BRIDGE

タグ spacee

会議室シェアのスペイシーが総額2億円を調達ーー新サービス「だれでも会議室」で空きスペース運用を代行

SHARE:

会議室のシェアサービス「スペイシー」は3月27日、総額2億円の第三者割当増資の実施を発表した。引受先はニッセイ・キャピタル及びフリービットインベストメントなどの既存株主。 スペイシーは様々な遊休スペースを活用し、1室1時間500円で会議室を使うことができるサービスを提供。現在、首都圏のビジネス街を中心に約2000室を展開し、60万人以上のユーザーに利用されている。ユーザーの7割程度がビジネスパーソ…

Spacee

会議室のシェアサービス「スペイシー」は3月27日、総額2億円の第三者割当増資の実施を発表した。引受先はニッセイ・キャピタル及びフリービットインベストメントなどの既存株主。

スペイシーは様々な遊休スペースを活用し、1室1時間500円で会議室を使うことができるサービスを提供。現在、首都圏のビジネス街を中心に約2000室を展開し、60万人以上のユーザーに利用されている。ユーザーの7割程度がビジネスパーソンの利用で2割が教室や習い事での利用、残りの1割が飲み会やサークルの集まりなどに利用されているとのこと。

今回の増資に伴い、スペイシーは新サービス「誰でも会議室」を4月1日より提供する。「だれでも会議室」は会議室をシェアするために必要となる全ての業務(不動産オーナーへの交渉、保険適用、設営から運営など)をスペイシーが代行するサービスだ。一部エリアでは、会議室運営に必要な什器の購入を含め費用負担なくはじめられるとのこと。

「事業を進めていく中で個室を格安で使えるというニーズを感じました。しかしながら、不特定多数が出入り出来る物件が少なかったり、とユーザーが求める条件に一致する会議室はまだまだ少ないのが現状です。そこで、会議室側を増やしていく取り組みを進めることを決めました」(同社代表取締役の内田圭祐氏)。

現在のスペイシーに登録されているスペースは、5割程度が貸し会議室を主な事業として運営している場所、その他4割が会社の空いたオフィススペース、習い事の教室や英会話教室、さらに居酒屋やカラオケといった商業施設だ。「誰でも会議室」では、移転直後でスペースが余っているオフィスやテナントがついていない空きスペースをメインに開拓を進めていく方針。

今後は、現在50社程度の不動産会社や仲介業者のネットワークを活用し、誰でも会議室を増やしていく。既存サービスと誰でも会議室のサービスを加速させることにより、スペイシー内でどの会議室を使ってもクオリティが高いという状況を作り出すのが目標とのこと。

----------[AD]----------

会議室シェアサービスの「Spacee(スペイシー)」、軒先やConnected Designと提携——貸出空間のバリエーション拡大と需要の底上げを狙う

SHARE:

1時間単位で空いている会議室を貸したり借りたりできる「Spacee(スペイシー)」を運営するスペイシーは、駐車場のシェアリングやスペースシェアリングサービスを提供する軒先、東急電鉄やニフティらの JV で店舗・オフィス・ホテル向けの IoT 商品を開発・販売する Connected Design と、それぞれ事業提携したことを明らかにした。 軒先とは、Spacee との間で登録されている貸出物件や…

spacee-nokisaki-connected-design

1時間単位で空いている会議室を貸したり借りたりできる「Spacee(スペイシー)」を運営するスペイシーは、駐車場のシェアリングやスペースシェアリングサービスを提供する軒先、東急電鉄やニフティらの JV で店舗・オフィス・ホテル向けの IoT 商品を開発・販売する Connected Design と、それぞれ事業提携したことを明らかにした。

