THE BRIDGE

タグ ビヨンド

【投資家・起業家対談】「藤田晋氏は超えてみたいって思える存在なんです」ーーインキュベイトファンド和田氏×ビヨンド一谷氏

SHARE:

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。 このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式でその内情を語って頂く。インキュベイト・ファンド共同代表パートナーの和田圭祐氏とビヨンド代表取締役の一谷幸一氏。初回と二回目に引き続き最終回。 一谷氏と和田氏の…

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。

このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式でその内情を語って頂く。インキュベイト・ファンド共同代表パートナーの和田圭祐氏とビヨンド代表取締役の一谷幸一氏。初回二回目に引き続き最終回。

一谷氏と和田氏の年表
2006年:24歳の一谷氏と和田氏、サイバーエージェントで出会う
2007年:和田氏が25歳でファンド(セレネベンチャーパートナーズ)設立
2008年6月:一谷氏が26歳で起業、ビヨンドを設立
2009年12月:和田氏がビヨンドに投資
2012年:グロービス・キャピタル・パートナーズからシリーズAとなる第三者割当増資

IMGP8359

経営者の暗黒時代

ーーー前回の続き

和田:一谷さんにとって一番キツかった暗黒時代って

一谷:二、三回ありますけど、やっぱり直近の幹部社員の退職とそれに引っ張られて他の社員の退職が続いたときは辛かったです。

今までのアプリ運用ノウハウからBEAD(※アプリ広告ネットワーク)を立上げたのに、主軸のアプリ事業での大量生産の戦略の行き詰まっていることころで、広告事業だけの会社にするつもりはなかったですし、会社として存在意義やその上での戦略を改めて問われていていた時ですね…。

和田:当時の一谷さんって端からみてて明らかに、リーダーシップの発揮の仕方に悩んでたもんね…。でもそれを解決する糸口って、一谷さんが世の中に何を成し遂げたいかを明確にすることで、それまでは無理だろうなって思ってた。確かにあの時の一谷さんは大変そうだった。

一谷:丁度、去年の年末なんですよね。誕生日(※二人は誕生日も同じ12月28日)も一緒にいてましたけど、途中で帰りましたもんね。

和田:そうだった(苦笑。「和田さん、会社が大変なんで」って言ってた。

一谷:結構ポジティブな人間だと思ってたんですけどね。さすがに食事が喉を通らなかったです。でもそれからまずはマネージメントチームの再構築を急ぐ必要があると思い、昔から付き合いのあった人物に経営陣に参加してもらい、社内からも一人引き上げて三人のマネジメントチーム作りました。

その後、会社としての方向性が決まり、戦略としても事業間の有機的なポートフォリオを組んだ絵が描けましたので、そこから回るようになりましたね。

和田:あとは新しいサービスがキチンと立上がればいいよね。

一谷:僕自身が新規事業に注力している中で実は、既存の数字が伸びてるのもいい状況を作ってくれてますね。なので今描いている通りに仕込んでいる事業が乗っかってくれれば、苦労した甲斐もあったと思えます。

和田:グロービスからの投資の前後で何が一番変わった?

一谷:前まではお金の悩みだったのが、一気に組織マネージメントの課題に変わりましたね。

和田:確かに億単位の調達した後のスタートアップの採用計画って割と計画通りワークしないよね。ビヨンドの場合はそこに事業仮説の崩れもダブルでやってきたからね。

IMGP8395

経営会議と株主

和田:桁をひとつ上げるために自分が変わったなって思うポイントってある?

一谷:スッゴイ初歩的なこと言っていいですか…。

和田:うん。

一谷:人と向き合うようになりました。

和田:かなり初歩的だよね(笑。

一谷:私、あまり他人のこと気にしない人でした。アイディアさえイケてれば、なんとかなると思っていたし。伝わっていると思っていた。だからリーダーシップ取れなかったわけですが。

和田:うん…なるほどね。よし話変えよう(笑。今までの経営会議についてはどう思っている?

