THE BRIDGE

タグ ロボット

自走するプロジェクター「KEECKER」が登場、エンターテイメントとホームモニター機能を搭載

SHARE:

このほど、クラウドファウンディングサイトのKickstarterにプロジェクターやカメラなどを搭載した「KEECKER」というプロダクトが登場、人気を集めている。目標の10万ドルを早々に達成、現時点で25万ドルあまりを調達している。 この「KEEKCER」を開発しているのは、米カリフォルニア州の同名のスタートアップKEECKER。元GoogleでプロダクトマネージャーであるPierre Lebea…


KEECKER
このほど、クラウドファウンディングサイトのKickstarterにプロジェクターやカメラなどを搭載した「KEECKER」というプロダクトが登場、人気を集めている。目標の10万ドルを早々に達成、現時点で25万ドルあまりを調達している。

この「KEEKCER」を開発しているのは、米カリフォルニア州の同名のスタートアップKEECKER。元GoogleでプロダクトマネージャーであるPierre Lebeau氏が立ち上げたスタートアップだ。同プロダクトで世界初の「HomePod」をつくることを目指しているという。

KEECKER
本体の高さ40cm、幅28cmで重量が約12kg。プロジェクター、360度撮影できるビデオカメラ、3Dサラウンドスピーカーなどを搭載していて、室内を動き回るための車輪もついている。

操作については、KEECKERと連携させたスマートフォンアプリ(iOS/Android)から操作をして、室内を動きまわったりその他動作を行う。

KEECKER

プロジェクターは、壁や天井などの場所にスマートフォンから動画、Webサイト、レシピなど好きな映像を投影することができる。KEECKER自体もAndroid(Android4.3)で制御されているため、GooglePlayから好きなアプリケーションをインストールしてプレイすることも可能だという。

サラウンドスピーカーも搭載しているので別途スピーカーを接続する必要はない。自宅の好きな場所で映画の上映会をしたり、庭に呼び出してパーティのBGMを担当させたりと使い方は広がりそうだ。

さらに、KEECKERはセキュリティ面の機能も搭載されている。

KEECKER
自宅にいなくても、KEECKERのカメラをスマートフォンアプリから、遠隔操作して、家の内部をモニターすることができる。

KEECKER
また、超音波、ジャイロスコープ、光センサーなど各種センサーを搭載し、自宅の急激な温度変化(火災)や侵入者を検知すると、通知する機能もあるようだ。

バッテリーについては、フル充電で数日間は駆動するようだが、充電については気にする必要は少なそうだ。バッテリーが少なくなってくると、自動で充電台へ戻って充電を開始するという。

このKEECKER、現在、引き続きKickstarterにて出資を受付中だ。製品化された際の予価は4,990ドルとされているが、1990ドル以上の出資でプレオーダー可能となる。発送は、2015年4月が予定されているとのことだ。

----------[AD]----------

ユカイ工学、IoTで家族のコミュニケーションを楽しくする家庭向けロボット「BOCCO(ボッコ)」を発表

SHARE:

ユカイ工学は、IoTを活用して家族間のコミュニケーションをもっと楽しくする、家庭向けロボット「BOCCO(ボッコ)」を開発、先日開催された「CEATEC JAPAN 2014」にて公開した。 BOCCOは、インターネットに接続するためのWi-Fiと、センサーと通信するための近接無線の機能を搭載。インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサーの情報をスマート…


BOCCO

ユカイ工学は、IoTを活用して家族間のコミュニケーションをもっと楽しくする、家庭向けロボット「BOCCO(ボッコ)」を開発、先日開催された「CEATEC JAPAN 2014」にて公開した。

BOCCOは、インターネットに接続するためのWi-Fiと、センサーと通信するための近接無線の機能を搭載。インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサーの情報をスマートフォンに通知することが可能。

センサーは、振動センサー、マグネット式の開閉センサー、光センサーが提供予定となっている。価格はロボット本体とセンサーのセットで税別2万円前後。発売時期は2015年3月を予定している。

bocco_1003

----------[AD]----------

呼ぶと席までやってくるロボットプリンター、富士ゼロックスが開発

SHARE:

自走するロボットといえば、ロボット掃除機「ルンバ」が日本でもすでに馴染みのあるものとなっている。この夏、富士ゼロックスは、ルンバのように自走して席まで来てくれるロボット・プリンターを開発し、都内のとあるオフィスにプロトタイプを試験導入した。このことは、イギリスのBBCニュースでもとりあげられ、世界でも話題となっている。 このロボット・プリンターの使用方法はこうだ。利用者は自席に備え付けてあるスマー…


ロボット・プリンター

自走するロボットといえば、ロボット掃除機「ルンバ」が日本でもすでに馴染みのあるものとなっている。この夏、富士ゼロックスは、ルンバのように自走して席まで来てくれるロボット・プリンターを開発し、都内のとあるオフィスにプロトタイプを試験導入した。このことは、イギリスのBBCニュースでもとりあげられ、世界でも話題となっている。

ロボット・プリンター
このロボット・プリンターの使用方法はこうだ。利用者は自席に備え付けてあるスマートカードのURLにウェブブラウザでアクセスする。開いたページに印刷したいドキュメントをドラッグ&ドロップすると、プリンター・ロボットに依頼が送られる。

プリンター・ロボット
プリンター・ロボットが依頼者の席まで移動してくるので、利用者がはスマートカードをかざすと、プリントアウトが開始され、印刷物を受け取れる、というしくみだ。わざわざプリンターのある場所まで利用者が書類を取りに行く必要もないし、プリントも自席にロボットが到着してからはじまるため、書類の中身をほかの人に見られる心配もない、というわけだ。

このロボットは、同社のカラーレーザープリンターが備わっているだけでなく、搭載したLIDAR(Laser Imaging Detection and Ranging)センサーによって、移動時の障害物の回避を行うことができるという。セットアップ時に、その部屋の3Dマップを作成、移動時にマップに存在しないものを認識した時は、人間と判断して回避するようになっているという。バッテリーについては、フル充電の状態で丸一日もつようで、ルンバのようにわざわざ充電台に戻る必要はない。

WIREDによれば、富士ゼロックスがこのプロトタイプを実際に発売する計画はないようだという。しかし、実際に製品化されれば、増加するシェアオフィスや空港のラウンジのような場所では実力を発揮しそうだ。

(via Tech-On

The Printer that Really Delivers—#141 from inTouch News on Vimeo.

----------[AD]----------

「OpenBCI」を使って作られた「脳波で操作」するロボット

SHARE:

アメリカ、バーモント州に住むChip Audette氏が、「OpenBCI」を利用して脳波で操作するロボットを製作したことを、自身のブログで紹介している。 「OpenBCI」は、Arduino互換のミニコンピューターと脳波センサーによる低価格なオープンソースプラットフォームで、2014年の1月にKickstarterで10万ドルを集めた注目のプロジェクトだ。 「Hexbug Spider」と名付け…


「OpenBCI」を使った作られた、脳波で操作するロボット

アメリカ、バーモント州に住むChip Audette氏が、「OpenBCI」を利用して脳波で操作するロボットを製作したことを、自身のブログで紹介している。

OpenBCI」は、Arduino互換のミニコンピューターと脳波センサーによる低価格なオープンソースプラットフォームで、2014年の1月にKickstarterで10万ドルを集めた注目のプロジェクトだ。

「Hexbug Spider」と名付けられたAudette氏のロボットは、OpenBCIのキットにノートPCをつなぎ、コードをカスタマイズして製作された。

公開されている動画では、2分割されたノートPCの画面の左右に異なる周波数の点滅が表示されており、Audette氏が右の点滅画像を見るとロボットは右を向き、左の点滅画像を見ると左を向く。Audette氏が目を閉じると、ロボットが前進する様子が紹介されている。左右の点滅画像により生じる脳波は異なり、それによってロボットに命令する内容が判断されるという。

OpenBCI
OpenBCIのキットは、現在予約受付中で399ドルから購入することができる。発送は2014年10月を予定している。Kickstarterのキャンペーンで早期に手に入れた人々に加えて、OpenBCIのキットを一般に手に入れることができるようになり、面白い活用例が出てくることが期待される。