Spacee-parking-app
スペイシーの駐車場アプリ「スペイシー駐車場」

軒先とは、Spacee との間で登録されている貸出物件や顧客の相互融通を行う。時間貸の空きオフィス貸出を得意とする Spacee だが、今年2月には駐車場空きスペースのマッチングサービスも開始している。一方で、軒先はポップアップショップや駐車場などの期間限定貸出を得意とするが、300物件程度の会議室の登録もあるという。得意とする分野の物件や顧客を互いに融通することで、全体需要の底上げを狙う。

料金面から見てみると、Spacee は1時間単位、軒先は1日単位で貸し出されている物件が多い。短時間の貸出に対応するため、Spacee では銀行振込・カード決済・後払など多様な決済手段に対応しており、ユーザにとっては、軒先が在庫として持つ会議室物件を Spacee 経由で借りることによるメリットもあるという。貸出物件の相互融通にあたっては、両社それぞれに登録する物件オーナーとの間で個別に追加契約が取り交わされ、注文が発生する毎に、両社間で一定の紹介手数料が支払われるスキームのようだ。

一方、Connected Design との提携では、同社が提供するトータルセキュリティソリューションの Spacee 会議室への導入を始める。その皮切りとして、Connected Design の乱数スマートロックが、Spacee の提供する品川の会議室への試験導入されている。

inaho-smart-rimlock-on-door
Connected Design のパッケージに採用されている、フキのスマートリムロック

Connected Design は同社のソリューションを民泊をはじめとする、さまざまな種類の施設や拠点に導入を始めているが。住宅やオフィスと異なり、不特定多数の人々が利用する拠点では想定されない問題が生じることがあるため、Connected Design 側には、Spacee での導入を通じて、それまで見えなかった問題点を浮き彫りにし、商品やサービスの改善につなげたいとの意図があるようだ。

Spacee では会議室オーナーとユーザ双方の利便性向上のため、今後もパートナーを増やしていく予定で、会議室オーナーに WiFi や掃除のサービスを紹介できる提携先を模索中とのこと。「akippa」が時間貸駐車場の満車が多い地域の物件を重点的に増やしているように、Spacee では、カフェの混雑状況などをベンチマークし、需要が多いと見た地域でシェア会議室の運用をオーナーに勧め、不動産屋を紹介するようなケースもあるのだという。

スペイシーは今年4月、500 Startups から資金調達を実施している(シードラウンド、調達額非開示)。現在、チームにはフルタイム・パートタイムなどをあわせて12人くらいの社員がいるが半数以上がエンジニア。今後は、マーケティング分野やフルコミットで事業に集中できる人員の拡充に注力したいとしている。

----------[AD]----------

会議室シェアサービス「スペイシー」が500 Startups Japanから資金調達、共同で「Startup Garage」を開始

SHARE:

会議室買取サービスや駐車場空きスペースのマッチングなど、本媒体でも幾度にわたり取材してきた「スペイシー」。1時間500円から駅近くの会議室を借りられる利便性が買われ、2013年のリリースから累計利用者数は22万人を突破しています。 そんなスペイシーが、500 Startups Japan から第三者割り当て増資による資金調達の実施を発表しました。調達額は非公開です。500 Startups Jap…

スペイシー と 500 Startups Japan の皆さん
スペイシー と 500 Startups Japan の皆さん

会議室買取サービス駐車場空きスペースのマッチングなど、本媒体でも幾度にわたり取材してきた「スペイシー」。1時間500円から駅近くの会議室を借りられる利便性が買われ、2013年のリリースから累計利用者数は22万人を突破しています。

そんなスペイシーが、500 Startups Japan から第三者割り当て増資による資金調達の実施を発表しました。調達額は非公開です。500 Startups Japan は、シリコンバレーを拠点とするアクセラレーター 500 Startupsの日本向けファンドとして2015年に立ち上がったばかり。スペイシーへの出資は、日本向けファンドにとって国内初の案件です。

今回調達した資金は、掲載物件獲得のためのプロモーション、物件掲載後の利用促進を促すための屋外広告、その他 機能開発などのために活用されます。新たに開発に着手する機能には、ポイント機能やサイト内のメッセージ機能、また今年1月にリリースした Android アプリの機能強化にも取り組んでいきます。

