BRIDGE

タグ ネクイノ

ピルのオンライン処方「スマルナ」、ネクイノが累計20億円の調達を公表

SHARE:

ニュースサマリ:ピルのオンライン処方アプリ「スマルナ」を運営するネクイノ(旧:ネクストイノベーション)は12月14日、ジャフコを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。今回ラウンドをリードしたのはジャフコで、それ以外の出資企業については非公開。 ジャフコは同社の2019年9月に実施したシリーズAラウンドでもリードを務めており、そこからの累計調達額は融資も含めて20億円となる。また、同社は社名を…

スマルナを開発・提供するネクイノ(ウェブサイトより)

ニュースサマリ:ピルのオンライン処方アプリ「スマルナ」を運営するネクイノ(旧:ネクストイノベーション)は12月14日、ジャフコを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。今回ラウンドをリードしたのはジャフコで、それ以外の出資企業については非公開。

ジャフコは同社の2019年9月に実施したシリーズAラウンドでもリードを務めており、そこからの累計調達額は融資も含めて20億円となる。また、同社は社名を「ネクストイノベーション株式会社」から「株式会社ネクイノ」に変更したことも合わせて発表した。調達した資金は、スマルナをはじめとした医療関連のデジタル化に向けた事業基盤の強化に活用される予定。

スマルナは生理や性の悩みを抱える女性ユーザーと医師をオンライン上で直接つなぎ、ピルを処方するオンライン診察アプリ。2018年6月のリリース以降、10代〜30代の女性を中心に利用され、約2年半で累計39万件ダウンロードを超えている。さらに昨今の感染症拡大は受療行動に大きな影響を与え、緊急事態宣言下の2020年4月と5月におけるスマルナでのオンライン月別ピル処方数は、同年1と2月に比べ倍増している

話題のポイント:コロナ禍で注目が高まるオンライン診察のネクイノが大型調達を発表しました。同タイミングで社名変更にも踏み切った理由について、同社代表取締役の石井健一さんは医療現場でのデジタル化が大きなきっかけとその理由を教えてくれました。

「創業以来、世界中の医療空間と体験の『Re▷design(サイテイギ)』というミッションのもと邁進して参りましたが、2020年の世界規模での新型コロナウイルス感染症の流行拡大もあり、より医療のデジタル化の重要性が増しています。コロナ前までのフェーズでは医療のデジタル化は主に世界的には医療データ収集と構築のためのインフラとしての視点、国内では僻地などの医療インフラが整っていない地域への支援、対面診療の補完が中心の文脈でしたが、withコロナ時代において日本国内でも『非接触下』の診察として、対面診療、在宅医療に続く3つ目の診療スタイルとしての重要性を増しています。こういった外部環境の中、弊社は社内外でも略称である『ネクイノ』の名称で呼んでいただけることが増え、新しい自分達の旗を立てるべくこのタイミングで社名変更をしよう、ということになりました」(石井さん)。

ネクイノは2016年の創業以来、インターネットを⽤いた遠隔医療サービスなどを展開していますが、同社の中心事業となっているのはいわゆるフェムテックで女性向け医療を提供する「スマルナ」です。婦人科に注力している理由としては「決してこの領域だけをやりたいと言うわけではありませんが、デジタル化を進めていく上で、最も市場のニーズと医療供給のギャップが起きている分野の一つ」であることを挙げられていました。

スマルナ

また、医療領域におけるデジタル化をどのように推進するか、という疑問について石井さんは次のステップをこのように考えているそうです。

「弊社は、創業時からPHR(Personal Health Record:個人に紐づいた健康データベース)の構築を1丁目1番地に据えておりましたが、withコロナ時代において必要とされるデジタルな医療空間での体験を構築するためのプラットフォームの提供フェーズに入ってきた、と考えています。今まではスマルナを中心とした自社サービス内でのプラットフォーム化を推し進めて参りましたが、今後は対面診療をふくめ他の診療プラットフォームの接続や蓄積してきた知見の共有による社会全体のDX化の推進フェーズが『次のステップ』だと考えています」(石井さん)。

もう一点、遠隔診療において課題となる「なりすまし問題」に関しては、同社も「診察を行う医師/受ける患者側がそれぞれ本人であるかの証明は、根本的な部分でクリアしなければいけない課題」(石井氏)としたうえで、AIによる本人確認システムを導入することを2020年9月に発表しています。米国では、女性向けオンラインヘルスケアを提供するNurx2020年8月に2250万ドルの調達を発表し、女性に症状が多いとされる偏頭痛に対する薬の配送サービスも新たに開始しています。

執筆:平理沙子(Risako Taira)/編集:平野武士