THE BRIDGE

タグ マチマチ

マチマチが16自治体目となる川崎市と協定締結、横浜キャピタルなどから1.6億円調達

SHARE:

ニュースサマリ:ローカルSNS「マチマチ」は2月6日、横浜キャピタル、FFGベンチャービジネスパートナーズ、OKB キャピタル、個人投資家の佐藤裕介、山内一馬、大湯俊介らを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額1億6000万円で、出資比率などの詳細は非公開。サービス開発体制の強化や展開地域の拡大を進める。 また、これに合わせ、神奈川県川崎市との間に「マチマチ for 自治体…

ニュースサマリ:ローカルSNS「マチマチ」は2月6日、横浜キャピタル、FFGベンチャービジネスパートナーズ、OKB キャピタル、個人投資家の佐藤裕介、山内一馬、大湯俊介らを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額1億6000万円で、出資比率などの詳細は非公開。サービス開発体制の強化や展開地域の拡大を進める。

また、これに合わせ、神奈川県川崎市との間に「マチマチ for 自治体」に関する協定を締結したことも発表している。同社が地域と連携を結ぶのは東京都や埼玉県など16自治体。

マチマチは近所の子育てやお店、病院などのローカル情報を共有できるオンライン掲示板サービス。今回協定を結んだ川崎市とは今後、市内650の町内会・自治会をマチマチでネットワークすることで、加入率低下などの課題解決、電子回覧板などの機能による活動負担軽減を目指す。

話題のポイント:FacebookやTwitterなどSNS飽和状態の今、ローカルに特化した市場で元気なのがマチマチさんです。資金調達も前回の201711月時と同様、地域提携と同時発表で、地元に根ざしたファンドやシリアル系の起業家・エンジェルからの出資という特色あるものになってます。ちなみにマチマチ代表取締役の六人部生馬さんは、金融やD2C系スタートアップを経て創業したシリアルです。創業ストーリーはこちらの記事をどうぞ。

さて、このマチマチ、創業は2015年末なのでそろそろ勝ちパターンや課題なども見えてきてるのではということで、六人部さんにいくつか質問をしてきました。以下にショートインタビューを掲載します。(太字の質問は全て筆者、回答は六人部さん)

自治体との積極的な提携について。双方どのような思惑が一致して提携が拡大しているのか、また逆に、提携に至らなかった場合にはどのような部分が合わなかったのか

六人部:自治体とは様々な取組をしています。取組の目的は大別すると「コミュニティの形成」「情報発信の効率化・最適化」に大別されます。

確かにここにスタンダードなソリューションはありそうでない

六人部:マチマチの利用者の70%は子育て世代で、自治体がリーチしにくいのがこのセグメントなんです。そこでマチマチを通して、情報配信の強化や子育て世代のコミュニティづくりに取り組んでいますね。マチマチを使って、従来紙だった広報誌や回覧板情報を電子化したりしてます。

具体的に上手くいってる自治体や利用イメージを教えて欲しい

六人部:最初に提携した渋谷区は約20万人の人口に対して、月間2万人のマチマチの利用者がいます。地域のインフラになりつつあるんです。前述の通り、メインのユーザーは子育て世代のママが多いんです。引っ越してきたり、妊娠や出産をきっかけに地域に目が向くタイミングというのもあって、地域情報や知り合いを求めてマチマチを使い始める、というパターンがあります。

オンラインの情報交換を経て、リアルでのママ同士のランチ会やお茶会などが全国各地で発生しています。近所に実際住んでいる人から信頼できる情報を教えてもらえるのが付加価値となってるんです。

想定してなかったのは

六人部:中高年(50〜65歳)の利用です。実は全体の25%を占めていて、これは想定していませんでした。町内会や自治会などで回覧板を電子化したり、お祭り等のイベント情報を発信されていますね。また、外国人の方が多い地域は、同じ国同士や地域のことを知りたい外国人の方の利用が進んでいます。今後移民の方々が増えていくなかで、よりいっそうの利用が増えるんじゃないでしょうか。

ビジネスについて聞きたい。広告をメイン事業に採用したメディアの場合はどうしても踏み込みに時間がかかる。足元の戦略は

六人部:ビジネスモデルは広告ですが、ローカルに特化したものです。直近はローカルの広告主からの問い合わせも増加しています。というのも、FacebookやTwitter等ではターゲットが広すぎるような、中小の広告主にメインで活用いただいてます。まだ小さい規模ですが、毎月2桁以上の成長率で伸びていて、月間利用者が100万人を超えてきました。現在は収益化しつつ、さらなるスケールを追い求めていくフェーズです。

中長期の視点としてどのぐらいの期間を想定している

六人部:アメリカのユニコーンでもある同業の「Nextdoor」は2010年開始で、立ち上がるのに6、7年かかりました。マチマチも同じ領域ですから焦らずじっくり取り組み、大きな事業を作るつもりです。

