BRIDGE

タグ ベストティーチャー

【追記アリ】代ゼミグループの日本入試センターがオンラインによる英語4技能対策スクール「ベストティーチャー」を完全子会社化

SHARE:

SAPIX YOZEMI GROUPのグループ法人である日本入試センターは、2016年8月2日、オンラインによる英語4技能対策スクールの「ベストティーチャー」を運営するベストティーチャーの全株式を取得し、完全子会社化した。 ベストティーチャーは、2011年11月1日に創業。2012年5月11日にオンラインスクール「ベストティーチャー」を開始。自分で考えた英文を講師に添削してもらい、その英文を使って…

best teacher

SAPIX YOZEMI GROUPのグループ法人である日本入試センターは、2016年8月2日、オンラインによる英語4技能対策スクールの「ベストティーチャー」を運営するベストティーチャーの全株式を取得し、完全子会社化した

ベストティーチャーは、2011年11月1日に創業。2012年5月11日にオンラインスクール「ベストティーチャー」を開始。自分で考えた英文を講師に添削してもらい、その英文を使って英会話を行うことにより、英語が上達するサービスとして注目を集めた。

サービスをリリースしてしばらくしてからは、大学入試で用いられる検定試験である英語4技能を学習するためのサービスとして、成長してきた。2016年2月には、英語4技能学習システムで特許を取得している。

ライティングとスピーキングを学習できる「ベストティーチャー」が英語4技能学習システムで特許を取得

SAPIX YOZEMI GROUPは、これまでにも英語4技能の向上のために様々なプログラムを開発し、講座を設置してきていた。今回、ベストティーチャーがグループに参画することにより、SAPIX YOZEMI GROUPの英語4技能対策がさらに充実すると見られる。

代ゼミグループは、今年に入ってスタートアップとの距離を急速に縮めている。企業が社員のキャリア情報を掲載するOB訪問サービス「VISITS OB」を運営するVISITS WORKSに出資し、学習管理SNS「Studyplus」を運営するスタディプラスと連携を行っている。

第一弾は代ゼミが導入、スタディプラスが生徒の学習状況を管理画面から把握できる機能を教育事業者向けに提供

企業が社員のキャリア情報を掲載するOB訪問サービス「VISITS OB」、総額2.5億円を調達し代ゼミグループと資本業務提携

代ゼミグループの高宮氏は、今回の子会社化に関して、下記のようにコメントしている。

高宮氏「明治以来、スピーキング力強化は日本の英語教育の大きな課題であり、一つの教授法では解決困難です。対面による集団・個別授業、映像授業による知識のインプット、アプリケーションを使った反復練習、そしてネイティブ講師とのオンライン英会話など、複数のメソッドを組み合わせる必要があると考え、SAPIX YOZEMI GROUP ではパートナーを探していました。EdTechの集まりをきっかけに宮地社長と知り合い、今後のビジョンを共有できましたので、同じグループとして頑張っていく道を選択しました」

また、ベストティーチャーに対して「英語4技能育成を通じて、今後の日本の英語教育に大きな貢献ができるものと期待しています」とコメントしている。ベストティーチャー代表取締役社長の宮地俊充氏は、今後の展開についてこうコメントしてくれた。

宮地氏「従前から取り組んできた4技能試験対策コースの拡販に加えて、一般的な4技能学習サービスをSAPIX YOZEMI GROUP の生徒様に提供していきます。本日の新聞でも大きく取り上げられておりましたが、8月1日に学習指導要領の改訂案が固まり、小学校5~6年生で英語が正式教科となり、歌やゲームなどで英語に親しむ「外国語活動」が3年生から開始されることも後押しになると考えています」

ライティングとスピーキングを学習できる「ベストティーチャー」が英語4技能学習システムで特許を取得

SHARE:

ベストティーチャーが、インターネットを活用してライティングとスピーキングを学習する独自システムを開発し、特許権(特許第5866622号)を取得した。 スタートアップにとって、どう他の企業と競争するかは非常に重要な問題だ。多くの場合はフットワークの軽さやスピードの高さを強みに競争する。 大きな企業が特許等を用いて自社の事業を守る場面は目にするが、なかなかスタートアップでは目にしない。今回のベストティ…

