タグ リコー

請求書発行クラウドのMakeLeaps、リコーが買収へ——買収金額は推定数十億円規模

SHARE:

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は26日、複写機大手のリコー(東証:7752)による買収に合意したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、日経の報道によると数十億円規模とみられる。リコーによる株式取得の完了は、11月30日の予定。 リコーは MakeLeaps 全株式を取得し、MakeLeaps はリコーの完全子会社となる。情報が開示されている範囲で…

01e

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は26日、複写機大手のリコー(東証:7752)による買収に合意したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、日経の報道によると数十億円規模とみられる。リコーによる株式取得の完了は、11月30日の予定。

リコーは MakeLeaps 全株式を取得し、MakeLeaps はリコーの完全子会社となる。情報が開示されている範囲では、MakeLeaps はこれまでに、2016年7月にシリーズ A ラウンドで楽天ベンチャーズから数億円、2014年9月にシードラウンドでフランスの有名起業家 Xavier Niel 氏率いる Kima Ventures から、2014年8月にエンジェルラウンドで AngelList や Dave McClure 氏らから60万ドルを調達している。

bdash-camp-2015-pitch-arena-makeleaps-2
B Dash Camp 2015 Spring in Fukuoka でピッチする MakeLeaps CEO Jay Winder 氏
Image credit: Masaru Ikeda

MakeLeaps は、2011年10月、オーストラリア人連続起業家 Jason(Jay)Winder 氏(現 CEO)によって設立された。クラウドにより、ユーザは見積・発注・納品・請求・領収書などの帳票作成・管理郵送を簡便化することができる。

リコーの発表によれば、同社は今後、自社製複合機やさまざまなベンダーの顧客管理システムや会計システム、販売管理システムなどと MakeLeaps を組み合わせ、企業内のワークフローをデジタル化して改善するほか、デジタル化したワークフロー同士をつなげることで企業間取引のプラットフォーマーを目指し、中小企業のワークフロー改善につなげる。MakeLeaps が発表した CEO Winder 氏の声明によれば、今回の買収によりサービス内容や提供条件の変更は生じないとのことだ。

Via Ricoh
Via MakeLeaps

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


防水・耐衝撃性に優れたリコーのハウジング不要アクションカメラ「RICOH WG-M1」

SHARE:

BRIDGE Members BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。 BRIDGE Canvasの購読 メンバー向けDiscordご招待 BRIDGE Tokyoなどイベントご招待 無料メンバー登録 日々、斬新な動画が公開され盛り上がる…

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



bod_img_04

日々、斬新な動画が公開され盛り上がるアクションカメラの世界に、リコーから新製品が登場した。

このたび発表された「RICOH WG-M1」は、同社の防水・耐衝撃デジタルカメラ「WGシリーズ」の新作で、F値は2.8と固定であるものの、35mm換算で16.8mm、画角でいえば約137度と超広角での撮影が可能だ。

動画は1920×1080のフルHD、静止画は4320×3240と1,400万画素相当で、アクションカメラ&コンデジとして利用するには十分な仕様。その場での確認に便利なカラー液晶モニターも備えている。

またハウジングが不要なため、本体マイクから臨場感あるステレオ音声を拾うことができる。重量は190g(電池・レンズプロテクター含む)とかなり軽量であり、ポールやヘルメットに取り付けるための専用アクセサリーも豊富に用意されているようだ。

bod_img_05

防水性能は10m、耐衝撃性能は2mからの落下。耐寒性能も-10度までと、水中だけでなく、ウインタースポーツでも利用可能だ。もちろん手袋でも操作しやすい大型ボタン仕様。動画撮影時間は約150分。

ほか、専用アプリを使えば無線LANを通じてスマートフォンから撮影の制御もでき、タイムラプス動画機能や動体検知録画機能も備えており、今風の仕様となっている。

main_img_01-1

どことなくG-SHOCKを彷彿とさせるゴツいデザインであるが、個人的に嫌いでは無い。発売時期が10月中旬とマリンシーズン終了後というのが少し残念だが、来年以降のシュノーケリングで利用できるかどうかを検討してみたいところだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録