BRIDGE

タグ スマートホーム

シンプルで低価格なスマートホームシステム「HIVE」がKickstarterに登場

SHARE:

米ソルトレイクシティのスタートアップ「HIVE LIFE」社は、「HIVE」という新しいスマートホームシステムを開発している。Kickstarterにて資金調達キャンペーンを開始した。目標金額は10万ドル(約1,200万円)。 このキャンペーンのリワードとなっている製品が、「HIVE hub」と「HIVE sound」だ。 HIVE sound Hive soundは、140mm ✕ 140mm …

Hive

米ソルトレイクシティのスタートアップ「HIVE LIFE」社は、「HIVE」という新しいスマートホームシステムを開発している。Kickstarterにて資金調達キャンペーンを開始した。目標金額は10万ドル(約1,200万円)。

このキャンペーンのリワードとなっている製品が、「HIVE hub」と「HIVE sound」だ。

HIVE sound

HIVE sound

Hive soundは、140mm ✕ 140mm ✕ 30mmとコンパクトな壁掛け型のスピーカーシステムだ。壁のコンセントに接続して利用する。

HIVE sound

Wi-Fi、Bluetoothに対応し、操作は、スマートフォンアプリから行う。個別に操作するだけでなく、家庭内に設置した複数台のHIVE Soundに同時に別々の音楽をかけたりすることもできる。

HIVE sound

音楽は、Google Play Music、iHeartRadio、Pandoraなどのクラウドサービスから直接再生するため、スマートフォンやタブレットのバッテリーを消費することもなく、高品質の音楽が利用できるという。バックアップ用のバッテリーを内蔵し、停電時にも再生を続けることができるようだ。

また、音楽再生のみならず、家庭内で連携したスマートデバイスからの通知やアラームを受け取ったり、緊急時対応サービスへの利用も予定しているという。

Hive Hub

Hive hub
もうひとつの製品、Hive Hubはシンプルでエレガントなデザインの、スマートホームのベースとなるデバイスだ。

HIVE hub

複数のアンテナを内蔵し、Bluetooth、Wi-Fi、ZigBee、Z-wave等に対応、家のロックや照明、オーディオなど様々な家電と連携させることができる。

HIVE

操作はHIVE sound同様、スマートフォンのアプリ(iOS/Android)から行う。内蔵電源のバックアップを備えるだけでなく、インターネット接続のバックアップ用に3Gモデム(別途GSMの契約が必要。)も内蔵しているため、不意な停電時にも機能させ続けることができそうだ。

Hive Hub、Hive Soundともに予定小売価格は299ドル。Kickstarterのキャンペーンでは、99ドルの支援でHive HubまたはHive Sound を手に入れることができる。また、199ドル以上の支援でHive HubとHive Soundのセットを手に入れることができる。(149ドルのセットは完売)。無事に製品化された場合は、2015年5月に出荷予定の模様。

製品は現時点では、米国・カナダ向けとなっており、その他の国での利用は未対応。次に対応するのは、ブラジル・オーストラリアとしている。

空き巣対策に…スマートフォン連携のスマートドアベル「Ring」

SHARE:

空き巣の手口のひとつとして、ドアベルを鳴らし、反応の有無をうかがうというものがある。もちろん無反応であれば留守宅と判断し、狙われることになるわけだ。 そんな問題を解決するために開発されたのが、スマートドアベルの「Ring」である。 Ring最大の特徴は、本体に付属したドアベルとカメラが、Wi-Fiを通じて専用のアプリをインストールしたスマートフォンに通知、応答を可能としていることだろう。それにより…


2014-11-15_2149

空き巣の手口のひとつとして、ドアベルを鳴らし、反応の有無をうかがうというものがある。もちろん無反応であれば留守宅と判断し、狙われることになるわけだ。

そんな問題を解決するために開発されたのが、スマートドアベルの「Ring」である。

2014-11-15_2151

Ring最大の特徴は、本体に付属したドアベルとカメラが、Wi-Fiを通じて専用のアプリをインストールしたスマートフォンに通知、応答を可能としていることだろう。それにより、在宅で無くともスマートフォンさえ使える状態ならば、遠隔地から来客に対応でき、ドアベルによって留守宅と判断されるリスクを減らすことができるとのことだ。