ありがとうございました。

----------[AD]----------

ご近所SNS「マチマチ」が総額1.7億円の資金調達を実施、茨城県水戸市との連携も

SHARE:

ご近所SNSの「マチマチ」は11月21日、総額約1.7億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はANRI、Beenextおよび個人投資家など。株式比率や払込日などは非公開。 2016年3月に公開されたマチマチはご近所さん同士で子育てやおすすめのお店・病院などの情報を交換できるの実名制SNS。2017年5月には2000地域で展開しており、現在では首都圏を中心に6300地域へと拡大している。 同…

43a01b514975291f473cdcf492b40a8f_8935d869b4796d5075548ea3e8b28401.jpg
写真左より茨城県水戸市市長の高橋靖氏、同社代表取締役CEOの六人部生馬氏

ご近所SNSの「マチマチ」は11月21日、総額約1.7億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はANRI、Beenextおよび個人投資家など。株式比率や払込日などは非公開。

2016年3月に公開されたマチマチはご近所さん同士で子育てやおすすめのお店・病院などの情報を交換できるの実名制SNS。2017年5月には2000地域で展開しており、現在では首都圏を中心に6300地域へと拡大している。

同社は2017年6月に渋谷区との協定を結ぶなど自治体との連携も積極的に進めている。渋谷区の他、豊島区および文京区とも「マチマチfor自治体」に関する協定を締結。今回、新たに茨城県水戸市との連携を開始したことも併せて発表した。

調達した資金は開発体制の強化や展開地域の拡大、自治体等の公共期間との連携強化に充当する。今後は開発による利便性の向上やユーザー獲得のためのマーケティング、展開地域の拡大などを実施していく。

----------[AD]----------

ご近所SNS「マチマチ」と渋谷区が地域コミュニティ活性化のための協定締結を発表、行政情報のIT化促進も

SHARE:

ご近所SNS「マチマチ」を運営するPropperは6月15日、地域課題の解決に向けた協定「マチマチfor自治体」に関する協定を締結したことを発表した。同社が自治体と協定締結するのは今回が初めての試みとなる。 マチマチは半径1-6km内に住むご近所さん同士が情報交換をできるプラットフォーム。首都圏を中心に3,500以上の地域で利用されている。住所確認や実名制を採用しており、住んでいる地域以外の情報は…

20170615-33
左から渋谷区長の長谷部健氏とProperの六人部生馬氏/提供:Propper

ご近所SNS「マチマチ」を運営するPropperは6月15日、地域課題の解決に向けた協定「マチマチfor自治体」に関する協定を締結したことを発表した。同社が自治体と協定締結するのは今回が初めての試みとなる。

マチマチは半径1-6km内に住むご近所さん同士が情報交換をできるプラットフォーム。首都圏を中心に3,500以上の地域で利用されている。住所確認や実名制を採用しており、住んでいる地域以外の情報は取得できないようになっている仕組みが特徴だ。

今回締結された「マチマチfor自治体」はコミュニティの活性化を通じて地域課題を解決していくための協定で、区の行政や防犯・防災、地域活動などの情報をマチマチ上で発信していくというもの。また区内の地域活動への参加促進のサポートを実施することで、渋谷区の地域コミュニティの活性化を図っていく。

同社は今後も地域コミュニティの活性化や課題解決を目的とした自治体との連携を推進していく方針を示している。

 

----------[AD]----------

ご近所 SNS「マチマチ」が不動産賃貸のハウスコムと提携、引越し先の住人の声を提供

SHARE:

ご近所SNS「マチマチ」を運営するProperは5月10日、不動産仲介事業者ハウスコムとの業務提携を発表した。両社はマチマチに登録するファミリー世代ユーザーの住居住み替え需要に対して、サイト上でハウスコムが保有する物件情報を提供する。さらに口コミ情報の相互利用に関しては引越しを検討しているユーザーへの情報提供や営業マンの情報収集への活用を予定している。 同社代表取締役の六人部生馬氏によれば、引越し…

2017-05-09 12.01.02

ご近所SNS「マチマチ」を運営するProperは5月10日、不動産仲介事業者ハウスコムとの業務提携を発表した。両社はマチマチに登録するファミリー世代ユーザーの住居住み替え需要に対して、サイト上でハウスコムが保有する物件情報を提供する。さらに口コミ情報の相互利用に関しては引越しを検討しているユーザーへの情報提供や営業マンの情報収集への活用を予定している。

同社代表取締役の六人部生馬氏によれば、引越し時の街の情報を探す際にマチマチを想起させるのが狙いだそうだ。

「『引越したらマチマチ』というのがユースケースです。引越し先の町のことは知らないので、不動産屋さん街の情報はマチマチ使うと良いよとご紹介いただく形になります。逆にマチマチ上で同地域内の各ユーザーの近所の物件を紹介するという取り組みも実施します」

