THE BRIDGE

タグ ストロボライト

チャットで見積り、お庭手入れの「MIDOLAS」運営が地銀などから4.9億円調達

SHARE:

ニュースサマリ:園芸向け総合事業を展開するストロボライトは10月30日、ニッセイ・キャピタルをリードとする第三者割当増資の実施を公表した。ニッセイ・キャピタル以外に引受先となったのは既存株主のSMBCベンチャーキャピタル、新規株主としてデジアラキャピタル&パートナーズ、三菱UFJキャピタル、名古屋テレビ・ベンチャーズ、ちばぎんキャピタル、ナントCVCファンド、みずほキャピタルの8社。調達し…

strobolight_001
ストロボライト 代表取締役の石塚秀彦氏

ニュースサマリ:園芸向け総合事業を展開するストロボライトは10月30日、ニッセイ・キャピタルをリードとする第三者割当増資の実施を公表した。ニッセイ・キャピタル以外に引受先となったのは既存株主のSMBCベンチャーキャピタル、新規株主としてデジアラキャピタル&パートナーズ、三菱UFJキャピタル、名古屋テレビ・ベンチャーズ、ちばぎんキャピタル、ナントCVCファンド、みずほキャピタルの8社。調達した資金は株式による増資と日本政策金融公庫からの融資を合わせて4億9000万円。出資比率や払込日など詳細は明かされていない。

調達した資金で現在の主力事業「MIDOLAS」を推進させるための人材採用、サービス開発、プロモーションなどに使われる予定。また、同社が展開するメディア事業「LOVEGREEN」についても新規事業の展開を計画する。

話題のポイント:植物を中心としたライフスタイルメディア「LOVEGREEN」を皮切りに、戸建て住宅中心の小規模な庭を対象としたリノベーション事業「MIDOLAS」を伸ばしてきたのがストロボライト。サイバーエージェント、ディー・エヌ・エーといったネット出身のベテランが2016年末あたりから本格化させた緑と愛に溢れたスタートアップです。

<参考記事>

前回の調達から約1年半で次のステージに進みました。特に庭リノベのMIDOLASがようやく軌道に乗ってきたようで、2017年の事業開始から約2年半で売上は前期比3.6倍と大きく躍進しています。MIDOLASはお庭の手入れやリノベーションなどを必要とするご家庭に、提携するプロの庭師さんと一緒に設計から施工、アフターサービスまで手がける垂直統合型のサービスです。

価格的には大きく分けて3つほどのパターンがあり、メンテナンスのみから既存の庭に新たな資材を設置・施工するタイプのもの、完全にゼロからリノベーションするケースなど30万円から300万円程度までのプランがあるというお話でした。

新築のお家を建てる時、インテリアや家具には力を入れるけどお庭は後回し、といった一般家庭のニーズが高く、平均的には軽く庭のお手入れをしたい、という50万円ほどの見積もりケースが多いそうです。

strobolight_002
事業拡大に合わせて増床したオフィス

ビジネスモデルとして見た時、やはり気になるのは労働集約的でスケール感に疑問が残る箇所かもしれません。「庭をいじる」というクリエイティビティが求められる仕事で完全なマッチングだけのプラットフォームにしてしまうと、仕上がりにブレが出てしまいます。毎日使う移動のようなサービスではなく、1年に1回あるかないか、というのも留意するポイントです。

この点について、代表の石塚さんが期待を寄せているのが収集しているデータです。集客から提案、施工までの各工程で、あらゆる庭のケーススタディを蓄積しており、ここから例えば見積もりなどについては類型などが見えてきているという説明でした。実際、現在もLINEチャットを使った見積もりで現地調査といった工数を極力カットしています。

また、今回出資に参加した地方金融機関やメディアとは連携して、各地域でのMIDOLAS事業の拡大を狙うそうです。このようにして積み上げが進めば、さらにデータを活用した新たなサービスアイデアも出てくるかもしれません。

----------[AD]----------

園芸向け総合事業を展開するストロボライト、 リノベーション事業のリビタと業務提携

SHARE:

園芸向け総合事業を展開するストロボライトは9月26日、リノベーションやコミュニティづくりを手がけるリビタとの業務提携を発表している。両社は庭園のリノベーションに関する協業を進める。 リビタはリノベーション分譲などをはじめ、幅広い不動産事業を手がける企業。一棟まるごとリノベーションする分譲事業では47棟1476戸の供給実績を持つ。また、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TA…

d11293-28-699461-5.jpg

園芸向け総合事業を展開するストロボライトは9月26日、リノベーションやコミュニティづくりを手がけるリビタとの業務提携を発表している。両社は庭園のリノベーションに関する協業を進める。

