BRIDGE

タグ リブセンス

【追記あり】リブセンスがファッションECのwajaを4億円で買収、子会社化

SHARE:

インターネットメディア事業を展開するリブセンスは3月25日、フルフィルメント型ECを運営するwajaの発行済株式の71.7%を取得し、子会社化することを発表した。(リンク先はPDF)買収にかかった金額は総額4億円となる。3月25日の取締役会での決議を経て、4月3日に譲渡が実施される。 本件の詳細については15時30分から同社代表取締役の村上太一氏から会見があるのでそちらでお伝えする。 3月26日追…

IMGP2891
左からwaja代表取締役会長の小安光司氏、リブセンス代表取締役の村上太一氏、waja代表取締役社長の村田高宗氏

インターネットメディア事業を展開するリブセンスは3月25日、フルフィルメント型ECを運営するwajaの発行済株式の71.7%を取得し、子会社化することを発表した。(リンク先はPDF)買収にかかった金額は総額4億円となる。3月25日の取締役会での決議を経て、4月3日に譲渡が実施される。

本件の詳細については15時30分から同社代表取締役の村上太一氏から会見があるのでそちらでお伝えする。

3月26日追記

まず、今回の買収概要だが、主要株主であったアント・キャピタル・パートナーズやサンブリッジコーポレーション、WMパートーナーズ(それぞれが組成する傘下の投資組合)らに割当てしていた株式の移管(買収)が主となり、waja代表取締役会長の小安光司氏、同代表取締役社長の村田高宗氏についてはそのまま株式を保有して経営にあたる。

wajaの創業は2003年5月、直近の業績は売上が4億5600万円、営業利益は1100万円となっている。リブセンスとしての企業買収は初となり、wajaの業績は2015年12月期第2四半期(4月、6月期)から連結対象に入ることとなった。

ちなみに昨年9月にリブセンスが出資しているアラタナは今日、同日にスタートトゥデイの傘下入りするなど、同社の中期戦略におけるM&A、外部投資の結果が色濃く反映される1日となっていた。

waja_ワジャ_海外ファッション通販サイト

wajaについて少し説明をしよう。

wajaは60カ国、3000人のバイヤーが現地で仕入れた商品を販売するいわゆるC2Cで取り扱いブランドは2300。同社はその他にアウトレットのReasonなど別タイトルも運営している。同サービスの特徴としてはC2CでありながらAmazonやZOZOTOWINのようなフルフィルメントを独自で運営しているところにある。

具体的にはバイヤーが一括して商品を送るとwajaが検品、写真撮影など販売に関わる一連の作業を実施し、委託という形でユーザーに届ける。結果的に偽物や返品、個人情報などのトラブルが少なく、また注文してから商品が届くまでのタイムラグも通常の国内ECと遜色がない。村上氏は実際に使ったところ、注文した翌日に届いたと話していた。

wajaビジネスモデル

越境ECであるという点も注目される。同社の説明(※)によると、日本における越境EC(日米中3カ国における日本からの購入)市場は2020年には最大で8,942億円に拡大するという予想もある。また、wajaが主に取り扱うファッション関連の国内EC市場は2014年度予想で前年比25.8%増の1兆512億円と伸びしろの大きな市場だ。

一方でwajaは創業からやや時間が経っていることもあり、ここ最近盛り上がりを見せるフリマアプリなどのC2C市場とはやや毛色が違う。

例えばスマートフォン対応などの状況について聞いたが、確かにトラフィックなどのアクセスベースではスマートフォンからの流入が半分に到達しているものの、最適化にはまだ検討の余地が残っているという話だった。

村上氏も「(開発への積極的な関与について)今回のデューデリではまだしっかりと(wajaの開発陣を)見れていない。選択肢としてはある」とするなど、同社が得意とするSEOや広告のノウハウがwajaの拡大に大きく貢献できるとシナジーを強調していた。