まだ付属のカメラはHD画質な上にモーションセンサーとナイトビジョンを備えており、昼夜を問わずして誰が訪問してきたのかを確認することができる。映像はクラウド上に保存することもでき、複数人でシェアすることも可能だ。

motion-section-17d62be123975313bb428aaecb52a6f6

ユニークなのは、取り付けのためのDIYキットを付属したパッケージも設定されていることだろう。ドリルなどが完備されていて、自分で簡単に取り付けることが可能とのことだ。もちろん取り付けを説明する動画も公開されている。

専用アプリはiOSとAndroidどちらにも対応で、本体は4色展開。気になる価格だが、2015年12月15日までは通常より50ドル安い199ドルで購入可能となっている。

壁設置型のスマートホームの中枢システム「Wink Relay」がプレオーダー開始

SHARE:

「Wink Relay」は壁に設置されている照明スイッチから換装可能なホームオートメーションコントローラーだ。 今まではそれぞれのガジェットと専用のスマートフォンアプリでしか対応できなかっデバイスを接続して操作する物理的な中枢システムとも言える。Relayは接続されたスマートホームデバイスを全て同期し、例えば玄関の扉の鍵を閉めたり、ブラインドを下げたり、照明をつけたり、アラームを鳴らしたり、空調の…


20141013_relay01

Wink Relay」は壁に設置されている照明スイッチから換装可能なホームオートメーションコントローラーだ。

今まではそれぞれのガジェットと専用のスマートフォンアプリでしか対応できなかっデバイスを接続して操作する物理的な中枢システムとも言える。Relayは接続されたスマートホームデバイスを全て同期し、例えば玄関の扉の鍵を閉めたり、ブラインドを下げたり、照明をつけたり、アラームを鳴らしたり、空調の調整等を行ってくれる。

20141013_relay02

Relay自身には温度と湿度、音、近接センサーが搭載され、住環境を定期的にチェックし、人がRelayの近くに来たかどうかも近接センサーで感知するようになっている。

Relay自身はAndroid OSで動作しワンタッチで全てが操作できる。夜になれば家中の電気を消して鍵を閉めたりブラインドを閉じたりといったことが可能で、スマートホームデバイスが増えればその都度Relayに追加していけば良い。

20141013_relay03

ちなみにアメリカではWinkに対応したスマートホームデバイスが100以上売られている。

WinkはQuirkyから派生したアメリカのIoTソフトウェア企業で、現在米アマゾン等で299ドルでプレオーダー受付中だ。

自宅内をカメラやセンサーで監視できるスタイリッシュなスマートホームシステム「Withings Home」が間もなく発売

SHARE:

フランスのWithings社が、自宅内の環境変化を検知できる、監視カメラとセンサーが一体になったスマートホームデバイス「Withings Home」を発表、ベルリンで開催された見本市「IFA 2014」で注目を集めている。 外観は木目調でスタイリッシュ、監視カメラとして人目を引かずインテリアとしても違和感がない。動き全般と人の存在を検知も検知できるカメラでHD動画を撮影でき、クラウド上に保存した映…


20140915_withings01

フランスのWithings社が、自宅内の環境変化を検知できる、監視カメラとセンサーが一体になったスマートホームデバイス「Withings Home」を発表、ベルリンで開催された見本市「IFA 2014」で注目を集めている。

外観は木目調でスタイリッシュ、監視カメラとして人目を引かずインテリアとしても違和感がない。動き全般と人の存在を検知も検知できるカメラでHD動画を撮影でき、クラウド上に保存した映像を家の外からスマートフォン等で確認できる。カメラのスペックは、画角135度、4倍電子ズーム、暗視機能つきで、パン&チルト対応の5MP CMOS。

20140915_withings03

上部には音のセンサーを搭載し、特に赤ん坊の鳴き声の認識できるように作られていて、子供の見守りモニターとして最適化されている。環境センサーは気温・湿度、また揮発性有機化合物(VOC)を測定、通信機能に関しては、LAN、WiFi、さらにBluetoothにも対応する。

