タグ ジモティー

不要品を地域でまとめてリユース促進、ジモティーがブックオフと提携

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 売ります・あげますなどのローカル情報を手がける「ジモティー」は7月にブックオフコーポレーションと提携し、余剰在庫に関する実証事業を開始すると発表した。ブックオフ内にある余剰在庫をジモティーに出品し、地域内でリユースを促進させる。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、…

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

売ります・あげますなどのローカル情報を手がける「ジモティー」は7月にブックオフコーポレーションと提携し、余剰在庫に関する実証事業を開始すると発表した。ブックオフ内にある余剰在庫をジモティーに出品し、地域内でリユースを促進させる。

リサイクルショップや不要品回収業者は大量の不要品を買取・回収する過程で余剰在庫を多く抱え、倉庫を圧迫するなどの課題を持っていた。そこでこれらをローカル情報サイトに掲載することで必要とする人たちとマッチングし、在庫解消や収益化だけでなく地域内のリユースにも繋げる狙いだ。ブックオフは全国800店舗を運営しており、在庫の収益化という課題とジモティの思惑が一致した形となっている。ジモティー広報の宮本 亮氏は今回の提携開始にあたり、次のようにコメントしている。

これまでにもリサイクルショップや不用品回収業者においては、大量に不要品を買取・回収する過程で、余剰在庫となる商品が多く発生しておりました。特に大物家電は郵送での販売に向いておらず、倉庫のスペースを圧迫する原因にもなっていました。今回の取り組みでは倉庫内の在庫をジモティーに出品し、必要としている方に販売することで、収益化させるだけでなく、地域内でのリユースを促進することが目的になっています(ジモティー 広報 宮本 亮氏)

実証事業では横浜市にあるブックオフの東名横浜ロジスティクスセンターにてジモティー側がスタッフを手配し、出品のサポートを実施する。ブックオフの在庫を出品した後、ブックオフが指定する拠点で受け渡しを行う。同社によると、これまでに100点ほどの出品を実施し、数万円の高額商品を含め成約に結びついているという。一方のブックオフ側で今回の取り組みを推進した片吉 徹氏もこのように評価している。

これまでに自社リソースでジモティーへ出品をしていた際は、労働時間等の問題でスキーム確保が難しくなかなか進まなかったのですが、スタッフを派遣していただいたことにより、出品量が増加しました。ジモティー利用者にとっては取引相手が個人ではなく企業という認識を持っていただいていることもあり、直接引き取りの壁は個人より少ないのかなと感じています。また、出品作業を行っている場所は物流倉庫のため、普段お客様との交流は基本ありません。そのため、商品引き渡し時に直接お客様と対話できる刺激と緊張感を他業務に反映できるのではないかと感じています(ブックオフコーポレーション リユースECセンター運営部出品販売チーム・販路開拓担当 片吉 徹氏)

ジモティーでは持続可能な社会づくりを目指し、月間利用者数1,000万人の情報インフラを生かしたリユースの促進に今後も力を入れる。同様の課題を抱える全国のリサイクルショップや不要品回収事業者と連携を模索する予定。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ローカル掲示板「ジモティー」が東証マザーズ上場へ

SHARE:

地元情報が集まる掲示板サービス「ジモティー」は12月26日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは7080。5万株を公募し、122万700株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは19万600株。主幹事は大和証券が務め、上場予定日は2020年2月7日。公募分を含めた総株数は564万1365株。想定公募価格の960円から算出した評価額は約5…

Screen Shot 2019-12-26 at 10.06.27 PM.png
Image Credit: ジモティー

地元情報が集まる掲示板サービス「ジモティー」は12月26日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はマザーズで証券コードは7080。5万株を公募し、122万700株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは19万600株。主幹事は大和証券が務め、上場予定日は2020年2月7日。公募分を含めた総株数は564万1365株。想定公募価格の960円から算出した評価額は約54億円。

価格の仮条件は2020年1月22日に決定し、ブックビルディング期間は1月23日から1月29日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は1月30日。同社公開の有価証券届出書によれば、2018年12月決算の第8期の売上高は9億8364万円で経常利益は706万円。第9期第3四半期累計期間の売上は9億3589万円、経常利益は1億5225万円であった。

ジモティーは、地元で情報を探す人と情報を発信したい人をマッチングさせるプラットフォームを運営する。同サービスは、地域や目的によって分類された募集広告を一覧形式で掲載する広告媒体「クラシファイドサイト」の業態を採用。第9期第3四半期のクラシファイド運営事業の販売高は9億3589万円であった。

主要な株主はオプトホールディングが30.68%、NTTドコモが16.22%、Infinity Venturesが関連ファンド合わせて14.23%、プロトコーポレーションが10.71%、環境エネルギー投資が関連ファンド合わせて9.51%、代表取締役の加藤貴博氏が8.71%、LIFULL  が4.29%、ジャパンベストレスキューシステムが2.14%、西武しんきんキャピタルがそれに続く。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クレイグスリストに隠れたサービスアイデアの種

SHARE:

<ピックアップ> Here’s Proof Every Startup Idea You’ve Ever Had Craigslist Already Does Spark Capitalのキャピタリスト、Andrew Parker氏が作ったクレイグスリストを参考にしたサービスアイデア・チャートですが、なかなか示唆に富んだ内容です。4年前に作成されたもので、定期…

tumblr_nagcp0gNlN1qzqh0wo1_1280
リンク先は元画像/Image by The Gone Show

<ピックアップ> Here’s Proof Every Startup Idea You’ve Ever Had Craigslist Already Does

Spark Capitalのキャピタリスト、Andrew Parker氏が作ったクレイグスリストを参考にしたサービスアイデア・チャートですが、なかなか示唆に富んだ内容です。4年前に作成されたもので、定期的にバイラルしているものだということで、確かに掲載されているサービス類は若干古い印象があります。毎日のようにニュースメディアを賑わすUber&Lyftの名称もありませんし、Airbnbはロゴが古いままです。

さておき、クレイグスリストというのはご存知の方も多いと思いますが、ここは根本的にC2Cのマッチングニーズから生まれていますので、それを切り出してサービス化するというのは大変頭のいいやり方です。となると日本で同じことを考えた場合参考にしたいのはやはりジモティでしょうか。

jmty
ジモティーのカテゴリリスト

眺めてみるとクレイグスリストに比較して情報量はもちろん少ないですが、何となくイメージは湧いてきます。例えばオンデマンド探偵なんてどうでしょう、便利過ぎて息苦しい世の中になりそうです。

リアル系のビジネス、シェアリングやオンデマンドといったサービス形式がこれからも更に増えてくると思いますので、どのカテゴリでそれを実施するか、発想トレーニングには便利かもしれませんね。

via Tech

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録