----------[AD]----------

ホテルの客室へアメニティを届けるロボット「Botlrs」、試験運用開始

SHARE:

カリフォルニア州クパチーノのアロフトホテルで、フロントから客室にお酒やアメニティなどを運ぶロボットが試験的に導入されていることが、TechCrunchで紹介されている。 「Botlrs」と呼ばれるこの小型のロボットは、実はsaviokeというスタートアップが開発した「SaviOne」というロボット。アロフトホテルへの導入にあたり、ボディにはロゴやかわいらしい襟、カラフルなボーダー柄のデザインが施さ…


カリフォルニア州クパチーノのアロフトホテルで、フロントから客室にお酒やアメニティなどを運ぶロボットが試験的に導入されていることが、TechCrunchで紹介されている。

Botlrs
「Botlrs」と呼ばれるこの小型のロボットは、実はsaviokeというスタートアップが開発した「SaviOne」というロボット。アロフトホテルへの導入にあたり、ボディにはロゴやかわいらしい襟、カラフルなボーダー柄のデザインが施されている。執事を意味する「Butlers」とお酒の「Bottle」をかけてか、Botlrsと呼ばれているようだ。

botlrs
ホテルの利用客がゲストルームからホテルのフロントへ、歯ブラシや予備のタオル、お酒などをリクエストすると、従業員はBotlrsの頭部を開けてその中にリクエストされたものを入れ、タッチパネルで部屋番号を入力、Botlrsはその部屋へ一人で向かう。

Botlrs
ホテル内を制御するシステムとはWi-Fi/4G回線を使って通信し、エレベーターも操作することができる。センサーを備え、ホテル内の設備にぶつかって壊したり人を怪我させたりすることなく目的の部屋までたどり着くことができるという。

目的の部屋の前につくと、中の利用客に電話をかけて呼び出す。利用客は、リクエストしたものを受け取ると、Botlrsに備わったタッチパネルで評価を入力するか、#MeetBotlrというハッシュタグをつけてtwitterに投稿することで、Botlrsの利用についてフィードバックすることができる。

アロフトホテルのブライアン・マクギネス氏によれば、試験運用が成功すれば、2015年には世界中の100件近くのホテルに導入予定だという。

----------[AD]----------

MITとハーバード大、自動で立体化し動き回る「折り紙ロボット」を公開

SHARE:

マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学の研究チームは、自動で組み上がり歩き回る「折り紙ロボット」を発表した。平面状のシートは1分ほどで組み上がって秒速5センチ程度のスピードで動き回る。 折り紙ロボットはレーザーカッターでカットし折り線のパターンをエッジングした形状記憶ポリマーにバッテリーと電動モーター、電子回路で構成されている。バッテリーを取り付けると10秒後には、電子回路が発した熱に…


20140817_selffording

マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学の研究チームは、自動で組み上がり歩き回る「折り紙ロボット」を発表した。平面状のシートは1分ほどで組み上がって秒速5センチ程度のスピードで動き回る。

折り紙ロボットはレーザーカッターでカットし折り線のパターンをエッジングした形状記憶ポリマーにバッテリーと電動モーター、電子回路で構成されている。バッテリーを取り付けると10秒後には、電子回路が発した熱に反応して形状記憶ポリマーが縮みロボットに組み上がる。「収縮しようとするときに紙を引っ張り、折りたたむことになる」とのこと。

折り畳みの機構には、折紙の幾何学とアルゴリズムの研究をしている東京大学の舘知宏助教授が開発した「Origamizer」というソフトウェアが利用された。

プロトタイプロボットの構成はシンプルで、簡単に入手できる材料で作られていて、製造コストも100ドル(約1万円)。折り紙ロボットは平面上で大量出荷可能で現場で自動的に組み上がるため、宇宙や戦場、捜索、救出、運搬など、幅広く活用できる可能性がある。

