タグ 360buy

360Buy(京東商城)、オンラインの列車チケット購入サービスを開始

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のeコマースサイト大手である360Buyは、旅行関連商品を大幅に拡充してオンラインで列車のチケットを購入できるサービスを開始した。この新しいチケットポータルサービスは、政府が運営するオンライン列車予約サイト12306.comにかかる負担を減らすかもしれない。12306.comのサービス開始以来、サイトにつながりにくい、サイトが落ちるといった様々な問題があ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のeコマースサイト大手である360Buyは、旅行関連商品を大幅に拡充してオンラインで列車のチケットを購入できるサービスを開始した。この新しいチケットポータルサービスは、政府が運営するオンライン列車予約サイト12306.comにかかる負担を減らすかもしれない。12306.comのサービス開始以来、サイトにつながりにくい、サイトが落ちるといった様々な問題があった。

とはいえ360Buyの列車チケットサービスは、こちらを見てもらえばわかるように決して安くはなく、管理費と送料として 20人民元(3.18ドル)をチケット代に上乗せされる。この上乗せ分では出稼ぎ労働者、学生、低所得層の会社員は購入をためらってしまう。彼らは中国の主な休日中、特に旧正月に先を争って何とか列車チケットを手に入れようとするからだ。その一方で12306.comは定額制のチケット料金であり、また店舗で販売しているものを購入すれば、通常2人民元から3人民元の手数料で済む。360Buyのサービスはおそらく、長い行列や混雑を避けたい中間所得層をターゲットにしているのだろう。

先月、360Buyはそれまで同サイトで提供していた航空券にホテル予約サービスを加えたばかりで、Ctrip(NASDAQ:CTRP)、eLong(NASDAQ:LONG)といった中国最大手のトラベルサイトの脅威となっている。先日、北京当局がBaiduやAlibabaといった中国の巨大ウェブ企業に現行の予約サイトの運営を委託するのではないかという噂を耳にした。十分あり得る話だ。今回の360Buyの新サービスの開始が、運営に苦しむ12306.comをサポートするというわけではないのだが。

360Buy の列車チケットサービスが他と違う点とは、今すぐ手に入らないチケットでもキャンセル待ちができるという点である。目的地と乗車日のチケットが急にシステム上に出てくると(たとえば誰かがキャンセルしたことによって)、360Buyならそれを手に入れてくれるのだ。もし手配してもらえなかったら払い戻しとなる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


「大手企業からスタートアップまで、相次ぐ中国企業との提携」ー今週押さえておきたい6つのトピックス

SHARE:

この一週間に公開したアジア圏のニュースをピックアップしてお届けします。 中国のウェブをインフォグラフィックで  ミニブログ、SNS、Eコマース、出会い系といった分野ごとに中国のサービスと、それに匹敵する海外主要サービスを並べたインフォグラフィックがCICによって公開されました。中国のウェブが一目でわかるので要チェック。 その中でもTwitterに匹敵するサービスとして並ぶ「Weibo」が、収益源と…

この一週間に公開したアジア圏のニュースをピックアップしてお届けします。

中国のウェブをインフォグラフィックで

 ミニブログ、SNS、Eコマース、出会い系といった分野ごとに中国のサービスと、それに匹敵する海外主要サービスを並べたインフォグラフィックがCICによって公開されました。中国のウェブが一目でわかるので要チェック。

その中でもTwitterに匹敵するサービスとして並ぶ「Weibo」が、収益源となりえる企業アカウントに注力しています。アクティブ数でみると、Pinterest風女性向けファッションサイト「Meilishuo」が首位。その他に音楽プラットフォームやオンラインモール「Tmall」などが続いています。アクティブユーザ数200万人はなかなかの規模。(元の記事

DeNA、中国で過去最大の提携を発表

「Mobage China」の事業拡大のため、中国最大のミニブログ「Sina Weibo」など中国企業と提携を進めるDeNA。先日新たに、中国3大通信企業との提携を発表しました。3社の総モバイル契約者数は約10億人だそう。この提携によって、中国のAndroidユーザは各通信企業の公式モバイルアプリストアでMobage Chinaのゲームを見つけられるように。中国ではGoogleのアプリストア「Google Play」が利用できないため今回の提携が持つ意味は大きい。(元の記事

中国の大手EコマースのアプリDL数が1000万件超え

中国で2番目に大きいECサイト「360Buy」。昨年2月にリリースされたクロスプラットフォームで提供される同社のアプリダウンロード数が1000万件を突破。同社は、サイト売上の20-25%がモバイルアプリ経由になることを見込んでおり、今後もモバイルコマースに注力していく予定。