一谷:今の経営に参加してくれてる株主は当然少しタイプが違うじゃないですか。

高宮さん(グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏)と和田さんも違っていて、高宮さんには事業面ではなく、ビジョンなど企業経営としての上位レイヤーの議論を主にさせていただいていて、最初はなかなか追いつけずに和田さんには上手く間に入って立ち回ってもらっていました。

IMGP8377

和田:そうだね。

和田:一谷さんこの件、たまに甘えるときがあるよね。いつの間にか高宮さんへの説明を僕も一緒にやってたりしてるし(笑。

一谷:すいません(笑。

和田:ほら、「和田ってすごい怖い」っていう人と、「ほとんど何も言わない」っていう人に分かれるんだけど、一谷さんってその両方の和田を見てるじゃない。

一谷:そうですね。怖いというか、経営会議でたまに本気でシャウトすることがありますよね。ただ、それって大切で外部投資家の方ってそこまで経営にコミットするわけじゃないし、「本気なのかな?」って思うこともあるじゃないですか。和田さんはそういう意味では本気だと感じています。

あ、ちなみに一つ言っておきますと、決して温厚な高宮さんが本気でないということではないです(笑。

和田:経営者のスイッチさえ入ってればもうほっといてもいいと思うの。でも気がついたらぬるい感じになってることがあって、それは気付いてほしいな、と思っている(笑。もちろんみんな頑張ってるのはわかるんですけどね。

SD:ぬるいって感じるポイントってあるんですか?

和田:経営会議の議論の中身や資料に魂がこもってないと、なんとなくわかっちゃいますね。「これで勝てるんだっけ?」みたいな問題提起はよくしてた気がする。

一谷:はい(苦笑。

IMGP8386

藤田さんは負けたくない存在

和田:負けたくないライバルっている?國光さんが対向意識燃やしてるイーロン・マスクみたいな

一谷:強いて言えば、サイバーエージェントは僕らの前職でよく知っていますし、本当に凄い会社だと思っている分、負けたくない、早く追いつきたいという気持ちがあります。

藤田さん(代表取締役社長の藤田晋氏)はもちろん尊敬する経営者なんですが、同時に超えてみたいっていう存在でもあります。最初に間近で見た経営者ですから、経営面で社長の真似を試みたりもしたのですが、現状の自分達との乖離があり過ぎてワークしなかったですね(笑。

和田:偉大な藤田さんをいきなり真似しようとしても、難易度高いよね…(笑。

一谷:そうですね(笑。規模が大きいのに文化もしっかり根付いていて、人材も豊富な会社の経営者を真似してもそりゃステージが違うだろうという感じです。

和田:同年代では?

一谷:わゆる81世代ですよね。その括りで大きく意識したことはないですが、たまに飲み会が開催されていて、相談や情報交換をし合ったりする友人は多いですね。

和田:一谷さんってあまりビッグマウスタイプじゃないもんね。あんまり取材とかも受けないじゃない。

一谷:本当に自分達が大きな成功をして実績を作ったという実感がないと、人前で話せることもないと思えてしまうというか、上手いように喋れないところがあります。会食とかでの1対1や少人数は得意だと思っていますが。

和田:俺ら、國光さんまでの道のり遠いね(笑。

SD:お時間になりました。お二人ともありがとうございました。

----------[AD]----------

【投資家・起業家対談】「成長が止まった時、死ぬほど考えた」ーーインキュベイト和田氏×ビヨンド一谷氏

SHARE:

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。 このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式でその内情を語って頂く。前回に続いてインキュベイト・ファンド共同代表パートナーの和田圭祐氏とビヨンド代表取締役の一谷幸一氏。 一谷氏と和田氏の年表 2006年:…

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。

このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式でその内情を語って頂く。前回に続いてインキュベイト・ファンド共同代表パートナーの和田圭祐氏とビヨンド代表取締役の一谷幸一氏。

