BRIDGE

タグ スマオウ

楽天やヤフーのテナント店舗がスマホ対応サイト作成に使う「スマオウ」が別会社化ーー目指すは継続率8割

SHARE:

楽天やヤフーのオンラインモールのテナント店舗が、簡単にスマホ対応のウェブサイトを作成できる「SUMAOU!(スマオウ)」。以前には、ファウンダーの安部遥子さんへの取材記事をお届けしました。これまで大阪のfcafeの傘下で運営されてきた同サービスが、本日9月1日、完全に別会社化されました。 2014年9月16日にサービスを開始したスマオウ。この約1年ほどで、申し込み店舗数は3,000店舗を超えていま…

スマオウのファウンダー 安部遥子さん
スマオウ代表の安部遥子さん

楽天やヤフーのオンラインモールのテナント店舗が、簡単にスマホ対応のウェブサイトを作成できる「SUMAOU!(スマオウ)」。以前には、ファウンダーの安部遥子さんへの取材記事をお届けしました。これまで大阪のfcafeの傘下で運営されてきた同サービスが、本日9月1日、完全に別会社化されました。

2014年9月16日にサービスを開始したスマオウ。この約1年ほどで、申し込み店舗数は3,000店舗を超えています。ウェブやスマホの知識が豊富でなくても簡単に使えることをコンセプトにするスマオウ。テンプレートを選べば、あとはその時々の取扱い商品の中からおすすめ商品などを自動で選択してレイアウトしてくれるため、店舗運営者の労力は最小限で済みます。新商品が加われば、それが自動で表示される。更新が滞ってしまう心配もありません。

今年7月5日に、サービス開始から最大規模のアップデートを実施。利用店舗からリクエストの多かった様々な機能を追加しました。例えば、特定の商品の掲載、自由に記述したHTMLの差し込み、各ブロックの掲載順の入れ替えなど。単純なテンプレートではなく、ある程度カスタマイズすることが可能になりました。

今回のアップデートは、スマオウで作ったスマホサイトをある程度カスタマイズまでしたけれど、「自分が思うようなカスタマイズができない」「欲しい機能がない」といった理由で離れてしまうユーザーを見据えて行ったもの。リリース後、スマオウのカスタマーサポートには喜びの反響が集まっています。

スマオウは、現在もリリース当初から変わらず、安部さんとクラウドソーシングで見つけたエンジニアさんとの2名体制。カスタマーサポートは、アルバイトが一人。今回なぜ、別会社にするという判断に至ったのか、安部さんはこう話します。

「もともと、独立したい、社長業をやりたいという気持ちはありませんでした。自由にやらせてもらう環境が大事でした。でも、東京で一人で事業を進める中で考え方が変わって。組織の中のチームでやるより自分のチームにすることで、サービスの開発にもっとスピード感を持って取り組みたいと考えました」

完全に独立した今、今後のサービス拡充のためにも資金調達という選択肢もあるはず。でも、当面は一切の外部資金を入れること無く、地味に着実にサービスを作って行く予定です。そこには、安部さんのチーム作りへのこだわりが感じられます。

「資金調達をしなくても何とかなるだろうという思いと、サービス単体だけでなく、永続的にいいサービスが生み出せる組織を作りたいと思っています。同じ目的に向かって進める仲間を見つけて、一つの文化を作り上げてブレずにサービス作りに励めるような。まずは、その土台を作りたいです」

目下の目標は、顧客の継続率のアップ。最終的に、8割くらいの継続率にまで持っていくことを目指しています。また機能面では、ウェブブラウザでのプッシュ通知を行うASPサービスの開発を検討中。メルマガに変わる販促ツールを求めるEC店舗運営者の声は多いため、まずは既にブラウザのプッシュ通知に対応するAndroidから、そのニーズに応えていくことを考えています。

これまで自宅がオフィスも兼ねていたスマオウですが、渋谷のレンタルオフィスに引っ越すことに。窓もない閉鎖的な空間の写真を目にした友人に、「これ、独房ですやん」と突っ込まれてしまったのだとか。一人で起業して東京に出て来た「ぼっち起業」から「独房オフィス」へ。何とも頼もしい安部さんの挑戦はまだまだこれからです。

----------[AD]----------

大手ECなど1,500店舗が導入ーースマホ対応サイトを自動生成する「SUMAOU!」が新機能をリリース

SHARE:

楽天やヤフーのスマホサイトがものの10秒で作れる「SUMAOU!(スマオウ)」。2014年9月18日のリリースから半年で、利用店舗数は1,500店舗に。昨年、ファウンダーの安部遥子さんにインタビューした時点では200店舗だったので、予想以上に早いペースで伸びていることがわかります。 大手ECやモール内の有名テナントも導入 消費者によるスマホへの移行が進むにつれて、これまでウェブサイトのみで展開して…

