BRIDGE

タグ セキュリティ

家中のドアや窓をスマートフォンで監視できるホームセキュリティシステム「Korner」

SHARE:

「Korner」というプロジェクトが、クラウドファウンディングのIndieGogoにて出資を募っている。4月下旬よりスタートしたが、早々に目標の15万ドル以上を達成した。 Kornerは、ルータ用のFOB型ドングル(ethernetで接続)と、ドアや窓に貼付けるタグから成るシンプルなホームセキュリティシステムだ。侵入を検知すると、専用アプリをインストールしたスマートフォンにアラートが通知され、警察…


korner
「Korner」というプロジェクトが、クラウドファウンディングのIndieGogoにて出資を募っている。4月下旬よりスタートしたが、早々に目標の15万ドル以上を達成した。

korner
Kornerは、ルータ用のFOB型ドングル(ethernetで接続)と、ドアや窓に貼付けるタグから成るシンプルなホームセキュリティシステムだ。侵入を検知すると、専用アプリをインストールしたスマートフォンにアラートが通知され、警察へ通報したり、あらかじめ登録しておいた家族や知人の連絡先に知らせることもできる。

監視開始や解除の操作は、外出先からスマートフォンのアプリ(iOS/Android)で行える。日々の仕事の時間などに合わせて、あらかじめ監視する時間帯をセットしておくこともできる。

同製品の特長は、必要なタグが1つでよいという点と、100ドル以下という安価な価格だ。

タグを用いた従来のホームセキュリティ製品は、ドアの開け閉めの感知には2つのタグが必要であった。

korner
Kornerは窓やドア1つにつき、約3cm四方、厚さ6mmの小型のタグ1つでよい。その名の通り、ドアのコーナーに張り付ける。設置したドングル1つにつき、15タグ以上を制御することができる。

タグはボタン電池(CR2032)で3年間動作するように設計され、バッテリーの交換が必要な場合にはアプリが通知してくれるという。

もう一つの特長が、100ドル以下という低価格である。基本的な機能のみにしぼり、100ドル以下という低価格のホームセキュリティの実現を目指す。

通常販売価格は、59ドル+年会費39ドルを予定しているそうだが、今回のindigogoでのキャンペーンでは、100ドル以下、年会費永久無料となっており、99ドル以上の支援で手に入れることができる(すでに先着100名の89ドルの枠は終了)。

発送時期は2014年12月が予定されており、プロジェクトの支援期間は6月6日(現地時間)まで。

----------[AD]----------