THE BRIDGE

タグ 和える

「わたしは社会起業家ではない」:無常識が生む商品で、ホンモノがわかる子どもを育てる「和える」の矢島里佳さん【後編】

SHARE:

「残すべき日本の伝統産業を後世につなぐために生まれた、ベビー・キッズ商品を提供する「和える」の矢島里佳さん【前編】」の後編をお届けします。 伝統産業品はオンライン販売にも向いている 今は、20世紀後半から21世紀へのグラデーションの過渡期だと話す矢島さん。お金やモノが優位だった20世紀から、21世紀は個人のアイディアと想いに光が当たる時代。アイディアと想いが、お金やモノを超えられる時代が到来しまし…

残すべき日本の伝統産業を後世につなぐために生まれた、ベビー・キッズ商品を提供する「和える」の矢島里佳さん【前編】」の後編をお届けします。

Rika-Yajima-sideway

伝統産業品はオンライン販売にも向いている

今は、20世紀後半から21世紀へのグラデーションの過渡期だと話す矢島さん。お金やモノが優位だった20世紀から、21世紀は個人のアイディアと想いに光が当たる時代。アイディアと想いが、お金やモノを超えられる時代が到来しました。

 10年前、いくら情熱を持っていても、都内の一等地にお店を出すことは不可能だった。それが、インターネットというインフラが確立された今、アイディアとやる気次第で、オンライン上の一等地にお店を出せるようになった。そんな今だから、和えるという事業を実現することができたと矢島さんは言います。

現在、和えるの主な販路はECサイト。今年の夏には、都内に直営店を初出店する予定も。書籍やちょっとした洋服ならまだしも、伝統産業品を、実物に触れることなくオンラインで購入することのハードルはとても高いように思えます。でも、「和えるの商品はオンラインにも向いている」のだそう。

「伝統産業品はオンラインで売りにくいと言われますが、そんなことはないと思っています。今はどんなに素晴らしい小売店でも厳しい運営を迫られ、商品説明を徹底する社員教育を行う余裕はありません。お客さんが、十分な説明を受けることなく商品を買って行く光景も目にします。何も語らないよりは、丁寧に語りかけることができるオンラインショップでしっかりと想いを伝えています」

 和えるの商品ページを見てみると、子どもたちにとってどんな学びや機能性があるのか、また活用された職人の技術の紹介、商品が出来上がるまでのストーリーなどが隈無く紹介されています。中には動画による紹介も。

和えるのアイディアを職人さんに形にしてもらい、その商品を和えるで全て買い取って販売する。自分たちの子どものようなかわいい商品たちを、自らの言葉や表現でしっかり伝えることにあくまでこだわります。

未知にも挑み、無理難題に応える職人さん

和えるの20種類ほどのシリーズ商品が、構想から製品化までにかかる時間は短いもので1年、長いものだと3年。その長い道のりにおける一番のハードルは、商品を思い通りの形状に仕上げること。理想の形状に一歩及ばないものを、何度も試行錯誤して、理想そのものに辿り着くまで繰り返しつくってもらいます。

大学在学中を含む6年間のあいだ、矢島さんが産地を回って築いた基盤。数多くの職人さんの中でも、特に印象的なのが本藍染職人さんの言葉でした。

「自分の仕事は「昭和と平成の点をつないでいるだけ」と言うんです。自分は昭和に生まれて、本藍染の技術を平成につないでいる。これまで長きに渡って伝わってきた伝統や技術を正直に伝えることが大切。正直に伝えなければ何百年、何千年と伝わってきた技術が簡単に途切れてしまう。だからこそ、後ろめたいモノ作りをしない、正直な職人を自分の目で見極めて付き合うように、と教わりました」

生き残りがかかった厳しい状況に、中には多少嘘をついてでも生き延びようという人もいるのが悲しい現実。物の見極め以上に、人を見極めて、和えるのビジョンと物づくりに真剣に付き合ってくれる職人さんと仕事をしています。

 「私は骨董商ではないので、モノを見せられて何年もの?と聞かれてもわかりません。目の前にいるお兄ちゃん、おじちゃんが真っすぐでいい人か、子どものための物作りに正直な人か。今まで多種多様な業界で何千人という人に会ってきて、そこは多少わかるようになってきたかなと思います」

 子どもたちのことを考えて、デザイナーと一緒にアイディアを商品に落とし込む。既存概念を疑うことから始まる商品のアイディアは、まだこの世に存在しない全く新しいもの。これまでにない素材を選定したり、かつてない組み合わせを試したり。

 「子どもたちのことを考えて作ると、職人さんもやったことがない、難しい技術を要求せざるを得ないデザインが生まれてくることも、しばしば。結果として、無理難題をお願いしてしまうことも多いのですが、それを無理だと決めつけずに、面白がって一緒に取り組んでくれる職人さんとご一緒させていただいています。産業が危機にあっても、そこに悲壮感は一切ありません。チャレンジを楽しめる職人さんと共に、和えるの商品は生まれているんです」

