THE BRIDGE

タグ 宇宙

SpaceXが描く「宇宙インターネット構想」Starlinkの全貌とは

SHARE:

ピックアップ:SpaceX raises over $1 billion through two funding rounds ニュースサマリー:ここ半年、イーロンマスク氏率いる米国の宇宙ベンチャー「SpaceX」の異常な調達劇が続いている。 2018年の11月にはBank of Americaからデットで2億5000万ドル、同年12月に英国の投資企業ベイリー・ギフォードからシリーズJラウンドで4…

2019-06-16 11.16.04

ピックアップSpaceX raises over $1 billion through two funding rounds

ニュースサマリー:ここ半年、イーロンマスク氏率いる米国の宇宙ベンチャー「SpaceX」の異常な調達劇が続いている。

2018年の11月にはBank of Americaからデットで2億5000万ドル、同年12月に英国の投資企業ベイリー・ギフォードからシリーズJラウンドで4億8600万ドルを調達。そして2019年5月24日に新たなベンチャー・ラウンドでの5億3500万ドル調達を公表している。

これら調達の目的は主に宇宙ブロードバンド計画である「Starlink」へのリソース投入のためだ。Starlinkとは、地球を取り巻く宇宙空間に約2万機の小型衛星を配置し、それらの衛星からインターネット通信を提供するというこれまでに類を見ないプロジェクトのことである。

5月23日19時30分、Starlinkプロジェクトのはじめの一歩として、60基のStarlink用小型衛星を積み上げたFalcon9(SpaceXの主力ロケット)の打ち上げに成功した。以下の動画をご覧いただきたい。60基の衛星が宇宙空間へと旅立つ姿は、まるで銀河鉄道のうように美しく、魅力的だ。

credit : Marco Langbroek

話題のトピック:「新しいインターネット提供システムを作るために、宇宙に1万2000の小型衛星を飛ばし、そこから地球全体に通信を配給する」。そう聞いても、話があまりに現実世界とかけ離れているため、実感も分かなければ、にわかには信じがたいというのが筆者の第一印象でした。

そして実際にそう思われている読者の方も少なくないと考えています。そこで、本記事でStarlinkプロジェクトに使われている衛星・ロケットの仕組みや、直近のターゲット市場など、できる限り詳しいところまで解説します。なお、ここからは主にspaceflightnowの情報を参照した文章となります。

Starlinkの衛星は、非常にコンパクトに設計されており、なんと重さはわずか227kgしかありません。見た目は下記画像の通りで、翼のような1枚の太陽光パネルを広げ、エネルギーを獲得しながら、約4~5年地球の周りを周回し、やがて大気によって焼却されます。

2019-06-16 09.36.35
credit : Starlink

特徴はその重さ故に、低高度の軌道を確保している点です。軽さ故に地球の重力の力を受けづらく、低い高度でも正常に軌道を確保し続けることが可能です。通常の人工衛星は高度1000kmの軌道に沿っていますが、Starlinkの衛星は500km圏を保ちます。

地球に近いということはすなわち通信を地球に届けやすくなるという意味ですので、インターネット提供の低コスト化を実現しているということです。

そして高度が低いことによるもう一つのメリットとして、デブリ(宇宙ゴミ)の排出軽減があります。役目を終えたStarlink衛星は、いずれ大気圏に突入し燃え尽きます。その際、もともと低高度・コンパクトという特徴を持ったStarlink衛星は、一般的な人工衛星よりも早い段階で大気圏に入り、確実に燃えるきるようにできているため宇宙・地球環境に優しいのです。

では、これらの衛星を60機も積み上げて、宇宙の軌道に運び込んだロケットとはどんなものなのでしょうか。それがFalcon9という、SpaceXが独自に開発した着陸機能を搭載した新型ロケットです。以下は2016年のFalcon9の着陸時の映像ですが、打ち上がったロケットが、まるで逆再生かのように綺麗に着陸しています。

Starlink衛星60基は、このFalcon9の中に格納されていたのです。以下はFalconの中に敷き詰められた60基のStarlink衛星です。Falcon9はこの打ち上げ後も正常に着陸することができたと言います。一般的にロケットは使い捨てであり、ゴミが海に落ちたりといったデメリットがあります。衛星だけでなく、SpacaXはロケットもエコにできているようです。