中国のEコマースに関しては、カスタマーサービスや物流の課題を指摘する声が。顧客が洗練されていくスピードを上回ってサービスの質改善を実行できるか。最近行われた調査によると、オンラインショッピングで大事な「返品や交換」のサービスに関しては、360Buyが83%の満足度でトップだそう。(元記事

Baiduと中国4大ミニブログが提携、リアルタイム検索を提供

Baiduが、weiboの4大サービスとはSina(新浪)、Tencent(騰訊)、Netease(網易)、およびSohu(捜狐)のリアルタイム検索の提供をスタート。Baiduの検索結果にこれらミニブログのポストが含まれることに。Weiboの登録ユーザは3億人、1日当たりの投稿件数は1億を超える。検索エンジンとの協力関係によって、さらにそのリアルタイム情報の価値を高めることができる。そんなBaiduは、Dropboxのようなクラウドストレージサービスをリリースしたばかり。現在クローズドベータで運用中。(元の記事

SnapDishやFlipboardが中国企業と提携

食べ物に特化した写真共有アプリ「SnapDish」が中国のSNS「Renren」との提携を発表。中国人ユーザは写真をRenrenに直接投稿することができるようになり、RenrenのアプリケーションセクションでSnapDishのプロモーションが行われる。SnapDishのこれまでのダウンロード数は12万回。(元の記事

おしゃれなiPad用コンテンツリーダー「Flipboard」もまた、SinaとRenrenと提携して中国に進出。中国版Flipboardだけでなく、今後Sina WeiboやRenrenなどのコンテンツを世界中で利用できるようにしていく予定。(元の記事

インドネシア大手Eコマースがネットプライスから資金調達

これまでにEast Ventures、CyberAgent Venturesから既に出資を受けている「Tokopedia」が、ネットプライスからの資金調達に成功。今回の投資に伴って、ネットプライスCEOの佐藤輝英氏が取締役に名を連ねました。Tokopediaのアクティブな出店者数は16,390件、訪問者数は月間80万人以上。(元の記事

資金調達のニュースでは、ソーシャルミュージックサービス「Beatrobo」が、CyberAgent Ventures、KLabベンチャーズ、Movida Japanから総額60万米ドル(およそ5,000万)の資金調達を行っています。(元の記事

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


360Buy(京東商城)のアプリDL数1000万件−目指すはモバイル経由の売上げ25%

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国で2番目に大きいB2CのECサイトである360Buyは、同社のモバイルショッピングアプリのダウンロード数が1000万件を突破したと発表した。 360Buyのアプリは、iOS、Android、Symbian、WP7、Web TVなどクロスプラットフォームで提供されており、スマートフォンやテレビで商品を閲覧しながら購入することができる。 同社のアプリは昨年の…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国で2番目に大きいB2CのECサイトである360Buyは、同社のモバイルショッピングアプリのダウンロード数が1000万件を突破したと発表した。

360Buyのアプリは、iOS、Android、Symbian、WP7、Web TVなどクロスプラットフォームで提供されており、スマートフォンやテレビで商品を閲覧しながら購入することができる。

同社のアプリは昨年の2月にリリースされたばかりだが、2011年の第2〜4四半期の間に中国ユーザーによるダウンロード数は倍増したという。

360Buyのユーザーはアプリを使用して買い物をする際、代金引換払いか、99BillやUnionPay経由でのオンライン決済のどちらかを選択することが多い。360Buyは、昨年Alibaba(阿里巴巴)が持つ競合支払いプラットフォーム、Alipayの使用を停止している

360Buyは、サイト売上げの20%〜25%はやがてモバイルアプリ経由になると予想しており、モバイルECサイトの更なる繁栄を見込んでいる。現段階でのモバイルアプリ経由の売り上げ数値は明らかにしていない。

1000万ダウンロードは、AppleのiTunesやNokiaの Ovi storeに加え、WandoujiaやAppChinaなどのAndroid appストアから集計された数だ。

信じられないことに、360BuyはGoogle Play(元Android Market)から同アプリを削除したようだ。中国企業の間で流行っているAndroid用アプリの‘.apk’を直接ユーザーに提供するか、前述のアプリストア以外のアプリストア経由で提供することになるため、ダウンロードデータを確認するのは難しい。

360Buyは2011年、高級ファッションストアを追加したり、ロシアの投資グループ「DST」から大口の資金を確保したりと積極的に動いた一年だった。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


