BRIDGE

タグ 自転車

自動車の接近を知らせてくれる自転車用レーダー「Backtracker」

SHARE:

日本における自転車事故は1年で約12万件、そのうちの84%が自動車との接触によるものだ(※1)。 事故防止のためには、視界が特に悪くなる夜間において自転車のバックライトは重要だが、さらに「後続車のスピードと自分までの距離」をレーダーで確認することができる「Backtracker」が登場した。 Backtrackerは自転車の後ろに装着するリアユニットと、ハンドル側に取り付けるフロントユニットで構成…


20140920_backtracker2

日本における自転車事故は1年で約12万件、そのうちの84%が自動車との接触によるものだ(※1)。

事故防止のためには、視界が特に悪くなる夜間において自転車のバックライトは重要だが、さらに「後続車のスピードと自分までの距離」をレーダーで確認することができる「Backtracker」が登場した。

Backtrackerは自転車の後ろに装着するリアユニットと、ハンドル側に取り付けるフロントユニットで構成されている。リアユニットには軍用レベルのレーダーが搭載され、車が自転車から約140m以内に近づくとレーダーが車までの距離とスピードを測定する。またLEDで点滅しているので、車のドライバーにも存在をアピールすることができる。

20140920_backtracker3

測定された情報は、Bluetoothでハンドル側に取り付けるフロントユニットに送られ、LEDの光で車のスピードや距離を知らせてくれる。バッテリーの稼働時間は8時間。またAPIが公開されているのでサードパーティ製の開発者によるアプリ開発も可能だ。

サイクリストは目や耳で周りの状況を判断しなければならないが、夜間などの視界が悪い時は状況を確認するのが昼間に比べて困難になるし、また電気自動車など静かな自動車も一般的になってきた。そこでレーダーとLEDで車との距離や速度を伝えてくれる「Backtracker」が開発された。

20140920_backtracker

南アフリカに本拠地を置くikubu社が開発、クラウドファンディングで出資者を募ったが、目標額の19万4500ドルに対して資金を集めることができずプロジェクトは達成できなかった。179ドル(約1万9000円)からの出資でBacktrackerがひとつ手に入るという内容だった。

The Journey Begins – Unabridged from Backtracker on Vimeo.


※1 日本損害保険協会より

----------[AD]----------

自転車DIYマスターが設計した、後付けで愛用の自転車を電動化できる「Barak Electric Bicycle Conversion Kit」

SHARE:

長距離自転車通勤・通学者にとって、電動自転車はこの上なく便利なアイテムだろう。仮にバッテリーが空になってしまっても、ペダルを漕いで帰れば良いだけなので、使い勝手が良く、リスクも少ない。 ただしいざ電動自転車を購入しようとすると、数少ないモデルから選ばなければならない上に、一般の自転車に比べてコストも高く付く。特に、長年使っているような自分に合った自転車が使えなくなってしまうのはとても残念だ。 そん…


6500013

長距離自転車通勤・通学者にとって、電動自転車はこの上なく便利なアイテムだろう。仮にバッテリーが空になってしまっても、ペダルを漕いで帰れば良いだけなので、使い勝手が良く、リスクも少ない。

ただしいざ電動自転車を購入しようとすると、数少ないモデルから選ばなければならない上に、一般の自転車に比べてコストも高く付く。特に、長年使っているような自分に合った自転車が使えなくなってしまうのはとても残念だ。

6416233

そんな問題を解決するひとつの選択肢が、電動化キットを後付けする方法だ。これならば既存の自転車を使い続けられる上に、もとから電動化されている自転車を購入するのに対しても、安上がりに済むこともあるそうだ。

この後付け電動化の世界に、電動自転車界のエキスパートが参入し、話題となっているのがMicah Toll氏プロデュースの「Barak Electric Bicycle Conversion Kit」だ。「The Ultimate Do-It-Yourself eBike Guide」を運営することで知られる氏は、既存の自転車をDIYにて電動化することにかけてはまさに第一人者である。

既に終了しているが、氏がKicksterterで立ち上げていたプロジェクトでは、ホイールのサイズと航行距離に応じたプライシングがなされていた。ここでは、氏の考えるベストな電動化キットが支援の見返りとして入手できるようになっていたようだ。

5172865

例えば20インチホイールと350Wバッテリーを組みあわせた低電力キットは585ドルで、電動化ホイールとバッテリー、コントローラーとスロットルがセットになっている。高電力キットでは500ワットのバッテリーが用意されており、低電力キットとの違いは山間部やこぎ出し時のパワーにあるとのことだ。どちらも最高速度は約32km/hほど、充電時間は約3時間。

なお、こうした電動自転車については、国や地域によって法的な扱いが変わってくる。自転車扱いのこともあれば、原付扱いのこともあるので、良く確認をされた上で利用を検討してみてほしい。

----------[AD]----------

ハンドルの振動で行き先を教える3Dプリンター製の自転車「SOLID」

SHARE:

自転車に乗っていて困るのが、行き先を確認するのに際し、いちいち止まってスマホや地図を開いて…というアクションが必要になるところだ。自動車のように画面でナビをしてもらえれば一番良いのだが、運転しながら地図を見るのは危険であり、現実的ではない。ヘッドフォンによる音声ガイドも安全性を考えると無理がある。 そんな問題を解決しようとするコンセプトモデルが「SOLID」だ。これはオレゴン州ポートランドのデザイ…


PDX_SOLID_Self-charging_electronic_front_hub_with_embedded_GPS_module_for_security-1160x730

自転車に乗っていて困るのが、行き先を確認するのに際し、いちいち止まってスマホや地図を開いて…というアクションが必要になるところだ。自動車のように画面でナビをしてもらえれば一番良いのだが、運転しながら地図を見るのは危険であり、現実的ではない。ヘッドフォンによる音声ガイドも安全性を考えると無理がある。

PDX_INDUSTRYxTiCycles_SOLID-1160x730

そんな問題を解決しようとするコンセプトモデルが「SOLID」だ。これはオレゴン州ポートランドのデザイン事務所「INDUSTRY」と、この道約30年のチタン専門自転車ビルダー「Ti Cycles」が米国の街乗り自転車デザインコンペ「The Bike Design Project」に出品したもの。

PDX_SOLID_3D-printed_titanium_handlebars_with_integrated_electronic_shifters-1160x730

このSOLIDの最もユニークなところは、ハンドルの振動で道案内をしてくれることだろう。目的地の設定を自転車とBluetoothで通信するスマートフォンの専用アプリ「Discover My City」から行うと、右なら右のハンドル、左なら左のハンドルが振動し、目的地へと導いてくれる。これなら地図を見なくても目的地へと向かうことが可能だろう。ただし五叉路などでどういった案内がされるのかは気になるところ。

PDX_SOLID_Discover_My_City_smartphone_app_with_haptic_handlebar_navigation-1160x730

SOLIDのもうひとつの特徴は、3Dプリンターを使って作られたチタン製のフレームを使っているところだろう。そうすることで、ボルトやナットが不要になった他、必要な配線や基板は全てフレーム内に納めることができており、外からの見た目はシンプルそのもの。とてもスマホと連動したハイテク自転車というようには見えないだろう。

そのフレーム内部にはGPSのセンサーも埋め込まれており、もし盗難にあっても自転車の位置を探索することが可能だ。従来の外付けセンサーと違い、フレーム内に埋め込まれているため、センサーを破壊される可能性がとても低い。

PDX_SOLID_Gates_Carbon_Drive_Belt_System_with_Shimano_Alfine_Di2_11-speed_rear_hub-1160x730

ギアはシマノ製の電動シフト「Di2」を採用しており、グリップから操作することが可能。気になる本体への電力供給は、車輪の発電機から行われるため心配無用だ。

このSOLID、残念ながらコンペでの優勝は逃してしまい、すぐに量産化されるということは無さそうである。しかし本コンセプトのように、チタンを使った3Dプリンターによるハイテク自転車製造が可能になったとしたら、この業界が根底から変わるかも知れない。今後の展開に注目してみたい。

----------[AD]----------

Samsungがスマホと連動し乗り手を安全にするためのスマートバイクのプロトタイプを発表

SHARE:

イタリアの「ISTAT (National Institute of Statistics)」によれば、自転車は最も高い死亡率であり、一番安全ではない乗り物だという。「Samsung Smart Bike」 は、ミラノデザインウィークで初めて登場し、ジャーナリストたちから注目を集めた。 同自転車は、「Samsung Maestros Academy」から生まれた注目のプロジェクトだ。有名なフレーム…


Samsung Smart Bike

イタリアの「ISTAT (National Institute of Statistics)」によれば、自転車は最も高い死亡率であり、一番安全ではない乗り物だという。「Samsung Smart Bike」 は、ミラノデザインウィークで初めて登場し、ジャーナリストたちから注目を集めた。

同自転車は、「Samsung Maestros Academy」から生まれた注目のプロジェクトだ。有名なフレーム作成者である職人のGiovanni Pelizzoli氏と、Samsung Maestros Academyの生徒Alice Biotti氏の協働で誕生した自転車のプロトタイプ。

「Samsung Smart Bike」は、振動を無効にするフレーム、他の乗り手に対してアラートを出すレーザービーム、GPSシステムなど、乗り手を安全にするためのいくつかの機能を備えており、Samsung製のスマートフォンから操作することができる。

自転車のフロント部分にはスマートフォンを備え付けられるようになっており、スマホは距離や速度、方向をトラックすることができる。そして、スマホはカメラを用いて自転車後方の様子をリアルタイムに表示することもでき、後方確認も可能となっている。

以下は、「Samsung Smart Bike」のデモ映像だ。



このバイクがただのデザインコンセプトなのか、今後製品化の予定があるのかは明らかになっていない。

----------[AD]----------