今後、海外市場への展開を見据えるスペイシーにとって、500 Startups とのパートナーシップは人材採用や各種提携など様々な側面で役立つことが期待されます。また、両社の共同企画として始まるのが、「Startup Garage」です。

シード段階のスタートアップにオフィス環境を無料で提供する「シェアビジネススペース」。スタートアップは、日中はスペイシーが提供するオフィスを仕事場にし、夜間や休日にそれを会議室として貸し出すことで家賃が浮く仕組み。創業時のスペイシーが、その代々木のオフィスで実際に実施していた形です。

「当時、13万円程度の家賃をこの手法でまるまる浮かせることができていました。浮いた分の費用を開発などに投下できたことが、サービスを成長させるのに大きく役立ちました。同じ経験をたくさんのスタートアップに積んでいただき、オフィス賃料という固定費を圧縮することが可能になります」(スペイシー COO 征矢貴彦さん)

Startup Garageでは、オフィス環境の貸し出しにとどまらず、ベンチャーキャピタルや国内企業とのネットワークづくりを後押ししたり、同時に500 Starupsによる投資やメンターなどの提供も行われる予定です。将来的には、スタートアップが企業の空いた会議室をストックオプションを対価に借りたり、インキュベートすることで企業のオープンイノベーションを育むような環境も構想しています。

Startup Garageへの参加募集は、早ければ来週くらいにスタートするとのこと。年内で、最大数十組のスタートアップの支援を目指します。

----------[AD]----------

会議室シェアサービス「スペイシー」が新たに会議室買取サービスを開始、企業にとって実質賃料削減に

SHARE:

2013年のリリースから累計利用者数22万人を超える会議室シェアサービス「スペイシー」。カフェやファミレスなどでは得られない、でもビジネス会議において重要なプライバシーを、オフィスの空き会議室を使うことで提供します。会議室は、1時間500円から格安で利用できます。 スペイシーが新たに開始したのが、会議室買取サービスです。会議室需要が高まる中、物件の増加を目指して、企業の会議室の使わない時間帯をスペ…

Spacee-kaitori-illustration

2013年のリリースから累計利用者数22万人を超える会議室シェアサービス「スペイシー」。カフェやファミレスなどでは得られない、でもビジネス会議において重要なプライバシーを、オフィスの空き会議室を使うことで提供します。会議室は、1時間500円から格安で利用できます。

スペイシーが新たに開始したのが、会議室買取サービスです。会議室需要が高まる中、物件の増加を目指して、企業の会議室の使わない時間帯をスペイシーが買い取るもの。買い取った後、会議室の運営の集客、集金、顧客対応は原則スペイシーが行い、企業が行うのは会議室の掃除と受付対応のみ。企業にとっては、実質的にその分の賃料削減につながります。

朝礼でしか会議室を使っていない、日中は社員が外に出ていることが多いため会議室が空いている、4部屋中いつも埋まっているのは3部屋で1部屋は空いているなどなど、さまざまな「空き」が対象。スペイシーがそれら会議室の空き時間を査定し、買い取ります。平日の日中のみ、土日のみなど、時間帯は柔軟に対応可能で、また予約が入っていない時間は従来通り自社で使うことができます。

買取サービスの初年度買取額は3億円を目指しているとのこと。今後も、ビジネスマンが格安かつ手軽に会議ができる環境の充実を図っていきます。

----------[AD]----------

会議室だけじゃない、駐車場空きスペースをアプリでマッチングする「スペイシー駐車場」が2月開始

SHARE:

つい数日前に利用者数20万人を突破したことが明らかになったスペイシーが、新サービスの提供を開始することを発表しました。これまでの会議室やレンタルスペースの検索や予約に加えて、新たに駐車場シェアサービス「スペイシー駐車場」を2016年2月からスタートします。 スペイシー駐車場は、駐車場や駐車スペースを持っているオーナーと、必要な時に駐車場を使いたいドライバーとをマッチングするもの。ドライバーは、iP…

