THE BRIDGE

タグ バーニャカウダ

福利厚生としてオンラインカウンセリングの可能性、ボイスマルシェが6000万円の資金調達

SHARE:

女性向けのオンラインカウンセリング「ボイスマルシェ」を提供するバーニャカウダは11月1日、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三生キャピタルが運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額6,000万円で払込日や株式比率などの詳細は非公開。同社は調達した資金でサービス強化と企業向けの福利厚生サービスの営業強化を進めるとしている。 ボイスマ…

女性向けのオンラインカウンセリング「ボイスマルシェ」を提供するバーニャカウダは11月1日、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三生キャピタルが運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額6,000万円で払込日や株式比率などの詳細は非公開。同社は調達した資金でサービス強化と企業向けの福利厚生サービスの営業強化を進めるとしている。

ボイスマルシェは2012年3月の開始以降、順調に参加カウンセラーの数を増やし、4年半経過した現在で500名ほどのカウンセリングプラットフォームに拡大している。同社代表取締役の古川亮氏によれば、利用ユーザー数は非公開ながら、利用したカウンセリングの体験談が約3900件ほどアップされていると状況を説明してくれた。

こういったC2Cに近い領域での個人間サービス提供は学習領域でストリートアカデミーや、ボイスマルシェ同様の相談やカウンセリングなどでココナラが事業拡大を続けており、そしてつい最近ではクラウドソーシングのクラウドワークスがWoWme(ワオミー)を`11月中旬に開始するなど注目が集まりつつある。

古川氏に「女性」に特化することで分かりやすさを提供しているが、その一方で市場性や事業拡大の可能性を狭めているのではないかと尋ねたところ、将来的な男性向けサービスも想定していると回答してくれた。

「特化型と言いましてもボイスマルシェは20歳以上の女性をターゲットにしておりますので、全人口の40%近くがターゲットであることとまた時期は未定ですが男性向けのカウンセリング提供も想定しています」(古川氏)。

古川氏の説明では110分で2万4,000円という高単価の商品にもニーズがあることから今後、こういった利用特性をうまく捉えて事業拡大を進めるそうだ。

また、B2B領域についても今回、出資側となったファンドは各社ともに銀行系、生命保険系とボイスマルシェを利用したい顧客層を持つということで投資ラウンドに参加することとなったようだ。

「従来のB2C領域で利用者の伸びとマネタイズが見えてきている点を評価してもらったと同時に、実際にユーザーとして利用する場合の品質に対して、高評価を頂いた(結果、出資に繋がった)と考えています」(古川氏)。

通常であれば銀行や生保系のファンドはやや後ろのラウンドに参加する印象があったが、ボイスマルシェについてはそういう意味で相性がよかったということなのかもしれない。

社会が複雑になるに従い、女性の働き方や生き方、子供との向き合い方はどんどん多様化している。働けるのに働けない、家族を持ちたいのに持てないなど、解決策が見出せないまま時間ばかり進んでしまうことも多い。特に優秀な女性人材が出産や子育てといった人生の岐路で犠牲になるのはシンプルにもったいない。

託児やカウンセリングを会社独自で用意することはそうそう簡単ではないだろうが、こういったサービスで補完することができるのであれば、優秀な人材を必要とする(特に新興のネット、IT系)企業などにも導入が進む可能性がある。

いずれにせよ、オンラインで多くの課題が解決できる時代になったものだ。

----------[AD]----------

ルミネと共同開発の法人向け「ボイスマルシェ」、社員が無料かつ匿名で専門家にカウンセリング相談

SHARE:

女性専用の匿名オンラインカウンセリングサービス「Voice Marche(ボイスマルシェ)」。キャリアカウンセラーや心理カウンセラーなど、女性はそのライフステージに応じてさまざまな悩みを匿名で相談することができます。2012年3月のサービス開始以降、現在300名ほどのカウンセラーが登録。また、今年4月時点に比較して、単月の相談件数は約3倍に。 福利厚生の一環として、社員は自費負担ゼロで相談 9月1…