一谷氏と和田氏の年表
2006年:24歳の一谷氏と和田氏、サイバーエージェントで出会う
2007年:和田氏が25歳でファンド(セレネベンチャーパートナーズ)設立
2008年6月:一谷氏が26歳で起業、ビヨンドを設立
2009年12月:和田氏がビヨンドに投資
2012年:グロービス・キャピタル・パートナーズからシリーズAラウンドとなる第三者割当増資を実施。

IMGP8315

外れたシリーズA以降の「アプリ量産」戦略

前回からの続きーー

和田:分かりやすい戦略だったけどワークしなかった。プラットフォーム側の規約ひとつで左右される影響が大きすぎた。

一谷:確かに社員が大分動揺してたのは覚えてます。「この戦略大丈夫なのか?」って。

和田:当時って一谷さんの考え方ちょっと雑だったかもね。収益が立ちそうな所を発見してそこを攻めるのが得意な反面、プラットフォームの意向ひとつで影響受けたり、基盤が崩れたり。その後に骨太な事業を作る体制に舵を切れたのがよかった。

一谷:でも、(アプリ量産が失敗に終わって)じゃあその次何やるんだって。経営会議は難航してましたよね。

和田:うん。ちょっとしたミニゲーム作るとかそういうのは社内からも出てくるんだけどね。それやってどれだけ大きな所を狙えるんだって。これじゃあ前の繰り返しになるんじゃないかと。次やる事業はホームランを狙いにいこうよってことになった。

和田:「さあ、どうする」って、あの時はあらゆる目線を変えてました。

IMGP8325

SD:何かきっかけってあったんですか?

一谷:これまでの延長線上で軽いものを作っても何も積み上がらないのは分かってたんですよね。そこでいわゆる「ダム」という、ユーザーをプールできるもの、プラットフォームを狙おうということになったんです。さらにツールではなく、コミュニティサービスでなければ横の展開が生まれづらい、事業を載せにくいんです。こういう話を合理的に進めてました。

和田:経営会議では私と高宮さん(グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏)、経営チームでどう変わるんだって話を散々してました。究極的には「一谷さんってどういう勝負をしたいんだっけ?」って話になってましたね。そうしたら目先の細かい収益はさておき、これで振り抜けるっていうところまで吹っ切れた。

一谷:その時はビジョンや戦略などをまとめるのに合宿したり自身のほとんどの時間を割いてましたね…。

和田:そうだよね。ただあのタイミングで人も少し離れたりしたよね。

一谷:心えぐられるような気持ちってああいうのを指すんでしょうか。当時は諦めるわけにいかないって自分に言い聞かせてました。

和田:確かに足下の収益で数字を出して達成感を得てきたチームだったから、この収益基盤がぐらつく事態というのは厳しかったよね。目に見える数字を追いかけるのって安心感あるもんね。

一谷:そうですね。

和田:何をやるっていうのをゼロベースから考え直さなきゃいけない状況になって、強烈なストレスがかかるわけだから、追いかけられる人だけが残るのは必然かもしれない。一谷さんは辞めたいとかってあった?

一谷:さすがにそれはなかったですね。自分がどうなりたいかは考えましたよ。同時に組織はつくらなきゃいけないし、そこにウルトラCはないわけで、もうここは「一歩一歩しかない」って毎日言い聞かせてました。

IMGP8331

起業家のスイッチが入ったきっかけ

SD:回答って出たんですか?

一谷:スマートフォンでプラットフォームを作ろうと。

和田:もはやランキングが上がっては消えていくアプリはもうどうでもよかったのよね。それよりもユーザーが長く集まって愛される場所を作ろうって。そういう舵切りだったね。

一谷:その結論が出るまでの間、和田さんと毎週一回以上会ってましたよね。

和田:うん。ちょっと儲かりそうなアイデアはいっぱい持ってるんだけど、それらの小さなアイデアの延長線上で実現したい世界が見えてこなくて。

「で、一谷さんが目指しているものって何でしたっけ?」ってことを、色んな角度から百回ぐらい聞き続けた覚えがある(笑。

一谷:確かに。本当にそのときは何度も自分自身に問い続けることで磨かれていきましたね。

和田:単純に収益がおいしそうとかそういうのじゃなくて、世の中に何を問いたいんだっていうのが明確になっていったよね。

SD:和田さんは一谷さんの「起業家スイッチ」を入れられたんですか?

