BRIDGE

タグ タイミー

ワークシェア「タイミー」20億円調達、開始約1年で3000箇所へ利用拡大

SHARE:

空き時間を使ってすぐに働くことができるワークシェア「タイミー」は10月31日、第三者割当増資による資金調達を公表した。調達した資金は20億円で企業評価額や払込の日程などの詳細は非公開。 引受先となったのはジャフコ、ミクシィ、SBIインベストメント、プロロジス、KIDS HOLDINGS、WDI、ネクシィーズグループ、ひだしんイノベーションパートナーズ、SBSホールディングス、JR東日本スタートアッ…

taimee_001.png

空き時間を使ってすぐに働くことができるワークシェア「タイミー」は10月31日、第三者割当増資による資金調達を公表した。調達した資金は20億円で企業評価額や払込の日程などの詳細は非公開。

引受先となったのはジャフコ、ミクシィ、SBIインベストメント、プロロジス、KIDS HOLDINGS、WDI、ネクシィーズグループ、ひだしんイノベーションパートナーズ、SBSホールディングス、JR東日本スタートアップ、The CFO Consulting、GOSSO、トランジットジェネラルオフィス、IMM Investment Group Japanの14社。これに氏名非公開の個人投資家も加わっている。調達した資金はマーケティング、採用に使われる。

タイミーの公開は2018年8月。飲食店を中心に人手不足が問題化する中、公開1カ月半で利用企業100社、働き手となるワーカーの利用者数7000人を突破。その後も利用企業、ワーカー共に数字を伸ばし、現在は3000の店舗や企業が利用している。アプリのダウンロード数は20万件に到達した。利用できるエリアは首都圏と関西、福岡のエリア。

screencapture-taimee-co-jp-taimeeworker-2019-10-31-10_35_27.png

創業したタイミー代表取締役の小川嶺氏は22歳。高校の時からインターンをはじめ、慶応のビジネスコンテストで優勝したことをきっかけにファッションの会社を設立。この事業は1年ほど運営してピポットし、2019年3月にタイミーを新たに設立している。

----------[AD]----------

「旅をしながら働く世界」を当たり前にーーワークシェアのタイミーが新サービス「ただ旅」のベータ版公開

SHARE:

ワークシェアサービス「タイミー」を運営するタイミーが旅行業界へ進出だ。同社は23日、地方の労働力不足解消を目的に、新サービス「ただ旅」のβ版を公開した。 ただ旅は人手不足の観光地とそこに旅行したいユーザーをマッチングするプロジェクト。2泊3日から4泊5日の期間で提供され、ユーザーは様々な地域へ無料で旅に出ることが出来る。現在はテスト的な運用で、案件により特典の違いがある。 「旅をしながら働く世界」…

main

ワークシェアサービス「タイミー」を運営するタイミーが旅行業界へ進出だ。同社は23日、地方の労働力不足解消を目的に、新サービス「ただ旅」のβ版を公開した。

ただ旅は人手不足の観光地とそこに旅行したいユーザーをマッチングするプロジェクト。2泊3日から4泊5日の期間で提供され、ユーザーは様々な地域へ無料で旅に出ることが出来る。現在はテスト的な運用で、案件により特典の違いがある。

旅をしながら働く世界」がコンセプトの同サービスは、まずゴールデンウイークにかけてβ版を試験的に公開し、今年8月にアプリの正式リリースを迎える予定。

地方の「労働力不足」という地方における社会課題に対して「旅」をソリューションとして用いる同社。なぜ次の領域として旅行業界がそもそも浮かび上がったのだろう。タイミー代表取締役の小川嶺氏はこう語る。

一番初めにこのサービス形態を思いついたのは、「タイミー」を東京で立ち上げた際に、大阪から東京までバイトをしに来られているユーザーさんがいたことがきっかけでした。そこから『旅をしながら働く世界を作りたい』というユーザー目線のアイデアをくみ取り、上手く社会課題と絡めることが出来ないかと考えた結果、ただ旅のコンセプトを思いついたんです(小川氏)。

実際に運用しているサービスからユーザー需要を見つけ、さらに「地方の労働力不足」という社会課題を上手くマッチングさせることに可能性を見出した、ということだ。続けて同氏は「単発バイトのノウハウを活かして大阪や福岡、最終的には世界を旅しながら働けるサービスを目指していきたい」と話す。

今後は自治体と協力をしつつ「地方誘致」と「人手不足解決」という二つを大きな目標として活動していく。また、同社プレスリリースによれば、既に10を超える地方クライアントとの話し合いも進んでいる。今回、ゴールデンウイーク中に提供される”旅先”は「ホテルマウント志賀」と「志賀高原ホテル一望閣」の2つだ。

ホテルマウント志賀には、合計1名のみの募集、志賀高原ホテル一望閣には合計2名が募集されている。業務内容は、食堂でのホール配膳や室内の清掃やベットメイキングなどだが業務時間以外は普段の旅のように自由に過ごすことが可能。