4月1日にリニューアルを迎えた「SUMAOU!」のウェブサイト
4月1日にリニューアルを迎えた「SUMAOU!」のウェブサイト

楽天やヤフーのスマホサイトがものの10秒で作れる「SUMAOU!(スマオウ)」。2014年9月18日のリリースから半年で、利用店舗数は1,500店舗に。昨年、ファウンダーの安部遥子さんにインタビューした時点では200店舗だったので、予想以上に早いペースで伸びていることがわかります。

大手ECやモール内の有名テナントも導入

消費者によるスマホへの移行が進むにつれて、これまでウェブサイトのみで展開していたECサイトをスマホに最適化させる需要が高まっています。スマオウを使えば、楽天やヤフーの店舗アカウントを入力するだけで、ほぼ自動的にスマホ対応サイトを作成できます。

「機能はリリース当初と変わっていませんが、予想を上回る勢いで店舗数が増えています。EC店舗さんが今まさにニーズを感じていることへのソリューションであること、またモール全体としてもスマホを強化しており、直接店舗に関わる部署の皆さんがスマオウを口コミしてくださっている効果もあります」

デザインをカスタマイズする柔軟性が買われて、スマオウは大手ECサイトにも導入されています。昨年10月頭の時点で導入していたのが、ベルメゾンネットや洋菓子モロゾフ。他にも、各モール内の有名テナント、例えば、「OCS(オーガニックサイバーストア)」などがヤフー店でスマオウを使うなどして、それを見た他店が続く流れも見られています。

商品ページも簡単に自動生成する新機能

そんなスマオウが新たにリリースしたのが、トップページだけでなく、商品ページを作れる機能です。モールの既存システムでもスマホ用の商品ページは作成できましたが、画像をスマホ用に縮小したり、タグを手動で編集したりするなどの手間を要しました。新機能では、PCサイトに載せている情報をそのままスマホに持って行くことができ、商品ページも簡単にスマホ化することが可能です。

これまでと同じく初期費用無料、また商品ページ作成機能が加わったことで、これまで2,980円だった月額の利用料金は3,980円に変わります。

新機能のリリースに併せてリニューアルされたのが、スマオウの公式サイト。電話やメールでカスタマーサポートをする中でも新機能の追加要望が多く、その都度説明していたり、また特定の機能がないことを理由に導入に至らないケースがあります。今後は開発状況をサイト上で公開して進捗状況などがわかるようにすることで、さらなる利用店舗数の増加を図ります。

一人ぼっちから二人ぼっちに:お礼が来るカスタマーサポート

代表の安部遥子さん(右)とサポート担当の和田沙耶香さん(左)
代表の安部遥子さん(右)とサポート担当の和田沙耶香さん(左)

前回の取材記事からもわかるように、スマオウは代表の安部さんが「ぼっち起業」したスタートアップ。つい最近まで、安部さん一人で開発・デザイン・カスタマーサポートなどを「超両立」していました。

一応電話サポートの対応時間は18時までと決まっているものの、電話がかかってくればコーディング中でも対応し、ITリテラシーが高くない店舗の担当者さんと時には一緒になってページ作成を実際にやってみたり。今ではそこに新たにアルバイトさんが加わり、親会社がある大阪でカスタマーサポートの電話対応などを行っています。最近実地したユーザーアンケートでは、カスタマーサポートに対する満足度がとても高かったのだとか。

「一人ぼっちから二人ぼっちになれたので、だいぶ助かっています(笑)。店舗さんもスマオウを使っていく中ですごく成長している感じがありますね。「HTMLもわからないし諦めていたけれど、スマオウのおかげできれいなスマホサイトができて今後も頑張ろうと思った」というメールをいただいたりして、報われるタイミングがあります」

目指すのは、EC店舗の接客ツール

現在のスマオウは、スマホ最適化という、ECサイトが今後スマホの土壌で伸びていための下準備をしてくれる、ある意味、受身なサービスであると言えます。今後は、もっと店舗さんが積極的にアクションをとれる接客ツールのようなものに近づけていく導入話す安部さん。例えば、先日Googleが発表したChromeブラウザ(Androidのスマホにも対応)におけるプッシュ通知への対応などを予定しています。

また、これからサービスをさらに成長させていくにあたって、一緒にやっていくパートナーを募集中。フルタイムに入ってもらう、会社2人目の人材の選定には当然慎重です。新しいことへの関心が高いことは絶対条件ですが、今後は海外向けに消費者向けサービスの展開も検討しているため、英語スキルも必須だそう。

「これから新しいものを一緒に作り上げて行く時の右腕になってくれる人を募集しています。趣味よりのことを含めてワクワク一緒に作って行ける人がいいですね。2人目の採用はすごく重要だと思うので、まずはお茶でもって感じで、急がずにマッチした人を見つけたいと思います」

----------[AD]----------