和田:あるひとつの事象をもってスイッチが入ったってことはないんですが、「これさえ成功すれば後のチャンスはどうでもいい!」って思えるようになってきて、その覚悟が見えてきたのは事実ですよ。

ただ、今もまだまさに苦しんでいる最中とも言えるんです。だって次に出すアプリがまだ当たってませんから。

一谷:そうですね。道中ではありますが、やることが明確になったことで組織としても次のフェーズに向けての準備が整いつつあります。

和田:いいチャレンジは出来てると思ってるんだけど。これまでと違ってさ、アプリで多少の収益を稼ぐとかそういうのじゃなくて、大きな世の中のインフラになろうよって考えにシフトしたわけだし、やってて楽しいよね。

一谷:やっぱりそこ大切ですよね。

IMGP8311

器用貧乏からの脱出

SD:前回がビッグマウス対談ということもあったので、やはり一谷さんも起業家として大きなものを目指したりってあるんですか?

一谷:それで言えば「世界のメディア王になる」っていうのが実はキーワードでありまして。

和田:本当にそれは最初の頃から変わらないよね。じゃあそれを目指すとして今何やってなきゃいけないのっていうのを考えてきたといえば、そうとも言える。

一谷:大変な時とか、結構この言葉に救われたりすることもあります。はい。

和田:さすがにさ、エモジバだけをやってた頃はさすがに世界のメディア王はイメージしづらかったけど、やってく中で色んな事業の経験を積んでみると徐々に「狙えるかも」思えるようになるのが面白いよね。

経営者としての成長や組織の経験値が溜まってくるとさらに一歩、二歩先を目指したくなるっていうか。

一谷:想いっていうんですか、そういうの強く持つようになりましたね。確かに過去、私って器用貧乏なところがあって、他社を見て「これはいけるんじゃない」って取り組むとやっぱり多少はできたりしちゃったんですよね。でも会社の規模も大きくなってくるとさすがにそれは無理になってくる。

和田:5年前の一谷さんのままだったら、経営者というより、インターネットメディア作って器用にそこそこの広告収益あげるのが上手なだけの商売人で終わったかも(笑。

一谷:厳しい(笑。

和田:でもそれが経験することで大振りできるようになるんだから不思議よね。シリーズAまでは波乗り上手で、その後に一皮むけた感じ。

一谷:成長してる時って別にいいんです。それが止まったときに本当に究極にまで考えるんですよね。

ーー一谷氏が尊敬する経営者とは。和田氏やその他の投資家を交えた経営会議の中身まで語った最終回は明日公開予定。

----------[AD]----------

【投資家・起業家対談】20代投資家と起業家の挑戦「30歳になる前にいかないとダメ」ーーインキュベイト和田氏×ビヨンド一谷氏

SHARE:

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。 このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式で「二人だから語れる」内情に迫る。 前回に引き続き、日本の独立系ベンチャーキャピタルでアーリーな企業を支援する、インキュベイトファンドのパートナーとその支援先に…

IMGP8305

投資家と起業家の関係は興味深い。特にシード期の投資家と起業家は共同で経営にあたり、資金だけでない特別な関係を結ぶことが多い。そこにはどのようなやり取りや葛藤があるのだろうか。

このインタビュー・シリーズでは、投資家と起業家のお二人に対談形式で「二人だから語れる」内情に迫る。

前回に引き続き、日本の独立系ベンチャーキャピタルでアーリーな企業を支援する、インキュベイトファンドのパートナーとその支援先にスポットを当てる。対談するのはインキュベイト・ファンド共同代表パートナーの和田圭祐氏とビヨンド代表取締役の一谷幸一氏だ。(※一谷氏は今週末から開催されるインキュベイトファンド主催イベントにも登壇予定)

