THE BRIDGE

タグ タスカジ

サービス開始1年半で会員数4,000名超、家事代行マッチング「タスカジ」がみずほキャピタル等から資金調達

SHARE:

2016年3月にサービス開始から約1年半を迎えた家事代行のマッチングプラットフォーム「タスカジ」。家事のお仕事をしたい個人と、家事をお願いしたい個人とを繋ぎます。1時間1,500円〜という業界最安値の価格帯もあって、2015年12月にはマッチング件数が前年同期間比で約10倍と順調に。今年3月には、予約累計件数が1万件を突破しました。 そんなタスカジを運営するブランニュウスタイルが、第三者割当増資を…

Tasukaji-number-of-users-201604

2016年3月にサービス開始から約1年半を迎えた家事代行のマッチングプラットフォーム「タスカジ」。家事のお仕事をしたい個人と、家事をお願いしたい個人とを繋ぎます。1時間1,500円〜という業界最安値の価格帯もあって、2015年12月にはマッチング件数が前年同期間比で約10倍と順調に。今年3月には、予約累計件数が1万件を突破しました。

そんなタスカジを運営するブランニュウスタイルが、第三者割当増資を実施したことを発表しました。調達先は、みずほキャピタル・三菱 UFJ キャピタル・大和企業投資、また個人投資家では渡瀬ひろみ氏とそのほか1名が参画。ブライダル情報誌「ゼクシィ」の生みの親として知られる渡瀬ひろみ氏は、今回タスカジの顧問に就任しています。

タスカジは、「日経 DUAL」の「利用したことがある家事代行サービスランキング」で業界大手の「ベアーズ」「ダスキン」に次いで第 3 位に選出されるなど、その認知度を高めています。今回調達した資金は、サービスの充実や拡大を加速するための体制づくりに使うとのこと。直近の取り組みとしては、サービスのユーザビリティ向上とオペレーション効率化のためのシステム投資と、カスタマーサポートセンターの体制強化を予定しています。

日本人による野菜たっぷりの作りおき料理
日本人による野菜たっぷりの作りおき料理

これまでも取引の多かった外国人によるサービス(英語でのチャイルドケア、外国人によるすべておまかせの掃除)に加えて、日本人による「野菜たっぷり作り置き料理」「整理収納」の取引も増加傾向にあります。こうした新しい傾向は、依頼主とタスカジさん(ハウスキーパー)双方からのニーズに合わせて発展しています。

タスカジではこれまで特にマーケティング活動などは行わず、主にユーザの口コミなどでオーガニックに成長してきました。現在の会員数は 4000 名以上、また登録タスカジさん数は 200 名を超えています。今後も、共働き家庭を中心にユーザ数を伸ばしていくとのことです。

----------[AD]----------

多種多様なヘルパーが揃う家事代行サービス「タスカジ」、マッチング件数が前年同期間比で約10倍に

SHARE:

シェアリングエコノミー型の家事代行マッチングサービス「タスカジ」。サービス開始から1年5ヶ月で、家事代行の依頼者は2,900人を超え、またタスカジさん(家事代行を引き受ける人)の数も170名を突破しました。マッチング成立件数も、前年同期間比で約10倍と順調に成長しています。タスカジで家事代行を依頼するユーザーの78%が、毎週または隔週の定期利用だと言います(2015年11月時点)。 オプション料金…

作業内容別の依頼率
作業内容別の依頼率

シェアリングエコノミー型の家事代行マッチングサービス「タスカジ」。サービス開始から1年5ヶ月で、家事代行の依頼者は2,900人を超え、またタスカジさん(家事代行を引き受ける人)の数も170名を突破しました。マッチング成立件数も、前年同期間比で約10倍と順調に成長しています。タスカジで家事代行を依頼するユーザーの78%が、毎週または隔週の定期利用だと言います(2015年11月時点)。

オプション料金なしで幅広い作業を家事代行してもらえるタスカジ。その中でも、以前の記事でも伝えた通り、利用率を伸ばしているのが「チャイルドケア」のサービス。利用率が高い順に、掃除が97%、洗濯が59%、料理が36%で、チャイルドケアも30%を超えています。その他にも、買い物やペットケアといった依頼が見られます。