このプロダクトの研究者は、

「何体ものロボット衛星を平面状に重ねた状態で宇宙に送り、到着した時点で遠隔操作によって組み立てることができる。画像やデータ収集を始めとする機能が期待できる」

と話している。

----------[AD]----------

家庭内でアシスタントやカメラマンとして活躍するファミリーロボット「JIBO」

SHARE:

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で支援の募集を開始したファミリーロボット「JIBO」が、人気を集めている。目標額が10万ドルのところ、現在までに10倍以上となる約150万ドルもの資金を調達。キャンペーン終了日の8月15日までにまだまだ支援が集まりそうだ。 「JIBO」はソーシャルロボット工学のパイオニアであるMITのCynthia Breazeal教授らが開発。アシスタントやカメ…


20140716062446-looking_up__1_

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で支援の募集を開始したファミリーロボット「JIBO」が、人気を集めている。目標額が10万ドルのところ、現在までに10倍以上となる約150万ドルもの資金を調達。キャンペーン終了日の8月15日までにまだまだ支援が集まりそうだ。

「JIBO」はソーシャルロボット工学のパイオニアであるMITのCynthia Breazeal教授らが開発。アシスタントやカメラマンとして活躍してくれるほかに、メッセンジャー、アバター、読み聞かせといった機能を搭載している。

まずは動画を観ていただきたい。

ご覧いただいたように、動作がとてもユニーク。そして、重要な予定やタスクのリマインドや、指定した家族へのメッセージを伝達、笑顔認識機能で家族の自然な写真を撮影、家族とテレビ電話するときのアバター、音と映像を伴うインタラクティブな読み聞かせ、といった行動が可能。まるで家族の一員として生活を共にするようなファミリーロボットとなっている。

20140715211029-Read_Important_Messages

JIBOは家庭内のWi-Fiネットワークに接続し、自分の顔や声をJIBOに認識させて利用する。iOSやAndroidアプリも用意されており、JIBOのネットワークに含めることも可能とのこと。

また、JIBO Storeを用意し、JIBOのスキルを拡張したり能力をカスタマイズしたり出来るようになるとのこと。JIBOに装着する物理的なアクセサリーも販売予定という。

現在行われているプロジェクトでは、「JIBO」1台で499ドルから入手可能となる見込み。プラス50ドルで日本を含む米国外への発送にも対応している。発送時期は2015年12月が予定されている。

----------[AD]----------

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

SHARE:

コンパクトで低価格、到着したその日からロボットのプログラミング学習がはじめられる「アカデミック スカラロボット」というロボットアームが登場した。 現在、クラウドファウンディングサイトMakuakeで支援を募っており、人気を集めている。 すでに目標金額の2倍の100万円以上が集まっている。 開発はヴイストン株式会社。 小学生サイズの二足歩行ロボット「ヴイストン ティクノ」の開発や、「週刊ロビ」(デア…


ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

コンパクトで低価格、到着したその日からロボットのプログラミング学習がはじめられる「アカデミック スカラロボット」というロボットアームが登場した。

現在、クラウドファウンディングサイトMakuakeで支援を募っており、人気を集めている。 すでに目標金額の2倍の100万円以上が集まっている。

開発はヴイストン株式会社

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

小学生サイズの二足歩行ロボット「ヴイストン ティクノ」の開発や、「週刊ロビ」(デアゴスティーニ)のメインボード設計などを手掛ける、日本のロボットベンチャーだ。

アカデミック スカラロボットは、水平・多関節のスカラ構造をもったロボットアームだ。実際の産業用ロボットは、サイズも大きく価格も高価だが、本製品は高性能なロボットアームでありながらコンパクトな卓上サイズを実現。産業用ロボットやアーム型ロボットのプログラミング学習を手軽に安全に実習することができるという。

アームの形状は、5軸のハンドタイプ3軸のペンタイプと二通りに組み替え可能。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」
ハンドタイプでは付属のスポンジキューブを正確に運搬することができる。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」
ペンタイプでは、付属のペンを使用し、自由な図形を描くことができる。

アームの制御については、C言語プログラミングまたは、付属する専用ソフト「SCARA Programmer」でプログラミングを行う。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

