BRIDGE

タグ スマートロック

WiLとソニーがスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を設立、第一弾製品のクラウドファンディングもスタート

SHARE:

WiLとソニーが本日、スマートロック製品の開発・製造・販売及び、その運営サービスを提供する合弁会社設立の契約を締結した。出資比率は、WiLが60%、ソニーが40%。代表取締役にWiL General Partnerの西條 晋一氏が就任し、取締役にWiL CEO 伊佐山 元氏が就任する。新会社となる「Qrio」は今年12月中の設立を予定している。 スマートホームは海外でも盛り上がりを見せており、今後…

detail_494_1418170441

WiLソニーが本日、スマートロック製品の開発・製造・販売及び、その運営サービスを提供する合弁会社設立の契約を締結した。出資比率は、WiLが60%、ソニーが40%。代表取締役にWiL General Partnerの西條 晋一氏が就任し、取締役にWiL CEO 伊佐山 元氏が就任する。新会社となる「Qrio」は今年12月中の設立を予定している。

スマートホームは海外でも盛り上がりを見せており、今後市場の拡大が予測される領域。Qrioはソニーが保有する無線セキュリティ技術、公開鍵認証技術などを活かしたスマートロックを開発、製造し、来年度より、個人と法人に向けて販売開始する予定だという。

クラウドファンディングもスタート

この発表に合わせ、Qrioの第一弾プロダクトを展開するプロジェクト「世界最小!スマートロック『Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)』で世界中の鍵をスマートに」がスタートしている。

Qrio Smart Lock

「Qrio Smart Lock」は、既存の錠をスマートロック化するIoTプロダクト。このプロダクトはスマートフォンを使ってドアロックを解錠・施錠できるだけでなく、「LINE」や「Facebook」などのメッセージ機能を使って、家族や友人に鍵をシェアすることができるという。この機能では来てほしい人に、来てほしい時間だけ鍵をシェアできるようだ。

detail_494_1418212681

アルミを基調としたデザインとなっており、ドライバーなどの工具を使うことなく、付属の両面テープだけで簡単に取り付けが可能。このクラウドファンディングを支援することで、一般販売開始前に特別価格で「Qrio Smart Lock」を入手することができる。



ソニーといえば、先日クラウドファンディングを成功させた電子ペーパーを活用した腕時計「FES Watch」を仕掛けていたことでも話題となった。ソニーがモノづくりの会社として新しい動きを始めている。この動きに期待感を抱くのは筆者だけではないはずだ。

<関連記事>

----------[AD]----------

Bluetooth接続で解錠できるスマートな南京錠「Noke」

SHARE:

自転車の鍵をなくしてしまって困った思いをしたことがある人は多いだろう。この問題を解決するために、ユタ州を拠点にしている会社 FŪZ Designs は、BluetoothでiOS端末か、Android端末と接続し解錠することができるタイプの南京錠「Noke」を開発した。 「Noke」はKickstarterで資金調達を実施している。目標金額の10万ドルに対して、すでに3倍以上の約36万ドルの資金が…


noke-slide1

自転車の鍵をなくしてしまって困った思いをしたことがある人は多いだろう。この問題を解決するために、ユタ州を拠点にしている会社 FŪZ Designs は、BluetoothでiOS端末か、Android端末と接続し解錠することができるタイプの南京錠「Noke」を開発した。

「Noke」はKickstarterで資金調達を実施している。目標金額の10万ドルに対して、すでに3倍以上の約36万ドルの資金が集まっている。これだけでもこのプロダクトへの期待と、プロダクトが解決してくれる課題のニーズの高さが伺える。

noke-slide2

ユーザはまずアプリをスマートフォンにダウンロードする。すると「Noke」の端末を見つけ、Bluetoothで接続される。一度接続させれば、「Noke」に近づいたときにポケットからスマートフォンを取り出すことなく解錠可能になる。

スマホアプリ上から「Noke」に関するいくつかの設定も可能だ。解錠される距離だったり、「Noke」の鍵が空いているときにプッシュ通知されるようにできたり、自分以外にも解錠できるユーザの設定などができる。

391daed545df2d1b2adbb79ea6faed4b_large

「Noke」は防水性となっており、バッテリーも普通に使えば1年は持つという。

quick-click-access

万が一、スマホのバッテリーが切れてしまっていたり、持たずにいたとしても解錠できる。FŪZ Designsが現在特許出願中の技術に、「Quick-Click technology」というものがある。これはユーザが自分でアクセスコードをカスタマイズできるという仕組みだ。

