BRIDGE

タグ ブラジル

ブラジルのHoobox Robotics、IntelのAIカメラと表情認識を組み合わせ車椅子ユーザの移動をサポートするキット「Wheelie」を発表

SHARE:

表情で車椅子を操作できる AI システムを搭載した Wheelie を使い始めると面白いことが起こる、と Hoobox Robotics の CEO である Paulo Gurgel Pinheiro 氏は言う。 車椅子を前進させるためにはキスの表情をします。ユーザがキスの表情をしてはじめて車椅子が動き出します。ユーザはこれに喜びを感じて笑顔を浮かべます。ただ、笑顔は停止のサインでもあるので、車椅…

girl-wheelchair-home

表情で車椅子を操作できる AI システムを搭載した Wheelie を使い始めると面白いことが起こる、と Hoobox Robotics の CEO である Paulo Gurgel Pinheiro 氏は言う。

車椅子を前進させるためにはキスの表情をします。ユーザがキスの表情をしてはじめて車椅子が動き出します。ユーザはこれに喜びを感じて笑顔を浮かべます。ただ、笑顔は停止のサインでもあるので、車椅子は止まってしまいます。

Wheelie キットでは Intel RealSense 3D カメラを使って表情による電動車椅子の操作を可能にしている。このアイデアはブラジルの大学で Pinheiro 氏などが行った調査から生まれた。現在、米国で60人が最初のテストに参加している。

Pinheiro 氏によると、ユーザの1日の移動距離は平均約0.5マイルで、システムが受信するサインは400以上になるという。

Wheelie はもともと、顔または首より下を動かすことができない人たちに向けて開発されており、鼻または額にしわを寄せる、キス、ウィンク、眉を上げるなど、最大で10種類の表情を認識することができる。

facial-expressions.jpg

前進、バック、右折、左折にどのような表情を割り当てるかは、ユーザごとに設定することができる。

ユーザの大半は前進のサインとしてキスを設定します。ポジティブな表情ですし、何より簡単に覚えられますからね。ほとんどの人は、バックに舌を出す表情を設定しています。ただ、停止に関してはたいてい笑顔を設定していて、はにかみ笑いや満面の笑み、半笑いになることもあります。理由はわかりませんが、ユーザは笑顔で車椅子を止めるのが好きなようです。

他にも顔または首より下を動かせない人に向けて開発された車椅子はあるが、ほとんどの場合人体に取り付けられたセンサーを使っている

Wheelie の初期の所見と今後の計画は、12月3日に行われた国際障害者デーと、モントリオールで行われた NeurIPS の初日にて発表されている。

表情認識システムと、けいれんやせん妄を検知するセンサーは、サンパウロの Albert Einstein 病院でのテストにも使用されていると Pinheiro 氏は言う。

もし現在、表情認識システムの企業を経営しているなら、表情認識だけでは十分とは言えません。人間の行動も検知できるようにする必要があります。将来的には、多くの医療機器とヘルスケアアプリケーションになんらかの表情認識ソフトウェアが搭載され、表情を検知して、人間の行動を予測するようになります。

Wheelie は RealSense カメラだけでなく、OpenVINO コンピュータービジョンツールキットと Core プロセッサも使っている。Hoobox は Intel AI for Social Good イニシアチブのサポートを受けている。

社会貢献活動のために Intel が4月に立ち上げた AI for Social Good イニシアチブは、様々な問題の解決に取り組むスタートアップやプロジェクトをサポートしている。これまでのところ、中国の万里の長城の保護活動をサポートしている。また、自動化された温室で誰がもっとも効率的にきゅうりを栽培できるかというコンテストにも参加しており、これには Microsoft とTencent も参加している。

このイニシアチブを統括している Anna Bethke 氏は VentureBeat との電話インタビューで次のように語った。

National Spinal Cord Injury Statistics Center によると、米国では約28万8,000人に脊髄損傷があり、毎年約1万7,700人が新たにこの損傷を負っています。また、こうした損傷を持つ人たちにとって、身体を動かせることがクオリティ・オブ・ライフに大きな影響を与えることが様々な研究から明らかになっています。彼らは移動のために電動車椅子や介護士に頼る場面が多くなっています。