タスカジさんに好評な時給ランクアップシステム

時給ランク別、登録タスカジさん数
時給ランク別、登録タスカジさんの比率

登録者数200名が間近に見えてきたタスカジさんの増加に貢献しているのが、レビューに基づいた独自アルゴリズムによる時給ランクアップシステムです。家事代行の依頼者が、タスカジさんに対して投稿したレビューの件数と評価が加味され、その評価次第で3段階ある時給ランクを上げていくことができるもの。

時給ランク 0 から順に、定期利用の場合は1,200円〜、スポット利用の場合は1,500円〜。ランクを一つ上がるごとに時給が300円アップします。現在、ランク 0 にいるタスカジさんが39%、ランク 1 が24%、そしてトップランクのタスカジさんが37%です。 いい仕事をした分だけ、それが評価され、直接時給に反映されるこの仕組みが、タスカジさんの仕事のモチベーションになっています。

多国籍、多様なバックグラウンドが利用者に人気

多様なタスカジさんたち
多様なタスカジさんがサービス人気の理由

サービス開始当初から、タスカジには外国人のタスカジさんが多く登録しています。多国籍であること、またバックグラウンドが多様である点も、利用者に高く評価されている点です。例えば、「外資高級ホテルで⻑年にわたり一流の清掃を叩き込まれた人」、「予約がなかなか取れない人気フレンチレストランで 10 年間コックをしていた人」、「栄養士としての経験を活かしてバランスの取れた料理を作ってくれる人」など、多様多種なタスカジさんが登録しています。

家事代行を、どうしてもという時の最後の頼みの綱ににするのではなく、定期的にアウトソーシングすることで少し余裕をもって生活する。1時間1,500円〜利用できるタスカジなら、経済的負担が大きくない形でそれを実現できます。貴重な週末を家事に追われて過ごすのではなく、子どもと遊んで過ごせる。共働き世代が増え続ける現代の家庭に寄り添ってくれるサービスだと言えます。

タスカジでは、今日から12月20日(日)までの間、「年末大掃除応援キャンペーン」を実施しているとのこと。新規登録のユーザーを対象に、タスカジを2回まで5%オフで試すことができます。

----------[AD]----------

家事代行「タスカジ」とシェフ出張サービス「PRIME CHEF」が共同でホムパ応援キャンペーンを開始

SHARE:

  2014年7月にリリースされた家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」。1時間あたり1,500円というリーズナブルな価格帯、またハウスキーパーまたキッズシッターとしても人気が高い外国人ハウスキーパーが多いことで、共働き家庭を中心に利用者数を着々と伸ばし、5月末時点で1,200人を突破しています。 近年、総じて増えているのが「家時間」です。外食せずに、お店の営業時間や他の来店客を気にするこ…

Tasukaji PrimeChef

2014年7月にリリースされた家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」。1時間あたり1,500円というリーズナブルな価格帯、またハウスキーパーまたキッズシッターとしても人気が高い外国人ハウスキーパーが多いことで、共働き家庭を中心に利用者数を着々と伸ばし、5月末時点で1,200人を突破しています。

近年、総じて増えているのが「家時間」です。外食せずに、お店の営業時間や他の来店客を気にすることなく自宅で楽しむ。そんな家時間を、事前の準備やおもてなし後の片付けなどを気にすることなく楽しめるようにしてくれるのが、タスカジと厳選シェフによる出張料理サービス「PRIME CHEF(プライムシェフ)」共同の「スマートパーティしよう」コラボキャンペーンです

スマホを使って、自宅の最寄り駅や料理ジャンルから検索してシェフを選べるプライムシェフ。料理のコースは3,000円から用意されており、事前準備はもちろんのこと、後片付けやキッチンの掃除まで対応。料理を出すことに忙しくなって会話にあまり参加できない従来のホームパーティと違って、ホスト自身もパーティに参加して楽しむことができます。

特設キャンペーンページに訪問して一人一回まで使えるクーポンコードを取得することで、タスカジの初回利用が15%、またプライムシェフの初回利用が2,000円割引になるとのこと。キャンペーンの実地期間は、5月29日(金)から8月31日(月)まで。クーポンコードの利用には、それぞれのサイトで無料会員登録することが必要です。