ビヨンドの創業は2008年。フィーチャーフォン向けデコメ絵文字共有サービス「エモジバ」からスタートした同社は、数回の資金調達を経て事業をスマートフォン向けに特化。2012年にはグロービス・キャピタル・パートナーズを引受先とするシリーズAラウンドとなる第三者割当増資を実施。

数々の試行錯誤を経て現在、スマートフォンアプリ向けアドネットワークのBEADなど新たな挑戦を続けている。和田氏は一谷氏と同時期をサイバーエージェントで過ごした仲間で、同社の初期投資家でもある。

彼らが出会った2006年、二人はまだ24歳。話はそこから始まる。

IMGP8327

和田:出会ったのってサイバーエージェント(以下CA)でまだ新卒の頃だよね。

一谷:そうですね。まだ二年目の頃かな。私はアメーバビジョンっていう動画のCGMサービスを担当していて、和田さんはCAの中国投資担当。

和田:中国でやっぱり動画サービスに投資するかどうか考えていて、アメーバビジョンのチームに話を聞きにいったのが最初だね。

一谷:その後私、三年目で国内の投資事業部に異動したんですが、そこでは被ってたんでしたっけ?

和田:いや、私が2007年の3月で退職してそこで入れ違いだから被ってない。CA内でも活躍していた若手だったから色々教えてもらったりしてたけど、結局一緒に仕事はしなかったね。

SD:投資するきっかけって何かあったんですか?

一谷:和田さんが退職した翌年ぐらいの2008年に私も起業することになって、それでベンチャーキャピタルのみなさんにお会いしてたんです。その時に再会しまして。

和田:創業の頃から相談に乗ってくれと言われていて、私も投資するつもりはあったんです。けど、「CAの脱走兵」同士なんで、ちょっとやりにくい空気もあったよね。

一谷:結局、実際に投資してもらうのはその半年後ぐらいなんですけどね。

和田:アドネットワーク事業をやるか、エモジバっていうデコメのCGMをやるかで悩んでた。

IMGP8304

20代の起業家と投資家

SD:CAでの同僚が投資家と起業家に分かれて再会したわけですね。

一谷:実は二人とも同じ年で同じ誕生日なんです。あと確かSmartNewsの浜本さん(ゴクロ代表取締役の浜本階生氏)も同じ12月28日が誕生日なんだよね(笑。

和田:そうそう年末の忙しい日(笑。

何やっても立上げられるんだろうなというのは思ってました。けど、アドネットワークとしては後発だからどこまで勝てるのかね、という話はしてましたよ。折角アメーバビジョンとかユニークなサービスをやっていたのだから、そういう知見を活かしたサービスをやればいいのにって。

一谷:はい、もうその通りだなって思ってました(笑。そもそもアドネットワークなんてやったことなかったですし。

SD:お互い投資家と起業家とはいえ、20代の若手じゃないですか。血気盛んでお互い「何言ってんだ」って思ったりしなかったですか?

一谷:それは…なかったですね(笑。

和田:ただアドネットワークやるって聞いたときは「ちょっとアドネットワーク舐めてるかな」とは思いましたけど(笑。

一谷:はは。確かに当時はモバイルに勢いがあって、それだけで踏み込んでしまったかも。そもそもPCベースしかやってなかったし、当時のアメーバ系サービスはそこまでモバイルに力入れてなかったですからね。

和田:結局、最初のタイミングは見送ったんだよね。当時はまだ一人でファンド(セレネベンチャーパートナーズ)運営してた頃だったし、お互い大分胡散臭いというか駆け出しの頃だったよね。

一谷:笑。ところでどうして自分に投資しようと思ったんです?

和田:なんかやれそうだなって(笑。

一谷:一応、KPIは伸ばしてたんですよ!(笑。

IMGP8322

「30歳になる前にいかないとダメだよね」

SD:一番最初に投資してくれたのはどこだったんですか?