人工知能を使って障害を持つ人たちの自立を支援しようとしているのは Hoobox だけではない。

自律システムを搭載した車椅子が今年の夏に日本とシンガポールでデビューを飾った。一方、香港大学の Ming Liu 氏と IEEE Robotics and Automation Society は、既存の電動車椅子を改良して起伏の激しい路面でも走行できる方法を模索している。Liu 氏の研究室では様々なセンサーやコンピュータービジョンを使って、自動で階段を上ることができるシステムを開発した。

ロボット工学の知識を持った多くのスタートアップや企業が、移動の自由度を広げるための外骨格の開発に取り組んでいる

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Didi Chuxing(滴滴出行)、ブラジルの配車サービススタートアップ99の買収を認める

SHARE:

中国の e タクシー大手 Didi Chuxing(滴滴出行)は、同社がブラジルの配車サービス大手 99 を買収手続中であるとした先ごろの報道を認めた。買収条件詳細は、開示されていない。 今回の買収から数週間前、Didi Chuxing は40億米ドルの調達を発表しており、同社の累積合計調達金額は約200億ドルとなった。2013年に設立されたサンパウロ拠点の 99 は、これまでに Qualcomm…

中国の e タクシー大手 Didi Chuxing(滴滴出行)は、同社がブラジルの配車サービス大手 99 を買収手続中であるとした先ごろの報道を認めた。買収条件詳細は、開示されていない。

今回の買収から数週間前、Didi Chuxing は40億米ドルの調達を発表しており、同社の累積合計調達金額は約200億ドルとなった。2013年に設立されたサンパウロ拠点の 99 は、これまでに Qualcomm、ソフトバンク、そして Didi Chuxing など特筆すべき投資家から約2億4,000万ドルを調達しており、昨年1月には1億米ドルに上るシリーズ C ラウンドを実施した。

Didi Chuxing は2015年、互いに中国の配車アプリ競合だった Didi Dache(滴滴打車)と Kuaidi Dache(快的打車)が合併して生まれた。 Didi Chuxing は Uber に似て、カープーリング(乗合)、タクシー、運転士付き高級車など、スマートフォンを使った配車サービスを提供する。

Didi Chuxing の中心的な配車サービスは中国国内での提供に限られる一方、同社は主要な市場で Uber の顧客獲得を脅かすような、特定のターゲット市場に特化した投資戦略で提供エリアを拡大しつつある。昨年8月、Didi は中東、アフリカ、アジアの数十都市で人気を集める配車サービス Careem に出資、また、ヨーロッパやアフリカでサービスを提供する Taxify にも出資している。他にも、Didi はアメリカ国内で Uber にとって競合である Lyftインドの Ola、東南アジアの Grab に投資している。Uber は2016年、同社の中国部門を300億米ドルで Didi に事業譲渡している。

Didi は、同社が国際展開する計画を明確にしており、その計画は、99 の例で見られたように、最終的には完全買収に至るかもしれない大規模な投資を通じて進められていることが、明らかになった。

Didi の創業者で CEO の Cheng Wei(程維)氏は、次のように語っている。

グローバリゼーションは、Didi にとって最優先戦略です。AI 機能やスマート輸送ソリューションへの投資を強化し、多岐にわたる国際的な運営や提携を通じて、世界の輸送および自動車産業の変革を進めていきます。

今回の買収の結果、Wei 氏は Didi がラテンアメリカでの成長の加速を目指すことになるだろう、と述べた。

ブラジルで 99 の創業者やチームが達成した成功は、ラテンアメリカにおける起業家精神、イノベーションの精神を具現化しています。我々2つのチーム間の信頼関係を土台に、この新しいレベルでの統合は、より便利で付加価値の高いモビリティサービスをラテンアメリカにいもたらすでしょう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

企業向けにデータ・解析を提供するブラジル発のNeoway、米国進出を視野に4,500万ドルを調達

ブラジルで企業に対しデータやアナリティクスを提供する Neoway が、米国への展開を目指して、4,500万ドルを調達したことを発表した。米国の QMS Capital がこの調達ラウンドを主導しており、既存の投資家である Accel、Monashees、Endeavor Catalyst も参加している。PointBreak と Pullux も新たに投資家として加わった。 ブラジルのフロリアノ…