リビタはリノベーション分譲などをはじめ、幅広い不動産事業を手がける企業。一棟まるごとリノベーションする分譲事業では47棟1476戸の供給実績を持つ。また、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TABLOID」や神田のシェア型複合施設「the C」など、コミュニティを重視した物件プロデュースも実施している。

今回の業務提携でリビタは同社のリノベーション事業に対し、ストロボライトの提供する庭園プロデュース事業「MIDOLAS」が保有する戸建庭園リノベーションやマンションのバルコニーガーデニング、インドアグリーンなどのノウハウを活用することになる。また、リビタ顧客に対してグリーン関連のサポートも実施する。

両社は庭園リノベーション事業を皮切りに、場づくりを含めたトータルなグリーン関連の協業、事業拡大を進める。

via PR TIMES

----------[AD]----------

「庭の総合代理店」ストロボライトが3.5億円調達、紙・ウェブ・企画の3事業で組み立てるビジネスモデルとは?

SHARE:

園芸向け総合事業を展開するストロボライトは12月25日、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資を発表した。調達した資金は総額約3億5000万円で、株式の比率や払込日などの詳細は非公開。同社の資金調達は公開されているもので3回目で、アイモバイル、SMBCベンチャーキャピタル、プライマルキャピタル、個人投資家を引受先とするシード調達と、それに引き続く2回目、3回目のラウンドは共にニッセイ・キ…

IMGP4930
(写真左から)取締役の川上睦生氏、代表取締役の石塚秀彦氏、執行役員の上野真哉氏

園芸向け総合事業を展開するストロボライトは12月25日、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資を発表した。調達した資金は総額約3億5000万円で、株式の比率や払込日などの詳細は非公開。同社の資金調達は公開されているもので3回目で、アイモバイル、SMBCベンチャーキャピタル、プライマルキャピタル、個人投資家を引受先とするシード調達と、それに引き続く2回目、3回目のラウンドは共にニッセイ・キャピタルが単独で引き受けている。

同社は植物や園芸にまつわるライフスタイルを伝えるウェブメディア「LOVEGREEN」をはじめ、園芸店や生花店、ホームセンターなどに8万部配布されているフリーペーパー「Botapii(ボタピー)」、家庭の庭やオフィスグリーンをプロデュースする「MIDOLAS(ミドラス)」の3事業を展開している。今回調達した資金ではMIDOLAS事業に必要なシステム開発の人員強化やマーケティングに使われる。

園芸業界のエージェント的立ち位置を狙う

IMG_0547
オフィスは事業部ごとに異なる種類のグリーンが育てられている

園芸業界の情報サイト「LOVEGREEN」から始まったストロボライトの挑戦は順調に成長しているようだ。同社を取材したちょうど1年前に話されていたサービスEC構想は「MIDOLAS」として形になり、ウェブのみならずフリーペーパー事業としてメディア展開も拡大していた。人員は3事業合わせて30名近くの陣容になっているそうだ。

そもそも園芸やオフィスグリーンのビジネスモデルを考える機会はあまり多くないかもしれない。毎日触れ合う環境のことであるにも関わらず、家の庭園であれば新築や増改築のタイミングぐらいしか施工のチャンスはないし、オフィスグリーンにしても移転の時に相談するぐらいが一般的だろう。つまり飲食などのように「1日3回必ずある」というようなわかりやすいビジネスチャンス計算がしづらい。

石塚氏らの説明では、この分野に代理業務を担うエージェント的な存在はおらず、新築や移転の時に施工に関わった工務店や、普段使っている生花店などに相談が持ち込まれ、そこから知り合いの園芸業者に仕事がまわる「超アナログ」な実態があるのだという。

IMG_0548
発行されているフリーペーパー

彼らのアプローチは明快だ。ウェブメディアを使って幅広く園芸に関心のあるユーザーの集客力を高める。次に形あるフリーペーパーを使って生花店やホームセンターなどに設置することで「関連する事業者」のネットワークを構築する。こうやってできた「庭やオフィスのグリーンの手入れをしたいユーザー」と「造園を手がけることのできる事業者」をマッチングさせる。

MIDOLAS事業はこの両者を繋ぐ窓口になる、いわばオンライン上の代理店となる。現在はまだ依頼を受けた造園などの仕事はMIDOLAS事業部で直接手がけるものもあるそうだが、徐々に企画やプロデュース業務に移行し、具体的な剪定や造園などの仕事は全国に散らばる事業者に依頼されるようになるという話だった。

イメージとしては印刷のラクスルやクリーニングのリネットなど、小さな既存事業者をネットワークし、ウェブマーケティング手法を中心に集客を効率化したモデルに近い印象だ。単価については高いもので数百万円、平均すると30から50万円ほどのレンジになっているという。