日本からの輸入品に特化したオンラインモールのMinitiao.com(迷你挑)を360Buy.com(京東商城)が買収

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国最大のB2CのEコマースサイト、360Buy.com が、日本からの輸入製品に特化したオンラインモールの Minitiao.com(迷你挑) を買収した。これにより Jindong Mall(京東商城)としても知られる360Buyは、衣服やかわいいおもちゃなど日本製品の供給チャネルを獲得したことになる。 この中国の小規模の企業買収は、1月の初めにおこなわ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国最大のB2CのEコマースサイト、360Buy.com が、日本からの輸入製品に特化したオンラインモールの Minitiao.com(迷你挑) を買収した。これにより Jindong Mall(京東商城)としても知られる360Buyは、衣服やかわいいおもちゃなど日本製品の供給チャネルを獲得したことになる。

この中国の小規模の企業買収は、1月の初めにおこなわれたと報じられているが、公になったのはつい最近である。財務関連の詳細および、サイトが独自ドメインとして存続するのか 360Buyドメインに統合されるのかはまだ明らかになっていない。

B2CのマーケットリーダーであるAlibabaのTMall(淘宝商城)と360Buyの主戦場に、Minitiao はブティックのような洗練された品揃えを提供する。

360Buyは、よりグローバルな商品供給を視野にいれており、噂によれば今年後半には日本あるいは韓国製の各種衣服・靴・住宅向け装飾品のコレクションの取り扱いも狙っている。米国でのIPOを目論んでいるとのことだ。

360Buyは2012年にも強気な成長を見込んでおり、今年中に25000人の新規職員を採用する予定である。

【via PennOlson】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


360Buy(京東商城)CEO:5年以内にAlibaba(阿里巴巴)のTmall(淘宝商城)を超えてみせる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 360Buy.com(京東商城)のCEOであり、創業者のLiu Qiang-dong(劉強東)は、自身のサイトの2012年までの商品売上が、100億元(15.7億米ドル)に達するであろうと確信している。さらに、B2C向けのEコマースシステムが、主要ライバルである Alibaba(阿里巴巴)のTmall.com(淘宝商城)を2016年までには超えだろうと自信を…

【翻訳 by Conyac】 【原文】


360Buy.com(京東商城)のCEOであり、創業者のLiu Qiang-dong(劉強東)は、自身のサイトの2012年までの商品売上が、100億元(15.7億米ドル)に達するであろうと確信している。さらに、B2C向けのEコマースシステムが、主要ライバルである Alibaba(阿里巴巴)のTmall.com(淘宝商城)を2016年までには超えだろうと自信を見せ、挑戦状を叩き付けた。

彼の自信の背景には、Jingdong Mallとしても知られる360Buyが、現在 Tmallより3倍の早さで成長しており、B2C分野において市場リーダーをさらに大きくするための成長軌道に乗っていることが挙げられる。

360Buyは過去数年にわたり、消費者に対して低いコストで製品を提供することに特化している。(また来年には2万人もの新しいスタッフを雇用すると述べている)。またその動きは、上場してはいるものの市場シェアで京東商城に超えられた、ライバルのDangdang.com (当当)の怒りを買っている。今年第2四半期末までにTmall(淘宝商城) はB2C分野で48.5%ものシェアを占めており、それに対し、Dangdang(当当网) は2.2%のシェアを占めるのみであった(2.4%にて端数差で3位につけた Amazon の下にあたる)。

Renaissance Capital は、360Buyが2011年末(こちらを参照)までに、44億ドルの収益を計上するとみている。同社は来年、テック系としては世界最大の上場を成し遂げる見込みで、40~50億米ドルの目標額も可能とみている。これにより、同社のさらなる成長発展は強化される。Liu 氏が最近非常に自信に満ちているのは、この理由からであろう。

出典:DoNews(中国語)

【via Penn Olson】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


中国大手コマースの360Buyが狙うのは過去最大規模のIPO

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 JingDongMall(京東商城)としても知られている中国のB2Cコマースサイトの360Buy.comが、来週の米国IPO申請を準備していると報じられた。ロイターは今夜、360Buyは米国での株式市場上場により4~50億ドルを調達可能だと報道している。これは過去最大のインターネットIPOだ。 360Buyは様々な指標において中国で2番目か3番目に大規模なコ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

JingDongMall(京東商城)としても知られている中国のB2Cコマースサイトの360Buy.comが、来週の米国IPO申請を準備していると報じられた。ロイターは今夜、360Buyは米国での株式市場上場により4~50億ドルを調達可能だと報道している。これは過去最大のインターネットIPOだ。

