BRIDGE

タグ プラスアド

フットペダルで譜めくりなど、ローランドの電子ピアノがスマート電子楽譜「piaScore」と連携

SHARE:

世のピアニストにとって、なかなかワクワクする時代が到来したのではないでしょうか。これまで本媒体でも何度もご紹介してきたスマート電子楽譜「piaScore」。この度、電子楽器の製造販売を行うローランドと協業し、2015年秋に発売されるデジタルピアノ(「LX-17」「LX-7」「HP605」「HP603」)とpiaScoreとの連携を発表しました。 Bluetoothを用いることで、ピアノ本体のフット…

スマート電子楽譜「PiaScore」と連携したローランド社のデジタルピアノ
スマート電子楽譜「PiaScore」と連携したローランド社のデジタルピアノ

世のピアニストにとって、なかなかワクワクする時代が到来したのではないでしょうか。これまで本媒体でも何度もご紹介してきたスマート電子楽譜「piaScore」。この度、電子楽器の製造販売を行うローランドと協業し、2015年秋に発売されるデジタルピアノ(「LX-17」「LX-7」「HP605」「HP603」)とpiaScoreとの連携を発表しました。

Bluetoothを用いることで、ピアノ本体のフットペダルを使ったハンズフリーな楽譜の譜めくりが可能に。演奏者は譜めくりの煩わしさから解放され、演奏に集中することができるようになります。

「ローランド社とは、ここ数年間にわたって情報交換をしてきました。今年2月に新製品のデジタルピアノについて連絡があり、今回の連携に至りました。ローランド社はデジタル楽器・音楽に強い会社ですから、テクノロジーを使った音楽事業を追求する弊社との親和性は高いだろうと考えています」(プラスアド代表 小池宏幸さん)

また、piaScore内のYouTube再生では、Bluetoothオーディオ機能によって、音声がピアノ本体のスピーカーから流れるように。YouTubeの音声を伴奏にして演奏するなど、楽しみ方の幅が広がりました。このデジタルピアノは、日本、北米・カナダ、中国・香港・台湾、オーストラリア・ニュージーランド、欧州各国(東欧の一部国を除く)、トルコで販売される予定。

「世界中の楽譜をいつでも手元に」をコンセプトに開発され、2014年には累計100万ダウンロードを突破したpiaScore。7万曲を超えるクラシック音楽の楽譜の無料ダウンロードや、カメラを使った楽譜の取り込み機能、レコーダーやチューナー、メトロノームなど演奏者にとって必要なさまざまな機能を搭載しています。

今後も、楽譜のクラウド化や練習記録の管理など、演奏者の視点に立った機能開発を進めていくとのこと。その中でもフットペダルに着目し、例えば、フットペダルを使った伴奏再生や自動譜めくりのスターとや楽譜の選択などを検討しています。

幼少時代からピアノを演奏して育ったという、プラスアド代表の小池宏幸さん。そうした経験の中で、ミュージシャンが多くの課題に直面していることを痛感し、piaScoreの開発に至りました。ご自身がユーザーでもあることで、サービスの利用者である演奏者に真に寄り添ったサービスが実現しています。

今後、プラスアドが楽器演奏者に対してどんなソリューションを提供していくのか。ますます楽しみです。

楽譜が読めなくてもピアノが演奏できる?「PiaScore」のプラスアドが本格的ピアノアプリをリリース

SHARE:

電子楽譜ビューア「PiaScore」を開発するプラスアド株式会社が、本日新たにiOSアプリ「ピアノ by plusadd」をリリースした。代表の小池宏幸氏が掲げる「音楽とテクノロジーの接点で、世の中をもっと創造的で豊かなものする」というビジョンがまた一つ形になった。同社のiOSアプリは「piaScore」が75万ダウンロード、「楽器チューナー」が110万ダウンロードを記録している。(2014年5月…

Piano-Plusadd 2

電子楽譜ビューア「PiaScore」を開発するプラスアド株式会社が、本日新たにiOSアプリ「ピアノ by plusadd」をリリースした。代表の小池宏幸氏が掲げる「音楽とテクノロジーの接点で、世の中をもっと創造的で豊かなものする」というビジョンがまた一つ形になった。同社のiOSアプリは「piaScore」が75万ダウンロード、「楽器チューナー」が110万ダウンロードを記録している。(2014年5月時点)

ピアノは、iPhoneやiPadでも両手を使ってしっかり弾ける本格的なピアノアプリ。画面が小さなモバイルデバイスでも、複雑なメロディを簡単に奏でられるコードボタンを採用することで操作を容易にしている。また、高品質なグランドピアノのほか、フルートや教会オルガン、エレクトリックギターといった全18種類の音色が搭載されている。

モバイル上でピアノ演奏を可能にするアプリは既に数多く出回っているが、プラスアドのピアノの特徴は前述の「コードボタン」という仕組みだ。これによって、両方の指一本ずつを使って伴奏と共に曲を奏でられる。伴奏はあらかじめ設定することで、ボタンのワンタップで機能するのだという。例えば、「C」に設定するとCメジャーコード(ド・ミ・ソ)の和音が鳴る。今後は、和音を同時に鳴らすだけでなく、ド→ミ→ソといったリズムパターンなどの設定もできるようにしていく。

「コードボタンという形にしたのは、piaScoreを開発する中で「楽譜の読み方がわからないし、大変」という声をいただいたことがきっかけです。楽譜が読めなくても音楽が奏でられれば、楽器演奏を楽しめる人の数がいっきに増えます。実際、ギターなどの楽器では、楽譜を見て弾くのではなく、仲間から教わった“弦の押さえ方”で覚えるという方も多く、これにヒントを得ました」

アプリの基本利用は無料だが、300円で「完全アップグレード」することで追加機能が楽しめる。保存できるコードセットの数が無制限になり、全18種類の音色が利用できるようになる。今後は、コードボタンのセットやメロディー楽譜を購入できる機能などを搭載していく予定。定期的に新曲の楽譜を届けることでユーザーのモチベーションを向上させ、継続利用を促す狙いだ。

「教育の現場でも活用してもらいたいと思っています。iPhoneやiPadをプロジェクターにつなげれば、例えば先生がアプリを使って演奏している様子を子ども達が見ることで、楽器演奏を学ぶことができます」

今回のピアノアプリのリリースを皮切りに、今後もギターや他の楽器のアプリも展開していきたいと話すプラスアド代表の小池氏。「ピアノ by plusadd」は、年内に世界累計で100万ダウンロードを目指す。Android版については、ニーズを見て対応を検討していくという。