IMG_0561
代表の石塚氏がこよなく愛するサボテンたち。30年から40年ものだそうだ

ところで記事の合間にいくつか写真を挟んだ通り、彼らはインターネットを使ったメディアやマーケティングをこの業界に持ち込むネット事業者であると同時に、植物を愛する人たちでもある。メンバーがそれぞれ生花店出身だったり、グリーンに対する知識や情熱がオフィスに溢れている。

こういったエクステリア・インテリア関連については市場規模も大きく、筆者は過去にメディア先行、SEO重視の事業者の話題を扱うこともあったが、決まってその場所に具体的な土や緑の香りがすることはなかった。ややもするとKPIや数値偏重になりがちなネットビジネスではあるが、サービスが飽和しつつある今だからこそ、こういった手触り感が差別化のポイントになる、なって欲しいと感じる取材でもあった。

 

----------[AD]----------

緑を愛するメディア「LOVEGREEN」運営が1.4億円調達、グリーン・コーディネートのサービスECを展開へ

SHARE:

植物の育て方や飾り方などのライフスタイル情報メディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)」を運営するストロボライトは11月21日、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資を発表した。調達した資金は総額約1億4000万円で、株式の比率や払込日などの詳細は非公開。 また今回の調達と合わせ、スタートアップの創業経験もあり、またディー・エヌ・エーやアイスタイルなどで活躍してきた川上睦生氏が同社のC…

imgp2292
写真左から:COOに就任した川上睦生氏と同社代表取締役の石塚秀彦氏

植物の育て方や飾り方などのライフスタイル情報メディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)」を運営するストロボライトは11月21日、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資を発表した。調達した資金は総額約1億4000万円で、株式の比率や払込日などの詳細は非公開。

また今回の調達と合わせ、スタートアップの創業経験もあり、またディー・エヌ・エーやアイスタイルなどで活躍してきた川上睦生氏が同社のCOO(最高執行責任者)に就任したことも公表されている。同社では今回調達した資金でメディアの拡大および新規事業としてグリーン全般のコーディネートや管理に関するサービスEC事業を立ち上げる。

シーエー・モバイルで広告関連事業に携わった石塚秀彦氏がストロボライトを立ち上げたのが2012年7月の頃。ありとあらゆる情報が有象無象に散らばるネットの中で、実は植物に関する「今風の」情報は少ない。石塚氏がそれに気がついたのは結婚という節目の時だった。

「僕も元々、興味なかったんですよ。忙しく働いていたらそもそも植物にお金を支払う感覚なんてないし、独身男性は特に気がつきにくい。でも家庭を持って分かったんです。ここはあるなと」(石塚氏)。

実際もう少し上の50代や60代といった、余暇が生まれつつある世代に対してこの事業を説明すると高い確率で賛同が得られるそうだ。

「正直、現状はウェブ0.5ですね。周りを見渡すと商業施設にはグリーンが入ってきてるし、家の中で育てられるようなものが手軽に入手できるようになってる。けど、情報については情報番組とか小さなホームページみたいな情報しかなかったんです」(石塚氏)。

20161116lovegreen

インテリアやエクステリアの総合情報についてはもちろん注目されていなかったわけではなく、Houzzモデルの iemo や Roomclip のような、やや DIY に寄ったような着目点のメディアがそれぞれ成長過程にある。ただ、「グリーン」単体で伸ばそうというバーティカルはまだなかった。

情報が少ないと当然ビジネスも硬直化しがちになる。植物のコーディネートや管理を任せようにも、特定事業者しかでてこなかったり、ビジネスがはっきりしてない個人事業主に当たる可能性も高くなる。彼らも当然そこは考えていて、現在のメディア展開に続いてサービスEC を立ち上げ準備中だ。

「植物の情報は育て方、管理の方法、飾り方の三つが主になります。こういったサービスを提供してくれる庭師の方って実はすごい人気で依頼ができなかったりするんです。かと言って生活サービス系のところで依頼すると何でも屋さんが出てきてしまう」(石塚氏)。

この隙間にどれだけのチャンスがあるのか、正直彼らの用意する市場数値だけでは判断がつかない。しかし、実は私も彼らと同年代ということもあって、家庭を持ち、家の中やオフィスにグリーンを飾ることが多くなった。当然、管理などの情報が欲しくなってネットで検索する流れになっていて、もしここで手軽に依頼できるサービスに出会ったら一考していたのは確かだと思う。

このニッチ市場に花が開くのかどうか、サービスの開始を待ちたい。

----------[AD]----------