THE BRIDGE

タグ ネットプライス

インターネットサービス大手のBEENOS、祖業事業ネットプライスをオークファンに8,800万円で事業譲渡へ

SHARE:

インターネットサービス大手の BEENOS(東証:3328)は1日、同社傘下の E コマース事業を行うネットプライスをオークファン(東証:3674)に事業譲渡することを明らかにした。譲渡は12月1日に実施される予定で、BEENOS が保有するネットプライスの全株式5,000株をオークファンに売却する形で実施する。譲渡価格については8,800万円とされている。 ネットプライスは1999年に E コマ…

Image credit: Netprice

インターネットサービス大手の BEENOS(東証:3328)は1日、同社傘下の E コマース事業を行うネットプライスオークファン(東証:3674)に事業譲渡することを明らかにした。譲渡は12月1日に実施される予定で、BEENOS が保有するネットプライスの全株式5,000株をオークファンに売却する形で実施する。譲渡価格については8,800万円とされている。

ネットプライスは1999年に E コマース関連事業の開発を目的として、現在 BEENEXT を牽引する投資家として知られる佐藤輝英氏らによって設立された。2004年7月に東証マザーズに上場。2007年にギャザリング・コマースのネットプライスやオークファンといった複数事業の持株会社となり、ネットプライスドットコムに社名変更された(この段階で、ネットプライスはネットプライスドットコム傘下の事業会社に移行している)。

2013年には、持株会社であるネットプライスドットコムの事業形態が変化したことにあわせ、BEENOS へ商号を変更。2015年には、創業者の佐藤氏は BEENOS の運営を後進に委ね、スタートアップ投資に特化した投資ファンド事業 BEENEXT を設立している。なお、BEENOS は昨日、インキュベーション特化専門会社 BeeCruise の設立を発表している。

一方、オークファンはタイ韓国インドネシアなど海外のスタートアップへの出資を積極化させている。ネットプライスがオークファン傘下に入ることで、オークファンは PB 商品の開発・販売機能、新規メーカーとの営業機会、250万人いる消費者に直接「お買い得品」を届ける新たな販売経路を獲得できるとしている。

ネットプライス事業買収後の商流の概略
Image credit: Aucfan
3年後のオークファングループの販売経路全体像(予想)
Image credit: Aucfan

 

----------[AD]----------

Tokopedia、ネットプライスより資金調達、eコマース分野を発展させる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 昨年サイバーエージェント・ベンチャーズから資金調達を受けたTokopediaだが、本日(原文掲載4月4日)、 同社が新たに株式会社ネットプライスからの投資を受けたというニュースが入った。投資内容の詳細は公開されていないが、今回の投資に伴いネットプライスCEOの佐藤輝英氏が取締役に名を連ねることになる。 佐藤氏はeコマース業界において15年に及ぶ経験をもってお…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

昨年サイバーエージェント・ベンチャーズから資金調達を受けたTokopediaだが、本日(原文掲載4月4日)、 同社が新たに株式会社ネットプライスからの投資を受けたというニュースが入った。投資内容の詳細は公開されていないが、今回の投資に伴いネットプライスCEOの佐藤輝英氏が取締役に名を連ねることになる。

佐藤氏はeコマース業界において15年に及ぶ経験をもっており、Open Network Labのエンジェル投資家のひとりでもある。既にTokopediaへの投資している企業には、PT. Indonusa Dwitama、East Ventures、サイバーエージェント・ベンチャーズがある。

サー ビスの主要指標について聞いてみると、Tokopediaの共同創立者であるWilliam Tanuwijayaは、Tokopediaのアクティブな出店者数は1万6390件、訪問者数は月間80万人以上、2012年3月の月間取引総額は99億インドネシアルピア(約8,230万円)にのぼると答えた。

Williamは今回の投資について、次のようにも語っている。

「ネットプライスから投資を受けることを決めた最大の理由は、佐藤さんの人柄による所が大きい。彼と何度か面会し、佐藤さんが起業家精神に富み、企業の成功に向けてエネルギッシュに活動する投資家だとの確信を持ったからだ。

彼は今でも、自社の創設者/CEOである。私は、ネットプライス元CTOで、今はBrandear.jpのCEOである竹内拓氏、Open Network Labの前田紘典氏(現在でもネットプライスのインキュベーション部門に属している)、Flutterscape(ネットプライスのプロジェクトから独立した)の柿山丈博氏、更に、元ネットプライス社長室の室長を務め、Sekaimonの現CEOである伊藤直氏など、グループ傘下にいながら、 個人の会社を経営している何人かの彼の元従業員やパートナーに会った。

これらの人達は、いまだグループ内に在籍しているのだが、同時に彼ら独自の企業を現在では運営している。これは、企業帝国というよりも、共同連盟といった感じである。グループ内には、オークションポータルのAucfanもいる。こういった共同ネットワークを通じて、Eコマースの異なる事業モデルから様々なことを学んでいければ素晴らしいと思っている」。

プレスリリースの更なる詳細は以下より。

告知:Tech in AsiaはEast Venturesによって支援されている。我々の倫理方針はこちらより。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------