BRIDGE

タグ センサー

センサータグ型、IoTアプリケーション向け開発キット「WICED Sense」

SHARE:

米Broadcom社は2014年9月5日、IoTアプリケーション向け開発キット「Broadcom WICED Sense」を発表した。 同製品はプラスチックでできたタグ型のケースで、5種類の低消費電力のMEMSセンサー(温度、湿度、気圧、方向、速度)やBluetooth 4.1 対応のソフトウェアスタックが搭載されている。 これと連携させるスマートフォンに、専用のアプリをダウンロードすれば、すぐに…


WICED SENSE
米Broadcom社は2014年9月5日、IoTアプリケーション向け開発キット「Broadcom WICED Sense」を発表した。

同製品はプラスチックでできたタグ型のケースで、5種類の低消費電力のMEMSセンサー(温度、湿度、気圧、方向、速度)やBluetooth 4.1 対応のソフトウェアスタックが搭載されている。

これと連携させるスマートフォンに、専用のアプリをダウンロードすれば、すぐに開発・テストをはじめることができる。開発者はアイデアやコンセプトから、素早くプロトタイプを作成できるようになるというわけだ。

WICED SENSE

例えば、タグを設置した子供の寝室の室温が設定温度より高くなった場合にスマートフォンに通知されるようにしたり、タグを首輪に付けたペットがあらかじめ設定した境界を越えた場合にスマートフォンにアラートを出すペット用セキュリティデバイスを設計したりできる。

1種類のセンサー使った単純なものから、複数のセンサーをつかった高度なプログラムまで、さまざまな場面で使用することができるそうだ。

同製品は、現在、Broadcomの販売パートナーを通じて19.99ドルで販売されている。また、連携させるスマートフォンアプリについては、iOS版がAppStoreからダウンロード可能、Android版は2014年10月中にGooglePlayからダウンロード可能となる予定だという。

水漏れを知らせてくれるスマートセンサー「Wally」

SHARE:

水道管から水が漏れる事態は頻繁に起こることでは無いが、一度水漏れしてしまうと家中水浸し、家具や家電等はもちろん、精神的なダメージも大きい。 そこで水漏れ修理が必要になった瞬間に知らせてくれるスマートデバイス「Wally」が役に立つかもしれない。 Wallyのパッケージには6つのセンサーが同梱され、キッチン、風呂場、トイレなど、家の中の水道がある箇所に設置することができる。センサーは湿度、部屋の温度…


20140825_wally01

水道管から水が漏れる事態は頻繁に起こることでは無いが、一度水漏れしてしまうと家中水浸し、家具や家電等はもちろん、精神的なダメージも大きい。

そこで水漏れ修理が必要になった瞬間に知らせてくれるスマートデバイス「Wally」が役に立つかもしれない。

Wallyのパッケージには6つのセンサーが同梱され、キッチン、風呂場、トイレなど、家の中の水道がある箇所に設置することができる。センサーは湿度、部屋の温度などを検知し、WiFiネットワークを介してデータを収集する。

20140825_wally02

Webインターフェースやスマートフォンのアプリから、各センサーの状況を常時確認することができ、何かあればすぐに知らせてくれるようになっている。

WalyHome きっとはアメリカで299ドル(約3万円)で発売され、センサー6つにセントラルハブが同梱されている。毎日使うものではないけれど、住まいの「万が一」の事態を予防するためのスマートホームシステムとして興味深い。