BRIDGE

タグ 高藤悠子

英語力以上に求められる、アジアを含む海外で活躍する人材に必須の能力:プロビティ・グローバルサーチの高藤悠子さん【後編】

SHARE:

「グローバルな環境で本当に活躍する人は、語学という意味ではないコミュニケーション能力に長けています。ハイコンテキストとローコンテキストで言うと、ローコンテキスト。暗黙知は通じないので、共通の前提がない部分も言語化できること。「なんとなく」を具体的な言葉に落とし込む能力が必要です。」 「国内外の人材業界で積んだキャリアを活かして起業、プロビティ・グローバルサーチの高藤悠子さん」の後編をお届けします。…

Yuko-Takato-Probity-Global-Search

「グローバルな環境で本当に活躍する人は、語学という意味ではないコミュニケーション能力に長けています。ハイコンテキストとローコンテキストで言うと、ローコンテキスト。暗黙知は通じないので、共通の前提がない部分も言語化できること。「なんとなく」を具体的な言葉に落とし込む能力が必要です。」

「国内外の人材業界で積んだキャリアを活かして起業、プロビティ・グローバルサーチの高藤悠子さん」の後編をお届けします。【前編】はこちら。

「海外」と一緒くたにせず、アジアを視野に

悠子さんのもとに集まるのは、海外展開の強化を考えるグローバル企業からの人材相談。社内に適切な人材がいないことも多く、外に目を向ける。最近景気が少し上向いたことで、求人の数そのものが増えているそう。反対に、プロビティ・グローバルサーチのドアを叩く人材には、20代後半から30代半ばくらいの英語に堪能で海外在住経験のあるMBAホルダーが目立つ。

英語に堪能であることは、グローバルで活躍するための絶対条件なのか。言語の壁を障壁に感じて、活躍の場をドメスティックに留める日本人は少なくないはず。

「欧米であれば当然英語力は求められますが、アジアはそんなこともありません。中学校、高校と英語をやっていればできるレベルだと思います。実際タイでも、下手に過去完了なんかを使ってしまうと通じなかったりするので、“I go yesterday”みたいな感じでコミュニケーションをとっていました(笑)「海外」とひとくくりにせず、アジアを視野に入れるとそんなにハードルが高くないことに気がつくかもしれませんね。」 

英語力より大事な、グローバルに活躍する人材の共通点

これまでグローバル環境で活躍するさまざまな人材を見てきた悠子さん。彼女の目には、そうした人材に見られる3つの能力があるそう。

「グローバルな環境で本当に活躍する人は、語学という意味ではないコミュニケーション能力に長けています。ハイコンテキストとローコンテキストで言うと、ローコンテキスト。暗黙知は通じないので、共通の前提がない部分も言語化できること。「なんとなく」を具体的な言葉に落とし込む能力が必要です。」

また、現地に溶け込む能力や、そのための努力を怠らない人。駐在員だけで固まってしまわずに、現地の人としっかり向き合ってコミュニケーションをとることが求められる。そうすることで、蚊帳の外ではなく、必要な情報がちゃんと入ってくるようになる。

あとは、本社に物を言える力ですね。海外の現場を見ていると、本社のYESマンになっている人が多い。改善案や意見が上がってきても結局スルーされてしまっては現場の不信感につながります。もちろん、現場に肩入れし過ぎてもいけない。会社にとっては何が本当に必要か?を高い視点で考え、全社最適の視点でバランスよく行動できるかどうかが大切です。

日本人としてリスペクトされるということ

いま、クライアント企業が目を向けるのは東南アジア、中でもベトナムやインドネシア。多種多様な人生、仕事の価値観を持つ人材に接して行くに当たって、今後は日本的なビジネスや仕事の考え方が活きていくと言う。

「海外で働く=欧米のやり方を真似する、ということではないと思っています。昨年参加したシンガポールの国際的人事サミットでも、西欧の資本主義的なものに代わる、長期的関係の作り方、信頼関係といったものがベースにあるビジネスの価値観が求められているという話がありました。そんな東洋的な価値観を、日本人が世界に向けて発信していけたらかっこいいですね。」

得意とする適材適所の仕事で世の中を少しでも良くするために、グローバルな経営人材に特化したビジネスをもう少し大きくしていきたいと話す悠子さん。人材紹介はもちろん、駐在員に適した社内人選など、適材適所のコンサルティングも手掛けていく予定。

「世界で活躍できる日本人を増やしたいと思っています。タイに8年間いて、日本の外が日本を見る目の変化を目の当たりにしました。最初は、日本人というだけで良くみてもらえる仕事がしやすい環境で。これは私たちの先代が築いたものです。

それが、8年間で日本のステータスは落ちて、韓国や台湾がそれに代わっている。このままだと自分の子どもが大人になったとき、日本人に生まれてアンラッキーだと思うんじゃないかという危機感を感じました。日本人としてリスペクトされるということを、次の世代にも残したいです。」

海外に出るというと、どうしても西欧を思い浮かべてしまいがち。必然的に英語力が求められるだろうと思って、まずは英語力を身につけてから…と先延ばしにしてしまう。アジアの人材事情にも精通した悠子さんの今回のお話が、そんな皆さんの背中を後押ししてくれることを願う。

 

----------[AD]----------

国内外の人材業界で積んだキャリアを活かして起業、プロビティ・グローバルサーチの高藤悠子さん【前編】

SHARE:

プロビティ・グローバルサーチの高藤悠子さん 「先が読めてしまっている感じがしました。自分でゼロからやるならまったく先が見えない。そこが面白いなと思って。日本に帰国してたくさんオファーをいただいて、海外での経験がどれだけ評価されるかを実感しました。でも、先が見えない面白さを選びましたね。」 人材業界で10年以上のキャリアを持つ高藤悠子さん。夫の仕事を機にタイに渡り、一度は専業主婦を試みてみたものの、…

Yuko-Takato

プロビティ・グローバルサーチの高藤悠子さん

「先が読めてしまっている感じがしました。自分でゼロからやるならまったく先が見えない。そこが面白いなと思って。日本に帰国してたくさんオファーをいただいて、海外での経験がどれだけ評価されるかを実感しました。でも、先が見えない面白さを選びましたね。」

人材業界で10年以上のキャリアを持つ高藤悠子さん。夫の仕事を機にタイに渡り、一度は専業主婦を試みてみたものの、自分には向いていないと断念。その後、タイに進出してきた日本の人材会社の立ち上げに携わり、執行役員にまでなった。帰国後、国際ビジネス経験者専門にヘッドハンティングを行うプロビティ・グローバルサーチ株式会社を立ち上げる。

人材業界を長く見てきた悠子さんに、グローバルに活躍する人材の共通点、彼女自身が「消去法起業」と呼ぶ自身の起業体験、これから目指すものについて伺ってきました。

女性の活躍が多い人材業界に転身

悠子さんのキャリアは、いすゞ自動車から始まった。もともと海外への関心が高く、当時いすゞはアジアでナンバーワン。念願の海外営業に配属されたものの、当然、製造業ならではのメカニカルな知識が求められる。この舞台で優秀な営業マンになるには技術的知識があまりにも足りないと考え、転職を考えるようになった。

登録した転職エージェントから引き抜きに合い、まずは国内で手に職をつける道を選んだ悠子さん。主にコンサルティングファームやITベンチャーなどにMBA人材を紹介する仕事を任され、着々と実績を上げて行った。順風満帆なキャリアを歩んでいた頃にご主人と結婚し、彼の仕事でタイについていくことに。

「最初はタイで専業主婦を目指して頑張ったんですが、あまり適性がなくて(笑)専業主婦も立派な仕事だと思っていたので、どれだけ出来るか挑戦してみようと思ったのですが。自分が適材適所の仕事をしているので、こんなに向いていない仕事をしていることに違和感を覚えました」

その頃、当時業界3位だった日系の人材会社がタイに進出。すでにアジアではシンガポール、マレーシア、インドネシアにも拠点を持つ優良企業。悠子さんはタイオフィスでの紹介業務の立ち上げを任され、テレアポや飛び込み営業、セミナー企画まで何から何までやった。結局、産休を挟んで6年半ほど勤めた会社で最後は執行役員になり、立ち上げ当初数人規模だった会社は40人にまで大きくなった。

「この日企業のオーナーも女性でした。人材業界は、女性が活躍しやすい環境だと思います。ご登録者の人生のことを考えたり、きめ細かい対応や親身になることが求められる。女性でも、どんどんステップアップしていく方が多いです」

長い会社員生活にピリオドを打ち、起業を選択

出産してからというもの、責任ある立場は変わらないまま時短で働くようになり、一度子育てに集中しようと会社を辞めた悠子さん。ところが、ちゃんと休む間もなく、彼女の頭に「起業」というひとつのキーワードが浮かんできた。その後の日本への一時帰国でも、人材業界の重鎮と言われる人物に「グローバルな人材紹介なら今」と悟られ、自分で何かを始める決意が固まった。

思い立ったらすぐ行動の悠子さん。さっそくタイに帰ってご主人に相談し、その半年後には家族みんなで日本に本帰国。この時、起業という選択肢が自然に思えたことには、ご主人の影響も大きいと振り返る。

 「主人は、タイで父親がつくった会社の経営を任されていました。自営業なので時間的な融通が利いて。会社員として毎晩のように深夜作業に追われる私の姿を見て、普段から独立したら?って言われていたんです。自分には会社員が向いているし、会社の成長が自分の成長。起業なんて私とは別の世界の話って思い込んでいました」

選んだのは、まだ未知のチャレンジ

また、この先仕事に復帰することを考えた時に悠子さんが求めたのは、未知のチャレンジだった。日本国内と海外の人材業界で経験を積んできた彼女にとって、これから別の会社に入ることはその点で少し魅力に欠けていた。

「先が読めてしまっている感じがしました。自分でゼロからやるならまったく先が見えない。そこが面白いなと思って。日本に帰国してたくさんオファーをいただいて、海外での経験がどれだけ評価されるかを実感しました。でも、先が見えない面白さを選びましたね」

 プロビティ・グローバルサーチを立ち上げて1年半。人材業界での経験が全て役に立っていると話す悠子さん。起業は彼女のイメージ通りだったのか。それとも現実は全く違うものだったのか。

「私の場合、起業のための勉強をしたこともないですし、そもそも「起業」のイメージすらなかったので。私は「消去法起業」って言ってるんです。主婦もできないし、会社員もできないし、だったら起業するしかない(笑)だから、理想と現実のギャップに悩むこともなかったです」

後編につづく。

----------[AD]----------