アクセスコードを入力する様子

Quick-Click technologyでは、長いタップと短いタップを組み合わせて、解錠のためのコードを設定することができる。スマホが使えない状態でもこのコードを入力することで解錠できるという。

「Noke」の出荷は2015年2月を予定している。

----------[AD]----------

ヒルトンホテル、2016年までにスマートフォンをルームキーとして使えるようにすると発表

SHARE:

米ホテル大手のHilton Worldwideは、2016年までに利用客が自身のスマートフォンをホテルのルームキーとして利用できるようにする、と発表している。 スマートフォンをルームキーとして利用できるホテル自体は、ヒルトンホテルが初めてではない。例えば、日本の「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」ではNFC搭載のAndroid端末をルームキーとして利用できる。 しかし、Hilton…


ヒルトンホテル、2016年までにスマートフォンをルームキーとして使えるようにすると発表

米ホテル大手のHilton Worldwideは、2016年までに利用客が自身のスマートフォンをホテルのルームキーとして利用できるようにする、と発表している。

スマートフォンをルームキーとして利用できるホテル自体は、ヒルトンホテルが初めてではない。例えば、日本の「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」ではNFC搭載のAndroid端末をルームキーとして利用できる。

しかし、Hilton Worldwideの計画では、世界90カ国以上で4,000軒以上ある同グループのホテルほぼすべてに2016年までにこのシステムを導入するというので、規模が桁違いのプロジェクトだ。合わせて、チェックイン・チェックアウトもスマートフォンからできるようになるというので、利用者はホテルにつくなり、フロントに寄らず部屋に直行できるようになる。

ただし、現時点ではスマートフォンをルームキーにする、このシステム自体の詳細は公表されておらず、NFCを使ったものなのか、アプリなのか、それともほかの方法なのかといった点ははっきりしていない。将来的には、脈拍で個人認証を行うリストバンド「Nymi」のような技術も、ホテルのドアの開錠に使われるようになる可能性もある。

ルームキーを部屋の中に置いたまま部屋を出て入れなくなる、という失敗談は時々耳にするが、普段持ち歩くスマートフォンがキーとなることで、そういう話も減るのかもしれない。

----------[AD]----------

スマートフォンで世界のどこからでも鍵が操作できる「Genie Smart Lock」

SHARE:

自宅やオフィス、ホテルの鍵もインターネットに繋がってスマートフォンで操作する時代。「Genie Smart Lock」は、Wi-Fi、またはBluetoothでペアリングしたスマートフォンが鍵になるスマートロックシステムだ。 Bluetoothキーを共有することで家族みんなで使うことができ、入退出の記録も残りいつ誰が解錠したか分かるようになっているため、セキュリティ面でも頼もしい。またドアに近づく…


20140810_genie01

自宅やオフィス、ホテルの鍵もインターネットに繋がってスマートフォンで操作する時代。「Genie Smart Lock」は、Wi-Fi、またはBluetoothでペアリングしたスマートフォンが鍵になるスマートロックシステムだ。

Bluetoothキーを共有することで家族みんなで使うことができ、入退出の記録も残りいつ誰が解錠したか分かるようになっているため、セキュリティ面でも頼もしい。またドアに近づくと自動で解錠するという便利な機能も備わっている。

20140810_genie02

また「Genie Smart Lock」の特長は、バッテリーの持ちの良さ。Bluetooth Low Energyで最大12か月充電不要なのは画期的で、これまでの似たようなスマートロックシステムはバッテリーが平均1ヶ月程度しか持たないものが多かった。

20140810_genie03

さらに万が一バッテリーが切れた時やスマートフォンを紛失した時、また何らかの不具合で機械的に鍵が開かなくなった時に備え、普通の物理鍵も用意されている。

自宅の鍵はもちろん、入退室が管理できるオフィスの鍵としてはもちろん、Airbnbのようなサービスが普及するにあたって、部屋のオーナーと部屋を借りるユーザーのスマートな鍵の受け渡しにも役立ちそうだ。

20140810_genie04

Genie Smart Lockは現在プレオーダ受付中で、価格は249ドル(約2万5,000円)。こうしたスマートロックの仕組みはこれから普及していくだろう。

----------[AD]----------

IoTは「サービスのモノ化」と考えたほうがわかりやすい

SHARE:

