タグ 目覚まし時計

淹れたてのコーヒーの香りで目覚める目覚まし時計「Barisieur」

SHARE:

BRIDGE Members BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。 BRIDGE Canvasの購読 メンバー向けDiscordご招待 BRIDGE Tokyoなどイベントご招待 無料メンバー登録 イギリス人のプロダクトデザイナーJo…

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

淹れたてのコーヒーの香りで目覚める目覚まし時計「Barisieur」

イギリス人のプロダクトデザイナーJosh Renouf氏が、目覚まし時計とコーヒーメーカーを組み合わせた「Barisieur」という製品を開発中だと自身のWebサイトで発表している。

一般的な目覚まし時計は、音を鳴らして目覚めをうながすが、Barisieurは音ではなく、コーヒーの香りを使う。あらかじめセットした時間に、コーヒーができあがり、その香りで眠りから覚めることができる、というしくみだ。

準備としては、眠りにつく前に、ビーカー状のボトルに水を注ぎ、挽いたコーヒーの豆をフィルターに入れて、カップをその下に置く。

Barisieur

そして、タイマーに起きたい時間をセットする。後は寝るだけ。

Barisieur

セットした時間が近づくと、金属のボールが加熱され、それによる誘導加熱でお湯が沸く。

淹れたてのコーヒーの香りで目覚める目覚まし時計「Barisieur」

沸騰したお湯が蒸気となりチューブを伝わってフィルターに注がれ、コーヒーが抽出されるという仕組みだ。

熟睡した状態からコーヒーの香りだけで目を覚ますことができるか個人差がありそうだが、起きてすぐに淹れたてのコーヒーがベッドで飲めるのは魅力的だ。また、コーヒーの代わりに紅茶等を使ってもよいかもしれない。

Josh Renouf氏のWebサイトによると、Barisieurは現在、開発中で、市販価格は250ユーロ程度になるという。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録