英語4技能学習システムで特許

ベストティーチャーが、インターネットを活用してライティングとスピーキングを学習する独自システムを開発し、特許権(特許第5866622号)を取得した

スタートアップにとって、どう他の企業と競争するかは非常に重要な問題だ。多くの場合はフットワークの軽さやスピードの高さを強みに競争する。

大きな企業が特許等を用いて自社の事業を守る場面は目にするが、なかなかスタートアップでは目にしない。今回のベストティーチャーの事例はレアケースだと言えるだろう。

ベストティーチャーが取得した特許の内容は、「双方向語学学習装置、方法、及びコンピュータープログラム」について。従来のオンライン学習と異なり、双方向であること、n対nのマッチングを行っていることなどが発明として認められた。

ベストティーチャー代表取締役の宮地 俊充氏が特許を考案したのは、2011年10月。会社を設立する前だった。サービスをリリースした後、2013年8月に特許を出願。その後、審査請求、中間処理、特許査定といったステップを経て、ようやく特許を取得。

取得のためにかなりの年月を要しており、やはりスタートアップとは少し相性が良くはない。宮地氏は、「教育業界は息が長い業界。新規性はあるけれど、継続して重要になるものだと判断して出願した」とコメントした。

今回の特許取得は広報的に重要な役割を持つ。2020年度から、大学入試改革においてTEAPやTOEFL iBTなどの4技能試験が本格的に始まる。英語の学習サービスも、それに合わせて4技能を学ぶことができるものへと変化していくだろう。

ベストティーチャーは、この領域において特許を取得しているため、オンラインで英語4技能学習システムを提供したいと考えた場合、ベストティーチャーと連携して提供するほうが早く進むと考えられる。

特許を持っていることを周囲に知らせることで、自分たちと一緒に開発したほうがメリットが大きいと知ってもらう効果も見込んでいるという。

ここまで話を聞くと、特許を取得することの重要さがわかってくる。自身のやりたいサービスのコアとなる部分が固まっており、振らさずに取り組んでいくという覚悟があるのであれば、スタートアップであっても特許の出願を視野に入れるのもありだろう。

現在、ベストティーチャーは数万人の個人会員を抱えている。その他、大学法人でも入学前の教育として活用されたり、法人向けの研修として利用されるなど、多くの場面で利用されるようになっている。特許の取得がサービス成長の後押しとなるか、またしばらくしたら話を伺ってみたい。

オンライン英会話のベストティーチャーが旺文社のコンテンツを活用したTOEFL対策コースをスタート

SHARE:

旺文社と提携した「旺文社TOEFL(R)コース」の提供を開始 「英語を勉強しなくては」という考えをもっている人は、これまで以上に増えてきているように感じます。英会話を修得するためのサービスも続々と登場し、やる気さえあればいくらでも学べそうな環境ができてきています。 英会話に関心がある人であればTOEFLはご存知かと思いますが、スクリプトを作成して、それをもとにSkype英会話でレッスンを受ける「ベ…

toefl-course

<ピックアップ>旺文社と提携した「旺文社TOEFL(R)コース」の提供を開始

「英語を勉強しなくては」という考えをもっている人は、これまで以上に増えてきているように感じます。英会話を修得するためのサービスも続々と登場し、やる気さえあればいくらでも学べそうな環境ができてきています。

英会話に関心がある人であればTOEFLはご存知かと思いますが、スクリプトを作成して、それをもとにSkype英会話でレッスンを受ける「ベストティーチャー」が、教育出版社の旺文社からライセンス許諾を受けて新コース「旺文社TOEFL(R)コース」の提供を開始したそうです。

ベストティーチャーのコースでは、旺文社が出版するTOEFL対策書シリーズの『TOEFLテストスピーキング問題110 改訂版』『TOEFLテストライティング問題100 改訂版』に掲載されている問題を元に、ベストティーチャー上でWritingレッスンとSkypeレッスンが受けられるというもの。


オンライン英会話ベストティーチャー「旺文社TOEFL(R)コース」紹介動画 from Best Teacher on Vimeo.