ハードウェアベンチャーの盛り上がりとともに「IoT(=Internet of things)」という単語が流行っています。毎日聞くね!とまではいきませんが、3日に一度はニュースサイトなどで見るね!程度は流行っています。そんなIoTですが、「モノのインターネット」と翻訳されているようです。「インターネットにつながるハードウェア」といったところでしょうか。 IoT系ハードウェアの代表例としてはNest…


Home___Nest

ハードウェアベンチャーの盛り上がりとともに「IoT(=Internet of things)」という単語が流行っています。毎日聞くね!とまではいきませんが、3日に一度はニュースサイトなどで見るね!程度は流行っています。そんなIoTですが、「モノのインターネット」と翻訳されているようです。「インターネットにつながるハードウェア」といったところでしょうか。

IoT系ハードウェアの代表例としてはNestfitbitが挙げられることが多いです。これらはサービスとハードウェアを組み合わせた素晴らしい製品だと思います。

一方で「これってとりあえず家電をスマホに繋いだだけじゃ…」と感じる製品もあります。「良いIoT製品」と「変なIoT製品」の違いはどこにあるのでしょう。以前、FBでそういったことをポストしたところ、「『モノのインターネット』と捉えるより『サービスがモノの形を取る』と捉えたほうが良いのでは?」という指摘をいただきました。この視点は素晴らしいと思います。

IoT系の製品をいざ自分が作ろうと考えた時、「インターネットにつながるハードウェアを作ろう」と考えるのではなく「サービスのモノ化」という視点で考え、「このサービスを提供するためにどうすればいいか?ハードウェアを絡めれば解決できるのか?」という所から製品作りをスタートするとうまくいくかもしれません。

スマートロックが提供するサービス

「サービスのモノ化」の例としてスマートロックを挙げます。スマートロックはWebサービスとハードウェアを組み合わせた例として特に注目されている分野です。スタートアップを含む様々な企業がすでに製品を販売しています。

玄関に取り付けた鍵を無線でスマートフォンから解錠できる、というのが基本的な機能。解錠した人の顔を撮影して家主にメール送信する、といった機能を持つものもあります。

そして彼らは単に「玄関の鍵をネットに繋いだからスマホから鍵を開けられるよね、いつでも自分の家の施錠状態をスマホで確認できるよね」という以上のサービスを描いています。

例えばAugustが販売しているスマートロック「Goji Smart Lock」は、指定のユーザーのスマートフォンに鍵を開けるための電子キーを送ることができます。電子キーを送られたユーザーはそのスマートフォンをGojiに近づけるだけで鍵を開けることができます。ここまではよくあるスマートロック。

Gojiは製品のプロモーションビデオの中で、ユーザーが家にいない間に親戚や家政婦、家を貸す旅行者に電子キーを送り、家の中に入れるようにする利用シーンを紹介しています。
恐らくこの機能は自分の家を旅行者にレンタルできるサービス「Airbnb」を意識したものででしょう。

Airbnbの課題の一つに、家の鍵の受け渡しの煩雑さがありました。家の鍵を自分の家のポストに入れ、部屋を貸す相手に鍵の在処を教えるというのは安全面から考えて少し気が引けます。Gojiなら部屋を貸す相手だけに電子キーをインターネット越しに送ることができるので、別の人に鍵が渡る心配はありません。そしてレンタルが終わればその電子キーを使えなくすればいいので、貸した鍵を元に合鍵を作られる心配もありません。

Gojiを「家というリソースをシェアしやすくするよう、鍵の受け渡しをサポートするサービス(をハードウェアにしたもの)」と考えると、Gojiが鍵の形状をとっているのも納得できますし、Gojiから単なる「インターネットにつながった鍵」というもの以上の潜在能力を感じることができると思います。

生き残る製品

実際にGojiを開発したチームが「サービスのモノ化」という視点で製品を開発したかどうかはわかりませんが、Gojiの機能は「鍵の受け渡しを簡単にするサービスを作る」という発想の延長線上にあると言えます。単に「鍵をインターネットにつなごう」という所から開発していたらその機能に辿り着くまでに時間がかかる、もしくは辿り着かない可能性もあります。

一見どれも同じような機能を持つ製品が並ぶスマートロック業界も、生き残るのはユーザーに受け入れられるサービスを思い描き、それを適切な形でハードウェア製品に落とし込めるチームだけでしょう。スマートロック以外の分野、空調やフィットネス、健康関連も同様です。今は目新しさ重視で多くの企業がWeb+ハードウェアの製品を発表していますが、良いサービスを適切な形で提供できるチームだけが生き残るでしょう。