バーニャカウダとLUMINEが「ボイスマルシェ for ビジネス」を共同開発
バーニャカウダとLUMINEが「ボイスマルシェ for ビジネス」を共同開発

女性専用の匿名オンラインカウンセリングサービス「Voice Marche(ボイスマルシェ)」。キャリアカウンセラーや心理カウンセラーなど、女性はそのライフステージに応じてさまざまな悩みを匿名で相談することができます。2012年3月のサービス開始以降、現在300名ほどのカウンセラーが登録。また、今年4月時点に比較して、単月の相談件数は約3倍に。

福利厚生の一環として、社員は自費負担ゼロで相談

9月1日、運営会社であるバーニャカウダは、法人契約の従業員のみが利用できる「ボイスマルシェ for ビジネス」を開始しました。第一弾は、20〜30代の女性をコアターゲットに事業展開するルミネです。社員のワークライフバランスを考え、多種多様な働き方や環境を実現するために発足したルミネの社内プロジェクト「きらきらルミネ」。今回は、ボイスマルシェ for ビジネスのスキーム自体を、このキラキラルミネの中心メンバーと共に共同開発しています。

法人向けサービス利用の流れ
法人向けサービス利用の流れ

これにより、ルミネの社員は、ボイスマルシェを福利厚生の一環として自費負担ゼロで利用できるように。社員は、専用の認証コードで法人専用ボイスマルシェにアクセスし、好きな時間帯とカウンセラーを選んでカウンセリングを予約。個人向けボイスマルシェと同様、相談者の匿名性は保った守秘性のもと、幅広いテーマでカウンセラーに相談することができます。

女性活用推進法案成立などで高まる需要

20〜30代の女性をコアターゲットにするルミネは、全社員に占める女性の割合が7割に及びます。そんなルミネは、女性をターゲットに展開してきたボイスマルシェの法人向けサービスにとって最良のパートナーだと言えそうです。ボイスマルシェ for ビジネス第一弾について、バーニャカウダ COOである菅野彩子さんはこう話します。

「仕事の悩みだけでなく、恋愛や子育て、お金に関することまで、キャリアカウンセラーやファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談できます。確かな秘匿性のもと、ルミネ社員の皆さんには気軽に専門家に相談できる環境を提供いたします。個人向けには女性専用で展開するボイスマルシェですが、法人契約の場合は男性も利用できる点が特徴です」

第三者サービスを通じて、多様な専門家に対して必要な時に匿名で相談できる。社内制度が整っているのは素晴らしい一方で、勤め先とは紐づかないプロに対して相談できることの気楽さや安心感はあるはず。

「8月28日の女性活用推進法案成立、また企業のストレスチェックの義務化などを背景に、女性向けの相談・支援で日々ノウハウを蓄積しているボイスマルシェの専門カウンセリングサービスは、今まさに必要とされるタイミングが来たと確信しています。個人、法人のルート共に、ボイスマルシェと接点を持つ人がもっと増えるといいなと思います」

----------[AD]----------

女性専用の匿名オンラインカウンセリング「ボイスマルシェ」の人気の秘密は当日24時間予約、約6割が利用

SHARE:

昨年10月に取材した女性専用のオンライン・カウンセリングサービス「Voice Marche(ボイスマルシェ)」。自宅などにいながらプロの女性カウンセラーに匿名で相談できることが支持され、カウンセリングの実行数は多い時で前月比130%。3周年を記念する施策を実施した今年2月は前月3倍を突破する人気ぶりでした。また、昨年10月時点で全国160名だったカウンセラーの数は、現在では200名を超えています。…

Voice-Marche-website

昨年10月に取材した女性専用のオンライン・カウンセリングサービス「Voice Marche(ボイスマルシェ)」。自宅などにいながらプロの女性カウンセラーに匿名で相談できることが支持され、カウンセリングの実行数は多い時で前月比130%。3周年を記念する施策を実施した今年2月は前月3倍を突破する人気ぶりでした。また、昨年10月時点で全国160名だったカウンセラーの数は、現在では200名を超えています。

ボイスマルシェが目指すのは、個人が気軽かつ簡単に専門的なカウンセリングを利用できる社会インフラです。個人が定期的にカウンセリングに通い、それを友人などにオープンに話す米国などと比べて、日本ではカウンセリングを受けるという行為自体がまだ定着していません。そんな日本でも、この3年間ボイスマルシェを運営する中でカウンセリングが普及する兆しが見えてきたと話す同社COOの菅野彩子さん。