リブセンスというとどうしても求人サービスなどの印象が強いが、上場後はすでに事業も拡大路線に入っており、特に市場規模の大きいEC分野への参入は必至だったように思う。また、今回の買収は話を総合するとwajaの既存株主(主にベンチャーキャピタル)の都合が大きく、また経営陣も株式を保有し続けるなど「移管・業務提携」の色合いが濃い。会見中にwajaとしてのIPO(株式公開)はあるのか、という質問にほぼ即答で「ある」と回答していたのもその印象を強めている。

最後に、この分野で先行するBUYMAを運営するエニグモが、導線としてのキュレーションメディア「4meee!(運営はロケットベンチャー)」を買収したことが記憶に新しく、同社のM&A戦略上こういったメディアの買収もあるのかと尋ねたが、現時点では「議論はされてるが、考えてません」(村上氏)ということだった。

※出所:矢野経済研究所「ファッション・インテリア・雑貨EC 市場に関する調査結果2014」 および経済産業省「平成25 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引 に関する市場調査) 」

----------[AD]----------

リブセンス村上氏やオークファン武永氏、ユーグレナ出雲氏が登壇、ダイヤモンド経営者倶楽部による学生向け起業家スクール

SHARE:

  ダイヤモンド経営者倶楽部が6月8日、学生向けの起業家講座「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー特別版1日集中講座」を開催した。同団体のダイヤモンド経営者倶楽部銀座サロンには慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学を中心とする大学生50名が全国から集まった。 同団体は2012年に「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー起業家講座」という、数ヶ月に渡る学生向け講座を開催しており、今回の特別講…

 

diamond-zentai

ダイヤモンド経営者倶楽部が6月8日、学生向けの起業家講座「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー特別版1日集中講座」を開催した。同団体のダイヤモンド経営者倶楽部銀座サロンには慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学を中心とする大学生50名が全国から集まった。

同団体は2012年に「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー起業家講座」という、数ヶ月に渡る学生向け講座を開催しており、今回の特別講座はその一日限定版とのこと。

株式会社リブセンス代表取締役社長の村上太一氏、株式会社オークファン代表取締役の武永修一氏、株式会社ユーグレナ代表取締役出雲充氏の三名が登壇し、創業当時から上場、現在までを語った。

Skyland Ventures代表パートナーの木下慶彦氏、ANRIの佐俣アンリ氏、JASCA一般社団法人全国学生連携機構理事の喜多恒介氏らも参加した。佐俣氏によると、木下氏との出会いもこのダイヤモンド経営者倶楽部とのことだ。

生涯起業家でいる決意ーリブセンス村上太一氏

diamond-murakami

ご存知の通り、株式会社リブセンスの村上太一氏は東証一部への史上最年少上場を果たし若手を代表する起業家だ。中学生で起業に興味を持ち、大学時代に起業した同氏は、華々しい経歴からはわからない、現在までの険しい道のりを語った。

早稲田大学のインキュベーション施設内で創業した当時、同氏は「当時は大量に白髪がはえてきてしまうほどのストレスを抱えてた」というほどに、既存の大手企業の存在や周囲からのマイナスな意見によって追い込まれていたという。

「できないことを言われると、できると思っていた自分が間違っていたんじゃないかっておもってしまうんですよね。そんなときに創業メンバーが抜けて、辛くて辛すぎたんです」(村上氏)。

そんな時、ある企業からジョブセンスを事業買収したいという話があり、サイトを畳むか非常に悩んだという。村上氏は一度は買収に同意し、その方向で話が進んでいたが、冷静に「なぜ自分で会社をやろうとおもったんだっけ」と考えてみたところ、自分の本質に気づいた。

「昔から純粋に、人を喜ばれるのがすきでした。改めて考えてみると、自分はずっと事業をやりたいんだとおもう人なんだと気づいたんです。一度は売却しようと思ったのですが、一生起業家を続ける覚悟をしました。その時に先方の企業の方から、『選択肢があると弱くなる。将来起業家であるという意思決定をしろ』と言われたんです。それからはもう逃げることは考えず、会社を良くすることしか考えなくなったんです」(村上氏)。