Gojiのスマートロックが人々に受け入れられる大ヒット製品になるかも今はわかりませんが、全ては「ユーザーが受け入れられるサービスを提供しているか」「そのサービスを提供する最適な形で実装しているか」にかかっているのです。

「サービスのモノ化」で捉えることがおすすめ

IoT系のハードウェアビジネスを作る、分析する上で「ハードウェアをインターネットにつないで何かやろう」という発想では限界があります。「こういうサービスを提供したい!しかしどうやらハードウェアを作る必要がありそうだ、しょうがない作るか」というくらいで丁度いいと思います。

もちろん「俺が思い描くサービスを実現するのに実はハードウェアを作る必要は無かった!iPhoneアプリで十分だった!」という結論に至る場合もあるかもしれません。が、それは余計なハードウェアを作らずとも素晴らしいサービスを提供できるという点で重要な気づきです。ハードウェアはあくまで提供したいサービスをユーザーに使ってもらうためのチャンネルのうちの一つでしかありません。

IoT系の製品紹介を見た際には「彼らはどんなサービスを提供しようとしてハードウェア作ったんだ?」と考えながら見たほうがその製品の新たな活用法が思い描けて面白いです。IoT系の製品を作る際には「我々はどんなサービスを提供したくてハードウェアを作ろうとしているんだっけ?」と考えながら作ったほうがより適切な仕様の製品を設計でき、結果として商売の生き残り確率が上がります。

IoTという単語を見た時は「ネットにつないだハードウェア」ではなく「サービスのモノ化」と捉えることをおすすめします。

----------[AD]----------

スマートロック「Lockitron」が語る、ハードウェアの困難と経験

SHARE:

<ピックアップ> Hardware Case Study: Why Lockitron Has Taken So Long To Ship IoTとハードウェアって同じではないのですが関係性は深く、今後、多くのスタートアップが関わることになるだろう、ということで関連知識は深めておいて損はありません。特に「Kickstarter-Crunch」と呼ばれる「お金集めて作るっていったのにでき…


Lockitron_-_Keyless_entry_using_your_phone

<ピックアップ> Hardware Case Study: Why Lockitron Has Taken So Long To Ship

IoTとハードウェアって同じではないのですが関係性は深く、今後、多くのスタートアップが関わることになるだろう、ということで関連知識は深めておいて損はありません。特に「Kickstarter-Crunch」と呼ばれる「お金集めて作るっていったのにできないじゃないか!詐欺だ!金返せ!」というトラブル案件、つまりどこに失敗が隠れているかという情報は、学ぶべきポイントを絞ってくれるので重要です。

<参考> Twine事件
2011年11月に出品されたインターネット通信インターフェース「Twine」は温度計やスイッチなどいくつかのセンサーを接続することで、インターネットへの通信を可能にし、センサーが受け取った情報をメールやTwitterに流す、というデバイス。出品当初、3万5000ドルで200個出荷の予定を立てましたが、予想以上の予約が集まり約6週間で55万ドル分、4000個の注文を受け付けてしまいます。結果として翌年3月に出荷予定だったのは9月頃にずれ込むことに。

TCのケーススタディはまさしくそのKickstarter-Crunchがなぜ発生したかを教えてくれています。Lockitronはスマートキーロック(ネット接続型のドアキー)で、kickstarterで2012年の終わりに230万ドルを集める(ちなみに彼らはkickstarterは使わず、自社のサイトで独自にクラウドファンディングという手法を取っています)ことに成功しました。

で、ここまではよくあるクラウドファンディングサクセスストーリーですが、やはりあるあるで、当初1000個の生産予定だったものに対して15000個も注文を受けてしまったのですね。結果、発送は大きく遅れることになります。現在、出荷されているのは3000個ほどだそうです。

寄稿記事をざっと斜め読みしてみると、当初計画してたよりも材料費がかさんで生産地を変更した経緯、各パーツの手配にかかった苦労、基盤設計の見直し、生産ラインの構築、βテストのクリア、バッテリ等の課題に対して既に出荷した客へのファームアップデートなどなど。少々専門的な文言で少し読みづらい箇所もありますが、各所ににじみ出る苦労の痕が窺い知れます。