一谷:インスプラウトとクロノスファンドです。二回目の増資ではインスプラウトもさらに引き受けてもらって、そのタイミングで和田さんに参加してもらいました。

和田:まだ当時って受託開発やってたよね。でも伸びてるサービスあるんだからってそっちにリソースを割り当てようって。一回目の増資時期ってさ、私も一谷さんも絵文字使ってる女子高生とかギャルの生態系ってあんまり理解してなかったけど、半年経過したらしっかり勉強して数字伸ばしてたよね。あれで大丈夫、振り抜けばなんとかなるって思った。

一谷:そっから月一回位ですよね。会ってたの。

和田:うん。しばらく放置してたけど(笑。好きにやりなよって思ってたし、まあ困ったらなんか言ってくるかなって。

一谷:当時って私以外にどれぐらい投資してたんですか?

和田:6社とか7社ぐらいかな。丁度ポケラボなどの立上がりの時期でそっちに時間を割いてた。

一谷:まだブックマークサービスの頃ですよね。なつかしい。

和田:投資したのがお互い26歳とか27歳の頃で、最初は好きにやったらいいじゃないって思ってたけど、一年後ぐらいだよね。ギア入れ出したの。

一谷:そうそう。まだ受託もちょいちょいやっててエモジバも粛々とやっていたんですが、それでも「ドカン」といくわけでもなく。当時って和田さんから「一谷さん、もうそろそろ30歳だよね。30歳になる前にいかないとダメだよね」っていう直接的なプレッシャーを与えられてました(笑。ひとつステップアップしろと。

和田:かれこれ3年程事業をやってたからね。「これ」といった成功もないまま30歳になっちゃうのはなんとなくマズい的なことを言ってた覚えがある(笑。

一谷:それで段々ギアが入っていってスマートフォンに事業の舵を切ることになったんですよね。あれって…

和田:2010年だから29歳の頃かな。インキュベイトファンド設立のタイミングだ。

一谷:こっちは社員数六人ぐらいの時ですね。新規事業はずっと社内で話はしてたんですが、丁度、その時エモジバみたいなサービスがAndroidになかったので、じゃあって出したら伸びた。

IMGP8297

困難が始まるシリーズAラウンド「後」

和田:それきっかけでシリーズA増資に向かったんだよね。

一谷:当時ってなんか考えてました?

和田:いや、完全にノープラン(笑。もちろん細々したアイデアはありましたよ。ソーシャル系サービス、ゲームとかって当時爆発的に伸びる会社が出てきてたし、新しいサービスが立上がりやすい環境はあったんだよね。だから何やってもとりあえずはいくんじゃないかって。一谷さんの”起業家としての本能”を着火するスイッチだけ入れればいいやって思ってた。

まあ、フィーチャーフォンで溜めてたコンテンツやパワーがそのまま上手くハマった感はあったけどね。

一谷:でも本当に大変なのはそっからですよね…。

和田:勢いを背景にグロービスさんからのシリーズAが無事しまって、さあ、ってイメージしてた戦略が、、、若干はずしたよね。

SD:どんな戦略だったんですか?

一谷:シリーズA調達後にはとにかく「面」を獲りにいこう、という考え方だったんです。絵文字関連の周辺ツールとか2ちゃんのまとめアプリとか、小さなアプリを量産してメディアの面を作っていく。つまりAndroidマーケットのキーワードで上位になりそうなものをどんどん取っていくわけですね。最終的にはARPUが一番高いアプリに集約させていく。

和田:半年以上やってたよね。

一谷:はい、1カ月に50個とかアプリ作ってましたよ。

和田:分かりやすい戦略だったけどワークしなかった。プラットフォーム側の規約ひとつで左右される影響が大きすぎた。

ーーイメージしていた戦略が頓挫し、事業転換を迫られる二人と経営陣。波乱を乗り越えたきっかけを語った次回は明日公開予定です。

----------[AD]----------