THE BRIDGE

タグ 総務省

総務省、未来の学習環境をイメージした学習・教育クラウドプラットフォーム実証研究のためのアイデアを募集

SHARE:

<ピックアップ>総務省|学習・教育クラウド・プラットフォームのアイデア募集 総務省が、現在開催しているICTドリームスクール懇談会において議論するための学習・教育クラウドプラットフォームの実証研究のためのアイデアを募集している、というリリースを発表しています。 内容は、学習クラウドに搭載する機能や利用方法、技術的要件をもとに、未来の学習環境をイメージしたアイデアや、学校や学習塾、フリー…

Image by {Flixelpix} David on Flickr
Image by {Flixelpix} David on Flickr

<ピックアップ>総務省|学習・教育クラウド・プラットフォームのアイデア募集

総務省が、現在開催しているICTドリームスクール懇談会において議論するための学習・教育クラウドプラットフォームの実証研究のためのアイデアを募集している、というリリースを発表しています。

内容は、学習クラウドに搭載する機能や利用方法、技術的要件をもとに、未来の学習環境をイメージしたアイデアや、学校や学習塾、フリースクールなどにおける具体的な利用方法のアイデア、といった内容です。今年度から開始される実証実験の参考だけでなく、提案によっては実際の学校などで教材コンテンツを利用してもらうこともできるそうです。

近年、教育分野におけるテクノロジー活用が次第に進みつつある中、総務省も本格的にEduTechにも動き出しつつあるようです。

----------[AD]----------

総務省、国内のネットトラフィック量を計測:ダウンロードは前年比27%以上の伸び率

SHARE:

<ピックアップ>総務省|我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算 総務省が約半年に一回程度調査している、国内のインターネットのトラフィックの総量を測定した結果が発表された。 資料によると、ダウンロードは前年比27.1%増、アップロードは前年同月比17.5%増とのこと。前回3月に発表した資料では前年比35.6%増となっているなど、トラフィック数は年々右肩上がりで増加していると…

Image by Jakob Montrasio on Flickr
Image by Jakob Montrasio on Flickr

<ピックアップ>総務省|我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算

総務省が約半年に一回程度調査している、国内のインターネットのトラフィックの総量を測定した結果が発表された。

資料によると、ダウンロードは前年比27.1%増、アップロードは前年同月比17.5%増とのこと。前回3月に発表した資料では前年比35.6%増となっているなど、トラフィック数は年々右肩上がりで増加しているとのこと。

また、時間帯別のトラフィック数なども掲載されている。時間帯別のトラフィックのピークは、平日は21時から23時、土日休日は日中の時間帯が多いという結果となっています。年々増加の一途をたどっているトラフィック数。同時に、それだけのトラフィックを処理するためのインフラや、スマホの浸透などによるトラフィックを生み出すデバイスの流通など、こうしたデータから読み取ることができます。

こうした官公庁のデータを参考、探すとたくさんあるので、中には面白い調査結果などの掘り出し物がでてくるかもしれません。

----------[AD]----------

総務省、情報通信白書平成26年版を発表。テーマは「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」

SHARE:

Image by CCAC North Library on Flickr <ピックアップ>総務省|平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)の公表 行政が定期的に出している情報通信白書の最新版です。テーマは「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」という特集で、モバイル送金、オープンデータ、MOOCsなどのEdTech、クラウドサービスの利用動向、コンテ…

4131076475_82e7a9e01d_z

Image by CCAC North Library on Flickr

<ピックアップ>総務省|平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)の公表

行政が定期的に出している情報通信白書の最新版です。テーマは「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」という特集で、モバイル送金、オープンデータ、MOOCsなどのEdTech、クラウドサービスの利用動向、コンテンツ市場規模の拡大など、現在まさにトレンドとされている事象がまとめられています。

スタートアップにとっても、こうしたデータを参照にしながら、次の新しい潮流やサービスを考えるきっかけとしてみたり、事業計画、マーケティングの参考にすると良いかもしれません。

さらに、今回の情報通信白書はオープンデータ化されており、誰でも自由に複製、改変、頒布などの二次利用として使うことができます。HTML版やPDF版をダウンロードしてみてください。

via 総務省

----------[AD]----------