BRIDGE

タグ 調査データからとらえる社会

交通事故の4倍「ヒートショック関連死」も知ってる人はわずか2割ーー長風呂・熱風呂を避け呼吸法で予防も

SHARE:

ピックアップ:<熱と暮らし通信>日本人の入浴習慣について全国47都道府県別徹底調査 ヒートショック予備軍が最も多い県は千葉県・宮崎県 日本一長風呂県は千葉県、日本一熱風呂県は愛媛県 via リンナイ 調査サマリ:ヒートショックという言葉をご存知だろうか?毎年多数の死亡者が報告される事故で、その原因のひとつが入浴時の急激な温度変化によるものとされている。この件に関してリンナイが入浴習慣の実態に関する…

white bathroom interior
Photo by Jean van der Meulen on Pexels.com

ピックアップ:<熱と暮らし通信>日本人の入浴習慣について全国47都道府県別徹底調査 ヒートショック予備軍が最も多い県は千葉県・宮崎県 日本一長風呂県は千葉県、日本一熱風呂県は愛媛県 via リンナイ

調査サマリ:ヒートショックという言葉をご存知だろうか?毎年多数の死亡者が報告される事故で、その原因のひとつが入浴時の急激な温度変化によるものとされている。この件に関してリンナイが入浴習慣の実態に関する意識調査を公開している。全国20~60代の男女2350名を対象にしたインターネット調査によると、このヒートショックという事例について知識があると回答した人はわずか2割に留まったそうだ。

調査を監修した入浴科学者の早坂医師は、知らず知らずのうちに「危険な入浴」をしているケースが多いと指摘。また、ヒートショックは寒い地域だけの課題ではないとコメントしている。

データから見える社会:近年、肌寒い季節になると「ヒートショック」という言葉をよく見かけるようになりました。ヒートショックとは、10℃以上の急激な温度変化によって血圧が乱高下し、心臓や血管に大きな負荷がかかることを指し、場合によっては死に至ることもあります。

脱衣所と浴室の温度差をなくすために浴室暖房の使用が推奨されていますが、簡単な呼吸法でも予防の習慣をつくれるそうです。

d15237-20-218055-20.png
ヒートショック予防!入浴前準備呼吸 入浴科学者 早坂信哉先生監修/調査リリースより

ヒートショック関連死は、全国で約1万7千人(2011年データ)。同年の交通事故死亡者数(約4600人)の約4倍にあたります。ヒートショックの発生は寒暖差の激しい12月~2月の冬場に集中しており、特に入浴時には注意が必要です。

同社が公開した「ヒートショック危険度・簡易チェックシート」では、普段の生活におけるヒートショックのリスクを知ることができます。チェック項目には入浴や飲酒など生活習慣を問うものが並びますが、項目の一つに「一人暮らしであること」が挙げられています。

日本では核家族の構成比が年々上昇し、一人きりで暮らす方も増えていますが、これは高齢者に限った話ではありません。高校を卒業して、初めて一人暮らしを経験する学生も同じく「単独世帯」であり、生活習慣が変わりやすい環境下であることも踏まえると、ヒートショックの危険性は同等に高いのではないでしょうか。

そしてもう一つ注意が必要な場面があります。それは昨年、元大関・若嶋津の二所ノ関親方(当時60歳)が倒れた際に矢面に上がった「サウナ」です。一部でブームになりつつあるサウナ(サウナ愛好家を「サウナー」と言うらしい)は、健康法として知られている一方で、ヒートショックを起こすリスクが高いのです。サウナで限界まで我慢してすぐ水風呂に入るのは、自殺行為という見方もされています。

寒暖差が大きくなるこれからのシーズン。特に、心臓や血圧などに不安のある高齢の方は、予防の徹底が急がれます。

人工知能活用で先進的な企業の9割が技術者の「倫理研修」強化ーー半倫理的な「AI」を生まないために

SHARE:

ピックアップ:企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明――SAS、アクセンチュア、インテル、フォーブス・インサイツ最新調査 via アクセンチュア 調査サマリ:SAS、アクセンチュア、インテルの3社は、日本を含む世界のビジネスリーダー305人を対象に行ったAI(人工知能)導入に関する最新調査を公開している。調査によると、自社のAI導入について人工知能の活用に先…

coding computer data depth of field
Photo by Kevin Ku on Pexels.com

ピックアップ:企業は人工知能の倫理的かつ責任ある利用に向けた取り組みを強化していることが判明――SAS、アクセンチュア、インテル、フォーブス・インサイツ最新調査 via アクセンチュア

調査サマリ:SAS、アクセンチュア、インテルの3社は、日本を含む世界のビジネスリーダー305人を対象に行ったAI(人工知能)導入に関する最新調査を公開している。調査によると、自社のAI導入について人工知能の活用に先進的な企業の92%が「技術者向けの倫理研修を実施している」と回答した。

一方で、AI導入の効果が見込めないとした企業の倫理研修実施率は42%に留まる。SASのCOO兼CTOであるオリバー・シャーベンバーガー氏は調査結果に対し「AIを導入している企業はアナリティクスを中心的な役割に据えてAI活用を進めている」とコメントしている。

データから見える社会:AIは私たちの暮らしのあらゆるところに影響を及ぼすようになってきました。車の自動運転が実現したり、将棋のプロと対戦したり、AIロボットと暮らしを共にする家庭が出てくるなど様々な分野での活用が進んでいます。

最初のAIブームは1960年代にさかのぼり、昨今主流となっているパターン認識や機械学習を用いたモデルはいわゆるビッグデータ活用(統計学)に起因する第三次AIブームにあたります。AIはデータ学習の積み重ねによって、自律的な認識・判断・推測などの処理が可能になる技術で、開発者である「人間」の倫理観次第で、反倫理的なAIが生まれるリスクも孕んでいると言えます。

米Amazonは先月、2014年から期待を込めてスタートしたあるプロジェクトの解散を発表しました。AIを活用した人材採用システムだったのですが、採用判断において意図せず女性を差別する機械学習の欠陥が判明したのです。これは、過去10年間の男性優位な採用データで学習を行っていたことに起因しています。

新技術による採用クオリティーの向上に期待が寄せられた一方で、公平性・倫理性を担保する難しさが顕在化した事象です。このような影響を受け、人工知能学会も研究者に向けた倫理指針を新たに定めるようになりました。

優れたテクノロジーの裏に、間違った使い方による危険性が潜んでいることは、AIに限った話ではありません。健全な技術活用による社会の発展が期待される一方で、わたしたち人間の「責任ある介在」が引き続き必要だといえます。

世界的な「ストロー全廃運動」はプラスチック全般に拡大する?ーー国内ではすかいらーくグループが先行

SHARE:

ピックアップ:脱プラスチックに関する意識調査。環境に影響があるパッケージや製品は「必要ない」、半数以上 via マクロミル 調査サマリ:調査会社のマクロミルは10月23日に「脱プラスチック」に関する意識調査を公開した。ネット調査で20歳から69歳の男女1000名が対象で、最も不要と思われているプラスチック製品は「外包装フィルム(57%)」という結果だった。 データから見える社会:国連の報告書によれ…

woman and man toasting drinks
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

ピックアップ:脱プラスチックに関する意識調査。環境に影響があるパッケージや製品は「必要ない」、半数以上 via マクロミル

調査サマリ:調査会社のマクロミルは10月23日に「脱プラスチック」に関する意識調査を公開した。ネット調査で20歳から69歳の男女1000名が対象で、最も不要と思われているプラスチック製品は「外包装フィルム(57%)」という結果だった。

データから見える社会:国連の報告書によれば、全世界のプラスチック製品生産量は約90億トンと言われています。そのうちリサイクルで再利用されたのはわずか9%です。残りは地中もしくは海に投棄されており、昨今この「海洋プラスチック問題」が深刻化しています。