TOEFLを勉強したいと思っている方はチェックしてみては。先日、ベストティーチャーは英字新聞のThe JapanTimesとも連携をスタートさせています。コンテンツを作り出しているプレイヤーに対して、そのコンテンツを有効に活用する場を提供するこうしたアプローチは他の領域でも活きそうですね。

course-select

「日本のビジネスマンが日常的に英字新聞を読めるように」− オンライン英会話ベストティーチャーが英字新聞The JapanTimesと連携

SHARE:

オンライン英会話「ベストティーチャー」を提供するベストティーチャーは、英字新聞「The Japan Times / International New York Times」を発行するジャパンタイムズ、ビジネス英語研修サービスを提供しているグローバルブルーとの連携を本日発表した。 The Japan Timesが毎週日曜日に発行している週刊英字タブロイド紙「The Japan Times On S…

_MG_9858

オンライン英会話「ベストティーチャー」を提供するベストティーチャーは、英字新聞「The Japan Times / International New York Times」を発行するジャパンタイムズ、ビジネス英語研修サービスを提供しているグローバルブルーとの連携を本日発表した

The Japan Timesが毎週日曜日に発行している週刊英字タブロイド紙「The Japan Times On Sunday」に掲載された英文記事コンテンツを「ベストティーチャー」に提供し、ユーザはその英文を使って英会話レッスンを受けることが可能になる。

writing

この連携サービスに申し込むと毎週「The Japan Times On Sunday」が購読でき、ベストティーチャーのレッスンを受けられる。価格は月額16,200円となっており、この利益は3社で配分される。

ジャパンタイムズは昨年11月より、「The Japan Times / International New York Times」を活用したビジネスマン向けの英語学習プログラム「朝英語の会」をプロデュースし、英字新聞を活用した英語学習機会を提供してきた。だが、このプログラムは開催されるのが都内中心エリアに限られ、地方の人は参加が難しいなどの課題があった。

より参加の幅を広げるために、「朝英語の会」の運営をサポートするグローバルブルー代表の関口雄一氏がオンライン英会話との連携を提案し、「ベストティーチャー」内でのプログラムが実現、今回の連携に至った。

ベストティーチャー代表の宮地俊充氏は、

宮地氏「ベストティーチャーにジャパンタイムズのコンテンツを提供してもらい、それを活用してレッスンを行うことで、リアルの場で開催されている学習体験を広げることができるのではと考えました。ベストティーチャーも現在、プラットフォーム化を目指しており、コンテンツ面で連携できるパートナーを探していたこともあって、今回の連携に至りました。」

とコメントしている。今回、ベストティーチャー上で学習可能となるのは週刊の「The Japan Times On Sunday」だ。これについて宮地氏は以下のようにコメントしている。

宮地氏「勉強をする上で大切なことはコンテンツがしっかりと消費できる量だけ提供されること。「The Japan Times On Sunday」であれば週刊のため、一週間で学習し終えることが可能だと考えました。」

_MG_9856

ジャパンタイムズ 販売部長の沼田雄介氏は、

沼田氏「まずは英字新聞の入門として「The Japan Times On Sunday」の英文コンテンツに触れてもらえればと考えています。ゆくゆくは、日刊のほうでのコンテンツ提供も検討したい。」

とコメントしている。今回、連携の提案を行ったグローバルブルーの関口雄一氏は、

関口氏「これからの時代求められるのはスピーキングを含めたコミュニケーションスキル、そして問題解決スキルです。自分の意見をわかりやすく伝え、相手を動かす力がより求められるようになります。基礎力はもちろん変わらず重要ですが、今起きている世間の事柄に対して、いかに自分の意見を英語で伝えられるかが求められます。

日本のことを英語で紹介しているThe Japan Timesと、それを読んで自分の意見のスクリプトを作成し、オンラインで英会話を行う「ベストティーチャー」が連携することで、忙しいビジネスマンであっても社会の事柄に対して英語で意見を述べる力を養うことができるようになると考えています。」

とコメントしている。

「英語学習は自分にとってMeaningfulであることがポイント」と語る関口氏。これまでの英語学習のように、自分の生活とはあまり関係のないテキストを教材に学ぶことが多かった。まさにいま社会で起きていることを教材に英語を学ぶことができるのであれば、英語を学習することに意味を見出しやすくなるという。

沼田氏「英字新聞が読めるようになることは、国際的な教養にもつながります。日本のビジネスマンに英字新聞を読めるようになってもらい、日常的に英字新聞に触れるようになってもらいたい。グローバル社会の中ではそうあるべきだと考えています。」

良質なコンテンツを生み出しているメディアとコンテンツを活用してサービスを提供しているプレイヤーとの連携という意味でも今回の事例は興味深い。

インターネットとモバイルが普及し、これまで以上に世界とつながりやすくなっている。東京オリンピックを前に訪日する人々も増える中、日本のことを英語で語れる力を伸ばすことはビジネスマンにとって重要なことだろう。

今回の連携サービスはこちらから詳細を確認することができる。