THE BRIDGE

タグ デジタルフォワーダー

国際物流の改革者「デジタルフォワーダー」とはーーFlexPortがSoftbank Vision Fundなどから1100億円を調達

SHARE:

ピックアップ:Freight Startup Flexport Hits $3.2 Billion Valuation After $1 Billion Investment Led By SoftBank  ニュースサマリー:ソフトウェアを利用した国際物流フォワーダーのFlexportが22日、10億ドル(110円換算で1100億円)の資金調達に成功した。米テックメディアなどが伝えている。 出資…

Capture.PNG

ピックアップFreight Startup Flexport Hits $3.2 Billion Valuation After $1 Billion Investment Led By SoftBank 

ニュースサマリー:ソフトウェアを利用した国際物流フォワーダーのFlexportが22日、10億ドル(110円換算で1100億円)の資金調達に成功した。米テックメディアなどが伝えている。

出資したのはSoftbank Vision Fundを中心に、DST Global、Cherubic Ventures、Susa Ventures、SF Express。報じているForbesによると、今回の資金調達によって同社のバリュエーションは32億ドルに到達している。

Flexportの創業は2013年。国際物流に関わるプラットフォームをクラウドベースで構築しており、同サービスのカテゴリは「デジタルフォワーダー」と呼ばれている。

同プラットフォームを用いれば、航空、列車、車、海上などあらゆる輸送手段からベストな組み合わせを選び出し、最適な輸送ルートを利用することができる。また、支払いや累積データ管理、貨物のトラッキングサービスなどのサービスも提供する。

話題のポイント:Flexport(デジタルフォワーダー)は一体なぜ、革新的なプロジェクトとして高評価を得ているのでしょうか。

この背景には、既存物流業界にて問題と指摘されているフォワーダーの極度な「アナログ」的な環境問題がありました。数値管理にはエクセル、契約業務などにはEメールやファックスを用いた紙ベースでの業務フローが当たり前だったようです。

これをクラウドで改革したのがFlexportです。全てのサービスをクラウド化することに成功したため、迅速かつ効率的に、そして24時間いつでもサービスの利用をすることが可能になりました。

NRIが2017年に公開したレポート「物流業界は第四次産業革命にどう迎え撃つべきか」では、物流業界における荷主のニーズ変化と業界トレンドが以下図のように比較されています。

Capture.PNG
Credit: NRI Report

物流業界における特筆的なトレンドは「アナログから生じる煩わしさと生産性の低さ」です。拡大する「E-コマース市場」に対して真逆の課題がまだ残っていると言えるでしょう。ここに目をつけたデジタルフォワーダーたちがテクノロジーを用いて市場参入しているのです。

ただ、NRIによると既存フォワーダー(厳密にはUPSなど実際に運送する企業はクーリエと呼ばれる。フォワーダーはそれらをアレンジする役割)もFlexportなどの登場を黙っているわけではありません。以下図のように、各企業がそれぞれデジタル化への戦略を講じています。

Capture.PNG
Credit: NRI Report

個人的に面白いなと感じたのは、UPSによる3Dプリンティング代行事業です。世界各国に分散して存在するUPS店舗にて3Dプリントすることで、運送費の削減につなげようという取り組みです。実店舗がある事業者ならではの強みと言えるでしょう。

一方のFlexportも独自の配送網を構築しており、2017年末ごろから同社は香港からロサンジェルスへの航空機をチャーターし、同社が保有する空輸サービスを開始したことを発表しています。これは、UPSやFedExなどに戦いを挑むうえで、大きな一歩なことに間違いありません。

Capture.PNG

そして日本にも同様のビジョンを持ったスタートアップがいます。それが「Shippio(シッピオ)」です。同社代表取締役の佐藤孝徳さんもFlexportの大型調達についてツイートしていました。

ShippioはもFlexport同様、全ての物流に関わる作業を効率化し、かつ物流トラッキングや決済の見える化を実現させています。また2月6日よりANA Cargoらとタッグを組み、国際航空貨物輸送の実証実験を開始しました。

Capture.PNG

普段生活しているとなかなか見つけづらい課題ですが、クラウドサービスが一般化する中で、まだこういったバーティカルでのチャンスはあるのではないでしょうか。

----------[AD]----------