私は「社会起業家」ではない

残すべき伝統産業を後世に伝えるという和えるのコンセプトから、社会起業家という文脈で語られることが多い矢島さんの活動。最近は、大学などで講演を行うと、多くの学生が「社会起業家になりたいんです」とアドバイスを求められます。そんな彼らには、もう一度考えてほしいと言います。

「社会起業家になって、何がしたいの?と聞くと、まだわからないけど社会起業家になりたいと答える学生さんが多いのです。一歩踏みとどまって考えたほうがよいのではないかと感じます。

私自身、社会のためになることをしようと思って始めたわけではなく、好きという自分の強い想いが始まりでした。自分が本当にやりたいことでなければ、どこかで軸がブレてしまい続けることが難しいと思います」

一緒に事業に取り組むからには、お互いに相乗効果のある三方良しの関係であるべき。これを実現するために、和える立ち上げ当初、周囲に大反対された在庫を抱えることもしています。職人さんが作った和えるの商品は全て買い取り。そうすることで、職人さんは在庫リスクを心配することなく、子どものための商品を作ることだけに注力できる。完成した商品を利用者に伝えて届けるのは、和えるの仕事です。

「社会のために、という大きなことではなく、ただ自分が惚れ込んだ職人さんたちの技術を、将来の自分たちの子どもたちのために活かしたい、それだけなんです。愛すべき人が生み出したものを愛すべき人に届けたい。それが結果的に社会全体にとってもいいことだと思ってくださる人がいたからこそ、循環しているのだと思います」

「無常識」のまま、時代の半歩先を

和えるを立ち上げて丸3年。特に資金繰りが苦しかった最初の2年間を乗り越え、今年の3月16日で会社は丸3年目を迎えました。周りの起業やビジネスの先輩から言われてきた「3年残る会社が少ない」ということの大変さを、身を以て実感しています。

「生まれたての会社は子どもと一緒。特に3歳くらいまでは、すぐに風邪を引いて、熱が出たりします。資金繰りが苦しくなって、我が子のような“和えるくん”が死んでしまうかもという危機もありました。でも、職人さんや周りの皆さんに支えていただいて、3年という一つの節目を乗り越えることができました」

日本人が、日本ならではの「いいもの」に当たり前に囲まれながら、それを活かして先人の知恵を次につないでいく。そんな文化をもう一度作っていくことが矢島さん、そして和えるが目指すこと。

 将来的には、海外の子どもたちにも日本のいいものを発信していく予定。既に、ECサイトに海外のユーザーから問い合わせが寄せられたり、海外のパートナーシップなどについても模索したりしています。

「幼少期に日本のものに触れた外国の子ども達が、大きくなって、どの国に行く?となった時に、日本に行きたいって言ってくれるような世界を目指したいです」

日本の豊かな伝統を、いい意味で当たり前に日常生活に取り入れ、ホンモノに触れた感性豊かな子どもたちを育む。和えるはきっと、これからも「無常識」のまま、時代の半歩先を進んでいくのでしょう。利き足を軸に、もう片方の足が宙に浮いている「半歩先」くらいが今の時代にはちょうどいい。未来を担う子どもたちが、どんな商品に触れて、どんな価値基準を持つようになるのか。子どもたちがちょっぴりうらやましく思います。

----------[AD]----------

残すべき日本の伝統産業を後世につなぐために生まれた、ベビー・キッズ商品を提供する「和える」の矢島里佳さん【前編】

SHARE:

渋谷のカフェでお話を伺った「和える」代表の矢島里佳さん 「全ての伝統産業を守り、残さなければならないとは思っていません。生物の進化論と同じで、残るものもあれば消え行くものもある。それが自然淘汰というもの。環境や時代の変化に対応できないものは自然と消えて、そこに対応できたものが生き残って行く。 伝統産業は、今ふるいにかけられていると思います。本当は素晴らしいのに、人々が知らないというだけで、今この時…

Rika-Yajima渋谷のカフェでお話を伺った「和える」代表の矢島里佳さん

「全ての伝統産業を守り、残さなければならないとは思っていません。生物の進化論と同じで、残るものもあれば消え行くものもある。それが自然淘汰というもの。環境や時代の変化に対応できないものは自然と消えて、そこに対応できたものが生き残って行く。

伝統産業は、今ふるいにかけられていると思います。本当は素晴らしいのに、人々が知らないというだけで、今この時代で朽ちていこうとしているものを残したいんです」

渋谷のカフェでお会いしたのは、株式会社和える(aeru)の代表取締役の矢島里佳さん。日本の伝統工芸職人の技を生かした0〜6歳向けのベビー・キッズ商品を提供するために、2011年3月、大学4年生で「和える」を立ち上げました。山中漆器のこぼしにくい器本藍染の産着など、使う子どもの視点に立った商品開発を手掛けています。