プラスチック製ストローの廃止は今や世界的なムーブメントになりつつあります。

例えば、今年4月には英マクドナルド、7月には米スターバックスが全廃止を宣言しました。また、日本においても外食大手すかいらーくホールディングスの「ガスト」が国内外約3200店でプラスチック製ストローの利用をやめると発表しています。これによってグループ全体で削減される本数は最大で年間1億500万本になるそうです。

ただ、ストローがどの程度海洋汚染の原因になっているかは、実は明確になっていません

d624-459-369002-6.png

それにも関わらずストローだけが突然「悪者」とされる風潮に戸惑いの声もあります。例えば今回の調査結果では2人に1人が外包装フィルムや使い捨てスプーン・フォークなども不要と回答しているように、問題の本質はプラスチック製品全体が対象となります。

ストロー全廃運動の延長で、他プラスチック製品にもこの流れが及ぶ可能性は高いでしょう。今後は飲食チェーンだけでなく、食品メーカーや小売業など環境問題に先進的な企業から、新たな流れが生まれることも予想されます。

 

現金大国ニッポンでQRコード決済普及の鍵は「ポイント還元」ーー消費税増税のタイミングに注目

SHARE:

調査リリース:キャッシュレス社会を促進するには「ポイント還元」が有効手段。「どうしたらコード決済を使ってもいいか?」調査結果を発表 via リエールファクトリー 調査サマリ:クレジットカード診断「AI-Credit」などを提供するリエールファクトリーが10月15日、「QRコード決済」の利用実態に関するインターネット調査結果を公開している。調査によれば4割がポイント還元率などの「お得感」によって利用…

pexels-photo-811103
Photo by Fancycrave.com on Pexels.com

調査リリース:キャッシュレス社会を促進するには「ポイント還元」が有効手段。「どうしたらコード決済を使ってもいいか?」調査結果を発表 via リエールファクトリー

調査サマリ:クレジットカード診断「AI-Credit」などを提供するリエールファクトリーが10月15日、「QRコード決済」の利用実態に関するインターネット調査結果を公開している。調査によれば4割がポイント還元率などの「お得感」によって利用を検討すると回答している。QRコード決済はユーザーのスマートフォンにQRコードを表示して店舗で読み取る(又はその逆)決済方法。楽天PayやLINE payなどが提供している。

データから見える社会:日本のキャッシュレス決済比率は、2015年時点で18.4%と、中国(60.0%)や米国(45.0%)などの主要国と比較してもその差は顕著です。その背景には日本円の高い信頼性や、街中どこでもATMで引き出せる利便性が挙げられています。(※)

一方でこの調査からも見える通り、約6割の人たちが新しい決済方法について興味を示していることも理解できます。鍵となるのは「お得感」です。

d16132-8-128445-2.png
QRコード利用意向調査/リエールファクトリー(ネット調査、N=200)

来年10月に控えた消費増税では、増税分のポイントキャッシュバックによって消費の冷え込みを防ぐことが検討されています。これを起爆剤にQRコード決済普及に弾みがつく、という見方もできますし、楽天カード(楽天pay)やLINE(LINE pay)のように普及率が高い決済インフラがさらに牽引することも予想できます。

その一方、店舗側の対応は一長一短ありそうです。QRコード決済は初期費用が従来のクレジットカード決済よりも安く上がるというメリットがありつつ、現金決済に比較して当然キャッシュフローは厳しくなります。

一般的には月末締めの翌月末支払いというサイクルで入金されるのですが、これでは販売した商品の代金が振り込まれるのは最大で2カ月後です。最近では翌日振込のサービスも出始めていますが、このあたりの柔軟性については歴史の長い他の決済手段に比較してまだ選択肢は多くありません。

さておきスマホひとつで決済ができる時代。今後、「財布の中身、現金はいくら?」のような推移が注目されるかもしれませんね。

※出典:経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」18年4月発行