「マチマチ」は町の情報を交換できるご近所限定の掲示板。主なユーザーはファミリー世代や子育て中の母親で近所のおすすめのお店や子育ての情報を交換する。情報を交換出来るのは半径1〜5メートル以内に住んでいる人限定、実名および住所確認のステップを踏んで登録できる。

 

----------[AD]----------

ご近所SNS「マチマチ」がNPOや任意団体を対象とした地域支援活動プログラムを開始、寄付や情報発信支援など提供

SHARE:

近隣住民のためのソーシャルネットワーク「マチマチ」を運営するProperは4月26日、地域活動をしているNPOや任意団体を対象とした地域支援活動プログラムを開始したと発表している。団体の活動実績や年数、規模、地域貢献度などを判断し、寄付などを通じた活動資金の拠出や情報発信、テクノロジーを活用した組織運営アドバイスなどを提供する。 今回、第一弾として支援を受けたプレーパークキャラバンは子供の外遊び不…

machimachi.png

近隣住民のためのソーシャルネットワーク「マチマチ」を運営するProperは4月26日、地域活動をしているNPOや任意団体を対象とした地域支援活動プログラムを開始したと発表している。団体の活動実績や年数、規模、地域貢献度などを判断し、寄付などを通じた活動資金の拠出や情報発信、テクノロジーを活用した組織運営アドバイスなどを提供する。

今回、第一弾として支援を受けたプレーパークキャラバンは子供の外遊び不足や単身の子育てなどの課題を解消する外遊びイベントを主催するボランティア団体。6年前に発足して西東京を中心に活動を続けてきた。Properでは首都圏を中心に地域活動をしている団体を広く募集するとしている。

マチマチはご近所限定の掲示板で、安心安全を担保するために携帯電話番号を利用したSMS認証により本人確認を実施、住んでいる地域がご近所であることを確認した上で、実名を登録して利用する。利用範囲として設定できるのは半径1〜5Km以内となっており、それ以上離れたユーザーの投稿は閲覧することができない。

掲示板内では近隣のお店や病院の情報交換、小学校や保育園などの口コミ、防犯や防災といった地域の安心安全情報などが投稿されている。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------

世界で台頭するご近所SNS、開始わずかで500のコミュニティが育まれる日本のご近所SNS「マチマチ」とは

SHARE:

都心部を筆頭に希薄化するご近所付き合い。海の向こうにいる人とはいつでも繋がれるのに、ご近所さんの顔は知らないなんてことが珍しくありません。物理的な距離の近さを活かした繋がり方があるはずだと、ここ数年で世界的に「ご近所SNS」ならぬものが登場しています。米国では「Nextdoor」、イギリスでは「streetlife」、オーストリアでは「FragNebenan」、中国では「考拉先生」など、「ご近所」…

machimachi-website
ご近所SNS「マチマチ」のWebサイト

都心部を筆頭に希薄化するご近所付き合い。海の向こうにいる人とはいつでも繋がれるのに、ご近所さんの顔は知らないなんてことが珍しくありません。物理的な距離の近さを活かした繋がり方があるはずだと、ここ数年で世界的に「ご近所SNS」ならぬものが登場しています。米国では「Nextdoor」、イギリスでは「streetlife」、オーストリアでは「FragNebenan」、中国では「考拉先生」など、「ご近所」の価値が再確認されようとしています。

日本のご近所SNSと言えば、今年6月頭に日本全国でサービスを開始した「マチマチ」です。先行して東京都渋谷区で3ヶ月ほど試験運用した際に手応えを感じ、全国展開に踏み切りました。渋谷区では、コミュニティ参加者の6割が2日に1度はマチマチを訪れています。既に、日本全国500の地域でマチマチのコミュニティが立ち上がっています。

近所の範囲を定める権限を持つ街の「リーダー」

どんなSNSにも健全なコミュニティが求められますが、参加者間の物理的距離が近いマチマチでは尚更それが当てはまります。安全を約束するためにマチマチが実施するのが、サービス登録時の本人確認。顔写真がついた免許証や保険証、またはマチマチが自宅にハガキを送付し、そこにある登録コードを入力する形。コミュニティの安全のために、全参加者を対象にバックグラウンドチェックも実施しています。

短期間で500を超えるコミュニティが誕生していることからも、ご近所SNSのニーズがあることは確か。せっかく誕生したコミュニティを盛り上げていくためには、地元住民の協力が欠かせません。そのためにマチマチが設けるのが、その街で初めて参加者登録することで「リーダー」になれる制度です。

