BRIDGE

タグ 23andMe

消費者向け遺伝子検査のパイオニア「23andMe」、120万人分のデータを活用して独自の新薬研究に着手

SHARE:

<Pick Up> 23andMe sells data for drug research 遺伝子検査サービスのパイオニア的存在「23andMe」が、蓄積した遺伝子データを使った新薬の開発を始めたようです。23andMeの遺伝子検査キットの価格は、199ドル。専用の筒に唾液を入れて送り返すだけで、数週間もすると結果が出ます。 Google創業者Sergey Brin氏の元奥さんが9年…

image via. 23andMe
image via. 23andMe

<Pick Up> 23andMe sells data for drug research

遺伝子検査サービスのパイオニア的存在「23andMe」が、蓄積した遺伝子データを使った新薬の開発を始めたようです。23andMeの遺伝子検査キットの価格は、199ドル。専用の筒に唾液を入れて送り返すだけで、数週間もすると結果が出ます。

Google創業者Sergey Brin氏の元奥さんが9年前に立ち上げた23andMe。10億ドルの評価額を得ていますが、未だに黒字化するには至っていないとのこと。ただ、昨年からマネタイズに動き出していて、これまでに収集した120万人分のDNAデータの販売を開始しました。

昨年の時点で、13社の薬品会社にデータを販売しており、例えば米国カリフォルニア州を拠点とする「Genentech」は、パーキンソン病の患者のDNAデータのために1,000万ドルを支払ったと言います。

個人データのコモディティ化に対しては賛否両論あるものの、今後この流れは加速していくことが予想されます。現に、米国ではオバマ大統領のもと、100万人のデータを収集してがんなどの治療や予防法を開発する「「Precision Medicine」プロジェクトが推進されています。

23andMeには、遺伝子データに加えて利用者の生活習慣などのアンケート結果も集まっており、毎週200万もの新しいファクトが届くのだとか。また、特定の病気を持つ患者に対して無料で検査キットを提供することで、その病気に関する情報を集めることも行っています。

2016年春に開設した新薬開発の研究所で、今後は独自の治療法開発などに取り組んでいくとのことです。

遺伝子情報検査の23andMe、米食品医薬品局(FDA)の許可によって遺伝子の分析結果をユーザへ提供可能に

SHARE:

<ピックアップ>23andMe gets FDA approval to resume its DNA analysis 個人の遺伝子情報を検査し、DNAの検査結果を届ける23andMe。2013年に米食品医薬品局(FDA)から米食品医薬品局(FDA)の要求を満たすものではないとして、検査キットの販売を完全に停止することを求められていました。停止命令によってキット利用者が検査結果を解釈…

23andMe

<ピックアップ>23andMe gets FDA approval to resume its DNA analysis

個人の遺伝子情報を検査し、DNAの検査結果を届ける23andMe。2013年に米食品医薬品局(FDA)から米食品医薬品局(FDA)の要求を満たすものではないとして、検査キットの販売を完全に停止することを求められていました。停止命令によってキット利用者が検査結果を解釈する上でのサイト上の医療情報を削除し、そのままの形での遺伝子情報と祖先に関する報告だけを販売する仕様に変更していました。

そんな23andMeが、このたびFDAの認可と許可の範囲内においてDNAの分析結果をユーザに届けられるようになったと発表しました。これにより、36項目の検査内容と250もの健康状態の分析結果をユーザにフィードバックできるようになっています。FDAとのこの数年にわたるやりとりを通じて、分析の医療機器扱いとなっている同社の製品に対しての取り扱い方や規制をクリアした状態へとプロダクトを磨き、FDAの許可を得ることができたようです。

こうした遺伝子を扱う製品などの法律や規制との向き合い方は、こうした新しいスタートアップにおいて常に考えなければいけないこと。ウェブ上だけでなく、人の健康や社会システムにまで踏み込んだプロダクトやサービスがいかにして社会のなかで安全に利用されるようになるか。23andMeの製品の具体的な内容の変化や今後の規制に関するやりとりなどは、今後日本でも起きうる議論の参考になるかもしれません。

via TNW