今後もタスカジでは、利用者層の生活をサポートする今回のようなコラボレーションを増やすことで、目の前の困りごとをサポート。また同時に、育休者向けにマネジメント思考を教える「育休プチMBA」や、働く人の自律的なキャリア開発を支援する「エスキャリア」などとの団体と提携し、タスカジのサービス利便性を高めていく予定です。

----------[AD]----------

900名以上が利用する家事代行「タスカジ」、外国人ハウスキーパー人気でチャイルドケアや料理の需要増す

SHARE:

昨年12月に関西圏に進出した家事代行サービスの「タスカジ」。2015年2月末時点の会員数は900名、11月末時点で600名だったので1ヶ月に100名のペースで伸びていることになります。また、登録タスカジさんの数は40名とこちらも順調に伸びているとのこと。4月1日からは、新年度・新生活応援キャンペーンを実施するそう。 共働き家庭における男性主導の申し込みが増加 ユーザーの割合は、全体の63%が女性。…

Tasukaji

昨年12月に関西圏に進出した家事代行サービスの「タスカジ」。2015年2月末時点の会員数は900名、11月末時点で600名だったので1ヶ月に100名のペースで伸びていることになります。また、登録タスカジさんの数は40名とこちらも順調に伸びているとのこと。4月1日からは、新年度・新生活応援キャンペーンを実施するそう。

共働き家庭における男性主導の申し込みが増加

ユーザーの割合は、全体の63%が女性。平均年齢は女性が37歳、男性が34歳と、働く世代が多いことがわかります。共働き世帯をターゲットにするタスカジですが、当初の予定を上回って単身世帯の利用も増えているとか。また、女性主導の申し込みだけでなく、男性主導での申し込みにも増加が見あると言います。タスカジの代表である和田幸子さんは、家事が「女性の課題」から「家族の課題」へと価値観の移行の表れだと話します。

「家事のアウトソースは女性だけの課題ではなく、家族の課題。この価値観の変化が見られることを嬉しく思っています。できるだけ多くの共働きファミリーで「家事の課題」について会話して、解決策を模索してほしい。タスカジはこのようなファミリーを全面的に応援しています」

外国人ハウスキーパー人気

家事代行サービスと聞くと、一般的に掃除や料理などを想像しますが、タスカジで併せて人気を見せているのがチャイルドケアのサービスです。全ユーザーの43%がチャイルドケアを申し込み、掃除とチャイルドケアをセットで併用しているケースが100%。まだ幼い子どものいる家庭によって支持されています。

サービス開始当初から、外国人のタスカジさんが多いことが特徴のタスカジ。この特徴が、チャイルドケアの利用を促進している側面があるようです。また、掃除、チャイルドケアの次に利用されているのが料理。日常とは違う外国人による異国の料理(フランス、ウズベキスタン、フィリピン、ブラジル料理など)を味わう楽しみや、レシピをもらって実際に家庭で作ってみたといった他の家事代行サービスには見られない交流が見られます。

外国人のタスカジさんが多いことによる効果は他にも。掃除や料理といったアウトソーシングに加えて、「外国人などの家族以外の人と触れ合い文化を理解すること」や「子どもの教育」といった価値を感じる家族が多くいます。登録するタスカジさんのうち、チャイルドケアに対応できるのは全体の60%。タスカジさん自身も子育て経験があったり、兄弟の面倒を見ていたというような人が多いと言います。

「楽になる」に留まらない価値提供

タスカジの定期プランは、毎週または隔週で提供されていますが、現在はその利用は半々ほどだそう。リピート率は昨年記事にした際と変わらず75%を維持しており、ユーザーによる高い満足度を見て取ることができます。

新生活が始まる4月に向けて、タスカジでは新規利用者に限って、「タスカジ 新年度・新生活応援キャンペーン」を実施。4月1日(水)から5月15日(金)の初回利用料金が15%オフになるとのこと。

「日本では、家事のアウトソーシングというと罪悪感を伴い、利用が進まないという課題があるため、他人に仕事を依頼することの価値が、「単純に楽になる」ということだけでない「+αの価値」を提供することが日本で普及させる重要なポイントだと思っています」

