THE BRIDGE

タグ パリ

イノベーション都市としての京都〜パリクラブでの「エルメス賞」授賞式参加の模様から【ゲスト寄稿】

本稿は、「Monozukuri Hub Meetup」を主宰する Makers Boot Camp の CEO 牧野成将氏による寄稿である。 Makers Boot Camp は京都を拠点とするハードウェアに特化したスタートアップアクセラレータである。 今年2月には、20億円規模のファンドを組成している。 「Club de Paris des Directeurs de l’Innovation(…

本稿は、「Monozukuri Hub Meetup」を主宰する Makers Boot Camp の CEO 牧野成将氏による寄稿である。

Makers Boot Camp は京都を拠点とするハードウェアに特化したスタートアップアクセラレータである。

今年2月には、20億円規模のファンドを組成している。


パリクラブのメンバーと京都市長の門川大作氏(右側)
Photo by Tugi Guenes

Club de Paris des Directeurs de l’Innovation(通称:パリクラブ)」が開催する「10th National Meeting of Innovation Directors」への招待を受け、京都市と Makers Boot Camp の取り組みを紹介するために参加してきました。

パリクラブはフランスの大企業や公的セクターの新規事業開発メンバー等が中心となって、テクノロジーや産学連携を通じてよりよい社会のあり方を啓蒙する団体であり、フランスのイノベーションを牽引する大きな影響力を持っています。

始まりは今年3月、パリクラブのメンバーが京都を視察訪問

パリクラブのメンバーと京都市長の門川大作氏(中央)そして筆者(後列右から5番目)
photo by Tugi Guenes

Makers Boot Camp とパリクラブとの関係は、3月に同団体のメンバーが京都に視察訪問をした際に、文化と革新的テクノロジーの2つの側面を持つ京都を体験するツアーをMakers Boot Campがオーガナイズしたことから始まりました。またMakers Boot Campの京都での活動をパリクラブに紹介してくれたのは、フランスのスタートアップをサポートする政府機関 La French Tech です。

京都でのツアーでは、京都市長と接見、京都試作ネットや酒造工場等の見学、更には和菓子作り体験等を企画しました。

パリクラブメンバーが京都試作ネットに参加するクロスエフェクトを視察
photo by Akari Murata
和菓子作りを楽しむパリクラブのメンバー
photo by Akari Murata

京都市がエルメス賞を受賞

今回の「10th National Meeting of Innovation Directors」で、各分野でイノベーティブな取り組みをする団体や都市を顕彰する「エルメス賞(Hermes Awards)」を京都市が受賞する運びとなりました。

エルメス賞は過去、ヘルシンキ(フィンランド、2010年)、バルセロナ(スペイン、2011年)、コペンハーゲン(デンマーク、2012年)、ウィーン(オーストリア、2013年)、クリチバ(ブラジル、2014年)、天津(中国、2015年)が受賞したこともある名誉ある賞です。京都市は過去の受賞都市と比較しても歴史がありながら挑戦を続ける都市であること、大企業やスタートアップの革新的な取り組み等が認められての受賞となったようです。

京都市が受賞したエルメス賞
Photo by Club de Paris

2017年5月15日におこなわれた会議の中では、「The renovation of large enterprises through innovation」をテーマに、Owens Corning(アメリカ・ガラスメーカー)、Bayer(ドイツ・製薬メーカー)、Michelin(フランス・タイヤメーカー)、Colas(フランス・道路建設)、Lectra(フランス・ソフトウェア)、また日本からは富士フイルム等の先進的な企業が各社のイノベーションの取り組み等をプレゼンテーションしました。

富士フィルムのプレゼンの様子
Photo by Narimasa Makino

受賞にあたっては、京都市長の門川大作氏の代理として日本大使館の平田吉男氏が、市長の謝辞をフランス語でを読み上げられた後、日本語版謝辞と共にパリクラブ会長の Marc Giget 氏に譲渡されました。エルメスの形をした胸像トロフィーと賞状を Giget 氏より代理として受けとられました。