もちろん「タイミー」という別事業を持ちつつの挑戦ではあるが、日本におけるトラベルスタートアップの一員として市場感をどう捉えているかを聞いた。

旅行系のテックサービスはじゃらんや楽天トラベルが圧倒的な売り上げを誇っていますが、これを築きあげるまでにかかった営業力やコストなどから考えると、中々スタートアップが気軽に参入できる市場ではないなと考えています。だからこそ、ただ旅は全く違う切り口から旅行市場に入り込んでいけたらと思っています(小川)。

「タイミー」本体事業自体も7月に大阪・京都、8月には福岡進出を予定するという同社。本事業の拡大と共に、地方×旅の組み合わせから繰り出される「ただ旅」とのシナジーに注目したい。

----------[AD]----------

今日の空き時間で働けるワークシェアアプリ「タイミー」が総額3億円の資金調達、ワーカー側アプリは3.5万ダウンロードに

SHARE:

働きたい時間を持つ人と仕事して欲しい人を繋ぐワークシェアアプリ「タイミー」は1月10日、シリーズAラウンドにて総額3億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先となったのは、サイバーエージェント、オリエントコーポレーション、セブン銀行、西武しんきんキャピタルおよび個人投資家の串カツ田中ホールディングス代表取締役の貫啓二氏、SHIFT代表取締役の丹下大氏。株式比率や払込日は非公開だ。 2018年8…

スクリーンショット 2019-01-10 10.49.07.png
写真中央が同社代表取締役の小川嶺氏/同社提供

働きたい時間を持つ人と仕事して欲しい人を繋ぐワークシェアアプリ「タイミー」は1月10日、シリーズAラウンドにて総額3億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先となったのは、サイバーエージェント、オリエントコーポレーション、セブン銀行、西武しんきんキャピタルおよび個人投資家の串カツ田中ホールディングス代表取締役の貫啓二氏、SHIFT代表取締役の丹下大氏。株式比率や払込日は非公開だ。

2018年8月にローンチされたタイミーは、空き時間で働きたい人と手を貸して欲しい事業者をマッチングするワークシェアアプリ。メインの働き手は大学生で2年生と3年生で、飲食店でのホールや接客が全体の8割、事務作業、イベント運営スタッフが2割程度で仕事がシェアされている。

1日30件から40件程度の仕事がマッチングしており、平均の稼働は4、5時間といったケースが多いそうだ。ワーカーの時給は1000円から12000円程度が多く、ユーザーは月2万円から3万円程度を空き時間で稼いでいる。

現時点での展開地域は東京23区と横浜、大宮などの首都圏近郊。公開1カ月半で100社、現時点では累計店数400店舗へ導入されている。事業者側の手数料は30%だ。アプリは3.5万ダウンロードを超えた。アプリの主な流入経路はTwitterや口コミ、テレビなどのメディアから登録するケースが多い。

今回の調達資金は、登録事業者の拡大やワーカー増加のためのマーケティングやプロモーションに充当する予定だ。

SMR_0833
タイミーの本郷オフィス、小川氏は立教大学に在学中の大学生でもある

同社は2018年4月にシードラウンド、2018年8月にプレシリーズAラウンド、今回12月にシリーズAラウンドと4カ月ごとに3回の資金調達を実施している。今回のラウンドには1月7日の活動再開発表が記憶に新しい藤田ファンドも参画しており、出資について小川氏は「ポスト・マネー・バリュエーションは13億円」と話してくれた。

今後は事業者向けアプリを1月下旬にローンチし、2018年4月からは福岡、東京、大阪、広島などへの展開も検討している。小川氏は「ワークシェアだけでなく、ワークシェアの中で培った信用度のスコアリングにも注力していきたい」と話していた。

----------[AD]----------

ワークシェアアプリ「タイミー」公開1カ月半で導入100社突破、ユーザーは7000人にーー飲食店の利用が進む

SHARE:

ワークシェアアプリ「タイミー」は10月1日、アプリ公開から1カ月半での導入100社、利用者数7000人の実績を公表した。タイミーは働きたい人と人手が必要な事業者をマッチングするサービスで、今年8月にiOS版アプリを提供開始している。 オフィスワークやイベントスタッフ、仕分けなど幅広いジャンルの企業が利用しているが、特に飲食店については個人経営の店舗から大手チェーンなどの活用が目立ち、全導入社数の7…

taimee

ワークシェアアプリ「タイミー」は10月1日、アプリ公開から1カ月半での導入100社、利用者数7000人の実績を公表した。タイミーは働きたい人と人手が必要な事業者をマッチングするサービスで、今年8月にiOS版アプリを提供開始している。

オフィスワークやイベントスタッフ、仕分けなど幅広いジャンルの企業が利用しているが、特に飲食店については個人経営の店舗から大手チェーンなどの活用が目立ち、全導入社数の7割を占めるに至っている。オフィスワークについては「1日インターン」のように、学生に会社を知ってもらう利用方法もみられた。同社では渋谷区でのサービスの検証を終え、今後、都内23区への展開を進める。

via PR TIMES

----------[AD]----------