2月にサービスを開始する「スペイシー駐車場」
2月にサービスを開始する「スペイシー駐車場」

つい数日前に利用者数20万人を突破したことが明らかになったスペイシーが、新サービスの提供を開始することを発表しました。これまでの会議室やレンタルスペースの検索や予約に加えて、新たに駐車場シェアサービス「スペイシー駐車場」を2016年2月からスタートします。

スペイシー駐車場は、駐車場や駐車スペースを持っているオーナーと、必要な時に駐車場を使いたいドライバーとをマッチングするもの。ドライバーは、iPhoneとAndroidで提供されるアプリで近隣の空き駐車場を検索し、予約することができます。もちろん、アプリ内で決済までも行うことが可能です。

Spacee-parking

必要に応じてリアルタイムに空いている駐車場を探すという使い方だけでなく、駐車スペースの予約は最大3か月前からできるため、駐車場探しに苦労しそうだなと不安に思ったら事前に駐車場を確保しておくことができます。また、最小15分単位からミニマムで貸し出しができる柔軟性も特徴です。

街中の「遊休スペース」の有効活用を目指して、スペイシー駐車場は今後利用ニーズの高い施設・周辺エリア及び駅の付近等で登録駐車場を増やしていくとのこと。登録駐車場の数が増えていけば、出かけてみてからの運頼みだった目的地付近の駐車場探しをぐんと楽にしてくれそうです。

Spacee-parking-app

----------[AD]----------

スペースマッチングの「スペイシー」の利用者数が20万人を突破、都内や駅近の格安会議室に人気集まる

SHARE:

先日、Androidアプリの提供を開始したスペースマッチングサービス「Spacee(スペイシー)」。これで、スマホから写真などを投稿するだけで空いたスペースをスムーズに貸し出せるようになりました。iOSアプリについても、近日登場予定です。 運営会社のスペイシーは本日、1月11日時点の延べ利用者数が20万人を突破したことを発表しました。2015年12月時点の延べ利用者数は18万人だったため、約1ヶ月…

spacee_users

先日、Androidアプリの提供を開始したスペースマッチングサービス「Spacee(スペイシー)」。これで、スマホから写真などを投稿するだけで空いたスペースをスムーズに貸し出せるようになりました。iOSアプリについても、近日登場予定です。

運営会社のスペイシーは本日、1月11日時点の延べ利用者数が20万人を突破したことを発表しました。2015年12月時点の延べ利用者数は18万人だったため、約1ヶ月間で新たに2万人ほど増えたことになります。1年前の2015年1月と比較すると、274%の成長です。

スペイシーの順調な成長に貢献しているのが、同サービスが扱う場所の種類です。さまざまなスペースが掲載されているものの、中でも特に増えているのが都内を中心とした格安のワンコイン型会議室。商談や10名規模の打ち合わせに至るまで、これまで騒がしいカフェなどを止む無く利用していた人たちが、スペイシーの格安会議室を活用するようになってきています。

場所を貸し出す人には、アプリの登場で簡易化された場所の掲載や管理、またUberのサージ価格のように需要に応じて時間帯ごとに価格設定ができる仕組みなどが支持されています。スペイシーの存在によって、今後も使われていないスペースの有効活用がますます加速化していきそうです。

----------[AD]----------

スペースマッチング「スペイシー」にAndroidアプリが登場、場所の貸し出しがスマホから簡単3ステップに

SHARE:

スペースマッチングサービスの「スペイシー」が、Androidアプリになって登場しました。2013年12月のサービス開始から、2015年12月末までの累計利用者数は18万人超、またレンタル物件の掲載数は450件を超えています。 スペイシーに空いた会議室などを掲載したい場合、これまではWebサイトから登録する必要がありました。Androidアプリなら、貸し出す場所の写真をスマホで撮り、そのまま貸し出し…