ちなみに国内のIoT系を牽引するCerevoもやはり初期プロダクトリリース時には塗装や内部の設計でいろいろ苦労を経験して、それを蓄積したという話を聞いたことがあります。創業メンバーが実はハード作ったことなく、下請けに丸投げしてたんですが彼らの言葉が理解できてませんでしたとかそういうトラブルも聞きますが、それも含めてソフト以上にフィジカルな経験値がものをいうカテゴリなのかもしれません。

via TechCrunch 【G翻訳】

----------[AD]----------

スマートフォンで解錠できる自転車向け多機能シャックル錠「Skylock」

SHARE:

自転車愛好家にとって、自転車から離れている時、つまり鍵をかけている間は不安な時間だろう。自転車のパーツまたは自転車そのものが盗難されていたりなど、愛用の自転車に今なにが起きているかを知ることができない。 しかしVelo Labsが開発した多機能シャックル錠「Skylock」を利用すれば、その不安も少しは解消するかもしれない。 「Skylock」が提供する主な機能のひとつは、当然ながら鍵に関するもの…


Skylock

自転車愛好家にとって、自転車から離れている時、つまり鍵をかけている間は不安な時間だろう。自転車のパーツまたは自転車そのものが盗難されていたりなど、愛用の自転車に今なにが起きているかを知ることができない。

しかしVelo Labsが開発した多機能シャックル錠「Skylock」を利用すれば、その不安も少しは解消するかもしれない。

「Skylock」が提供する主な機能のひとつは、当然ながら鍵に関するものだ。SkylockとBluetoothでペアリングしたスマートフォンにアプリをインストールし、解除ボタンを押すことで、自動車のキーレスエントリーのようにロックを解除することができる。

また、Bluetoothの電波強度を利用し、スマートフォンと鍵との距離に応じた自動解錠・施錠も可能なほか、スマートフォンを介さずに、鍵本体のタッチパッドを操作して解錠することも可能。スマートフォンまたはSkylockそのものの電池切れを気にする必要は無いだろう。

Skylock

施錠中にSkylockが振動を感知した場合、Wi-FiもしくはBluetoothを通じて、アプリへ警告を飛ばすこともできるため、いたずら防止としても活用することができそうだ。

こうなると、本体の電池が心配になるが、Bluetoothは4.0(Bluetooth Low Energy)を採用、通信時の低消費電力性を高めているほか、ソーラーパネルによる充電が可能なバッテリーを内蔵しており、日光下で5時間かけての満充電状態であれば、1カ月ほど電池がもつ。1時間程度の直射日光であっても、通常利用で1週間ほどは電池がもつようで、日光下に出るのは朝の通勤時だけ……、というケースでも十分に利用可能なようだ。

バッテリーが低下すると自動的にスタンバイモードに移行し、そこから完全放電まで250日ほどは猶予があるとのことで、8カ月程度は放置していても大丈夫な計算となる。

Skylockが提供する機能としてもっとも重要なのが「Crash Alerts」と呼ばれる事故通報機能だろう。これは鍵とスマートフォン両方が衝撃を検知し、一定時間以内にスマートフォンが操作されなかった場合、アプリが事前に設定した連絡先へと通知を行う仕組みだ。単独事故を起こしてしまい、意識がもうろうとしているといった場合に活用されそうである。

最後に、もっともユニークな機能として提供されているのが、自転車の貸し借り機能だろう。専用アプリをインストールしている者に対して自由に鍵の解錠権を与えることができるため、一時的に貸したいといった要望にも簡単に答えることができる。会社の自転車を社員で共有するような仕組みにも使えそうだ。

Skylock

このように大変便利で先進的な鍵ではあるが、鍵自体にはGPSや通信の機能などを備えていないため、通知や通報機能に関してはスマートフォンのGPS設定や通信状態に左右されることに注意したい。同様にして、Skylockごと持ち去られた場合には対処のしようがないため、あくまで「持ち去られないこと」や「スマートフォンの電波もしくはWi-Fiのある場所」において強力な効果を発揮すると理解した方がよさそうだ。

このSkylock、発売は2015年の早期を目指しており、現在は先行販売価格159ドルにて予約を受付中。通常販売では249ドルが予定されているため、100ドルほど安く入手できる計算だ。もちろん海外への発送も可能とのことで、次世代のシャックル錠に貴興味があれば、ぜひアクセスしてみて欲しい。

----------[AD]----------