タグ ポケモンGO

5周年を迎えたポケモンGO、これまでに50億ドル(約5,500億円)を稼ぎ出す

SHARE:

モバイル市場の調査会社Sensor Towerの推計によると、ポケモンGoの売上は50億ドル(日本円で約5500億円)以上に達しているそうだ。 このタイトルが5周年を迎えたことで明らかになった。位置情報を利用したこの拡張現実(AR)ゲームは、パンデミックの影響で人気が急上昇したこともあり、2020年には前年比41%増の13億ドルを稼ぎ出した。平均収益は年間10億ドルに達している。 ポケモンGoは米…

Image Credit:ポケモンGO・Niantic

モバイル市場の調査会社Sensor Towerの推計によるとポケモンGoの売上は50億ドル(日本円で約5500億円)以上に達しているそうだ。

このタイトルが5周年を迎えたことで明らかになった。位置情報を利用したこの拡張現実(AR)ゲームは、パンデミックの影響で人気が急上昇したこともあり、2020年には前年比41%増の13億ドルを稼ぎ出した。平均収益は年間10億ドルに達している。

ポケモンGoは米国で最も人気があり、19億ドル(総売上の36.6%)を獲得している。次いで日本が32%、ドイツが5.4%で第3位に位置している。ゲームのプラットフォームとしてはAndroidが最も人気があり、Google Playの売上が売上の52.8%を占めている。残りはiOSだ。

これはモバイルゲームの中でもトップクラスの収益で、「Roblox」や「Honor of Kings」などと肩を並べる50億ドル以上の大ヒット作クラブの仲間入りをしている。

開発元のNiantic社は、一連の定期的なアップデートで新しいポケモンを追加するなどポケモンGOの人気を維持し続けている。こういった強力なサポートが続く限り、ポケモンGOは数十億ドルを稼ぎ続けるはずだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

魔女になったピカチュウも登場、ポケモンGOがハロウィーンイベントで第三世代ポケモンを新たに追加

SHARE:

ポケモンGOはハロウィーンにまたイベントを計画中だ。そしてこの日を祝福するために、同社は新たなポケモンを準備しているという。 Nianticは第三世代のポケモン(多くの場合ファンに「第三世代」と呼ばれる)が10月20日から11月3日に開催されるイベントで初披露となることを発表している。特にゴーストポケモン「Sableye(ヤミラミ)」や「Banette(ジュペッタ)」が追加されることになるようで、…

halloween-key-art.jpg
Above: Ghost Pokémon everywhere. / Image Credit: Niantic

ポケモンGOはハロウィーンにまたイベントを計画中だ。そしてこの日を祝福するために、同社は新たなポケモンを準備しているという。

Nianticは第三世代のポケモン(多くの場合ファンに「第三世代」と呼ばれる)が10月20日から11月3日に開催されるイベントで初披露となることを発表している。特にゴーストポケモン「Sableye(ヤミラミ)」や「Banette(ジュペッタ)」が追加されることになるようで、他の第三世代ポケモンは「12月頭に」登場するとしている。

ポケモンGOは2016年の発表以来、大ヒットを記録している。初心者向けのゲームというわけではないがアプリはこれまでに7億5200万ダウンロードを記録し、12億ドルの収入を得ているという。こういったスペシャルイベントや新たなポケモンの登場は、現在のプレイヤーを繋ぎ止める役割を果たし、一度ここを去ったユーザーをまた取り戻すことに繋がる。

同イベントでは魔女の服を着たピカチュウを捕まえることができるのだとか。また、ポケモンをパワーアップさせるキャンディーは期間中には倍になるそうだ

第三世代ポケモンは2003年にゲームボーイアドバンスで出されたタイトル「ポケットモンスタールビー・サファイア」シリーズに登場している。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

集客予想2万人のポケモン・ゴー・フェス、新機能発表後のイベントは接続トラブルで散々の結果

ポケモン・ゴー・フェストでポケモンを捕まえたいと集まったファンたちの前に立ちはだかったのは、モンスターではなく技術的な問題だったようだ。同イベントはモバイルゲーム開発を手がけるNiantic社のヒットモバイルゲーム「PokémonGo」の1周年を記念するパーティーとして開催されたリアルワールドイベントだ。 約2万人見込みのファンがイリノイ州シカゴのグラントパークに集結した(Game Informe…

画像提供:Niantic、Inc.
ポケモン・ゴー・フェストでポケモンを捕まえたいと集まったファンたちの前に立ちはだかったのは、モンスターではなく技術的な問題だったようだ。同イベントはモバイルゲーム開発を手がけるNiantic社のヒットモバイルゲーム「PokémonGo」の1周年を記念するパーティーとして開催されたリアルワールドイベントだ。

約2万人見込みのファンがイリノイ州シカゴのグラントパークに集結した(Game Informerが最初に報じた)。しかし、同イベントに参加した多くの人は、このロケーションベースのモンスター捕獲ゲーム・サーバーにつながることすらできないという苦いスタートを切ることとなった。

Niantic CEOのジョン・ハンケ氏が群衆に応えるためステージに上がると、今でも毎日ゲームをプレイしている多くのファンは、ブーイングでサービス停止と開発者への不満をぶちまける始末だった。

このフェスティバルは新たなジムのバトルシステムや、プレーヤーたちのグループレイドバトルでゲットできる待望の伝説のポケモンなどの新しい機能を公開したことを記念して開催されていた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文 】