備需要の減少や後継者不足など、様々な課題を抱える業界に対して、サービスを提供しているスタートアップが福岡にいる。

インプルーブは、日本初のレンタルピットネットワークサービス「ゴーゴーガレージ」を運営するスタートアップだ。

インプルーブが運営するレンタルピットサービス「ゴーゴーガレージ」は、自動車の整備やカスタムを行いたいカーユーザと、全国の加盟工場とを結び付けるサービス。現時点で、彼らが抱えている加盟店の数は全国で350件にのぼる。

「ゴーゴーガレージ」では、ネットショップと連携して集まったカーユーザ向けに部品の販売を行い、工場のネットワークを活かした部品の持ち込み取り付けサービスなども展開している。自分でパーツを取り付けたい人はスペースを借り、プロに取り付けを任せたい場合は依頼できるようになっている。

photo_55-g.com_factory

「ゴーゴーガレージ」は、技術はあっても集客に悩む地域の整備工場とカーユーザの間に入り、顧客を獲得する機会を提供しているというわけだ。カーユーザと整備工場、双方のネットワークを構築することは、様々なサービス展開を可能する。

今後も、新しいサービスの展開を視野に入れていると、インプルーブ代表取締役の植波孝仁氏は語る。さらに、整備工場だけではなく、ガソリンスタンドをネットワークに加えていくことも検討しているそうだ。

ガソリンスタンドも近年は、車検やレンタカーなど別ビジネスへと展開する事例が増えてきている。「ゴーゴーガレージ」のネットワークに加われば、ガソリンスタンドも自動車整備のためのレンタルピットとして利用してもらうことが可能になる。

インプルーブは昨年末に、ドーガン、ベンチャーユナイテッドがそれぞれ運営するファンドを割当先とする第三者割当増資により、資金調達を実施している。今回の資金調達により、経営基盤の強化や人材拡充等を行い、加盟工場の増加や新しいサービスの開発を進めていくという。