THE BRIDGE

タグ 広島市立大学

音声や表情で操作できる耳装着型のウェアラブルデバイス、広島市立大学が研究

SHARE:

広島市立大学の谷口和弘氏が、開発中である耳に装着するウェアラブル・コンピュータを公開した。このデバイスは音声、目の動き、顔の筋肉でコンピュータを操作することができる。 デバイスは17gで、GPS、コンパス、ジャイロセンサ、スピーカーとマイクを内蔵している。Bluetoothにも対応しており、手を使わずに簡単にスマホの操作ができるようになる。 2013年に谷口氏の研究が「みみスイッチ」として話題にな…


「第12回ビジネスフェア中四­国2014」で『みみスイッチ』が視察された際の様子
「第12回ビジネスフェア中四­国2014」で『みみスイッチ』が視察された際の様子

広島市立大学の谷口和弘氏が、開発中である耳に装着するウェアラブル・コンピュータを公開した。このデバイスは音声、目の動き、顔の筋肉でコンピュータを操作することができる。

デバイスは17gで、GPS、コンパス、ジャイロセンサ、スピーカーとマイクを内蔵している。Bluetoothにも対応しており、手を使わずに簡単にスマホの操作ができるようになる。

2013年に谷口氏の研究が「みみスイッチ」として話題になった。当時の研究ではイヤフォン型で、耳の穴に装着するものであったが、改良が進み、現在は耳にかけるタイプになっている。以下はみみスイッチプロモーションビデオ。



顔の筋肉や内耳をセンサリング

このデバイスで注目されているのは、顔の筋肉と内耳をセンサリングできる点だ。予め、ハンズフリーで操作するコンピューターにいくつかの表情をコマンドとして登録しておくと、ウィンクしただけでコンピューター機器を操作できるようになる。

医療分野での活躍も期待

これにより従来のモバイルデバイスを操作できない、身体的な障がいや麻痺を持つ人々も、簡単に操作できるようになるという。

デバイスには身体データのモニタリングアプリもあり、脈拍、体温、くしゃみなどを検出可能で、医療分野での活躍も期待されている。

広島市立大学によると、モバイルデバイスとの互換性を実現し、来年のクリスマスまでの完成を目指しているという。製品の商用版は、2016年4月に発売する予定だ。

----------[AD]----------