スクリーンショット 2019-06-16 12.11.34.png
credit : Elon Musk

SpaceXは、2019年内に2~6回の打ち上げを想定しており、2020年にはそのペースを加速させ、計720基ほどの衛星を周回軌道に載せることを目標にしています。spaceflightnowによれば次の6回の打ち上げが終わり次第、アメリカ北部及びカナダでのサービス提供を計画していると言います。ちなみに、同社はすでにアメリカ連邦通信委員会(FCC)の承認を受けてプロジェクトを実施しているとのことです。

Spaceflowの記事のなかで、イーロンマスクは以下のようにコメントしています。

Starlinkは、SpaceXのさらなるロケット・宇宙船開発のための資本を生み出す手段であり、火星や月に自立したコミュニティを作るための鍵となるステップです。私はStarlinkで得た利益を宇宙船開発に繋げることができると信じています。

この発言からも、イーロンマスク にとってのStarlinkプロジェクトは、彼が以前から掲げている人類火星移住計画の通過点に過ぎないということが伝わってきます。

SpaceXが創業したのは2002年であり、今年で創業17年を迎えるということになりますが、思えば同社は国家の独占領域であったロケット事業を民間で初めて成功させた企業です。

その創業者であるマスク氏はその後電気自動車やハイパーループといった革新的な事業をいくつも立ち上げた実績を持っています。したがって、今回のStarlinkプロジェクトが軌道に乗り始めるのも、案外時間の問題なのかもしれません。

----------[AD]----------

SpaceXライバルOneWeb、目指すのはインターネット網の再構築ーー初の人工衛星発射に成功

SHARE:

ピックアップ:OneWeb is about to launch its first internet satellites to connect the unconnected ニュースサマリー:複数の人工衛星を通して、全世界に低額な高速インターネットの提供を目指す「OneWeb」は27日(現地時間)に同社初となる人工衛星の発射に成功した。OneWebは2012年創業。米国バージニア州に本社を置…

oneweb.png
Image Credit : One Web

ピックアップ:OneWeb is about to launch its first internet satellites to connect the unconnected

ニュースサマリー:複数の人工衛星を通して、全世界に低額な高速インターネットの提供を目指す「OneWeb」は27日(現地時間)に同社初となる人工衛星の発射に成功した。OneWebは2012年創業。米国バージニア州に本社を置く。2016年12月にはSoftbank Vision Fundから10億ドルを調達し、約2年をかけて人工衛星の開発・生産を進めてきた。

話題のポイント:OneWebはインターネット普及率拡大に焦点を置いているプロジェクトです。ただ宇宙産業には、この分野以外にも多岐にわたってミッションが立ち並んでいます。

下図は、Mobile World Congressなどを主催するGroupe Spéciale Mobile Associationが公開した宇宙産業を分野ごとに整理したものです。分野は全部で「Communication」「Earth Obervation」「 Navigation/GPS」「Space Observation」「Tech Development」の5つに分解されています。

LEO(Low Earth Orbit)、MEO(Medium Earth Orbit)GEO(Geostationary Orbit)はそれぞれ人工衛星の地球からの距離を表しており、LEOが一番近くGEOが一番遠くなっています。円の中の数字は人工衛星の数で、OneWebや、その競合であるSpaceXなどが分類される「Communication」がが比較的多く人工衛星が打ち上げられるセクターになっています。

Capture.PNG
Credit: Groupe Spéciale Mobile Association

では、なぜ人工衛星を通した世界規模のインターネット環境構築が重要視されているのでしょうか。その答えは、私たちが思っている以上にインターネット環境が身近にない国・地域が多いことにありました。

以下も上に同じくGroupe Spéciale Mobile Associationが2017年に発表した、インターネットに繋がっていない人の数を国ごとにあわわしたグラフです。

Capture.PNG
Credit: Groupe Spéciale Mobile Association

例えば、インド。同国は人口約13億ですが、そのうち約8億7000万人は充分なインターネット環境が身近にないという統計結果が出ています。つまり、国民の7割はインターネットを自由に使える環境がない、ということになります。

総務省発表の統計によれば2016年時点でインターネット普及率83.5%を誇っていることが分かります。このため日本に住んでいるとインターネットの不便を感じることは少ないかもしれません

Credit: 総務省平成29年度調べ

2020年までには、全世界におけるインターネット普及率は60%に達すると予想されています。しかし、それでも残りの40%、約30億人はインターネットと離れた生活を送ることとなります。

