THE BRIDGE

タグ ジラフ

ジラフが7000万円の追加資金調達、シリーズBは総額5億円にーー技術顧問に梶原大輔氏の就任も

SHARE:

中古品取引関連サービスやTwitter認証による質問・回答サービス「Peing-質問箱」を提供するジラフは3月1日、シリーズBの追加資金調達として総額7000万円の第三者割当増資の実施を発表した。引受先は既存投資家のアドウェイズおよび個人投資家の梶原大輔氏などの個人投資家。株式比率や払込日は非公開。 2017年11月にシリーズBラウンドとして総額約4億円の資金調達の実施を発表した同社。今回の追加資…

28579715_1590822214345758_900444072_o.png

中古品取引関連サービスやTwitter認証による質問・回答サービス「Peing-質問箱」を提供するジラフは3月1日、シリーズBの追加資金調達として総額7000万円の第三者割当増資の実施を発表した。引受先は既存投資家のアドウェイズおよび個人投資家の梶原大輔氏などの個人投資家。株式比率や払込日は非公開。

2017年11月にシリーズBラウンドとして総額約4億円の資金調達の実施を発表した同社。今回の追加資金調達を含めて、シリーズBラウンドの総額資金調達額は約5億円になった。なお同社は2016年6月に約4000万円2017年3月に1.3億円の資金調達を実施している。また「CASH」を運営するバンクからも、連携などを視野に2017年8月に出資を受けた

2014年10月に創業した同社は買取価格の比較サイト「ヒカカク!」や修理料金比較サイト「最安修理ドットコム」、中古スマホのフリマサイト「スマホのマーケット」などの中古品の取引に関連するサービスを提供してきた。2017年12月には「Peing-質問箱」の買収を実施し、グローバル展開に挑戦している。同社代表取締役の麻生輝明氏は過去の取材で、「1社1領域ではなく、社内の事業責任者がそれぞれ起業しているような組織」を目指すと話している。

今回の追加調達とあわせて、元グリー執行役員としてインフラストラクチャ本部長、開発本部長を歴任した梶原大輔氏の技術顧問の就任も発表した。梶原氏はシリーズBラウンドでの調達の引受先でもある。ジラフには2017年3月にポケラボ共同創業者の佐々木俊介氏が執行役員として参画している。佐々木氏の参画により強化された開発体制に、開発・技術面に明るい梶原氏が加わったことにより、同社の開発組織体制はさらに強固なものになったのではないか。

 

----------[AD]----------

買取相場の比較サイト「ヒカカク!」運営が1.3億円調達、ポケラボ創業の佐々木氏が執行役員で参加

SHARE:

買取相場の比較サイト「ヒカカク!」を運営するジラフは3月15日、ポケラボ創業者の佐々木俊介氏ら個人投資家および複数企業による資金調達を実施したと発表した。調達した資金は約1億3000万円で、同ラウンドには個人としては佐々木氏がリード投資家として参加するほか、フリークアウト代表取締役を務める佐藤裕介氏、氏名非公開の複数エンジェル投資家、企業としてはアドウェイズとアナグラムが参加している。 また、同社…

IMGP30122
ジラフ代表取締役の麻生輝明氏

買取相場の比較サイト「ヒカカク!」を運営するジラフは3月15日、ポケラボ創業者の佐々木俊介氏ら個人投資家および複数企業による資金調達を実施したと発表した。調達した資金は約1億3000万円で、同ラウンドには個人としては佐々木氏がリード投資家として参加するほか、フリークアウト代表取締役を務める佐藤裕介氏、氏名非公開の複数エンジェル投資家、企業としてはアドウェイズとアナグラムが参加している。

また、同社は佐々木氏が3月1日付でジラフの執行役員として経営参画することも併せて発表している。

hikakaku

佐々木氏は大手開発ベンダーにてエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後、ゲーム開発のポケラボを共同創業。グリーに同社を138億円で売却し、同社退職後にはトレーディングカードに特化したフリマアプリのスタートアップを立ち上げていた。ジラフではポケラボ時代に経験した大規模のチームビルディング知見を活用し、開発や経営基盤の強化に務めるとしている。

ジラフの創業は2014年10月。当時一橋大学在学中だった麻生輝明氏が手持ちのiPadを売却するのに手間取った経験から買取情報を網羅したサービスがないことに気付き創業。これまでに2回のラウンドで個人投資家らから合計5300万円ほどの資金を調達しており、現在10人ほどのチームで運営をしている。

カテゴリを網羅した買取情報の比較サービスとしてはウリドキが2013年12月創業で若干早いが、それ以外に目立ったプレーヤーはおらず、DVDや本、車といった各カテゴリに特化したサービスの方が多い。商品情報の比較サイト最大手、価格コムも買取情報はケータイ・スマホ買取車に特化したページはあるものの、モール型にはなっていない。麻生氏の話では現在の月間閲覧ユーザー数は110万人を超えたところということだった。

----------[AD]----------