ブラジル、フロリアノポリスにあるNeowayのオフィス
Image Credit: Neoway

ブラジルで企業に対しデータやアナリティクスを提供する Neoway が、米国への展開を目指して、4,500万ドルを調達したことを発表した。米国の QMS Capital がこの調達ラウンドを主導しており、既存の投資家である Accel、Monashees、Endeavor Catalyst も参加している。PointBreak と Pullux も新たに投資家として加わった。

ブラジルのフロリアノポリスに拠点を置く同社は、潜在的な顧客と幅広いマーケットに関する非常に詳細な情報を集め、キュレートすることによって、クライアントの営業管理を支援する。発表内容によると、Neoway は600の異なる情報源から3,000以上のデータベースを用いている。

CEO の Jaime de Paula 氏は、VentureBeat による独占インタビューで次のようにコメントしている。

企業は、今後誰に対して販売するのかというのを理解しているとは限りません。なので、彼らのターゲットをより洗練させるために、インテリジェントなデータを必要とします。私たちは、目的に応じて様々なソースから公開データを収集します。

たとえば、同社は交通局から情報を収集する。ブラジルの企業が所有している全トラックに関する詳細データがそこには含まれる。

この情報に基づいて、Raizen やShell は潜在的な顧客に対して燃料を販売できますし、銀行は不良債権を収集できます。(de Paula 氏)

Neoway は、ボットを使ってウェブ上をクロールし、価値ある情報を探し出す。同社が集めるデータの95パーセントは公開データで、5パーセントが提携先からもたらされるものだ。De Paula 氏いわく、有料サービスを利用中の顧客はすでに400以上であるという。ユニリーバやマイクロソフトのブラジルオフィスも顧客の一つのこと。インテリジェントデータの提供のみならず、Neoway は Microsoft Dynamics と統合しており、今年中に Salesforce 上で提供可能にしたいという。

(本記事は抄訳になります。)

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

ブラジルと中国のネット市場、まだまだ参入の余地はある?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 「この投稿はゲストエディターであるMarc Violo氏 (mviolo@mac.com)によって書かれている。彼は2008年から中国に滞在し、デジタルマーケティングコンサルタント、Brazil IABのAdNetworks Committee取締役をつとめるEdvaldo Acir氏(edvaldoacir@uol.com.br)、ニューヨーク、サンパウロ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】
「この投稿はゲストエディターであるMarc Violo氏 (mviolo@mac.com)によって書かれている。彼は2008年から中国に滞在し、デジタルマーケティングコンサルタント、Brazil IABのAdNetworks Committee取締役をつとめるEdvaldo Acir氏(edvaldoacir@uol.com.br)、ニューヨーク、サンパウロをベースとするデジタルマーケティングのプロであるAndre Bodowski氏(bodowski@yahoo.com)らと共にTencentの数々のデジタルプロジェクトに携わってきた。」

ブラジルと中国は地域の経済成長を牽引する存在であり、言葉、文化、政情や経済システムは違うものの両国のインターネット市場の状況には多くの類似点がある。

多くの大きなインターネット関連会社はすでに自らの地位を確立し、重要なマーケットシェアを握っている。しかし、これら2つのBRICへの投資を検討している企業には、そのマーケットから利益を生む機会が十分にある。インターネットの数字に基づいて比較すると、投資分析の参考になり決断の手助けになるだろう。

2011年にブラジルはイギリスを抜き、経済規模では世界第6位の国になりつつあるところで幕を閉じた。Ibope/Nielsen Research Center によれば、現在ブラジルのインターネット市場は7400万人規模であり、結果として多数の国際企業からの投資を獲得している。

最近ブラジルに参入したしたFacebookやNetflix、Amazonといった企業は、Google、Yahoo、Microsoftなど数年前にブラジル市場に参入した企業と市場の奪い合いをしている。それに加え、地元企業の先駆けであるUOL、Globo.com、IGおよびTerra Networksも巻き込んでの競争となっている。

中国のネットユーザーが世界最大規模の4.57億人(Incitez.com)を誇っているが、市場に参入した外資企業はそれぞれの失敗劇を繰り広げている。世界の大企業であるEbay、Googleやさらに最近登場したGroupon、およびその他の小規模企業は中国での安定した経営という点では困難に直面している。

中国のインターネット市場で成功するために覚えておくべき事は、企業のローカル化である。その国の優秀な人材を階級の至るところから雇い、ローカル視点で戦略を立て、自国や他の国で成功したビジネスモデルを持ち込まないようにすることである。