村上氏は感情が原動力だと一時の感情でぶれてしまうことがあり、あえてやりたい理由を言語化することで、本当にやりたいことが一貫してできるようになると語った。

上場はあくまで通過点ーオークファン武永氏

diamond-takenaga

株式会社オークファン代表取締役の武永修一氏は上場までの流れや起業家に必要な要素を自身の経験とともに語った。

「オークファンが他の価格比較サイトと違うのは、売り手がネットオークションなどで販売する際の一般的な価格がわかるということなんです。売り手のためにやっているのはうちだけなので、課金制でも多くのユーザーの登録していただけたんです」(武永氏)。

もともと武永氏は小学生の頃からビックリマンカードやゲームなどの転売でお金を得ていた商売人で、売り手のニーズをよく理解していたという。

同氏は何かをネットオークションや中古買取店などで売る際に「中古の適正価格」を調べるためにあるサイトをみていたという。オークファンはそのサイトを買収して作った会社だと語った。

 

「上場前は常にピリピリしていました。上場の準備は数年前から始めましたが、直前の1年間は本当にハードでした。上場っていうのは会社も個人も本当にお金がかかるんです。私は上場前に株を買い戻すのにかなりお金を使いました」(武永氏)。

と語り、上場に費やした資金をかなり明確な数値を出して説明をした。(筆者としてもここまで起業家が明確な数値を曝けだして話しているのは初めてで、非常に勉強になった。)

「上場は所詮通過点、その後の方が厳しくて楽しい戦いになるんです。上場はしなくても良い会社はいっぱいありますが、上場すれば他の株主の期待を背負う分、資金調達やM&Aなど資本市場を活用することができます。しかし個人としては、上場してもしなくても変わらなかったりします。」(武永氏)。

起業家に必要な要素として、同氏は逞しさと人に好かれる能力であるという。

「何かで一番になるにはやはり逞しさが必要です。そして人に助けてもらえるようなキャラであることも重要な要素。さらに思想が偏りすぎていないことも大事で、会社の利益を追求するのと、社会的な幸福を追求するのと両方が必要です」(武永氏)。

とにかく一番を目指すーユーグレナ出雲氏

diamond-izumo

大学時代にバングラディッシュで見た栄養不足の子供たちがきっかけで、栄養失調を防ぐ食品に興味を持った同氏は、大学三年生の時にユーグレナ(和名:ミドリムシ、藻の一種)に出会ったという。大学を卒業後、仲間とともに株式会社ユーグレナを設立したが、上場までの道のりは想像以上に険しいものであった。

「2年間で500社に営業したんですが、採用実績のない我々の商品を買ってくれる人はいませんでした。月給を下げれるだけ下げても毎月赤字で、会社を倒産させる方法っていう本も買い、覚悟を決めていました」(出雲氏)。

そんな時、とある会社から問い合わせの電話があったことがきっかけで、ユーグレナは一躍注目を集めることとなる。

「伊藤忠商事から電話があり一緒に仕事をさせていただくようになりました。
その後食材としてユーグレナを扱ってくださる企業も増えました。現在はバイオ燃料の研究開発を行っており、2020年東京オリンピックでは、ユーグレナ由来のバイオ燃料で飛行機を飛ばしたいと思っています」(出雲氏)。

同氏によると、現在のトウモロコシからつくるバイオ燃料には大量の農地が必要となるという。ユーグレナであれば、様々な海域などで量産が可能だ。

「ベンチャーと研究は、どんなにニッチな世界であっても一番になることが大切です。ファーストランナーは本当に大変ですが、1%の確率のことでも100回やれば64%になり、459回やれば99%になるんです」(出雲氏)。

出雲氏はエネルギー不足の解決と、最終的に栄養失調状態にある10億人を健康にしたいと熱く語った。

(Photos by 北村和郎氏)

----------[AD]----------