今回の取材には、和えるの初めての社員となる柴田智奈美さんも同席してくれました。ただでさえ人手が足りず、教育に時間をかける余力もないベンチャー企業では、即戦力となる中途採用が主流。でも、矢島さんは、敢えて社会人経験のない学生さんを採り、一緒に育てて行く方針にこだわります。

「20世紀から21世紀へと時代が変わり、少し前の常識がもはや通用しなくなっています。和えるでは、常識でも非常識でもなく、無常識を作っていきたい。知恵や経験は、ときに新しい仕組みを創ることを邪魔してしまうこともあります。近代社会が生み出してきた常識と言われるものに対して素直に疑問を持ち、自ら動いてより良い方法を見出そうとする子たちと、和えるを一緒に育てていきたいと思っています」

TVや雑誌にも頻繁に登場し、よく「社会起業家」という文脈で紹介される矢島さん。でも、ご本人には、自身が社会起業家であるという意識は全くなく、あくまでドライ。お会いした時、そのギャップにちょっぴり驚きました。

「伝統産業が廃れてしまうことを可哀想、助けたい」と思ったことは一度もないと言います。ただ純粋に、自分の目で見て、手で触れた日本の良いものを後世に残して行きたい。そんな想いに駆られて走り続けています。

つなぎ、伝えるために誕生した「和える」

矢島さんが伝統産業に携わる仕事を始めるようになったのは、中学高校時代の茶華道部での経験が一つのきっかけでした。その後、2009年からの約3年間、日本各地の伝統を次世代につなぐ若手職人を取材する連載をJTBの会報誌にて執筆。後に、週刊朝日でコラムでも連載を手掛けることに。日本全国に足を運び、職人さんに直接会い、伝統産業品に触れていくことで、和えるの構想が生まれました。地道に続けた取材活動で培った職人さんとの人間関係が、現在の和えるにも活きています。

大学3年生になって一度は就職先を探してみたものの、矢島さんが思い描く「ベビー・キッズ×伝統産業」という市場に取り組む企業に出会うことはできませんでした。でも、やりたいことは明確。それなら自分で事業を立ち上げようと、ビジネスコンテスト「学生起業家選手権」に参加して見事優勝。その賞金が、和える立ち上げの資本金となりました。

伝統産業が衰退する理由はいたってシンプルなのだと矢島さんは話します。

「それは、私のような伝統産業の存在を知らない大人が増えたから。知らなければ興味を持たないし、興味がないものを欲しいと思わない。という負の連鎖が伝統産業界の様々な問題の要因だと感じました。それなら、幼少期に知る機会を作ればいいんだ、と思いました」

日本が誇るべき、そして後世に残すべき素晴らしい技術が途絶えてしまう理由は、ただ、新しい世代にそれが伝わっていないから。それをつなぐ一つの形が和えるなのです。

「職人さんの技術の一つひとつが、私にとっては目から鱗でした。日本で生まれ育ったのに、こんなに魅力的なものをなぜ今まで知らなかったんだろう?なぜ、それを教えてもらう教育的機会を得られなかったんだろう?と不思議に感じました。その素晴らしい伝統を、私たちの生活に活かしたい、その想いが始まりでした」

パパやママの便利さよりも、子ども目線で学びの多いものづくり

和えるの利用者ターゲットである0〜6歳の子どもたちにどれだけ役立つのか。バリエーションを含むと70〜80種類を超える、和えるの商品の絶対的基準。

商品開発は、矢島さんが持つ「ベビー・キッズ市場の既存商品に対する疑問のストック」と、「伝統産業市場における技術のストック」を掛け合わせることから始まります。親でも子どもでもない第三者であることで、これまでにない発想が生まれるのです。

例えば、「徳島県の本藍染の産着」は、「なぜ赤ちゃんの産着には白色しかないんだろう?」という一つの疑問から生まれました。そもそも産着が白色である必要があるのか。その疑問に対して、本藍染が持つ抗菌作用や防虫防臭効果を和えてみることで、子どものための商品に落とし込んでいます。

商品開発に際して、それを購入することになるママやパパに話を聞くことはしません。それは、和えるの商品がママやパパのためのものではないから。あくまで、子どもに最大限の学びや気づきを提供することを大切にしています。

「食器は割れないほうがいい、割れたら危ないし、片付けるのも大変だから。これはあくまで大人の理屈ですよね。子どもにとっては割れるものの方がいいんです。乱暴に扱うと物が壊れてしまうということを学ぶ大切な機会になります」

このように全く別の市場同士を和えることで、本物に触れた子どもたちが育っていく。

「魅力的な職人さんの技術を、子どものために最大限にどう活かすのか。幼少期に、本当にいいものに触れられる環境を作りたいんです。いいものがわかる子どもが増えれば、自分でいいものをしっかりと選択できる大人になるはずです。

20年後、自分でモノを買う年齢になったとき、きちんと自分の価値基準で選びぬき、物を買う。そうなれば、次世代のことを考えられた物づくりを支持し、購入するという投票行為ができる人が増えるのではないでしょうか」

後編につづく。

----------[AD]----------