Capture.PNG
Credit: Groupe Spéciale Mobile Association

この実情があるからこそ、OneWebやSpaceXの取り組みは大きく期待されているのでしょう。メジャーどころでは今回人工衛星の発射に成功したOneWeb, SpaceX, GoogleのLoon, FacebookのDronesと多岐にわたってプロジェクトが推進されています。ただ、彼らが目指す先には同じゴール「Rebuilding the Internet」があり、全世界にインターネットを届けようとしています。

Capture.PNG
Credit: Groupe Spéciale Mobile Association

 

----------[AD]----------

手のひらサイズ衛星「Swarm Technologies」が250万ドル調達ーー世界で使えるネットサービスを計画

SHARE:

ピックアップ:Exclusive: Satellite Startup Swarm Raises $25 Million For Space-Based Internet Plan ニュースサマリー:衛星スタートアップの「Swarm Technologies」が25日、シリーズAラウンドで2500万ドルの資金調達を完了したと発表した。Craft VenturesおよびSky Daytonが中心とな…

Swarm Technologies.png
Image Credit : Swarm Technologies

ピックアップ:Exclusive: Satellite Startup Swarm Raises $25 Million For Space-Based Internet Plan

ニュースサマリー:衛星スタートアップの「Swarm Technologies」が25日、シリーズAラウンドで2500万ドルの資金調達を完了したと発表した。Craft VenturesおよびSky Daytonが中心となり、Social Capital、4DX Ventures、NJF Capitalが参加した形となる。

Swarm Technologiesは調達した資金を用い、向こう18カ月で150個の小型人工衛星の開発・打ち上げを進める。Swarm Technologiesは自社人工衛星を使って世界中どこでも低額なインターネットサービスを利用できる環境作りを進めていく。

Swarm Technologiesが開発する衛星の大きな特徴はその小ささにある。競合他社となるイーロンマスク氏のStarlinkや孫正義氏のOneWebなどが開発する衛星は洗濯機ほどのサイズである一方、Swarm Technologiesの衛星「SpaceBEES」はたったの約4インチ × 1インチ(10センチ × 2.8センチ)と格段に小さい。

----------[AD]----------

米宇宙観光スタートアップ World Viewのパラフォイルが、高度10万2000フィートに到達

SHARE:

想像してみてほしい。あなたを含め8人の乗客がパラフォイル(翼のついた大きな飛行船)の客室に腰を下ろし、サッカー競技場を飲み込むほどの大きさがある気球の足元で揺られているところを。それも地上10万2000フィート上空でだ。 そんな空想は遠い未来のもののように思えるだろうが、意外と先の話ではないかもしれない。昨日(編集部注:原文掲載2月21日)、World Viewという企業が行った試験フライトによっ…

2.19.15-Balloon-2

想像してみてほしい。あなたを含め8人の乗客がパラフォイル(翼のついた大きな飛行船)の客室に腰を下ろし、サッカー競技場を飲み込むほどの大きさがある気球の足元で揺られているところを。それも地上10万2000フィート上空でだ。

そんな空想は遠い未来のもののように思えるだろうが、意外と先の話ではないかもしれない。昨日(編集部注:原文掲載2月21日)、World Viewという企業が行った試験フライトによって、こんな光景が来年末には実現する可能性が出てきた。

World Viewは宇宙観光事業を営んでおり、2016年末までに1回につき7万5000米ドルで乗客を乗せたパラフォイルを宇宙の彼方へと飛行させたいとしている。だが同社はまず、同社自身、当局、乗客、そしてその他の人々に対して、そこまでの高度へと人々を安全に送り出すことができること、到達したそのスペースで乗客が1~2時間過ごせるということ、そして目指す到着地点へと無事戻ってこれるということを証明しなければならない。

だからこそ、金曜日に行われた試験フライトは大変重要な一歩であると、World ViewのチーフエンジニアであるSebastian Padilla氏は述べた。

World Viewは独自のパラフォイルシステムを開発してきた。地上に戻る際に荷重がかかった状態での飛行制御を可能にするためのものだ。パラフォイルとは基本的に長方形のパラシュートであり、カーゴの上に取り付けられて飛行する。パラフォイルがなければ、科学的な実験であれ乗客を載せた状態であれ、地上にきちんと戻るよう導くことはできないだろう。しかしパラフォイルがあれば、特定の場所に向かって緩やかに降下することができる。