「今まで占いに行っていた層とはまったく違う層の女性がボイスマルシェに来てくださっています。家庭の中でも職場においても、普段の困りごとに対してボイスマルシェを使ってくださっていて嬉しいです。開始から3年目に入った今年になって、件数と会員数の成長という形で結果が見えてきました」

当日24時間予約が約6割

Voice-Marche-find-your-counselor
カウンセラーを探す画面にある「今から探したい」の選択肢

一度カウンセリングを受けたユーザーの多くが、次回の予約をしてくれているため、初回のハードルをいかに無くすかがボイルマルシェにとって最大の課題だと言えます。この課題に対して効果を発揮しているのが、25分3,000円の「お試しカウンセリング」の存在です。

「お試し25分コースを使ってくださった女性の多くが、次回は55分の予約をしてくださっています。“お試し”という言葉があることで、初めてのカウンセリングでも気持ち的に少し気軽に感じられたりするのかもしれません」

仕事をしていたり子育て中だったりする女性にとって、スケジュールの急な変更も十分あえるため、前もってカウンセリングの予約を行うのはなかなか難しい。そんな女性のライフニーズに配慮して、ボイスマルシェでは直前や当日予約も可能です。現在、当日24時間以内の予約が全体の約6割を占めるそう。

カウンセリング予約が入る時間帯はというと、全体の4割以上が夜の20時~24時の4時間に集中しています。仕事が終わって帰宅した後、子どもを寝かしつけた後など、「相談したい」と思った時に、パッとプロの相談相手が見つかるだけの広い受け皿が用意されているのです。サイトのUIを見ても、カウンセラーを探す検索パネルの中に「今から話したい」という枠を設けて、思い立ったその時に相談相手がいることを明確にしています。

離婚相談の新しい選択肢

ボイスマルシェでは、「仕事」「恋愛・結婚・離婚」「子育て」「メンタルヘルス」「お金」と、5テーマのカウンセリングを扱っています。サービス開始当初、仕事を頑張っている利用者をペルソナとして想定していたため仕事関連の相談が他を上回るかと思いきや、実際に運営してみると5テーマどれも万遍なく予約が入っています。

最近予約件数を大幅に伸ばしているのが離婚相談です。ボイスマルシェ上のカウンセラー人気1位も離婚カウンセラー。本来、センシティブになりがちな離婚関連のトピックは匿名でも公開しにくいものであることが想像されますが、「同じように悩む女性のために」と善意で体験談(口コミ)を投稿してくれていることも、離婚相談件数の増加に繫がっています。

「離婚相談のニーズはこれまでもありましたが、どこに相談すればいいかわからなかったり、弁護士に行くと具体的な手続きの話になってしまうため、ここという行き先がありませんでした。ボイスマルシェではそんな女性の悩みにも答えています」

また、どれか一つのテーマに絞って相談するのではなく、一度ボイスマルシェで相談をして良いカウンセリング体験をした女性が、今度は最初とは異なるテーマで相談するといった複数テーマにまたがった利用も目立ってきています。

法人向けトライアルサービスも

プロに客観的に意見やアドバイスをもらうことで、普段友人に相談するのとはまったく違う視点を得ることができる。自分の悩みが子育てや家庭のことでも、はたまた職場やキャリアに関するものでも、ここに来れば相談する相手がきっと見つかると思える場に少しずつなってきました。

これまでは個人とカウンセラーを繋げて来たボイスマルシェですが、今後は法人向けサービスの試験運用を予定しています。2015年12月には、企業に対してストレスチェックの義務化が始まります。これを受けて、人材のメンタルヘルスや悩み相談などにいっそう気を配る企業が増えており、現在複数の企業と具体的に話を進めているとのころ。

また、ボイスマルシェのスマホ版に関してはスピード重視でひとまずレスポンシブなものを開発しましたが、情報量が多過ぎるのが現状です。今、この瞬間に予約できるカウンセラーだけを見せるなど、小さな画面からカウンセリング予約をするユーザーの思考により合ったユーザー体験にするための改善を続けて行きます。

サイトの口コミを見てみても、悩みの解決への糸口が見えた、すごく前向きになれたなどポジティブなフィードバックが集まっている模様。これまで一人で抱え込んでいた悩みを第三者に相談できるというだけでも救われる女性は多そうです。今後もボイスマルシェの動きを追いかけていきたいと思います。

----------[AD]----------