----------[AD]----------

家事代行マッチングサービスの「タスカジ」が関西に進出、初回利用割引キャンペーンを実施

SHARE:

2014年7月にオープンした家事代行マッチングサービスの「タスカジ」が、明日12月5日(金)から、関西エリアに進出するそう。関東エリアでのサービス利用者は順調に伸び、11月末時点の会員数合計は約600名。前月比、170%以上の伸びをみせています。 タスカジが主なターゲットとするのは、共働き家庭。総務省労働力調査によると、日本の共働き世帯は2000年時点で50%を越えており、家事をアウトソースするこ…

141204_Taskaji
タスカジの会員数推移

2014年7月にオープンした家事代行マッチングサービスの「タスカジ」が、明日12月5日(金)から、関西エリアに進出するそう。関東エリアでのサービス利用者は順調に伸び、11月末時点の会員数合計は約600名。前月比、170%以上の伸びをみせています。

タスカジが主なターゲットとするのは、共働き家庭。総務省労働力調査によると、日本の共働き世帯は2000年時点で50%を越えており、家事をアウトソースすることのニーズは高まる一方。現に、共働き家庭におけるタスカジ初回利用後のリピート率は約75%(2014年7月〜10月9日実績)を誇っています。

関東エリアにおける実績と、関西エリアでのテストマーケティングを経て、今回、関西エリアでのサービス提供に踏み切りました。サービス内容は、関東と関西ともに同じ。現時点でのサービス展開エリアは、大阪府のほぼ全沿線と、京都府、滋賀県、兵庫県、和歌山県、奈良県の一部で、順次拡大予定です。

また、前回実施して非常に好調だったという前倒し「年末大掃除キャンペーン」。タスカジは、スポット利用より定期的に依頼することでお値段がよりリーズナブルになる仕組みですが、このキャンペーンでは、スポット依頼でもほぼ定期依頼と同等の値段で利用できます。

タスカジ代表の和田 幸子さんはこう話します。

「定期依頼と同じお得な価格で、数回にわたって異なるタスカジさんをお試しできる点が、受け入れられたようです。まずは数人のハウスキーパーさんを気軽に試してみて、気に入った人を見つけたいというニーズが強いことがわかりました。」

関西オープン記念として、今回も初回利用者を対象に、スポット利用の場合に20%割引が2回使えるキャンペーンを実施するそう。キャンペーン開始は、12月5日(金)から。関西のみならず、関東の方も利用できます。

----------[AD]----------

共働き世帯も使いやすい「タスカジ」:多様なハウスキーパーが1時間あたり1,500円で家事代行

SHARE:

ブランニュウスタイルの代表 和田幸子さん IT を活用することで新しいライフスタイルを提案するブランニュウスタイル。同社は、2014年4月よりα版としてオープンしていたハウスキーパー マッチングサイト「タスカジ」を正式オープンしました。 共働き・ひとり親世帯に向けてつくられたタスカジを手掛ける和田幸子さんへのインタビューをお届けします。 貴重な週末は家事より子どもと一緒にいたい 国内の大手メーカー…

Sachiko-Wadaブランニュウスタイルの代表 和田幸子さん

IT を活用することで新しいライフスタイルを提案するブランニュウスタイル。同社は、2014年4月よりα版としてオープンしていたハウスキーパー マッチングサイト「タスカジ」を正式オープンしました。

共働き・ひとり親世帯に向けてつくられたタスカジを手掛ける和田幸子さんへのインタビューをお届けします。

貴重な週末は家事より子どもと一緒にいたい

国内の大手メーカーのERP事業部に長年勤めた後、2013年11月にブランニュウスタイルを立ち上げた和田幸子さん。「世の中に貢献できる、絶対に必要とされるサービスをつくりたい」と考えてたどり着いたのが、家事代行のマッチングサービス「タスカジ」でした。

和田さんは6歳児のママで、育休から復帰した現在ではご主人と共働きです。家事はご主人と分担しているものの、なかなか手が回らない現実がありました。

「正直、貴重な週末の時間に家事をするくらいなら、子どもと時間を過ごしたくて。かと言って、家が汚いことにはストレスを感じてしまうので外に助けを求めました」

家事代行サービスを探してみたところ、価格は1時間約3,500円で、一回の利用は3時間から。交通費を含めると1回の代行に1万円という痛い出費はなかなか気軽に頼めるものではありませんでした。

