THE BRIDGE

タグ ペコッター

レストランでマッチングする「Dine」が「ペコッター」と連携、デートの自動予約サービスを開始

SHARE:

デート直結型のマッチングアプリ「Dine」は7月26日、ブライトテーブルが運営する飲食店予約のコンシェルジュサービス「ペコッター」と連携し、日本版の利用者向けにデートの自動予約サービスの提供を開始している。 2016年に北米でスタートした「Dine」は、レストランで会うことを前提とした「デート直結型」のマッチングアプリ。2017年11月に日本に進出し、リリースから半年で東京・大阪・福岡の3都市にお…

デート直結型のマッチングアプリ「Dine」は7月26日、ブライトテーブルが運営する飲食店予約のコンシェルジュサービス「ペコッター」と連携し、日本版の利用者向けにデートの自動予約サービスの提供を開始している。

2016年に北米でスタートした「Dine」は、レストランで会うことを前提とした「デート直結型」のマッチングアプリ。2017年11月に日本に進出し、リリースから半年で東京・大阪・福岡の3都市において累計50万デートのマッチングを成立させている。

これまではマッチング後に自分自身でレストランの予約を行わなければならず、やり取りの過程でデートの約束がキャンセルになってしまうことがあった。そこで飲食店の予約に特化したコンシェルジュサービス「ペコッター」と連携し、レストランの自動予約サービスを実現した。

自動予約サービスはマッチング後のレストラン予約をペコッターが代行する。希望していたレストランが満席であった場合でも、最適な近隣のレストランを自動で探し出して予約ができる。面倒なお店探しや予約手続きをすることなく、マッチングからデートまでをよりスムーズに進めることができ、予約前日には双方にリマインド通知を行うため、スケジュール忘れの防止にも繋がるという。本サービスは日本版利用者向けに無料で提供される。

via PR TIMES

----------[AD]----------

グルメQ&Aアプリ「ペコッター」を運営するブライトテーブルがベンチャーユナイテッドから資金調達

SHARE:

グルメ Q&A アプリ「ペコッター」を運営するブライトテーブルがベンチャーユナイテッドが運営するファンドを引受先する第三者割当増資を実施した。金額は非公開となっている。 ブライトテーブルは、グルメ Q&A アプリ「ペコッター」の開発・運営を行うスタートアップ。「ペコッター」は、希望するお店の条件を投稿すると、他のユーザから条件に合ったお店をチャット形式で教えてもらえるチャットア…

ブライトテーブル代表取締役 松下勇作氏
ブライトテーブル代表取締役 松下勇作氏

グルメ Q&A アプリ「ペコッター」を運営するブライトテーブルがベンチャーユナイテッドが運営するファンドを引受先する第三者割当増資を実施した。金額は非公開となっている。

ブライトテーブルは、グルメ Q&A アプリ「ペコッター」の開発・運営を行うスタートアップ。「ペコッター」は、希望するお店の条件を投稿すると、他のユーザから条件に合ったお店をチャット形式で教えてもらえるチャットアプリだ。

2015年3月にサービスをリリースして以降、現在ユーザ数は2万人、回答率は100%、平均5分以内に3~4件の回答がついているという状態だ。順調にユーザ数やアプリ内の質問数、回答数が増加し、今回の資金調達へと至った。

ペコッター

リリース以降、「ペコッター」はいくつかの機能を追加でリリースしている。ユーザが質問に回答したり、回答した投稿に「いいね」や「行きたい」がつくとポイント「ペコ」が貯まる。そのポイントを交換できるようにした「ペコ交換」システムが新たに追加されている。

ほかにも、回答された場所を地図上で一覧できる機能や、回答された投稿からそのままチャットで予約の申し込みが可能な機能など、ユーザがより便利にサービスを使えるようにするための機能が増えている。今後も、サービスをより便利にするための機能は検討を重ねていくという。

今回調達した資金は、開発体制の増強、ユーザーサポートの強化、ペコッター予約サービスの拡充、回答者へのインセンティブ付与施策などにあてる予定となっている。

----------[AD]----------

チャットで希望のお店を即レスしてもらえるグルメ系Q&Aアプリ「ペコッター」

SHARE:

チャット形式でコミュニケーションをとり、質問に答えてもらうことができるQ&Aアプリがいくつか登場してきている。数多くの人が情報を探したことがあると思われるグルメ情報に関しても、Q&Aアプリが存在している。 ブライトテーブルはグルメQ&Aアプリ「ペコッター」を2015年3月にリリース。リリースから90日間で、ユーザ数が1万人を突破した。「ペコッター」は、ユーザが希望する…

pecotter

チャット形式でコミュニケーションをとり、質問に答えてもらうことができるQ&Aアプリがいくつか登場してきている。数多くの人が情報を探したことがあると思われるグルメ情報に関しても、Q&Aアプリが存在している。

ブライトテーブルはグルメQ&Aアプリ「ペコッター」を2015年3月にリリース。リリースから90日間で、ユーザ数が1万人を突破した。「ペコッター」は、ユーザが希望するお店の条件を投稿すると、他のグルメ好きのユーザたちから、お店情報を教えてもらうことができる。

「ペコッター」に質問すると、平均3分以内に初回答が届き、平均5軒のお店のオススメが届っく。なんと、現状、お店探しの質問に対する回答率が100%だというから驚きだ。

ぺこったー

「ペコッター」にユーザ登録する際に、エリアの登録が必要になる。このエリアに関する質問が投稿されると、プッシュで通知が届き、すぐに回答することができるようになっている。

ポイント制が導入されており、チップとして回答してくれた人にポイントをあげることができる。お店を教えてあげるとお礼してもらえることも回答するインセンティブとなっている。

ブライトテーブルは、今後、検索機能も実装し、機械学習の技術を用いてプッシュ通知の精度を上げていくことに取り組もうとしている。マネタイズに関して、ブライトテーブル代表の松下勇作氏は、

松下氏「機械学習の技術を使って、ユーザのコンテキストに合わせた広告を出すことを検討しています。ユーザ情報とエリア情報、そしてチャットの内容に合わせて広告を出すこともできるようになれば、ユーザが自分からオープンに情報を求めている場所ということもあり、ユーザが求めている広告を出すことも可能になるのでは、と考えています」

「ペコッター」は現在、iOSでのみ提供されている。チャットUIや機械学習といった特徴を持った「ペコッター」が、グルメ探しに新たな体験をもたらすのか、楽しみだ。

----------[AD]----------