SCARA Programmerは実機とリアルタイムで連動し、ソフトウェア上からロボットアームを操作することができたり、逆に実際のロボットアームを手で動かすと、リアルタイムにソフトウェアに反映される。

本体は組立済みなので、パソコンさえあれば、台座にアームを固定するだけですぐに使いはじめることができる。販売予定価格は、専用ケース、USBケーブル、ボールペンなどが付属した1セットで3万8,000円(税別)。

ロボットアームのプログラミング学習を気軽にはじめられる「アカデミック スカラロボット」

Makuake経由で支援すると2万8,000円(税別)で1セット、11万円(税別)で4セット手に入れることができる。商品の発送は2014年8月中旬が予定されている。

----------[AD]----------

Arduino互換でカスタマイズも楽しめるロボットキット「PopPet」

SHARE:

Arduinoと互換性のある、オープンソースハードウェアのロボットキット「PopPet」が開発されている。クラウドファンディングサイトKickstarterで支援を募集中だ。目標額は8,000オーストラリアドルで、現在までにその半分となる約4,000オーストラリアドルを調達している。 「PopPet」はArduino IDEでプログラミングすることが出来る「Arduino AtHeart」のロボッ…


5446788_orig

Arduinoと互換性のある、オープンソースハードウェアのロボットキット「PopPet」が開発されている。クラウドファンディングサイトKickstarterで支援を募集中だ。目標額は8,000オーストラリアドルで、現在までにその半分となる約4,000オーストラリアドルを調達している。

「PopPet」はArduino IDEでプログラミングすることが出来る「Arduino AtHeart」のロボット。フェイスプレートと上下のプレートにあるLEDの穴を交換することが可能とのこと。表情の変化を楽しむことが出来るというわけだ。独自のカスタムフェースプレートを作ることができるように、3Dプリンタ用のファイルも提供される予定とのこと。

72f662edfac558565c65f31baa2d24db_large

そして、基本的な障害物回避ルーチンがあらかじめ搭載されているため、すぐに使えるようになっている。また、アドバンスキットに含まれるセンサを利用することによって機能を拡張することも可能という。

2つのリトルブラックダックDCモータ、HC-SR04超音波距離センサ、DAGUミニドライバを搭載。電源には単4電池4本を使用している。

af64d71f9e1b2cba073bba2b8e5ed760_large

プロジェクトの目標金額が達成された場合、基本的なコンポーネントが含まれているスタンダードキットは80オーストラリアドルで入手可能になる見込み。発送は2014年12月が予定されている。


----------[AD]----------

Audi USAがロボットを利用した遠隔修理システム「ART」を導入

SHARE:

Audi USAは、ロボットを利用した遠隔修理システム「ART(Audi Robotic Telepresence)」を発表した。  ARTはVGo Communicationsの開発したテレプレゼンスロボットを採用したシステム。このロボットは映像と音声のストリーミング機能に加え、遠隔で操作できる機能を備えており、遠隔地にいる修理担当がロボットを自由に操作できるほか、テレビ電話で修理担当と会話する…


img_6040

Audi USAは、ロボットを利用した遠隔修理システム「ART(Audi Robotic Telepresence)」を発表した。

 ARTはVGo Communicationsの開発したテレプレゼンスロボットを採用したシステム。このロボットは映像と音声のストリーミング機能に加え、遠隔で操作できる機能を備えており、遠隔地にいる修理担当がロボットを自由に操作できるほか、テレビ電話で修理担当と会話することもできる。

img_2312

 修理の際にはAudiのナショナルコールセンターが遠隔からロボットを操作。現地工場の修理担当と同行し、修理箇所を遠隔から確認すると同時にその場で現地担当とテレビ電話で会話することで、修理の迅速化や密接なコミュニケーションが実現できるとしている。

audi_under_car_1_0_0

 Audiではこれまで電話または自社の車を販売したディーラーへの直接訪問で修理に対応していたが、ARTによってこうした工数を大幅に削減できるとコメント。顧客満足度の向上やセールス向上にもつながると期待している。

----------[AD]----------