また和田さんは、既存サービスの多くが高齢者を対象にしていると感じたと言います。平日は働き、週末しか空き時間がない共働き世帯にとって、数週間の採用プロセスは現実的ではなかったのです。

外国人ハウスキーパーとの出会い

そんな時、ヒントをくれたのは和田さんの英語の先生でした。日本に在住する外国人家庭では、アジア出身のハウスキーパーさんを時給1,500円くらいで雇うことが珍しくないと言うのです。

さっそくオンライン版三行広告の「Craigslist」でハウスキーパーさんを募集してみたところ、いっきに10人から応募があり全員と面接をすることに。

「土日を使ってヘトヘトになって面接を行って、やっと一人に決めたと思ったら、急に「翌週から行けなくなった」と逆に断られてしまって。他の応募者さんを断った後だったので本当に参りました。結局、安心してお願いできる方に来てもらうまでに3ヶ月はかかりました」

今、和田さんが定期的にお願いしているフィリピン出身のハウスキーパーさんは、言葉こそ完全には通じないものの、家はどんどんキレイになり満足していると言います。

「ちょっと家の中のことをアウトソースするためにかかる膨大な労力を身を持って実感しました。今回の経験で得たノウハウを活かしてタスカジをつくっています」

ハウスキーパーの多様性という「タスカジ」の特徴

Tasukaji-top

家事サービスを提供したい個人と、それを利用したい個人のマッチングするタスカジ。時給1,500円というリーズナブルな価格で家事代行を提供し、利用者は最寄り駅を入れてハウスキーパーを検索するだけで利用することができます。

時給に関しては、タスカジで得たレビューの評価が基準となり、自動的にランクアップしていく仕組み。頑張って働いて、良い評価をもらう動機づけになっています。

掃除、洗濯、買い出し、料理、ペットケア、チャイルドケアなどのメニューの中でも特に人気なのは、掃除とチャイルドケアです。チャイルドケアには英語によるコミュニケーションも含まれるため、家庭にグローバルで多様な環境をを取り入れたいという親のニーズに応えています。

現時点のハウスキーパー登録数は40名ほど。登録に必要なのは身分証明証の提出と、タスカジによる面接。登録者にはテストセンターで実習試験を受けることを必須にしています。独自にマニュアルや自習教材を用意することで、ハウスキーパーのクオリティーを担保しています。

「タスカジの大きな特徴の一つは、ハウスキーパーさんの多様性です。ハウスキーパーには外国人も日本人もおり、20代から50代までの男女がハウスキーパーとして活躍しています。利用者さんのニーズやライフスタイルに合わせて適切な人材が見つかるようにしていきたいです」

外国人ハウスキーパーの雇用は一種のブランド?

アルファ版のサービス運用を経て、利用者によるハウスキーパーの評判も高いと話す和田さん。外国人ハウスキーパーが多い点も、タスカジの強みになっていると言います。

「特にお子さんがいらっしゃる家庭ではグローバルで多様な環境を家に取り入れたいというニーズもありますし、また女性キャリアウーマンの中では外国人のハウスキーパーさんには一つのブランドのような価値があります。

世界を見てもキャリアアップしてきた女性には、家のことを任せられる心強い外国人ハウスキーパーの存在がいることが多いです。例えばシンガポールなどでは、働く女性が住み込みで外国人ハウスキーパーを雇うケースも少なくありません」

タスカジは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県で利用することができ、今後順次エリアを拡大していく予定。定期的に家事代行を依頼してもらい、それを生活の中に取り入れてもらうことを目指しています。

「多様化するライススタイルに応えるサービスにしていきたいと思っています。ハウスキーピングのサービスと言うと、「女性のことを助けます」といったコピーが目立ちますが、そもそも共働き家庭における家事は女性だけの問題ではありません。ママ、パパや働く共働き家庭の皆さんのニーズに応えるサービスにしていきたいですね」

----------[AD]----------