Spacee-image

スペースマッチングサービスの「スペイシー」が、Androidアプリになって登場しました。2013年12月のサービス開始から、2015年12月末までの累計利用者数は18万人超、またレンタル物件の掲載数は450件を超えています。

スペイシーに空いた会議室などを掲載したい場合、これまではWebサイトから登録する必要がありました。Androidアプリなら、貸し出す場所の写真をスマホで撮り、そのまま貸し出しまでを行うことが可能に。スペースを貸し出すステップは主に3段階です。

スペイシーのAndroidアプリ
スペイシーのAndroidアプリ
  1. アプリを立ち上げて、スペースの種類、環境、収容人数、所在地などを入力
  2. 掲載スペースの写真をスマホから撮影
  3. 料金と貸出カレンダーを設定

Androidアプリのリリースに次いで、iOSアプリの提供、また借り手に向けたスペースの検索や予約機能などの追加を予定しています。アプリで気軽かつスムーズに場所を貸し出せるようになったことで、今後ますます掲載物件数が増加することが期待されます。

----------[AD]----------

ターミナル駅周辺会議室を中心に掲載物件450件、18万人が使う「スペイシー」がGoogleカレンダーと連携

SHARE:

2013年12月、その他のスペースマッチングサービスより一足先にサービスを開始した「Spacee(スペイシー)」。レンタルできる掲載物件数は約450件、また利用者の延べ人数は18万人を超えています。最近になって、Googleカレンダーとの連携機能をリリース。空きスペースの管理を、普段使っているGoogleカレンダー上で一元管理することが可能になりました。 スペイシーには、日本全国の空きスペースが掲…

Spacee-website

2013年12月、その他のスペースマッチングサービスより一足先にサービスを開始した「Spacee(スペイシー)」。レンタルできる掲載物件数は約450件、また利用者の延べ人数は18万人を超えています。最近になって、Googleカレンダーとの連携機能をリリース。空きスペースの管理を、普段使っているGoogleカレンダー上で一元管理することが可能になりました。

Googleカレンダーで予約管理
Googleカレンダーで予約管理

スペイシーには、日本全国の空きスペースが掲載されています。現状、最も多いのは、「会議室・レンタルスペース」の掲載です。以前はカフェなどで打ち合わせしていた人たちが、ターミナル駅周辺にある居住兼事務所利用のマンションの会議室を利用するケースが多く見られ、満室状態が続いています。1時間数百円という安価なレンタル料金が人気の理由です。

ちょっとした打ち合わせなど、日常的な物件ニーズに迅速に応えられるようにスペイシーがこだわるのが、空きスペース探しの簡便さです。競合のサービスには、目的重視で場所を探す導線も見られますが、スペイシーは「利用日」「時間」「場所」と一回の検索で実際に予約できる物件を見つけることができます。

また、物件の貸し出し主は、15分単位で物件の在庫管理を行うことができます。そのため、ニーズが高まる時間帯はレンタル料金の単価を上げて、逆に埋まりにくい時間帯やキャンペーン期間中などは低価格に設定することができます。新たにリリースされたGoogleカレンダーとの連携によって、貸し出し主にとって物件の予約・空き管理の利便性が高まりました。

12月頭、スペイシーは、都内近郊500店舗以上の店舗型ビジネスにおけるWebソリューションを展開するイデア・レコードとの業務提携も発表しています。これによって、スペイシーの利用者は、街中にある飲食店の個室を商談や打ち合わせなどに活用することができるように。

Spacee-Idea-Record

今後、スペイシーでは、iOSとAndroidアプリのリリース、またサイボウズカレンダーとの連携などを予定しています。また、掲載物件のバラエティを増やすため、あらゆる事業主と連携していくとのことです。

----------[AD]----------