門川市長の代理として日本大使館の平田吉男氏が受賞スピーチをおこなってくださいました
Photo by Club de Paris

Giget 氏の京都市の紹介スピーチでは、門川市長との面談、京都リサーチパークや京都市産業技術研究所に関しても触れられており、産学官が一体となったイノベーション創出に取り組んでいる部分が評価され、受賞に至ったようでした。また京都での着物パスやマンガミュージアムなどソフト面も評価されており、ハードとソフトを組み合わせることを「Monozukuri」と表現しており、ここにイノベーションの源泉があるとまとめられていました。「Monozukuri」の新しい概念を教えていただいたようで、改めてすごくよい言葉だなと感じました。

日本大使館の平田吉男氏(中央)とパリクラブ会長の Marc Giget 氏(右)
Photo by Club de Paris
Marc Giget 氏によるエルメス賞の説明
Photo by Narimasa Makino

私は「Monozukuri」をテーマに京都の伝統産業や大企業の紹介、また中小企業のネットワークを活用してモノづくりスタートアップを支援するMakers Boot Campが生まれた経緯に関してのプレゼンテーションをおこないました。フランス人は京都/日本に非常に親しみを感じてくれているようで、日本で働いたことがあるよ、日本と何か一緒にしたいんだと数多くの担当者から声をかけてもいました。フランスでもキーワードは「イノベーション」、そしてそのイノベーションを生むために必要な要素は何か? という探求を今回受賞したすべての企業が求めており、革新的な未来へ向かって進んでいくことをポジティブに捉えた会議でありました。

京都のモノづくりエコシステムを紹介する筆者
Photo by Club de Paris

受賞企業の取り組みを参考にして、京都をこれまでにない概念のイノベーションが生み出される街にしたいと強く感じました。この実現のためにも京都市や大学、地元企業とのこれまで以上の協力関係を深め「京都をモノづくりの都」とするため一層の努力を重ねていくつもりです。

受賞会場の様子
photo by Club de Paris
----------[AD]----------

Facebookがパリの「Station F」に、データドリブンスタートアップのためのインキュベータを開設

SHARE:

FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグ氏は本日、同社がパリに新しく開設される大型スタートアップキャンパス Station Fの創業パートナーとなることを発表した(編集部注:原文掲載は1月17日)。 Facebookは「Startup Garage」を開設し、その場所を10ー15のデータドリブンのスタートアップのインキュベータにする予定だ。このミッションは、人工知能研究グループの拠点をパリ…

上:パリのStation Fで発表するFacebookのシェリル・サンドバーグ氏、一番右は起業家のXavier Niel氏

FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグ氏は本日、同社がパリに新しく開設される大型スタートアップキャンパス Station Fの創業パートナーとなることを発表した(編集部注:原文掲載は1月17日)。

Facebookは「Startup Garage」を開設し、その場所を10ー15のデータドリブンのスタートアップのインキュベータにする予定だ。このミッションは、人工知能研究グループの拠点をパリに作るという同社のミッションとも合致する。

Station Fでのプレスカンファレンスで、サンドバーグ氏は次のようにコメントした。

「パリはこれまで常に、人々が集まって新生面を切り拓いてきた場所です。パリのテックシーンには勢いがあります。起業家は世界中で経済成長の原動力となっています。Facebookは、起業家たちを支援することをもっとも大切にしています。」

今回の提携はStation Fにとって、また一つ大きな弾みになる。2億6500万ドルをかけたスタートアップキャンパスは4月にオープン予定であるが、すでに多くのベンチャーキャピタルやハッカースペース、インキュベーターを惹きつけている。このキャンパスはHalle Freyssine駅内に設置される。フランス人のテレコム業界の起業家であるXavier Neal氏がほぼ単独で資金を出して進められた二年間にわたる改装がもうすぐ終了する。