360Buyは様々な指標において中国で2番目か3番目に大規模なコマースサイトである。ただし、アリババのTaobao.com(淘宝)や、より近い競争相手であり、すでに昨年の12月に米国でのIPOをしているDangdang(当当、NYSE : DANG)には遅れをとっている。360Buyはここ一年で製品の取り扱い範囲を拡大し、Dangdang.comに押されないように初期の成長を確実にするため、急速に3Cセクタの中に入り込んできている。

360Buyは最大のステージにくる準備ができているのだろうか?DangdangのCEO、Li Guo-qing(李国慶)はそうは思っていないようだ。先月彼は「360Buyは3Cでの販売で莫大な金を失っている。本を売るという観点から、Dangdangには太刀打ちできない」と語っている。

しかし、損失の懸念や採算性が合わないからといって、他の中国のテック系企業は米国上場を諦めてはいない。おそらくもっと重要なことは、360Buyはウォルマートやロシアの主要な投資グループからの強固な支援を受けているということだ。今年の5月、Penn Olsonの同僚は、360Buyは、そのロシアのべンチャーキャピタルの支援によって事実上100億ドルの価値があると報告している。ロイターの数字はより高い最終的な企業価値を提示している。

話を聞く限りでは、2012年の上半期は大西洋を超えるIPOが活発になるようだ。賢明な選択ではあるが、悲しいことに避けられない事実でもある。だが、今年の下半期はそこまでよくはならないようだ。ただひとつの中国企業(Tudou、土豆)が先月米国市場に上場したのみである。9月にはひとつの予定もない。Shanda(盛大)のように、いくつかの企業は最近計画を断念した。

次は何か?360Buyは来週引受人を選定すると噂されている。そして、ある程度時間が経ったのちに、我々は証券取引委員会の申請状況をじっと目を凝らしてみることになるだろう。

【via Penn Olson 】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


さらばAlipay(支付宝)、360buy(京東商城)はUnionPay(銀聯)と提携へ

SHARE:

【原文】 我々は5月に、360buyが業界第一位のAlipayを決済方法から削除したことを伝えた。それ以降、実際にはなにが起こっているのか知る人はない。APECのSMEサミット(私も出席していた)が開催されている昨日の成都で、360buy(京東商場)と中国の銀行カード協会であるUnionPay(銀聯)がオンライン決済とモバイル決済における戦略的提携を結んだことを発表した。我々はWeibo(微博)上…

【原文】

我々は5月に、360buyが業界第一位のAlipayを決済方法から削除したことを伝えた。それ以降、実際にはなにが起こっているのか知る人はない。APECのSMEサミット(私も出席していた)が開催されている昨日の成都で、360buy(京東商場)と中国の銀行カード協会であるUnionPay(銀聯)がオンライン決済とモバイル決済における戦略的提携を結んだことを発表した。我々はWeibo(微博)上でこのニュースを伝え、その投稿は数時間で650回リツイートされ140のコメントがついた。おそらく中国の大手電子商取引サイトがAlipayにノーを突きつけた初めてのケースだろう。

360buyのCEOであるLiu Qiangdong(劉強東)氏は、Alipayの要求する手数料に満足していなかったようだ。彼はよくAlipayの手数料は他の決済事業者の4倍近いと不満を漏らしており、360buyは結果として500万から600万人民元多く支払わなければならなかった。360buyの担当者によると360buy利用者の80パーセントは着払いを支払い方法として選んでおり、Alipayを決済に利用しているのは1から2パーセントにすぎなかったという。そのため支払い方法からAlipayをなくしても、360buyの利用者にはそれほど大きな問題にはならなかったというわけだ。

しかし、本当のところは我々の考えているよりも複雑かもしれない。中国版Yelpといわれる、Dianping(大衆点評)の副社長はWeibo上で事情通の友人に聞いたこととして、360buyとAlipayの仲違いの本当の理由は、Alipayが360buyの顧客データの記録をとり続けていることに不満だったということをコメントしている。

現在、360buyの決済方法ページにはUnionPayがAlipayの代わりに推奨決済方法になっている。360buyはUnionPayのMicroSDカードモバイル決済をモバイル電子商取引戦略に広く採用するつもりだ。

AlipayはUnionPayによって、その存在をウェブベース決済だけでなく、モバイル空間での決済方法でも深刻に脅かされているようだ。360buyはAlipayに最初にノーを突きつけたが、それに続くものも出てくるのではないか。

【via Technode】(@technodechina)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録