20140915_withings02

スマートフォンアプリは、センサーがなんらかの動きを検知すると通知がきたり、Homeカメラにアクセスし家の状況を随時確認することができる。Homeが検知した全ての活動は、日毎に「タイムライン」として保存されていく。

Withings社は、アップルが6月に開催した「WWDC 2014」で発表したスマートホーム規格「HomeKit」の開発パートナーとして紹介、今回のHomeもこの規格に対応している。価格はドイツでは190ユーロ程度(約2万6000円)で、Withings社のサイト、アマゾン、アップルストアなどで販売される。


家中のスマート家電のコントロールを1つのスマホアプリで可能にする「Revolv」

SHARE:

照明、エアコン、オーディオ、暖房等、家庭内の電化製品をアプリなどで自動制御する、いわゆるスマートホーム。この、スマートホームを1つのハブで簡単に実現する「revolv」というデバイスが登場している。 近年、スマートホームに対応する家電は続々と登場してきているが、利用する通信プロトコルもバラバラで整理されておらず、複数のアプリやハブを使うはめになるケースがある。 Revolvはこれを解決、1つのハブ…


Revolv
照明、エアコン、オーディオ、暖房等、家庭内の電化製品をアプリなどで自動制御する、いわゆるスマートホーム。この、スマートホームを1つのハブで簡単に実現する「revolv」というデバイスが登場している。

Revolv
近年、スマートホームに対応する家電は続々と登場してきているが、利用する通信プロトコルもバラバラで整理されておらず、複数のアプリやハブを使うはめになるケースがある。

Revolvはこれを解決、1つのハブとスマートフォンアプリ(iOS、Android対応)で、家中のすべてのスマート家電を制御することができるという。

Revolv
セットアップは簡単、専用のアプリをスマートフォンにインストールし、それをRevolvにかざす。光の点滅を使ったFlashLinkという方法で、スマートフォンに保存してある無線LANの情報がRevolv本体に伝達される。Revolvはその無線LANを自動でスキャンし、接続されているスマート家電を検出して登録してくれるというから、たしかに簡単だ。

セットアップ後は、接続したスマート家電は専用アプリ上からコントロールできる。
アプリを起動して各スマート家電を手動で操作することもできるし、位置情報や時間等をトリガーにしてアクションするように設定することができる。たとえば、外出先から家に帰ってきたら自動で照明をつけて暖房で部屋を暖める、のような具合だ。

この、Revolv、同社オンラインショップや、Amazon.comで購入することが可能。販売価格は、299ドルからとなっているが、発送は米国内のみに限られる。

水漏れを知らせてくれるスマートセンサー「Wally」

SHARE:

水道管から水が漏れる事態は頻繁に起こることでは無いが、一度水漏れしてしまうと家中水浸し、家具や家電等はもちろん、精神的なダメージも大きい。 そこで水漏れ修理が必要になった瞬間に知らせてくれるスマートデバイス「Wally」が役に立つかもしれない。 Wallyのパッケージには6つのセンサーが同梱され、キッチン、風呂場、トイレなど、家の中の水道がある箇所に設置することができる。センサーは湿度、部屋の温度…


20140825_wally01

水道管から水が漏れる事態は頻繁に起こることでは無いが、一度水漏れしてしまうと家中水浸し、家具や家電等はもちろん、精神的なダメージも大きい。

そこで水漏れ修理が必要になった瞬間に知らせてくれるスマートデバイス「Wally」が役に立つかもしれない。

Wallyのパッケージには6つのセンサーが同梱され、キッチン、風呂場、トイレなど、家の中の水道がある箇所に設置することができる。センサーは湿度、部屋の温度などを検知し、WiFiネットワークを介してデータを収集する。

20140825_wally02

Webインターフェースやスマートフォンのアプリから、各センサーの状況を常時確認することができ、何かあればすぐに知らせてくれるようになっている。

WalyHome きっとはアメリカで299ドル(約3万円)で発売され、センサー6つにセントラルハブが同梱されている。毎日使うものではないけれど、住まいの「万が一」の事態を予防するためのスマートホームシステムとして興味深い。