街のリーダーには、最初の21日間で5人のご近所さん(知人や家族など)を招待することが課せられます。自分の街への思い入れを確認するだけでなく、ひやかしで登録する人を除外する効果も。5人集めることに失敗すると、そのコミュニティは一度閉鎖され、他の人がリーダーになるチャンスが生まれます。地元地域に対して情熱を持つ人が先導することで健全なコミュニティが育まれる工夫です。

近日予定するアップデートでは、このリーダーが「近所」の範囲を定められるようになります。現在は、半径800メートル以内の町名単位で「近所」が定義される仕組み。ただ実際には、地方の800メートルは範囲が狭すぎたり、逆に都心部では広すぎたりするため、そこに住む人の感覚で「近所」を定義できるようになります。

意外と多い独身層

マチマチのデモサイト
マチマチのデモサイト

ファミリー層の利用を想定していたと話す、運営会社 Proper の代表である六人部生馬さん。それはその通りだったものの、独身層の登録が多いことが意外でした。週末はどこかまで出掛けて、仕事が終わって飲むのもオフィス周辺だったりするため、自宅付近を探索する機会が少ないことが起因しているようです。

「独身層にも、地元に知り合いがいないから欲しいというニーズがあるようです。ユーザインタビューでは、3.11の地震の際に知り合いはみんな遠方にいる、またはオンラインにしかおらず心細かったからというエピソードを語ってくれた人もいました。地元だからこそ、行動範囲が駅から家までの直線だったりして、地域の情報を求めているようです」(六人部 生馬さん)

地域のコミュニティに参加すると、自ら投稿する、または投稿に対して返信をするというアクションが主です。投稿される内容を見てみると、不要な自転車を引き取ってくれる相手を探す人がいたり、引っ越してきて間もない人が近所のおすすめの病院を探していたり、ママが小学校や保育園の相談をしたりするなど、ご近所さんの助け合いが生まれています。

この助け合いを促進し、心地よい空間をつくるために設けたのが「ありがとう」ボタン。いいね!やハートのようなリアクションではなく、敢えて「ありがとう」にするのには、「ありがとうと言われるようなことを投稿してほしい」という思いが込められています。実際、渋谷で試験運用をした3ヶ月間のあいだ、参加者がネガティブな投稿をしたことは一度もなかったと言います。

マチマチ立ち上げたの背景

Mutobe
マチマチ 代表の 六人部生馬さん

オーマイグラスを共同創業した後にマチマチを立ち上げた六人部さん。Ed Techの「Quipper」でエンジニアだった藤村大介さんと共に、2015年夏にマチマチ立ち上げの準備を開始し、同年10月に会社を設立しました。

六人部さんの父親が横浜で40年間不動産事業を営んでいる影響もあり、当初は不動産関連の事業を検討していました。リサーチする中で、現在の不動産サービスにある課題が見えてきたと言います。こだわりの条件で物件を探せるアプリなどの登場で、格段と物件が見つけやすくなっています。

一方で、実際に引っ越した後の満足度はどうかというと、まだまだ向上の余地があるように見受けられました。では、引っ越し先での満足度が高いのはどんな人たちか。それは、その地域に住んでいる友人などを持ち、住み心地やコミュニティの雰囲気を事前に把握した上で引っ越している人たちです。地域の「ソフト面」を理解していることが、満足度を左右することに気がついたのです。

「街のソフト面を誰が理解しているのかというと、当然、そこに既に住んでいる人たちです。それは主婦かもしれないし、そこに長年住んでいるおじいちゃんかもしれないし、その街で働いている人かもしれません。そこに住むご近所さんとの交流が、その街に住むことの満足度を高めてくれるだろうと考えてご近所SNSに辿りつきました」。(六人部生馬さん)

クローズドにとどまらない発信の場へ

machimachi-apps

人々が地方を離れて都市化が進むことで、「近くに頼れる人がいない」という悩みを抱える人たちが増えています。家族や親族もいなければ、知り合いもいない。また、地方では高齢化、都心部なら育児や仕事との両立など、それぞれの地域に解決が急がれる課題があります。マチマチが、ご近所さんの繋がりを再び作り出すことで、地域における課題解決がしやすくなるはず。

まだサービス開始から間もないですが、今後は地方自治体などとも連携しながら「良い街づくり」を進めていくとのこと。具体的には、市町村の専用アカウントを設けるなどして自治体からの大事なお知らせが住人に届くようにしたり、防犯・防災情報を共有したりと、一昔前の掲示板に変わる役割を担うことができるのではないかと考えています。

現状のマチマチは、その地域に住む人のためのクローズドなコミュニティですが、将来的には外に向けた発信の場にもなる可能性も。例えば、その地域への移住検討者に対して地域の魅力をアピールしたり、観光客に対して情報を発信したりするようなメディアのような機能を構想しています。そうなれば、地域コミュニティの結束力を高めるだけでなく、マチマチが町興しにも一役も二役も買ってくれるかもしれません。

----------[AD]----------