改装された歴史ある駅内は、3つのセクションに分かれている。スタートアップ向けに3000のデスクが設置されたスペース、カンファレンスと会議用のイベントスペース、24時間営業の4つのレストランと一つのバーなどが入った誰でも入れるリテールゾーンの3つだ。

FacebookのStartup Garageは、プレスリリースで「今後数年にわたって、数百万ユーロが投資される」と説明されている。サンドバーグ氏によれば、選出された10-15のスタートアップ向けに80のデスクが設置されるという。入居スタートアップはStation Fで半年を過ごすことになる。

このプログラムに参加するメリットは、一対一のオフィスアワーやFacebookの社員とプライバシー、デザイン、ユーザーエクスペリエンス、マーケティングといったテーマごとに精通した専門家による毎週のワークショップを受けられることだ。

初回バッチのスタートアップの応募受付をすでに開始したという。応募はStartup Garage Facebookのページから受付ている。

(本記事は抄訳です。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Orange Fab Tokyoが第1期デモデイを開催、パリでの世界大会に登壇するスタートアップ5社を選出

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 去る2月、フランスの通信企業 Orange による地域アクセラレータ・プログラムの一つ「Orange Fab Tokyo」に参加したスタートアップ8チームを簡単に紹介した。改めて紹介すると、 ABEJA (映像認識技術を利用した店舗向け解析ソリューション) Jin-Magic (TCPトラフィック最適化技術) liv…

orange-fab-620x359

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

去る2月、フランスの通信企業 Orange による地域アクセラレータ・プログラムの一つ「Orange Fab Tokyo」に参加したスタートアップ8チームを簡単に紹介した。改めて紹介すると、

  • ABEJA (映像認識技術を利用した店舗向け解析ソリューション)
  • Jin-Magic (TCPトラフィック最適化技術)
  • livepass (プッシュ広告プラットフォーム)
  • Locarise (Wifiを利用した小売店向け解析ソリューション) → 関連記事
  • マッシュルーム (タッチスクリーン向け通信デバイス)
  • NetLED (ネットワーク型LED照明コントロールシステム)
  • ピグマル (オーディオ端子を用いたスマートフォン向けIDタグ)→ 関連記事
  • sMedio (スマートデバイス向けスクリーンシェアリング)

先週、Orange Fab はデモデイを開催し、これら8チームが約100人の聴衆にピッチした。参加チームのうち、Abeja、Jin Magic、LivePass、Locarise、NetLED の5社が選出され、パリで6月12日に開催されるグローバル・デモデイに参加することとなった。このデモデイには、アメリカ、フランス、ポーランド、イスラエルからも参加スタートアップが合流する予定だ。

ABEJA と Locarise の両者は、小売業向けの計測ソリューションという、最近にわかに人気を帯びつつある分野であることを考えると、彼らが世界的な場で露出の機会を得ることは、特に興味深いものになるだろう。IoT 周辺のバズや Google によるスマート・サーモスタット Nest の買収を考えると、NetLED も注目すべきスタートアップの一つだ。

Orange Fab はここ東京で第2期の参加募集を既に始めているとのことで、ソウルと台北でも第1期の募集を開始した。これらのプログラムについて、ここから詳細な情報を確認してほしい。

----------[AD]----------

【ゲスト寄稿】パリのスタートアップ・シーンは今—シリコン・サンティエのLe CampingとLa Cantine

11月、いくつかのモバイル関連プロジェクトを手がける嶋田敬一郎氏と筆者は、あるプロジェクトに関連して、ヨーロッパのモバイル業界、スタートアップ業界を訪問する機会を得た。ロンドン、パリ、ベルリンと、それぞれ1週間ずつ滞在したが、各都市の業界のコアな人物に多く会い、日本はもとより、アジアやアメリカでも聞いたことの無い興味深い話に、連日連夜打ち拉がれていた。 嶋田氏が自身のブログ(英語)に記事を書いてく…