宣伝費用

ブラジルのIAB (Interactive Advertising Bureau)は最近、オンライン広告費用についての詳細な調査を発表し、新しい項目を追加するとともに過去の見通しを拡大した。以前は、IABは費用としてディスプレイメディアのみを対象と考えていた。今ではブラジルのサーチエンジン(Ask,Bing,Google,Yahooなど)も費用調査の対象としている。

サーチエンジンはデータを各機関に開示しないので、ブラジルIABはブラジルの広告代理店や広告主からのアンケートをもとに費用の予測を作っている。さらに、ブラジルのIAB調査投資ガイドラインおよびブラジルと類似したマーケットからのデータも参考にしている。

最近の調査によると、ブラジルのオンライン広告費用の約50%は検索に費やされ、ディスプレイが残り半分を占めている。調査によると、オンライン広告のブラジルでの費用は2011年には$3,100,000に届くと予想され、国内の広告マーケットの10%のシェアを占め、2010年と比べて25%の成長率が見込まれている。

ブラジルのオンライン宣伝市場と比べると、中国のサーチエンジンでは広告費が明確ではなく、宣伝主たちから敬遠されている。それよりも可能性を秘めた市場がモバイル宣伝の分野である。

3.03 億人のモバイルインターネットユーザーまたは66%のユーザー人口により、宣伝する側もモバイル広告の発展につながるネットワークに注目し始めている。最近の市場に対する投資は、世界の広告ネットワークを牽引する企業の一つであるInMobiで、中国の地元企業であるMadHouseなどと競合するため、中国投資の強化、新しいオフィスの設置などに注力している。

デジタル配分

社会的な不平等もまた、ブラジルと中国のデジタル分野でたどることができる。ブラジルでは、最貧民層の10%のうち 0.6%だけがインターネットにアクセスできるのだ。富裕層の10%のうち56.3%はインターネットにアクセスしている。Ibope/Nielsenに よって行われた調査によると、地域別結果は南部(25.6%)、南東(26.6%)となっており、北部(12%)と北東(11.9%)との違いは明らか である。中国においてはこうした差異はブラジルほど明らかではない。富裕層の住まう上海や北京では34%もの市民がオンラインとなっており、発展の 遅れている貧民層の地域のインターネット浸透率は28%となっている(Incitez.com)。

ソーシャルネットワーキング部門を見てみると、両国を通じて明瞭なことは、人々のマイクロブログ中毒者数の上昇であろう。Mercopress によると、ブラジルはいまだTwitter浸透率の高い国(24%)として上位3位に位置しており、中国は史上最も速いペースでマイクロブログが成長している国として取り上げられている。中国で最前線を行く情報ポータルの1つ Sina が、2009年8月より開始したTwitter類似サービス「Weibo」は、既に富裕層の市民の24%が利用しており、現地の最大手ビジネスインテリジェンスプロバイダーのCICによると、この数字は 2億5000万ユーザーに値するという。

クローンと思われていた Weibo はすぐに革命的なサービスとなり、今ではTwitterの模範サイトであり、また第3者の動画や画像の統合サービスも参考にしている。ユーロ圏の問題と米国の成長低迷をもってしても、ブラジルの経済成長は継続するだろう、という意見が囁かれている。それに加え、2014年のサッカーワールドカップと2016年の夏のオリンピック開催の双方のブラジルでの開催が決定している。これによってオンラインの広告経費はうなぎ登りするだろうと予測されている。ラテンアメリカのは大の経済成長年を2012年に迎え、新しく重要なデジタル関連企業の参入が期待される。

数字からも明白だが、中国は投資の機会で溢れ返っている。Eビジネスの開発を例にとってみると、工業情報化部宣伝部のDong Baoqing次長は、「中国におけるEコマースの売上高は、2011年から2015年の間、毎年少なくとも32%の成長を遂げるであろう。我々は、 2015年の取引高として18兆元(2.8兆ドル)を見込んでいる。」

しかし、中国で収益を見込める企業の開設を成功させるには、まず市場について完璧に勉強し理解することが必要である。中国の古くからのことわざにあるように、郷に入れば郷に従え(入乡随俗)である。これは両国に言えることであろう。

[Image courtesy of democraciapolitica]

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------