THE BRIDGE

タグ 3Dモデリング

イラストや図面から3Dモデリングとプリンティングができる「トータル3D試作サービス」が開始

SHARE:

3Dプリンターのポータルサイト「メイカーズラブ」を運営しているメイカーズファクトリーが、イラストや図面から3DCADデータや3Dプリンターなどを使った製品試作が出来る「トータル3D試作サービス」を開始した。 2D図面(DXF)や手描きのイメージスケッチやillustratorデータから3DCADデータを作成したり、3Dプリンター等を使った製品試作も行う。3Dプリンターでの試作レベルは、ローエンドの…


20140930_3dservice01

3Dプリンターのポータルサイト「メイカーズラブ」を運営しているメイカーズファクトリーが、イラストや図面から3DCADデータや3Dプリンターなどを使った製品試作が出来る「トータル3D試作サービス」を開始した。

2D図面(DXF)や手描きのイメージスケッチやillustratorデータから3DCADデータを作成したり、3Dプリンター等を使った製品試作も行う。3Dプリンターでの試作レベルは、ローエンドの3Dプリンターから、ハイエンドの光造形3Dプリンター試作などに対応している。

20140930_3dservice02

iBeacon用ケースの設計と3Dプリンターでの試作事例では、「iBeacon」を簡単に導入できるソリューション「ストアビーコン」の3DCADデータを制作。依頼データは手描きのラフスケッチで、内蔵するBluetooth基板の寸法を元に設計、3DCADデータとローエンドの3Dプリンター試作による簡易量産を行ったようだ。

トータル3D試作サービスを利用するには、まず見積もり申し込みフォームから、スケッチや図面などの2Dデータを送り見積もりをとる(無料)。見積もり金額の確認後、3DCADデータの作成を開始、ニーズに応じて3Dプリンターなどを使った試作を依頼することも可能。また3Dプリンターを使わない手作り試作・注型を使用した試作・量産などにも対応可能とのこと。

3D CADデータの作成は、自動車部品、機械部品や家電製品などさまざまな製品のデータ作成経験のあるエンジニアが行うという。

----------[AD]----------

子供でもお年寄りでも簡単に3Dデザインができるアプリ「Maker`s Empire」

SHARE:

誰でも複雑な3Dデザインができるアプリケーション「Maker`s Empire」登場した。 単純な3Dオブジェクトを組み合わせていくことによって、簡単に複雑な3Dオブジェクトをデザインしていくことができる。 こちらはMaker`s Empireを使った3Dデザインの制作画面。直感的な操作で3Dデザインを行うことができる。 作成した3DオブジェクトはSTL形式をサポート、もちろんそのまま3Dプリント…


20140615_makers

誰でも複雑な3Dデザインができるアプリケーション「Maker`s Empire」登場した。

単純な3Dオブジェクトを組み合わせていくことによって、簡単に複雑な3Dオブジェクトをデザインしていくことができる。

20140615_makers02

こちらはMaker`s Empireを使った3Dデザインの制作画面。直感的な操作で3Dデザインを行うことができる。

20140615_makers01

作成した3DオブジェクトはSTL形式をサポート、もちろんそのまま3Dプリントすることができる。

Maker`s Empireでは、試験的にオーストラリアの小学生に向けた3D教育カリキュラムを実施、小学校への3Dプリント教育の導入を拡大していく予定があるとのこと。

こちらの映像をご覧いただければわかるように、Maker`s Empireはお年寄りでも簡単に使えるようになっている。Maker`s Empireは無料でApp StoreGoogle Playから入手可能だ。

----------[AD]----------

カメラで撮影するだけで空間の3Dモデリングを可能にする「Matterport」

SHARE:

3Dプリンターは価格やサイズ、プリント可能な素材など、様々な種類が登場してきている。3Dプリンターを有効に活用するためには、3Dデータが必要になる。 3Dモデリングにおいても、様々なアプローチが登場してきている。Matterportというスタートアップが開発しているのは、4500ドルのカメラを使って、数分間で物体や空間の3Dモデリングを可能になる技術だ。 iPadが利用できる人なら誰でも操作できる…


matterport

3Dプリンターは価格やサイズ、プリント可能な素材など、様々な種類が登場してきている。3Dプリンターを有効に活用するためには、3Dデータが必要になる。

3Dモデリングにおいても、様々なアプローチが登場してきている。Matterportというスタートアップが開発しているのは、4500ドルのカメラを使って、数分間で物体や空間の3Dモデリングを可能になる技術だ。

iPadが利用できる人なら誰でも操作できると述べており、これが本当ならかなりの人にとって3Dモデリングが可能になる。この技術は建築やインテリアの設計といった仕事をしている人にとっても役に立ちそうだ。

「Matterport」ではMatterport Pro 3D Cameraを用いて撮影し、モデリングした3Dデータをクラウドにアップする。クラウドでデータが整えられ、アプリやウェブからインタラクティブな3Dデータにアクセスできるようになる。



----------[AD]----------