これまでパラフォイルの飛行高度の世界記録は約5万フィートだったとPadilla氏はVentureBeatに語った。しかし、WorldViewは金曜日の朝、同社のパラフォイルを10万2200フィートに到達させた。そのパラフォイルは気球の上に設置され、モンタナ州立大学とノースフロリダ大学の研究者から提供された実験用荷重が取り付けられていた。

だがこのフライトは世界記録の樹立以上の意味を持っていた。Padilla氏は次のように語っている。「フライトは非常に重要なものでした。一昨日までは、あのような高度からパラフォイルを飛ばせるかさえ定かではありませんでした。ですから、『初の試みで成功できるのか?』と誰もが思っていたはずです」。

気球はアリゾナ州ツーソン北部にある空港から打ち上げた。Padilla氏によると、パラフォイルは200~300平方フィートほどの広さがあったという。しかし、8人の人間(乗客6人と正副パイロット1人ずつ)をカプセルに乗せて問題なく運ぶためには、気球自体の大きさは1500万立方フィートの容量がなければならない。フットボールスタジアムをすっぽり覆うほどの大きさだ。そして、パラフォイルは約2000~3000平方フィートの大きさが必要になる。

Screen-Shot-2015-02-20-at-5.22.44-PM

World Viewは乗客を宇宙へと連れて行こうとしているが、Virgin Galacticのような企業の直接的な競合にはならないと考えている。Virgin Galacticは1座席あたり25万米ドルで、乗客に宇宙空間への短時間フライトを提供しようと計画している。Padilla氏によると、彼らとの違いはVirgin Galacticの乗客は小さなロケットで宇宙空間に入った後、約5分間の無重力体験を得るのに対して、World Viewはまず高度10万フィートに達するまで90分間飛行し、その高度に2~3時間滞在した後、少なくとも30分かけて降下する。

Virgin Galacticは乗客を乗せたフライトを今年中に開始したいと考えていたが、昨秋の重大な事故により、その計画は大幅に後退した。その点に関して、World Viewは「2016年の終わりまでに、人々を宇宙の端まで連れて行くフライトを開始することを目指しています」とPadilla氏は述べた。「かなり強気なスケジュールです。強気のスケジュールで進めるのは良いことです。強気すぎるかもしれませんが……安全なものになれば、実行するつもりです」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」の中間賞に、日本のハクトがノミネート

SHARE:

民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「ハクト」が、太平洋標準時2月19日、Google Lunar XPRIZEが設ける中間賞の書類審査を通過し、モビリティサブシステム中間賞にノミネートされたことが発表された。 「Google Lunar XPRIZE」は、Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団…

Google Lunar XPRIZE

民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「ハクト」が、太平洋標準時2月19日、Google Lunar XPRIZEが設ける中間賞の書類審査を通過し、モビリティサブシステム中間賞にノミネートされたことが発表された

Google Lunar XPRIZE」は、Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額4,000万米ドルの国際賞金レース。ミッションは、2015年12月31日までに月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m 以上移動し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

総額1,000万米ドルのGoogle Lunar XPRIZEの中間賞

中間賞とは、2013年11月にXPRIZE財団とGoogleが発表したもの。月面ミッション達成で授与される総額3,000万米ドルの賞金に加え、総額1,000万米ドルを新たに中間賞として設定している。これは順調に開発を進めているチームを経済的にサポートし、更なる投資や認知を上げることを目的としたものだ。これはGoogle Lunar XPRIZE登録チームにのみエントリー資格がある。

現在、公表された中間賞は、下記の3つの賞からなる総額600万米ドル分。それぞれ月面ミッションには不可欠な要素技術であり、2014年9月末までに、実際に打上げ可能であることを検証できたチームに賞金が与えられる。

    1 イメージングサブシステム中間賞(画像処理系)《4チームまで》:250,000ドル/チーム
    2 モビリティサブシステム中間賞(走行系)《4チームまで》:500,000ドル/チーム
    3 ランダーシステム中間賞(着陸船)《3チームまで》:1,000,000ドル/チーム

中間賞獲得に向けて

ハクトでは今まで開発を進めてきた4輪タイプのローバーと対向2輪タイプのローバーの2タイ プを組み合わせた新しいコンセプトの「デュアルローバー」の開発をおこない、中間賞の獲 得を目指す。