嶋田敬一郎氏

11月、いくつかのモバイル関連プロジェクトを手がける嶋田敬一郎氏と筆者は、あるプロジェクトに関連して、ヨーロッパのモバイル業界、スタートアップ業界を訪問する機会を得た。ロンドン、パリ、ベルリンと、それぞれ1週間ずつ滞在したが、各都市の業界のコアな人物に多く会い、日本はもとより、アジアやアメリカでも聞いたことの無い興味深い話に、連日連夜打ち拉がれていた。

嶋田氏が自身のブログ(英語)に記事を書いてくれたので、その日本語訳をお届けする。前回のロンドンに引き続き、今回はパリのテック・スタートアップ・シーンについてだ。

パリのパブリック・アクセラレータ「Le Camping」

ロンドンで出会った Springboard の Jessica が、パリの Le Camping の人と会ってみるようにと紹介してくれた。Le Camping はパブリック・アクセラレータ・プログラムで、パリの地域政府のほか、Google や BNPパリバのような有名企業によって運営されている。Le Camping は、フランスのイノベーション・シーンを支える企業の集合体「Silicon Sentier(シリコン・サンティエ)」を構成する一部だ。ここ数日仕事に使ったコワーキング・スペース「La Cantine」も、シリコン・サンティエの活動に関与している。

Le Camping

簡単に前述した Le Camping は、スタートアップが離陸するのを助けるアクセラレータ・プログラムだ。3年前にスタートし、6ヶ月毎に200件ある申込から12のスタートアップを選んで、プログラムに参加させている。Le Camping に居る起業家の平均年齢は26歳くらいで、大学を出てまもなく、アイデアを具現化するためにやってくる。スタートアップ各社は各々1.5万ユーロ(約150万円)のシードマネーを得ている。ここでは、他の選ばれしスタートアップと話ができるし、言うまでもなくコーヒーやスナックもタダで提供されているから、1.5万ユーロという金額は、個人的には申し分無いと思う。

部屋の後ろには大きなホワイトボードがあり、毎週、各スタートアップは、過去1週間にあった進捗(緑)と問題(赤)、さらに次の週に向けての活動(黒)を貼付けるようになっている。これは素晴らしいアイデアで、オープン・ネットワーキングやコラボレーションの考え方に似ている。Le Camping の出身スタートアップの55%は、Le Camping を離れて後、または、入居している間に追加の資金調達に成功している。6ヶ月のプログラムの最中に中退したスタートアップは、今のところ1社だそうだ。すばらしい。

Le Camping

Le Camping は、定期的にピッチ・イベントも開催しており、ベルリンやロンドンのパートナーが開催するピッチ・ツアーにスタートアップを送出している。このようなイベントでは、スタートアップの話を聞きたい50〜100の投資家(投資会社)と出会うのだそうだ。

この素晴らしいアクセラレータ・プログラムに加え、Le Camping は Palais Brongniasrt という歴史的な証券取引所の建物の中にある。この建物は 1800年代初期に建てられたのだそうだ。その建築は素晴らしく、ここで仕事ができるスタートアップがうらやましい。

もしフランスのスタートアップ・シーンについて詳しく知りたければ、Le Camping を訪問してみることをお勧めする。我々がコーヒーとフランス菓子で暖かく迎えられたことも付け加えておきたい。

コーワーキング・スペース「La Cantine」を訪ねて

La Cantine

パリに来て3日目、この街でもまともなコワーキング・スペースに入ることができた。その名は La Cantine といい、ソファや椅子もある広々としたオフィスで、エスプレッソやティーも無料で提供されている。初回訪問者に対して無料のメニューは無いが、半日7ユーロまたは1日10ユーロと非常に廉価だ。ここの WiFi は非常に早く、螺旋階段の上にはガラス張りの会議室があった。多くのデジタルノマドは、ここに居れば、一人で仕事していても寂しくないだろう。Rue MontmartrePassage des Panoramas という狭い小道から少し入ったところにあるので、やや見つけにくいかもしれない。

----------[AD]----------