BRIDGE

タグ ノイエジーク

アクセサリー借り放題「Lovin’Box」が、月額ファッションレンタル「airCloset」のノイエジークに事業譲渡

SHARE:

月額制のファッションレンタルサービス「airCloset」を運営するノイエジーク。今年4月中旬には、金額非公開で寺田倉庫などから資金調達を行いました。同社はこの度、CLUEが運営するアクセサリー借り放題サービス「Lovin’Box」の事業を引き継いだことを発表。Lovin’Box事業で蓄積してきた資産やノウハウを吸収し、airClosetのサービス強化に活かしていきます。 Lovin’Boxは、昨…

airCloset-meets-Lovin'Box
CLUE 代表阿部氏(左)とノイエジーク代表天沼氏(右)

月額制のファッションレンタルサービス「airCloset」を運営するノイエジーク。今年4月中旬には、金額非公開で寺田倉庫などから資金調達を行いました。同社はこの度、CLUEが運営するアクセサリー借り放題サービス「Lovin’Box」の事業を引き継いだことを発表。Lovin’Box事業で蓄積してきた資産やノウハウを吸収し、airClosetのサービス強化に活かしていきます。

Lovin’Boxは、昨年12月22日にサービスを開始したばかりのデザイナーズアクセサリーのレンタルサービス。月額2,480円から会員になると、好きな回数だけBOXを交換することができ、気に入ったアクセサリーはそのまま購入することができます。扱う商品と価格こそ異なりますが、airClosetと同じモデルです。

サービスの正式リリース以前から、レンタルの対象を洋服だけでなくアクセサリーや小物などに広げて行くと話していたairCloset。現在は、サービスへの参加待ちユーザーへの配送開始に注力しているものの、会員数は5万人を突破しています。今回の事業譲渡でサービス拡大のスピードを加速化させ、サービス内容を充実させていくとのこと。

6月にサービスを終了するLovin’BoxのInstagramアカウントを見てみると、月額2,480円という価格帯以上に思われるおしゃれなアイテムが並んでいます。airClosetの女性ユーザーにとっても、こうしたアクセサリーが手元に届くラインナップに入るのは嬉しいはず。リリース前から注目度が高いairClosetが日本のファッションレンタルサービスの未来をどう担って行くのか、ますます楽しみです。

リリース後1ヶ月で4万人超が登録、月額制ファッションレンタル「airCloset」が寺田倉庫などから資金調達

SHARE:

今年2月頭に正式リリースを迎えた月額6,800円のファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」。自分で買うとどうしても似たような服ばかりになってしまいがちですが、プロのスタイリストが自分好みのアイテムを3つ厳選することで、ファッションの幅を広げてくれます。airClosetには、リリース後一ヶ月で登録者数は4万人を超え、予想を上回る反響が集まっています。 運営会社である…

寺田倉庫月森執行役員(左)とノイエジーク天沼代表(右)
寺田倉庫月森執行役員(左)とノイエジーク天沼代表(右)

今年2月頭に正式リリースを迎えた月額6,800円のファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」。自分で買うとどうしても似たような服ばかりになってしまいがちですが、プロのスタイリストが自分好みのアイテムを3つ厳選することで、ファッションの幅を広げてくれます。airClosetには、リリース後一ヶ月で登録者数は4万人を超え、予想を上回る反響が集まっています。

運営会社であるノイエジークは、airClosetをより急速に拡大させていくために、既に業務提携関係にあった寺田倉庫や、その他 エンジェル投資家などから資金調達を実施しました。金額は非公開です。

預けた物をweb上で管理できるクラウド収納サービス「minikura(ミニクラ)」を運営する寺田倉庫とは、アイテムの保管・管理・配送、また有料で提供するクリーニングサービスなどの業務で既に提携していました。今後は、資金面のみならず、さまざまな側面からairClosetのサービス展開の支援を受けていきます。

今回調達した資金は、経営基盤の強化および中核人材の採用に使われるとのこと。出資者にはファッション業界の企業も名を連ねており、その関係性を上手く活用したアパレルメーカーとの連携促進やスタイリングサービスの体制強化も。現在は10名弱のメンバーから成るairClosetのチームですが、この1年で倍の20名規模にまで増員していく予定。既に内製化されている開発体制に関しても、フロントエンジニアやウェブデザイナーなどを募集しています。

日本国内における大きな反響を受けて、今後は国外での利用や、アクセサリーや小物など周辺アイテムへの展開、また女性のみならず、男性やキッズ・シニア層など幅広いターゲットに対してairClosetの利便性を提供していく予定です。