さらに、ハクトを運営するispaceは昨年末に、今までハクトとパートナー関係にあった、東北大学宇宙ロボット研究室と共同研究契約を締結している。2015年末までにおこなう月面ミッションに向け、東北大学宇宙ロボット研究室との連携を強め、研究開発を進めていく方針だ。

以下はデュアルローバーフィールド試験映像。



----------[AD]----------

シリコンバレー発宇宙葬スタートアップのElysium Space、日本での事業をスタート

SHARE:

愛している人が図らずも命を落としてしまったとき、「あの人はお星さまになってしまったのだよ」というのは、よく耳にする表現だ。しかし今日から、亡くなった人をお星さまとして弔うのが、より現実的なものになるかもしれない。 サンフランシスコに本拠を置く、宇宙葬をビジネスとするスタートアップ Elysium Space(エリジウム・スペース)は、アメリカ市場に引き続き、10月1日から日本でも事業を開始すると発…

elysium.earth.logo

愛している人が図らずも命を落としてしまったとき、「あの人はお星さまになってしまったのだよ」というのは、よく耳にする表現だ。しかし今日から、亡くなった人をお星さまとして弔うのが、より現実的なものになるかもしれない。

サンフランシスコに本拠を置く、宇宙葬をビジネスとするスタートアップ Elysium Space(エリジウム・スペース)は、アメリカ市場に引き続き、10月1日から日本でも事業を開始すると発表した。同社が提供するサービスは、宇宙船で遺灰を宇宙に送るサービスで、同社はこのユーザ体験を一回あたり1,990ドルで提供する。

事業開始にあたり、来日中の創業者兼CEO Thomas Civeit氏に話を聞くことができた。以前 NASA で技術者をしていた彼によれば、Elysium Space は将来的には自前の宇宙船を持つことも視野に入れつつ、当面は最も効率的な選択肢として、Space-X などの宇宙サービス会社と提携し、フロリダ州のケネディ宇宙センターから遺灰を打ち上げることを計画している。

他にも打ち上げ場所はあるけれども、一般人が入れる場所を考えると、ビーチからロケットが打ち上がる瞬間が見られるという点で、フロリダが最もいいと思う。近くのオーランドには Disney World もあるし、打ち上げを見届けてから、Disney World に立ち寄るというような、家族旅行ツアーパッケージも企画できるかもしれない。

elysium.app.sat打ち上げの模様はライブストリームとアーカイブでビデオが提供されるので、遺灰を託した遺族は、日本からも宇宙葬が執り行われる瞬間を見ることができる。また、近年、役目を終えた人工衛星などが地球に回りを周回し続ける宇宙ゴミ(Space Debris)の問題が指摘されるが、Elysium Spaceでは、打ち上げに使われた宇宙船や遺灰は、一定時間の経過後、大気圏に再突入して燃え尽きるので、その恐れも心配ないとしている。

懸念点について、いくつか聞いてみた。まず、火葬が一般的で、水葬は基本的に違法とされる日本で、遺灰を宇宙に持って行ってよいかということだが、遺灰になった時点で火葬が終わっており、宇宙への打ち上げもアメリカから行われるので法律には抵触しない。さらに、宗教倫理的な面についても聞いてみたが、キリスト教であれ、イスラム教であれ、仏教であれ、どの宗教においても宇宙は神聖な位置づけであり、そこで死者を弔うことについては倫理的に問題は発生しない、というのが彼らの見解だ。

宇宙葬そのものは、新しい概念ではない。Elysium Space が画期的なのは、それを 1,990ドルという安価で提供できる点だ。さらに、世界にはいくつかの宇宙ベンチャーが存在するが、その多くは政府からの支援を得ている。Elysium Space は完全に民間からの資金調達だけで成立しており、これも特徴的なことだと思う。

「愛する対象」を宇宙に送るサービスなので、遺灰は人間のものに限らず、ペットの犬や猫のものでも構わないそうだ。ユーザには、事前にサービスのユーザ体験をイメージしてもらうため、iOSAndroid 向けにアプリが公開されている(表示されている宇宙船の位置情報などは、シミュレーション)。現在、オンラインでの受付に加え、日本では葬儀サービス会社などとの提携を模索中だ。

左から:コミュニケーション担当 Benjamin Joffe氏、CEO Thomas Civeit氏、ビジネス開発担当 金本成生氏
(左から)コミュニケーション担当 Benjamin Joffe氏、CEO Thomas Civeit氏、
ビジネス開発担当 金本成生氏
----------[AD]----------